雷 と からっ風 義理人情!上州かあちゃんの毎日

赤城おろしの冷たいからっ風にも、日本一暑い夏の日にもめげず
頑張る上州かあちゃんの日記です

母の日なのに・・・

2017-05-14 19:30:51 | おばあちゃん

 実家でボケばーちゃんと同居の弟から

朝いちで電話がきました。

「ばーさんの、汚い服を捨ててくれ」・・・との事です

はい。はい。

わかってましたよ。おばーちゃんが、サイズの合わない服を着たり

ずいぶん古臭い洋服を着ていることは・・・

私も何度か、声をかけました。

一緒に片づけようと・・・

でもね~

年寄りは、なかなか捨てることはできないのよ。

急に服を片づけてしまったら

パニックになってしまうのよ。

ボケ症状が進んでしまう事だって・・・

私は、まだまだ自分で管理できているので

そ~~としておこうと思っていました

でも、同居の弟夫婦にしてみたら、

おばあちゃんが、汚い、みっともない恰好で

ふらふらされるのが嫌なのでしょう

その気持ちもわかります

ここは、かわいそうだけれど

娘の私にしかできない仕事かな・・・

実家に出向き

優しくおばあちゃんに声をかけました

「おばあちゃんさ~~そろそろ、暖かくなって

きたから、衣替えしようか~~。手伝うよ~~」・・・って

なかなか、タンスの中を触らせません。

最初のうちは、優しかった私の声も

段々大きくなり。

「もう何年も着てない洋服は、捨てようよ。」

ばあちゃん、ため息つきつつ

「そんなことは、私が死んでからやっておくれ・・・」

あ~~切ない、心が痛みます。

まったくその通り、衣類の整理なんて

本人が死んでからやれば、いいんだよ

なんだか、無性に弟夫婦に腹が立ちます

でもね~~

同居してたら、嫌なんだよね

ばあちゃんが、みっともない恰好してたら・・・

認知症番組で、「寄り添う嘘」

っての放送してた。

嘘をつくのは、本当につらい事ですが

「寄り添う嘘」つきました。

「おばーちゃん。タンスの中の衣類

クリーニングに出すね~~」

綺麗に洗って、来週持って来るよ

それでも、きれいだから、クリーニングはいらないという

おばーちゃんを、だましつつ、心を痛めながら

片づけてきました。

こんな切ない思いを、私の子供達には

絶対にさせたくない

余分な洋服、荷物は

今から持たないように、すっきり暮らせるように

心がけなくちゃ

 

なんだか、悲しい母の日でした。

お母さん、悲しい思いをさせて、ごめんなさいね

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 朝から泣かされました | トップ | 息子達から »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。