◆自由な投句箱/花冠発行所◆

主宰:高橋正子・管理:高橋信之

自由な投句箱/4月21日~30日

2017-04-22 12:59:44 | Weblog

※当季雑詠3句(春の句)を<コメント欄>にお書き込みください。
※投句は、一日1回3句に限ります。
※好きな句の選とコメントを<コメント欄>にお書き込みください。
※お礼などの伝言も<コメント欄>にお書きください。
※登録のない俳号やペンネームでの投句は、削除いたします。(例:唐辛子など)
主宰:高橋正子・管理:高橋信之

◆俳句添削教室◆
http://www.21style.jp/bbs/kakan02
◆俳句日記/高橋正子◆
http://blog.goo.ne.jp/kakan02
コメント (22)
この記事をはてなブックマークに追加

今日の秀句/4月21日~30日

2017-04-22 06:05:44 | Weblog

4月23日(2句)

★ほのぼのと霞桜の昼下がり/多田有花
桜咲く昼下がりの、眠くなりそうなほどの陽気。だが、「ほのぼの」なので目がしっかりと昼下がりを見ている。(高橋正子)

★鮎放つ瀬尻の川音(かわと)変わりけり/小口泰與
鮎を放つと瀬音が変わる。敏感にそれを感じた。鮎の匂いが立ちあがってきそうだ。(高橋正子)

4月22日(3句)

★みな違う色みずみずし木の芽山/多田有花
山に木の芽が芽吹く。木々の芽吹きの色は少しずつ違って、微妙な色の重なりは、水彩画のような風景を見せる。それが「みずみずし」である。「みずみずし」に気持ちが表れていて、共感する。(高橋正子)

★草むらに浮き立つ色の薊咲く/廣田洋一
草むらの緑と、薊の色は好対照。春も酣の野の景色が眩しいほどだ。(高橋正子)

★いにしへの島の神々躑躅咲く/谷口博望 (満天星)
神域の躑躅が燃え立つようで印象深い。臼田亜浪の「死ぬものは死にゆく躑躅燃えてをり 」を思い出す。(高橋正子)

4月21日(3句)

★にしんそば食べる穀雨の頂で/多田有花
一般的に魚の干物は焼いて食されるが、身欠きニシンは米の研ぎ汁に1週間ほど漬けて戻した後、煮物や甘露煮などに加工して食べることが多い。柔らかく煮含めた身欠き鰊を具とした「にしんそば」は京都や北海道西部の名物となっている。(高橋信之)

   嵐山
★風光るトロッコ嵯峨の駅に立つ/桑本栄太郎
風光る「嵐山」をうまく捉えた佳句。芥川作品に「トロッコ」がある。芥川作品の中では中期(大正11年、1922年)に書かれたもので、芥川はこの年の一月に、彼の名作の一つである「藪の中」を発表し、その二か月後に発表されたのがこの「トロッコ」である。蜘蛛の糸や杜子春などとならび、少年向けの作品。(高橋信之)

★祈ることひとつ芽吹きの並木道/川名ますみ
祈ることは「ひとつ」の、ただそのことだけ。木々が芽吹く並木道を通りながら、木々の芽吹きに希望を託して心からの祈りの句(高橋正子)
コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

4月21日~30日

2017-04-22 06:03:42 | Weblog

4月23日(5名)

●多田有花
ほのぼのと霞桜の昼下がり★★★★
桜咲く昼下がりの、眠くなりそうなほどの陽気。だが、「ほのぼの」なので目がしっかりと昼下がりを見ている。(高橋正子)

新しき道まっすぐに春深む★★★
囀や目覚めの朝のかたわらに★★★

●小口泰與
鮎放つ瀬尻の川音(かわと)変わりけり★★★★
鮎を放つと瀬音が変わる。敏感にそれを感じた。鮎の匂いが立ちあがってきそうだ。(高橋正子)

花どきの却って暑き朝かな★★★
せせらぎを醸す白鷺春落葉★★★

●廣田洋一
遠霞空と海とを繋ぎけり★★★★
狭き庭整地終えて夏近し★★★
小枝切りものは試しと挿し木せり★★★

●谷口博望(満天星)
四ッ辻の花と葉そよぐ花水木★★★★
探鳥や山の斜面に著莪の花★★★
川上へ芥流れて若葉風★★★

●桑本栄太郎
<JR京都線車窓>
ビル街の大阪駅や花水木★★★
からし菜の中州を覆い蛇行かな★★★★
すかんぽや田中に列の下校生★★★

4月22日(5名)

●多田有花
柴犬が春雨傘をひいてゆく★★★
稜線を仰げば空へ木の芽立ち★★★
みな違う色みずみずし木の芽山★★★★
山に木の芽が芽吹く。木々の芽吹きの色は少しずつ違って、微妙な色の重なりは、水彩画のような風景を見せる。それが「みずみずし」である。「みずみずし」に気持ちが表れていて、共感する。(高橋正子)

●小口泰與
鳥の来て花数へらす杏かな★★★
糸柳利根の川音(かわと)の立ちにけり★★★★
山鳥や黒雲かえす県境★★★

●廣田洋一
春深し茶飲み友達大切に★★★
花薊一本咲ける旅の空★★★
草むらに浮き立つ色の薊咲く★★★★
草むらの緑と、薊の色は好対照。春も酣の野の景色が眩しいほどだ。(高橋正子)

●谷口博望 (満天星)
いにしへの島の神々躑躅咲く★★★★
神域の躑躅が燃え立つようで印象深い。臼田亜浪の「死ぬものは死にゆく躑躅燃えてをり 」を思い出す。(高橋正子)

眼前を燕掠める被爆川★★★
青葉目に真白き鳩の対岸に★★★

●桑本栄太郎
<JR高槻~大山崎界隈>
すかんぽや田中に列の下校生★★★
キリンの絵描かれ園バス花は葉に★★★★
からし菜の中州覆いて水もなし★★★

4月21日(5名)

●多田有花
にしんそば食べる穀雨の頂で★★★★
一般的に魚の干物は焼いて食されるが、身欠きニシンは米の研ぎ汁に1週間ほど漬けて戻した後、煮物や甘露煮などに加工して食べることが多い。柔らかく煮含めた身欠き鰊を具とした「にしんそば」は京都や北海道西部の名物となっている。(高橋信之)

春筍やぽっと頭を出しており★★★
囀が囲む頂小枝焚く★★★

●小口泰與
山里の靄の彼方や糸柳★★★★
畦の雉鋭声ひと声それっきり★★★
身にかなう酒や目刺に独り言つ★★★

●廣田洋一
川の水今日も流れて春惜しむ★★★
褒められし腰の動作に春惜しむ★★★
春惜しむ園遊会の両陛下★★★★

●桑本栄太郎
<嵐山三景>
風光るトロッコ嵯峨の駅に立つ★★★★
芥川作品に「トロッコ」がある。芥川作品の中では中期(大正11年、1922年)に書かれたもので、芥川はこの年の一月に、彼の名作の一つである「藪の中」を発表し、その二か月後に発表されたのがこの「トロッコ」である。蜘蛛の糸や杜子春などとならび、少年向けの作品の一つとなっている。(高橋信之)

濁流の渡月橋ゆき春惜しむ★★★
入日落つ天の蒼さや春の闇★★★

●川名ますみ
祈ることひとつ芽吹きの並木道★★★★
祈ることは「ひとつ」の、ただそのことだけ。木々が芽吹く並木道を通りながら、木々の芽吹きに希望を託して心からの祈りの句(高橋正子)

どの枝も均しく芽組む大欅★★★
行く春や想い出はみな美しき★★★
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今日の秀句/4月11日~20日

2017-04-21 15:48:11 | Weblog

4月20日(3句)

★畑に吹く風の男(をのこ)や葱坊主/桑本栄太郎
葱坊主はいがぐり頭の男の子を思わせる。畑に吹く風を受ける、元気いっぱいの「風の子」である。たのしい句だ。(高橋正子)

★花吹雪の下で手を振る少年ら/多田有花
いい句だ。下五に置いた「少年ら」がいい。添削の必要がない。(高橋信之)

★山道の花大根や探鳥会/満天星
いい風景だ。「山道」「花大根」「探鳥」と、いい言葉が並んだ。(高橋信之)

4月19日(2句)

★燕飛ぶ雲ゆっくりと流る空/多田有花
「燕」と「雲」との対比がいい。広々とした空に春の動きがある。作者の快い発見だ。(高橋信之)

★花びらの散り敷く道を探鳥会/満天星
「花」と「探鳥」との取り合わせは、楽しい。「春が来た」喜びの句だ。生き生きとした喜びの句だ。(高橋信之)

4月18日(3句)

★疏水流る散りゆく花の真ん中を/多田有花
「真ん中」がいい。「花の真ん中」がいい。嬉しくなるのだ。(高橋信之)

★頬白や狐も出たる探鳥会/満天星
俳句の面白さだ。俳句の良さだ。(高橋信之)

★工場を囲みて赤き新芽かな/桑本栄太郎
「赤き新芽」がいい。「工場」に快い活気があって嬉しい。(高橋信之)

4月17日(3句)

★暖かや葱味噌煎の香ばしき/小口泰與
味噌味は、私の好物の一つだ。上五の季題「暖か」がいい。嬉しい春の季題だ。(高橋信之)

★音させて夕餉に浅蜊洗いけり/古田敬二
四国松山の海岸で浅蜊を獲った思い出がある。また就学前であった私が浅瀬で、バタバタともがいていたのを父が助けてくれた思い出もある。。父の膝下の深さに過ぎなかったが、その思い出は今も懐かしく鮮明に思い出す。若くして世を去った父の思い出である。(高橋信之)

★自転車の部活帰りや花は葉に/桑本栄太郎
下五に置いた「花は葉に」がいい。季題を見事に生かした。学校時代は、文武両道の生活を送っていたので、「部活」は懐かしい。野球、サッカー、バスケットボール等を楽しんでいた。(高橋信之)

4月16日(2句)

★ほんのりと蘂の赤きや花了る/桑本栄太郎
桜が咲き了るころ、花蕊が遠目にも赤く見える。蘂のほんのりとした赤さに花のおわりを思うのは、風流の一端。(高橋正子)

★水底に影を映して花筏/古田敬二
きれいに澄んだ水であろう。花筏の影が水底に映っている。花筏の桜色と澄んだ水の色を合わせ思うと、静謐な中にもほのかな明るさが心を占めてくれる。(高橋正子)

4月15日(3句)

★中天に陽来れば大きくいぬふぐり/古田敬二
中天の「太陽」と地上の「いぬふぐり」との対比である。張り合うことのできぬものの対比がいい。作者の内面の大きさを見た。(高橋信之)

★チューリップ八重の蕾の陽を包み/廣田洋一
小さいものが大きく、大きいものが小さく見えることがある。作者の内面の大きさによるのだ。(高橋信之)

★老農の太き十指や風光る/小口泰與
「老農」の人生の逞しさを詠んだ。中七の「太き十指」がいい。下五に置いた「風光る」が力強い。(高橋信之)

4月14日(4句)

★晴れやかに満開の桜見上げおり/多田有花
上五の「晴れやかに」がいい。晴れやかな日が日常にあるのが嬉しい。与えられたので、なお嬉しい。(高橋信之)

★畦川の水音高き花大根/小口泰與
「花大根」の優しい風景だ。嬉しい風景だ。(高橋信之)

★風頬に来て始まるや花吹雪/古田敬二
眼に見ることのできる嬉しさがあるが、肌に直に体感できる嬉しさは何よりも嬉しく思う。(高橋信之)

★外つ人の観光ガイドへ花の京/桑本栄太郎
いい風景を捉えた。「外つ人」を交え「花の京」は華やかに舞う。(高橋信之)

4月13日(2句)

★物を洗う桜を眺めつつ/多田有花
幾分早めかと思うが、桜の季節を区切りに冬物を洗って、冬と決別する。桜が散ればすぐにも薄暑。快い生活のテンポだ。(高橋正子)

★サイドカー片寄せてあり菜の花に/小口泰與
菜の花の咲く長閑なところに、サイドカーが止まっていて驚く。菜の花に魅かれて止めたのか、サイドカーに乗る人の心持に興味をそそられる。(高橋正子)

4月12日(2句)

★吉野山さくらを隠す霧が立つ/多田有花
吉野山に咲き満ちる桜、それだけでも圧巻の眺めであるのに、それを透かせるように霧が立ち上り幻想的な風景が現れた。感嘆ひとしきり。(高橋正子)

★雨降れば雨に解き居り紫木蓮/桑本栄太郎
花は咲くときを選ぶというより、自然の気温や日照などによって花の咲くときが来る。雨が降れば、雨の中に花開く。自然の摂理ではあるのだろうが、健気だ。(高橋正子)

4月11日(1句)

★結婚式の出雲大社や花曇り/桑本栄太郎
縁結びの神で知られる出雲大社。そこでの結婚式は古式ゆかしい華やかなものであろう。花曇りの空が、結婚式の厳かな中にもある華やかさを引き立てている。(高橋正子)
コメント (19)
この記事をはてなブックマークに追加

4月11日~20日

2017-04-21 15:46:42 | Weblog

4月20日(5名)

●多田有花
花吹雪の下で手を振る少年ら★★★★
いい句だ。下五に置いた「少年ら」がいい。添削の必要がない。(高橋信之)

山の色明るくなりぬ花は葉に★★★
つくる影濃くなり初めし八重桜★★★

●満天星
鳴きながら山雀飛んで我を見る★★★
探鳥や華鬘咲きたる山の道★★★
山道の花大根や探鳥会★★★★
いい風景だ。「山道」「花大根」「探鳥」といい言葉が並んだ。(高橋信之)

●小口泰與
眼福の利根の岸辺や糸柳★★★★
釣糸をかすむる虻の顔面へ★★★
時刻む一本の道春嵐★★★

●廣田洋一
水琴窟耳を澄ませて春惜しむ★★★★
目の前に富士を望みて春のたり★★★
七色のヨット並走春の海★★★

●桑本栄太郎
畑に吹く風の男(をのこ)や葱坊主★★★★
葱坊主はいがぐり頭の男の子を思わせる。畑に吹く風を受ける、元気いっぱいの「風の子」である。たのしい句だ。(高橋正子)

菜の花や古びて畦に一輪車★★★
葉の蔭の蘂の赤きや花は葉に★★★

4月19日(5名)

●多田有花
一夜にて花さっぱりと消えにけり★★★
夜嵐の去りはつらつと春の山★★★
燕飛ぶ雲ゆっくりと流る空★★★★
「燕」と「雲」との対比がいい。広々とした空に春の動きがある。作者の快い発見だ。(高橋信之)

●廣田洋一
蝶のごとひらひら舞ひし落花かな★★★
公園の落花舞ひ来る保育園★★★★
落花のカーテン開ける並木道★★★

●小口泰與
笑うかに五百羅漢や翁草★★★
菜の花や水の惑星ほんわかと★★★
樺の花チャペルの鐘の高らかに★★★★

●満天星
花びらの散り敷く道を探鳥会★★★★
「花」と「探鳥」との取り合わせは、楽しい。「春が来た」喜びの句だ。生き生きとした喜びの句だ。(高橋信之)

黄鶲や歓声あがる探鳥会★★★
蝸牛を踏みさうになり探鳥会★★★

●桑本栄太郎
<妙心寺三景>
旧友の電話の誘い春うらら★★★
風光る高き木組みや大伽藍★★★
広大な伽藍に添いて八重桜★★★★

4月18日(5名)

●多田有花
疏水流る散りゆく花の真ん中を★★★★
「真ん中」がいい。「花の真ん中」がいい。嬉しくなるのだ。(高橋信之)

春しぐれの後の青空疏水ゆく★★★
花筏進む疏水の速さかな★★★

●谷口博望 (満天星)
人だかりプール開きの体育館★★★
頬白や狐も出たる探鳥会★★★★
俳句の面白さだ。俳句の良さだ。(高橋信之)

山雀の姿かわいや道づれに★★★

●小口泰與
有明の流れむさぼる花筏★★★★
山吹や水を被ける丸太橋★★★
入学やかんからかんと絵馬応う★★★

●廣田洋一
掬ひたる花弁かけ合ふ父娘かな★★★★
家族の喜びは、他愛もないところにあるが、その喜びは、かけがいのないものだ。「花弁かけ合ふ」喜びは、生涯忘れることのない喜びとなる。私の亡き父は、スポーツマンであったので、元気な子であった次男の私をよく連れ歩いた。(高橋信之)

枯草を咥へ飛び立つ春の鳥★★★
春の鳥鳴き声高し瓦屋根★★★

●桑本栄太郎
工場を囲みて赤き新芽かな★★★★
「赤き新芽」がいい。「工場」に快い活気があって嬉しい。(高橋信之)

春暑く高架通過やモノレール★★★
春惜しむ蘂の赤きや葉の蔭に★★★

4月17日(6名)

●谷口博望 (満天星)
花蘇枋むらさき匂ふ李香蘭★★★
鶯や進軍ラッパの二等兵★★★★
夏近しアベマキの花雨に濡れ★★★

●多田有花
鐘の音が桜のうえを園城寺★★★
三井寺の伽藍つなぎし桜かな★★★
疏水へとつづく水辺に残る鴨★★★★

●小口泰與
春の日や水語らえば魚応う★★★
はくれんやリズム奏づる里の川★★★
暖かや葱味噌煎の香ばしき★★★★
味噌味は、私の好物の一つだ。上五の季題「暖か」がいい。嬉しい春の季題だ。(高橋信之)

●廣田洋一
雛罌粟や透けて広がる十字の花★★★★
細き身の虞美人草や風に舞ふ★★★
雛罌粟やゆらゆら揺れて仲間呼ぶ★★★

●古田敬二
音させて夕餉に浅蜊洗いけり★★★★
四国松山の海岸で浅蜊を獲った思い出がある。また就学前であった私が浅瀬で、バタバタともがいていたのを父が助けてくれた思い出もある。。父の膝下の深さに過ぎなかったが、その思い出は今も懐かしく鮮明に思い出す。若くして世を去った父の思い出である。(高橋信之)

パレットの滲みのごとき若葉山★★★
若緑昼餉の二人包み蹴り★★★

●桑本栄太郎
自転車の部活帰りや花は葉に★★★★
下五に置いた「花は葉に」がいい。季題を見事に生かした。学校時代は、文武両道の生活を送っていたので、「部活」は懐かしい。野球、サッカー、バスケットボール等を楽しんでいた。(高橋信之)

春雷や目覚めて遠き昼の夢★★★
生垣を囲みて赤き新芽かな★★★

4月16日(6名)

●多田有花
花くずを踏んで歩きし山の道★★★★
青空に向け花びらの絶え間なく★★★
頂はつつじ続々開くころ★★★

●小口泰與
つばくらや砂場に集う園児達★★★★
ゆさゆさと容まるまる里桜★★★
かたわらに居てカメラ構えし夕桜★★★

●廣田洋一
裏返しの葉に包まれし椿餅★★★★
山の香をふんわり包み椿餅★★★
お茶入れて香り確かめ椿餅★★★

●谷口博望 (満天星)
<鶯の鳴く姿を初めて見て>
鶯の歌ふ姿や遠眼鏡★★★★
鶯や喉震わせて枝の先★★★
姿見せアリア歌へる花見鳥★★★

●桑本栄太郎
ほんのりと蘂の赤きや花了る★★★★
桜が咲き了るころ、花蕊が遠目にも赤く見える。蘂のほんのりとした赤さに花のおわりを思うのは、風流の一端。(高橋正子)

初つばめすいと背をむけ来たりけり★★★
陣を組みはやり集えり春の鴨★★★

●古田敬二
丈競う芍薬の芽の雨滴かな★★★
水底に影を映して花筏★★★★
きれいに澄んだ水であろう。花筏の影が水底に映っている。花筏の桜色と澄んだ水の色を合わせ思うと、静謐な中にもほのかな明るさが心を占めてくれる。(高橋正子)

縦横に乱るる落花の中にいる★★★

4月15日(5名)

●谷口博望(満天星)
金文字のお経のごとく花木五倍子★★★
瑠璃色に輝く色や翡翠飛ぶ★★★
花吹雪鯉城を統べし鯱瓦★★★★

●古田敬二
中天に陽来れば大きくいぬふぐり★★★★
中天の「太陽」と地上の「いぬふぐり」との対比である。張り合うことのできぬものの対比がいい。作者の内面の大きさを見た。(高橋信之)

しなやかに曲線白く雪柳★★★
先行くを追うごと散りゆく落花かな★★★

●廣田洋一
風信子花の重みに倒れけり★★★
チューリップ八重の蕾の陽を包み★★★★
小さいものが大きく、大きいものが小さく見えることがある。作者の内面の大きさによるのだ。(高橋信之)

川べりの桜並木や母子連れ★★★

●小口泰與
老農の太き十指や風光る★★★★
「老農」の人生の逞しさを詠んだ。中七の「太き十指」がいい。下五に置いた「風光る」が力強い。(高橋信之)

流心へ毛鉤打ちけり春落葉★★★
立並ぶ露店や風の山桜★★★

●桑本栄太郎
咲き分けの桃の花咲く厨窓★★★
ほんのりと蘂の赤きや桜散る★★★
光り透く柿の新芽やバスの窓★★★★

4月14日(7名)

●多田有花
花の雨終日降りて暮れにけり★★★
長雨のやみ間すかさず小綬鶏鳴く★★★
晴れやかに満開の桜見上げおり★★★★
上五の「晴れやかに」がいい。晴れやかな日が日常にあるのが嬉しい。与えられたので、なお嬉しい。(高橋信之)

●満天星
 樹齢300年の枝垂桜を見て
空抜けて枝垂桜のドームかな★★★
糸桜広大無辺の樹下に入る★★★★
糸桜時空を超えて散りにけり★★★

●小口泰與
畦川の水音高き花大根★★★★
「花大根」の優しい風景だ。嬉しい風景だ。(高橋信之)

雨後の野に群れてつんつんつくつくし★★★
耳たてし猫や忽然春の雷★★★

●廣田洋一
庭の隅かすかに紅き白躑躅★★★★
道の端白き躑躅の華やげり★★★
夕暮や赤きつつじの一つ散る★★★

●古田敬二
風頬に来て始まるや花吹雪★★★★
眼に見ることのできる嬉しさがあるが、肌に直に体感できる嬉しさは何よりも嬉しく思う。(高橋信之)

出会いあり別れもありて花筏★★★
楽しかり優しく頬へ落花かな★★★

●桑本栄太郎
花時の駅舎かしまし京都駅★★★
外つ人の観光ガイドへ花の京★★★★
いい風景を捉えた。「外つ人」を交え「花の京」は華やかに舞う。(高橋信之)

散り頻る色の哀れや花の屑★★★

●川名ますみ
高架まで花散りあがる六本木★★★★
朝の陽にさくらの影の消えずあり★★★
葉桜に花ある年も通院す★★★

4月13日(5名)

●多田有花
冬物を洗う桜を眺めつつ★★★★
幾分早めかと思うが、桜の季節を区切りに冬物を洗って、冬と決別する。桜が散ればすぐにも薄暑。快い生活のテンポだ。(高橋正子)

救急車花見の客の間を縫いし★★★
満開の桜を散らす風雨かな★★★

●谷口博望 (満天星)
花蘇枋ネオン灯りし向こう岸★★★★
河原鶸落ちて死したる交差点★★★
桃活けて夫婦喧嘩も忘れけり★★★

●小口泰與
さまざまに散り方あるよ夜の梅★★★
サイドカー片寄せてあり菜の花に★★★★
菜の花の咲く長閑なところに、サイドカーが止まっていて驚く。菜の花に魅かれて止めたのか、サイドカーに乗る人の心持に興味をそそられる。(高橋正子)

かたくなに曲がる老木風光る★★★

●廣田洋一
ぼってりと丸まり咲けるチューリップ★★★
枝先に葉の出て来たる桜かな★★★
目白二羽枝から枝へ花散らす★★★★

●桑本栄太郎
二階より枝垂れ源平桃の咲く★★★
坂道を染めて哀しき花の屑★★★
式を終え学校帰りや花ゆすら★★★★

4月12日(5名)

●多田有花
<吉野山三句>
吉野山さくらを隠す霧が立つ★★★★
吉野山に咲き満ちる桜、それだけでも圧巻の眺めであるのに、それを透かせるように霧が立ち上り幻想的な風景が現れた。感嘆ひとしきり。(高橋正子)

わき道にそれて桜を堪能す★★★
はくれんもいまが盛りの中千本★★★

●谷口博望 (満天星)
孫連れて河原鶸見る双眼鏡★★★
亀鳴くや俳句詠んでも伝はらず★★★
満州も父も知らずに桜散る★★★★

●小口泰與
花桃や双子の姉妹入園す★★★
はくれんや純粋無垢の園児達★★★★
夕まぐれ幽かに数う蝌蚪の数★★★

●廣田洋一
雨上がり風に舞ひ散る桜花★★★
塩味を効かせてこその桜餅★★★★
窓越しに鳥の声聞き桜餅★★★

●桑本栄太郎
丁度良き式の記念や花盛り★★★
雨降れば雨に解き居り紫木蓮★★★★
花は咲くときを選ぶというより、自然の気温や日照などによって花の咲くときが来る。雨が降れば、雨の中に花開く。自然の摂理ではあるのだろうが、健気だ。(高橋正子)

出雲路の風土記の里や花の雨★★★

4月11日(5名)

●谷口博望 (満天星)
「ありのままの」歌ふ子愛し桃の花★★★
木苺の花咲く道やフェリー行く★★★★
木耳やぶよぶよとして奇異なもの★★★

●小口泰與
梅散るやかそけき雨の音すなり★★★
花桃や名も知らぬ鳥かしましき★★★★
蝌蚪生(あ)れて幽かに池の笑いけり★★★

●廣田洋一
橋の下広がり進む花筏★★★★
傘さしてビニールシートの花見かな★★★
雨空に焔の如き赤椿★★★

●多田有花
<吉野山三句>
春しぐれこれより女人結界石★★★
花の雨避けて早めの昼ごはん★★★
山麓へ続く桜を展望す★★★★

●桑本栄太郎
出雲路の屋敷囲いや風光る★★★
結婚式の出雲大社や花曇り★★★★
縁結びの神で知られる出雲大社。そこでの結婚式は古式ゆかしい華やかなものであろう。花曇りの空が、結婚式の厳かな中にもある華やかさを引き立てている。(高橋正子)

菜の花や一両列車のワンマンカー★★★
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

自由な投句箱/4月11日~20日

2017-04-11 14:43:55 | Weblog

※当季雑詠3句(春の句)を<コメント欄>にお書き込みください。
※投句は、一日1回3句に限ります。
※好きな句の選とコメントを<コメント欄>にお書き込みください。
※お礼などの伝言も<コメント欄>にお書きください。
※登録のない俳号やペンネームでの投句は、削除いたします。(例:唐辛子など)
主宰:高橋正子・管理:高橋信之

◆俳句添削教室◆
http://www.21style.jp/bbs/kakan02
◆俳句日記/高橋正子◆
http://blog.goo.ne.jp/kakan02
コメント (54)
この記事をはてなブックマークに追加

今日の秀句/4月1日~10日

2017-04-11 12:02:51 | Weblog

4月10日(2名)

★サッカーの応援に来て燕飛ぶ/谷口博望 (満天星)
特に目新しい風景ではないが、いい風景だ。これも、他の文芸にない俳句の良さの一つだ。(高橋信之)

★逆光に野川の面や桃の花/小口泰與
「桃の花」が鮮明に眼に浮かぶ。形と言い、色と言い、読み手の眼に鮮明に浮かぶ。嬉しい風景だ。(高橋信之)

4月9日(1句)

★わが街に青空連れて木の芽風/川名ますみ
木の芽が芽吹き、心地よい風が吹く日だ。空を見れば、よく晴れて青空が広がる。この風が青空も連れてきてくれたのだ。それがうれしい。晴れ晴れとしたさわやかな心持ちを私も分けてもらった。(高橋正子)

4月8日(3句)

★行く春や愛しき鳥のいない川/谷口博望 (満天星)
親しんでいた鴨などがもういなくなった晩春の川。春を惜しむ感情と、愛しい鳥の見えない空虚感が混ざって一句ができた。(高橋正子)

★陽光をレタス静かに巻き始め/古田敬二
レタスは春の季語。浅緑のレタスが春の陽を受けて、玉を撒き始めた。レタスは「静かに」行動をしている。「レタス」と「静かに」の語が春の光の透明感をよく表現している。(高橋正子)

★新しき花壇に並ぶチューリップ/多田有花
「新しき花壇」が新鮮。チューリップがあって、一年生を迎えるような、溌剌とした新鮮さが生まれてくる。(高橋正子)

4月7日(3句)

★桜咲き卒寿の兄の絵のたより/谷口博望(満天星)
卒寿を迎えた兄からの桜の絵便り。ますますお元気に趣味の絵を描いて楽しまれているご様子。何よりの安心と励ましになることと思う。(高橋正子)

★深く植えし芋にやさしき雨来たる/古田敬二
じゃが芋の種を植え付けか。深く植え付けた芋の畝土に春の雨が細く細く浸み込んでいく。春の雨の潤しは、作者の喜びになる。(高橋正子)

★瀞の渦落花飲み込むばかりなり/小口泰與
瀞の渦が深く飲み込む落花。落花は渦に巻かれ飲み込まれていくばかり。瀞の青さ、落花の花の色が織りなす動的な美の世界。(高橋正子)

4月6日(2句)

黄蝶二頭追ひかけ追われ空青し/廣田洋一
黄蝶がひらひらと青空を舞っている。追いかけたり、追われたりして、子供が遊んでいるようだ。黄蝶の遊びが音楽のようだ。(高橋正子)

遡上せる数多の稚魚や風光る/小口泰與
風光るあかるい季節。たくさんの稚魚が川を遡上する。小さなものの耀くような命。「風光る」が効いていて、遡上の風景が眼に映るようだ。(高橋正子)

4月5日(3句)

★春潮の波打ち際にリュックの子/谷口博望(満天星)
私の好きな句だ。下五の「リュックの子」が効いた。(高橋信之)

★春夕べ小枝を焚いて飯を炊く/多田有花
いい生活句だ。下五に置いた「飯を炊く」がいいのだ。生活の基本は、何によりも、何処に居ても、「食」だ。(高橋信之)

★風光る吉野へ伸びる鉄路かな/古田敬二
地名の「吉野」がいい。風景の拡がりがいいのだ。(高橋信之)

4月4日(2句)

★清明のテニスボールを打ち込みぬ/廣田洋一
4日は清明であったが、字の通り、すがすがしく明るく晴れた日となった。テニスのボールを打ち込んむ姿も、おのずから颯爽となる。清々しい句だ。(高橋正子)

★円卓に春光届き回りゆく/祝恵子
円卓を囲んで和やかな時間が流れている。春の光があの人にこの人にと届きいている。「回りゆく」が明るい。(高橋正子)

4月3日(2句)

★く晴れて染井吉野の開花する/多田有花
染井吉野が開かねば桜が咲いたとは言はないほど、日本人の誰もが染井吉野の開花を待っている。良く晴れた日、気温も十分にあがって、いよいよ潔い開花となった。(高橋正子)

★青麦や山風に鶏吹かれける/小口泰與
青麦がのびのびと育ち、鶏が庭を走る。風が無ければ、のどかな眺めだが、山風がうすら寒そうに鶏を吹くと、山国の荒さが知れる。(高橋正子)

4月2日(2句)

★あし伸ばす嬰児(やや)の欠伸や春の昼/小口泰與
嬰児はくったくなく、あしを伸ばし欠伸をする。春の昼ののどけさが嬰児に象徴される。(高橋正子)

★顔上げて鳥の声聞くフリージア/廣田洋一
フリージアと小鳥の会話が聞こえそうだ。こんな可愛らしい場面に心を寄せた詩がヨーロッパの詩人にもあったような気がする。(高橋正子)

4月1日(2句)

★雨空をぱつと赤らめ桜咲く/廣田洋一
雨空に桜が咲く。「ぱつと赤らめ」に驚きとよろこびが入り混じった気持ちが読み取れる。桜が咲くのをこれほど楽しみに待つのは、四季に敏感な日本人だけだろう。(高橋正子)

★四月来る遠嶺に降りし夜来の雪/多田有花
四月が来る朝というのに、一夜明ければ遠嶺に雪。夕べは妙に冷え込んだに違いない。自然は、ままならず、厳しい。(高橋正子)
コメント (15)
この記事をはてなブックマークに追加

4月1日~10日

2017-04-11 12:01:17 | Weblog

4月10日(5名)

●谷口博望 (満天星)
久々の洗車に疲れ初蝶来★★★
初蝶や手のなる方へよちよちと★★★
サッカーの応援に来て燕飛ぶ★★★★
特に目新しい風景ではないが、いい風景だ。これも、他の文芸にない俳句の良さの一つだ。(高橋信之)

●多田有花
<吉野山三句>
花の雲の彼方に浮かぶ蔵王堂★★★★
奥千本さくらの蕾まだかたし★★★
花近き西行庵を訪ね来る★★★

●小口泰與
揚ひばり榛名山(はるな)へ流る雲一朶★★★
水音をたてて争う残り鴨★★★
逆光に野川の面や桃の花★★★★
「桃の花」が鮮明に眼に浮かぶ。形と言い、色と言い、読み手の眼に鮮明に浮かぶ。嬉しい風景だ。(高橋信之)

●廣田洋一
花枝の間に笑ふ女の子かな★★★★
緑の花咲きたる如し大島桜★★★
地に這へる太き幹より咲きし花★★★

●桑本栄太郎
<結婚式出席の為出雲へ>
ハイウェイの山に明るき花の雲★★★
菜の花のはるか眼下や宍道湖に★★★★
風光る畑に出雲のワイナリー★★★

4月9日(5名)

●谷口博望 (満天星)
桜餅向き合ひながら一つづつ★★★
桃咲いて野球少年声高し★★★★
突然に匂ひイリスや夏近し★★★

●多田有花
母と手をつないで見やるチューリップ★★★★
山桜霧立ち昇る朝の峰★★★
桜咲く日がな一日外にいたい★★★

●廣田洋一
出会ひたる俳句に学ぶ虚子忌かな★★★★
雨空に桜咲き満つ虚子忌かな★★★
虚子忌の句一人投句の句会かな★★★

●小口泰與
花桃や洋傘二本たずさえて★★★★
花冷や遊覧船のかしましき★★★
愛犬にかしずく妻や春の雷★★★

●川名ますみ
わが街に青空連れて木の芽風★★★★
木の芽が芽吹き、心地よい風が吹く日だ。空を見れば、よく晴れて青空が広がる。この風が青空も連れてきてくれたのだ。それがうれしい。晴れ晴れとしたさわやかな心持ちを私も分けてもらった。(高橋正子)

オフィスビル桜の傘にけぶりいる★★★
襖絵のごとくオフィスの玻璃に花★★★

4月8日(5名)

●廣田洋一
丸ビルにしつらへられし花御堂★★★
帰りがけ寄り道したる花祭★★★★
花祭り小さき仏にぬかずきぬ★★★

●谷口博望 (満天星)
行く春や愛しき鳥のいない川★★★★
親しんでいた鴨などがもういなくなった晩春の川。春を惜しむ感情と、愛しい鳥の見えない空虚感が混ざって一句ができた。(高橋正子)

蕗味噌を豆腐に付けて肴にし★★★
竹の旬春筍のやわらかき★★★

●小口泰與
漆黒を背景となす雪柳★★★★
句会はや皆年嵩よ目借時★★★
黄水仙風の意のまま傾ぎけり★★★

●古田敬二
桜咲く双子の赤子微笑めり★★★
馬鈴薯は地中に深く芽を伸ばす★★★
陽光をレタス静かに巻き始め★★★★
レタスは春の季語。浅緑のレタスが春の陽を受けて、玉を撒き始めた。レタスは「静かに」行動をしている。「レタス」と「静かに」の語が春の光の透明感をよく表現している。(高橋正子)

●多田有花
ひと晩で桜おおかた開きけり★★★
春雨の来る前に母と墓掃除★★★
新しき花壇に並ぶチューリップ★★★★
「新しき花壇」が新鮮。チューリップがあって、一年生を迎えるような、溌剌とした新鮮さが生まれてくる。(高橋正子)

4月7日(5名)

●谷口博望(満天星)
桜咲き卒寿の兄の絵のたより★★★★
卒寿を迎えた兄からの桜の絵便り。ますますお元気に趣味の絵を描いて楽しまれているご様子。何よりの安心と励ましになることと思う。(高橋正子)

次々に鳥の来て鳴く桜かな★★★
灯台に桜の咲いて船多し★★★

●古田敬二
芋植える地球に深き穴掘りて★★★
深く植えし芋にやさしき雨来たる★★★★
じゃが芋の種を植え付けか。深く植え付けた芋の畝土に春の雨が細く細く浸み込んでいく。春の雨の潤しは、作者の喜びになる。(高橋正子)

故郷の夢から覚めて朝寝かな★★★

●小口泰與
瀞の渦落花飲み込むばかりなり★★★★
瀞の渦が深く飲み込む落花。落花は渦に巻かれ飲み込まれていくばかり。瀞の青さ、落花の花の色が織りなす動的な美の世界。(高橋正子)

夕映えに雀寄り添う枝垂れ梅★★★
あけぼのの蟻穴を出づ草の陰★★★

●多田有花
地にすみれ咲くころ古き五輪塔★★★
竹刀手に桜の下を女学生★★★★
写さんとレンズ向ければ花に風★★★

●廣田洋一
雨降りて色艶増せる桜かな★★★
桜さくら名残の雨にそよぎけり★★★
桜花園児らの声澄み通る★★★★

4月6日(5名)

●谷口博望(満天星)
田虫葉の布絵の人をまなうらに★★★
犬ふぐり安芸の小富士を股のぞき★★★
春潮の光の上をかもめ飛ぶ★★★★

●廣田洋一
黄蝶二頭追ひかけ追われ空青し★★★★
黄蝶がひらひらと青空を舞っている。追いかけたり、追われたりして、子供が遊んでいるようだ。黄蝶の遊びが音楽のようだ。(高橋正子)

その辺の草に止まりし白き蝶★★★
蝶一つ子の声聞きて高く飛ぶ★★★

●小口泰與
春の雲榛名富士より離れずや★★★
遡上せる数多の稚魚や風光る★★★★
風光るあかるい季節。たくさんの稚魚が川を遡上する。小さなものの耀くような命。。「風光る」が効いていて、遡上の風景が眼に映るようだ。(高橋正子)
(高橋正子)

囀やひょいと跳ねたる枝移り★★★

●多田有花
蝶集う頂に着き昼ごはん★★★★
青空や芽吹き初めにし木々の上★★★
辛夷咲く庭に招かれ入りにけり★★★

●桑本栄太郎
入学の手が生え足もランドセル★★★
手つなぎの記念写真や門桜★★★★
白れんの道に散り初め抓み見る★★★

4月5日(7名)

●谷口博望(満天星)
花冷の尾鰭立ちたる鯱瓦★★★
新芽吹き高速船の轟ける★★★
春潮の波打ち際にリュックの子★★★★
私の好きな句だ。下五の「リュックの子」が効いた。(高橋信之)

●多田有花
梅の花切られし枝にまだ残る★★★
春夕べ小枝を焚いて飯を炊く★★★★
いい生活句だ。下五に置いた「飯を炊く」がいいのだ。生活の基本は、何によりも、何処に居ても、「食」だ。(高橋信之)

しじみ蝶八重紅梅に来ておりぬ★★★

●小口泰與
変わりたる写真の色や目借時★★★
爪伸びて耳に馴染むや春の暮★★★
遠山へかたむく日差し春の鳥★★★★

●廣田洋一
桜並木散りし花びら未だなく★★★
桜咲く待ちし小鳥の声聞かず★★★
チューリップてんでに背伸びしてをりぬ★★★★

●古田敬二
風光る吉野へ伸びる鉄路かな★★★★
地名の「吉野」がいい。風景の拡がりがいいのだ。(高橋信之)

触れるほど紅梅近しローカル線★★★
ローカル線土筆摘みいる人の見え★★★

●桑本栄太郎
干乾びし春の落葉や色未だ★★★
ラグビーのタックル練習桜咲く★★★★
散策の暮色となりぬ夕花菜★★★

4月4日(7名)

●谷口博望(満天星)
囀りや漣光る被爆川★★★★
野地すみれ「ここにも」と妻指触れる★★★
枝垂れ桃赤ヘルかぶるブルドック★★★

●多田有花
清明の朝どこまでも晴れ渡る★★★★
尺八の音の流れし春の寺★★★
夕刻の空に舞いおり初つばめ★★★

●小口泰與
蛙子や田水に忽と日の走り★★★
暖かや焼き饅頭の味噌の味★★★
鳥去りて湖平なる遅日かな★★★★

●廣田洋一
清明のテニスボールを打ち込みぬ★★★★
4日は清明であったが、字の通り、すがすがしく明るく晴れた日となった。テニスのボールを打ち込んむ姿も、おのずから颯爽となる。清々しい句だ。(高橋正子)

清明や菜っ葉を刻む音確か★★★
清明の風さわさわと地蔵尊★★★

●祝恵子
初ツバメ会えて嬉しや土手歩き★★★
咲き出せば一度に開く鉢椿★★★
円卓に春光届き回りゆく★★★★
円卓を囲んで和やかな時間が流れている。春の光があの人にこの人にと届きいている。「回りゆく」が明るい。(高橋正子)

●桑本栄太郎
青柳の朝日に躍る川面かな★★★
日を透きて垣根にうすき新芽吹く★★★★
菜の花の畑の暮色となりにけり★★★

●川名ますみ
いまいちど母と振り向く初桜★★★★
朝空に触れたばかりの花静か★★★
車来てさくらの影のふくらみぬ★★★

4月3日(5名)

●多田有花
よく晴れて染井吉野の開花する★★★★
染井吉野が開かねば桜が咲いたとは言はないほど、日本人の誰もが染井吉野の開花を待っている。良く晴れた日、気温も十分にあがって、いよいよ潔い開花となった。(高橋正子)

朝日さす峰に咲き初め山桜★★★
山桜まず紅の葉が出る★★★

●小口泰與
鳥の巣や木箱の中の置き薬★★★
桜餅食して酒は摘みかな★★★
青麦や山風に鶏吹かれける★★★★
青麦がのびのびと育ち、鶏が庭を走る。風が無ければ、のどかな眺めだが、山風がうすら寒そうに鶏を吹くと、山国の荒さが知れる。(高橋正子)

●谷口博望 (満天星)
花冷えや雨となりたる野の昼餉★★★
草餅や思ひ出したる祖母の指★★★★
初燕広がる瀬戸に掠め飛ぶ(原句)
初燕広がる瀬戸を掠め飛ぶ★★★(正子添削)

●廣田洋一
新年度朝の顔ぶれ一新す★★★
花桃や嘘か眞かその話★★★
桃咲ける角を曲がれば富士見かな★★★★

桑本栄太郎
朝の日にぽつと微笑む紫木蓮★★★
浮雲の動くと見えず春の空★★★★
うとうと花疲れなる車内かな★★★

4月2日(5名)

●谷口博望(満天星)
風光り鯉の影行く城の堀★★★★
二の丸の橋の御門に春の鴨★★★
木蓮や野良猫の来て裏返る★★★

●小口泰與
遊蝶花リード離れし子犬かな★★★
赤腹を焼くや千曲川(ちくま)のつけ場小屋★★★
あし伸ばす嬰児(やや)の欠伸や春の昼★★★★
嬰児はくったくなく、あしを伸ばし欠伸をする。春の昼ののどけさが嬰児に象徴される。(高橋正子)

●多田有花
頂や四月の光全身に★★★
山桜見下ろし山の食事かな★★★★
詩吟する人もありけり春の山★★★

●廣田洋一
雨に濡れ下を向きたる犬ふぐり★★★
白木蓮花弁一つ落としけり★★★
顔上げて鳥の声聞くフリージア★★★★
フリージアと小鳥の会話が聞こえそうだ。こんな可愛らしい場面に心を寄せた詩がヨーロッパの詩人にもあったような気がする。(高橋正子)

桑本栄太郎
菜園の狭庭に溢れ花菜風★★★★
青柳の朝日に躍る川面かな★★★
淀川の草の湾処(わんど)や残り鴨★★★

4月1日(5名)

●小口泰與
片栗や里の訛りの聞き取れず★★★
棚田へと雪しろ奔り雨の朝★★★★
雨脚のはや遠のくよ桜草★★★

●廣田洋一
桜咲く角まで戻り確かめり★★★
雨空をぱつと赤らめ桜咲く★★★★
雨空に桜が咲く。「ぱつと赤らめ」に驚きとよろこびが入り混じった気持ちが読み取れる。桜が咲くのをこれほど楽しみに待つのは、四季に敏感な日本人だけだろう。(高橋正子)

先ず咲きし赤チューリップすらと立つ★★★

●谷口博望 (満天星)
原爆を告ぐる柳の芽吹きをり★★★★
夜桜のブルーシートで待つ二人★★★
四月馬鹿ひとり笑ひとすれちがひ★★★

●桑本栄太郎
醒めやらぬ夢の中なり万愚節★★★★
夢なれば夢の侭にて四月馬鹿★★★
頑なにつぼみ閉じ居り四月冷ゆ★★★

●多田有花
囀の森の小道をゆく真昼★★★
荷が届く三月送る雨音に★★★
四月来る遠嶺に降りし夜来の雪★★★★
四月が来る朝というのに、一夜明ければ遠嶺に雪。夕べは妙に冷え込んだに違いない。自然は、ままならず、厳しい。(高橋正子)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

自由な投句箱/4月1日~10日

2017-04-02 12:21:38 | Weblog

※当季雑詠3句(春の句)を<コメント欄>にお書き込みください。
※投句は、一日1回3句に限ります。
※好きな句の選とコメントを<コメント欄>にお書き込みください。
※お礼などの伝言も<コメント欄>にお書きください。
※登録のない俳号やペンネームでの投句は、削除いたします。(例:唐辛子など)
主宰:高橋正子・管理:高橋信之

◆俳句添削教室◆
http://www.21style.jp/bbs/kakan02
◆俳句日記/高橋正子◆
http://blog.goo.ne.jp/kakan02
コメント (57)
この記事をはてなブックマークに追加

自由な投句箱/3月21日~31日

2017-03-21 10:48:04 | Weblog

※当季雑詠3句(春の句)を<コメント欄>にお書き込みください。
※投句は、一日1回3句に限ります。
※好きな句の選とコメントを<コメント欄>にお書き込みください。
※お礼などの伝言も<コメント欄>にお書きください。
※登録のない俳号やペンネームでの投句は、削除いたします。(例:唐辛子など)
主宰:高橋正子・管理:高橋信之

◆俳句添削教室◆
http://www.21style.jp/bbs/kakan02
◆俳句日記/高橋正子◆
http://blog.goo.ne.jp/kakan02
コメント (56)
この記事をはてなブックマークに追加