◆自由な投句箱/花冠発行所◆

主宰:高橋正子・管理:高橋信之

今週の秀句/2月11日~20日

2017-02-12 11:50:32 | Weblog

2月20日(2句)

★さえずりや和紙につつまる金平糖/小口泰與
「金平糖」は、私にとっても、子供の頃の懐かしいお菓子だ。その形といい、その色といい、懐かしいのだ。上5の「さえずり」、中7の「和紙」、下5の「金平糖」と続く、その取り合わせのイメージも懐かしさをかき立てる。(高橋信之)

★暖かや明るき川に黒き土/廣田洋一
「黒き土」にいきいきとした喜びがある。暖かくなった川の明るさにも長い冬に耐えた心をほっとさせる力がある。
自然はいいものだと思う。(高橋正子)

2月19日(6句)

★産土は良したらの芽と蕗の薹/小口泰與
「たらの芽」と「蕗の薹」は季節のもので、私の好物。見て良し、食べて良し、である。(高橋信之)

★梅が香のなかを通るを日課とす/多田有花
特に詩的だというわけではないが、下五の「日課とす」がいい。「生活の中」であることがいいのだ。(高橋信之)

★綿帽子ちぎって投げて青い空/河野 啓一
上五から中七への作者の行為が下五の「青い空」という大自然とうまく溶け合って一句が完成した。いい句だ。日常のさり気ない行為が大自然の中の一風景となった。いい風景だ。(高橋信之)

三世代揃いて暮らす枝垂梅/廣田洋一
「三世代」を俳句に詠みこむことは簡単ではないが、いい句だ。下五の季題「枝垂梅」の働きがいい。(高橋信之)

★衒いなき雑木林の野梅かな/桑本栄太郎
季語「野梅」をうまく捉え、作者の想いが表された。(高橋信之)

★朴の芽よ高きをめざせ山よりも/谷口博望(満天星)
中七の「高きをめざせ」はやや大仰なのだが、「大仰」であることも時には良しとされてもいい。(高橋信之)

2月18日(2句)

★枝垂梅動き出したる池の鯉/谷口博望(満天星)
冬の間動きが大変に鈍かった池の鯉は、梅が咲き始めると、水の温みに動き始める。生き生きとした暖かい季節がまた廻って来たことが心よりうれしい。(高橋正子)

★見るたびに移る狭霧や奥丹波/河野啓一
奥丹波の山深さを「見るたびに移る狭霧」に、あきらかに指し示された実感がある。空気の冷涼感と共に狭霧の動きが目に見える。因みに「狭霧」は秋の季語。(高橋正子)

2月17日(1句)

★春一番一つ踏ん張り歩き出す/廣田洋一
17日は3月下旬ごろの暖かさ。いきなりの大風は春一番。風に向かうには、一つ踏ん張って歩き出さねばならない。髪は乱され、足元も掬われそうになる。けじめの春一番に踏ん張って歩み出す。ここがいい。(高橋正子)

2月16日(3句)

★あけぼのの山は紫紺や揚雲雀/小口泰與
日常の生活で発見した美しい風景だ。生活を詠んで、佳句となった。(高橋信之)

★パンジーや新しき庭を際立てり/廣田洋一
嬉しい言葉が並んだ。「パンジー」、「新しき」、「際立てり」と嬉しい言葉が並び、春を讃えた。(高橋信之)

★少女らの縄跳び興ず風光る/桑本栄太郎
素直な句だ。下五の季題「風光る」が効いた。俳句の命は、やはり季題だ。季題を下五に置き、一句を力強く終えた。「少女ら」がひ弱でなく、生き生きとしているのが嬉しい。春の「風光る」季節だ。(高橋信之)

2月15日(2句)

★菜の花や並び咲きたる線路際/廣田洋一
線路際の枯れた草々にまじり、明るく菜の花が並んで咲いている。伸びる鉄路と菜の花の取り合わせの景色がいい。(高橋正子)

★探梅や川の流れと歩を合わせ/上島祥子
探梅の頃は、川は遠い山々の雪解けの水を集めて流れている。水量を増やしている川の流れに沿って行けば、ほちほちと梅が咲き始めている。川の流れがあって、探梅の季節がより大きく捉えられている。(高橋正子)

2月14日(1句)

  <おかげ横丁>
★赤福餅春の火鉢のかたわらで/多田有花
赤福は伊勢の名物。作り立てはまた格別らしい。春は名のみの寒さに火鉢の暖かさがうれしい。こんなところに幸せがある。(高橋正子)

2月13日(2句)

★御厩の神馬の香り二月早や/多田有花
神馬にも春の訪れがある。二月というのに早やも牧の馬のような香りが神馬にもある。感覚的な句だ。(高橋正子)

★梅の花ひとかたまりに天に伸ぶ/廣田洋一
梅の花が満開となれば、ひとかたまりの白い花となって、青空に伸びている。光も強くなってきたころの梅の花の真白さが印象的だ。(高橋正子)

2月12日(2句)

内宮参拝
★参宮の二月の青空を仰ぐ/多田有花
伊勢神宮参拝の句。私にも、その体験があり、「五十鈴川」の風景も記憶に残っている。私のいい記憶を呼び覚ましていただいた。伊勢神宮参拝の記憶は、今なお鮮明であり、「二月の青空」がいい。「仰ぐ」がいい。中7と下5の破調も効果的で、一句に現実味を与えた。(高橋信之)

★野放図に畑を占め居る野梅かな/桑本栄太郎
いい風景を捉えた。無理がない表現だ。「野放図」がいい。「野梅」がいい。(高橋信之)

2月11日(1句)

★金剛のごとき幹なり梅真白/谷口博望(満天星)
風雪に耐えた梅の幹はごつごつとしてたくましい。その幹や枝からとは思えないほど真っ白ですがすがしい香りの花が開く。梅の花の良さを端的に詠んだ。(高橋正子)
ジャンル:
ウェブログ
コメント (16)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2月11日~20日 | トップ | 自由な投句箱/2月11日~2... »

16 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
御礼 (桑本栄太郎)
2017-02-13 20:35:57
高橋信之先生、正子先生
2月12日の今日の秀句に「野放図に畑を占めいる野梅かな」の句をお選び頂き、嬉しい過分なるご句評も頂戴しまして大変有難う御座います!!。
近在の田園を散策していまして、畑の一角に白の野梅が咲いていました。枝ぶりなどお構いなく、真っ直ぐに四方八方に伸びて花を沢山付けた自然な姿を満喫しました。
お礼 (多田有花)
2017-02-14 09:39:18
信之先生、正子先生
「参宮の二月の青空を仰ぐ」を2月12日の秀句にお選びいただきありがとうございます。
内宮参拝の日もよく晴れて、早春の引き締まった空気の中、お参りすることができました。
簡素で厳かで静かで、清々しい気持ちになりました。
お礼 (多田有花)
2017-02-15 08:56:43
信之先生、正子先生
「御厩の神馬の香り二月早や」を2月13日の秀句にお選びいただきありがとうございます。
伊勢神宮では、内宮、外宮ともに二頭ずつの神馬がいます。
内宮では偶然御厩にいる白馬の空勇号を見ることができました。
姿を見られないことも多いらしく、幸運でした。
御礼 (廣田洋一)
2017-02-15 10:15:35
高橋信之先生
   正子先生

いつも懇切にご指導頂き有難うございます。
2月13日の秀句に「梅の花ひとかたまりに天に伸ぶ」をお選び頂き、その上正子先生には素敵な句評を賜り、誠に有難うございます。
今後とも宜しくご指導の程お願い申し上げます。
お礼 (多田有花)
2017-02-16 08:56:54
信之先生、正子先生
「赤福餅春の火鉢のかたわらで」を2月14日の秀句にお選びいただきありがとうございます。
赤福の本店横で、できたての赤福餅をほうじ茶といっしょに食べることができます。
お土産でいただく赤福餅もおいしいですが、できたてのやわらかさは格別です。
正子先生のお言葉どおり、ここでしか味わえない幸せです。
御礼 (小口泰與)
2017-02-17 12:53:05
高橋信之先生、正子先生
2月16日の投句「揚雲雀」の句を今日の秀句にお選び頂き、その上、信之先生には素晴らしい句評をたまり厚く御礼申し上げます。今後ともよろしくご指導のほどお願い申し上げます。
御礼 (廣田洋一)
2017-02-17 18:35:15
高橋信之先生
   正子先生

いつも懇切にご指導頂き有難うございます。
2月15日の秀句に「菜の花や並び咲きたる線路際」をお選び頂き、その上正子先生には素敵な句評を賜り、誠に有難うございます。
今後とも宜しくご指導の程お願い申し上げます。
御礼 (廣田洋一)
2017-02-17 18:39:03
高橋信之先生
   正子先生

いつも懇切にご指導頂き有難うございます。
2月16日の秀句に「パンジーや新しき庭を際立てり」をお選び頂き、その上信之先生には過分なる句評を賜り、誠に有難うございます。
今後とも宜しくご指導の程お願い申し上げます。
御礼 (桑本栄太郎)
2017-02-17 18:49:12
高橋信之先生、正子先生
2月16日の今日の秀句に「少女らの縄跳び興ず風光る」の句をお選び頂き、過分なるご句評を頂戴しまして大変有難うござます。
風がまだ少し寒い中、団地の中庭に於いて小学校3~4年生と思われる少女二人が、2連続の縄跳びに興じていました。とても元気で頼もしい光景でした。
御礼 (廣田洋一)
2017-02-18 19:34:31
高橋信之先生
   正子先生

いつも懇切にご指導頂き有難うございます。
2月17日の秀句に「春一番一つ踏ん張り歩き出す」をお選び頂き、その上正子先生には素晴らしい句評を賜り、誠に有難うございます。
今後とも宜しくご指導の程お願い申し上げます。
御礼 (小口泰與)
2017-02-20 09:08:31
高橋信之先生、正子先生
2月19日の投句「たらの芽と蕗の薹」の句を今日の秀句にお選び頂き、その上、信之先生には素晴らしい句評をたまり厚く御礼申し上げます。今後ともよろしくご指導のほどお願い申し上げます。
有難うございました。
御礼 (廣田洋一)
2017-02-20 12:41:51
高橋信之先生
   正子先生

いつも懇切にご指導頂き有難うございます。
2月19日の秀句に「三世代揃ひて暮らす枝垂梅」をお選び頂き、その上信之先生には素晴らしい句評を賜り、誠に有難うございます。
今後とも宜しくご指導の程お願い申し上げます。
お礼 (多田有花)
2017-02-20 18:19:36
信之先生、正子先生
「梅が香のなかを通るを日課とす」を2月19日の秀句にお選びいただきありがとうございます。
散歩にいく山寺の梅林がかなり咲いてきました。
梅林に足を踏み入れると、梅の香りに満たされています。
楽しい散歩のひとときです。
御礼 (桑本栄太郎)
2017-02-20 19:47:02
高橋信之先生、正子先生
2月19日の今日の秀句に「衒いなき雑木林の野梅かな」の句をお選び頂き、嬉しいご句評も頂戴しまして大変有難う御座います!!。
彼方此方の紅白の野梅も目立って来ました。
実梅の収穫用の野梅は、とに角花付きが多いいです。
御礼 (小口泰與)
2017-02-21 13:38:55
高橋信之先生、正子先生
2月20日の投句「さえずり」の句を今日の秀句にお選び頂き、信之先生には素晴らしい句評をたまり厚く御礼申し上げます。今後ともよろしくご指導のほどお願い申し上げます。
有難うございました。
御礼 (廣田洋一)
2017-02-21 16:11:07
高橋信之先生
   正子先生

いつも懇切にご指導頂き有難うございます。
2月20日の秀句に「暖かや明るき川に黒き土」をお選び頂き、その上正子先生には素晴らしい句評を賜り、誠に有難うございます。
今後とも宜しくご指導の程お願い申し上げます。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む