自由自在

自分の出来ることはあまり多くない、ブログの内容が一定していません。自由自在に書いてます。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

国民の名誉にかけ、全力を挙げてこの崇高な理想と目的を達成することを誓う。安倍は非国民だ。

2015年06月13日 | Weblog

日本国民は、正当に選挙された国会における代表者を通じて行動し、われらとわれらの子孫のために、諸国民との協和による成果と、わが国全土にわたって自由のもたらす恵沢を確保し、政府の行為によって再び戦争の惨禍が起ることのないやうにすることを決意し、ここに主権が国民に存することを宣言し、この憲法を確定する。そもそも国政は、国民の厳粛な信託によるものであって、その権威は国民に由来し、その権力は国民の代表者がこれを行使し、その福利は国民がこれを享受する。これは人類普遍の原理であり、この憲法は、かかる原理に基づくものである。われらは、これに反する一切の憲法、法令及び詔勅を排除する。

日本国民は、恒久の平和を念願し、人間相互の関係を支配する崇高な理想を深く自覚するのであって、平和を愛する諸国民の公正と信義に信頼して、われらの安全と生存を保持しようと決意した。われらは、平和を維持し、専制と隷従、圧迫と偏狭を地上から永遠に除去しようと努めている国際社会において、名誉ある地位を占めたいと思ふ。われらは、全世界の国民が、ひとしく恐怖と欠乏から免れ、平和のうちに生存する権利を有することを確認する。

われらは、いづれの国家も、自国のことのみに専念して他国を無視してはならないのであって、政治道徳の法則は、普遍的なものであり、この法則に従ふことは、自国の主権を維持し、他国と対等関係に立たうとする各国の責務であると信ずる。

日本国民は、国家の名誉にかけ、全力をあげてこの崇高な理想と目的を達成することを誓ふ。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

日本国憲法党をつくろう

2015年06月13日 | Weblog

戦後70年にあたり、戦争で犠牲になった人たちに感謝を忘れないようにしなければいけない。

戦前戦中の日本は、かなりひどい国家だった。国民より国家が優先され国家に逆らう者は思想家でも活動家でもみな、逮捕され、拷問を受け死んでいった。

基本的人権の尊重という言葉はなく国家尊重という感じだ。とはいえ、それは、権力者の思うが儘ということだ。皆、国を批判すると、非国民とののしられた。

今の、憲法になって、国家より個人の尊重が保障された。犯すことのできない権利になっている。

しかし、自民党の改正草案では、国家をのもとに国民を犠牲にすることができる。こんな憲法改悪を改正というバカは自民党くらいしかいない。

小泉総理は、自民党をぶっ潰してくれたほうがよかった。

日本国憲法を守るのが愛国者である。

99条に公務員の憲法順守義務が書いてある。

まったく無視する自民党に鉄槌を、英霊の天罰が下る日も近い。

日本国憲法を無視する安倍のような自民党は非国民といっても過言ではない。

戦後の平和の財産を、安倍のような馬鹿に食いつぶされてたまるか、、、

日本国憲法党は愛国者の党だ。

対米隷属の売国自民党とは違う。

うそつき安倍自民党と、戦おう。民主国家を守ろう。平和を希求するのに軍備はいらない。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

天木が吼える。砂川判決は違憲無効だ。

2015年06月12日 | Weblog

天木直人メルマガより、、、

田中耕太郎最高裁長官が下した1959年の砂川判決が、安倍政権が
強行成立させようとしている安保法制案の合憲の根拠とされている。

 こんな馬鹿なことがあるか。

 日米安保体制は違憲だと断じた東京地裁の伊達判決を、マッカーサー
在日米国大使とみずらか密会を重ねて葬った最高裁裁判長田中耕太郎。

 この売国的事実が、米国の機密文書公開によって明かされたのは20
08年だった。

 この国の司法のトップが自ら憲法違反を犯していたのだ。

 最高裁長官であり、最高裁大法廷の裁判長である田中耕太郎が下した
のが砂川判決だ。

 砂川判決が集団的自衛権行使を容認しているかどうか、などという議
論以前の大問題である。

 砂川判決自体が違憲なのだ。

 その再審査請求訴訟を起こしている我々が、いまこそ立ち上がらなけ
ればいけない。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

立憲国家を踏みにじる安倍政権

2015年06月12日 | Weblog

安倍は、法の支配とバカの一つ覚えでいうが、憲法を捻じ曲げ解釈をして都合のいい結論を出して集団的自衛権が合憲だという。

砂川事件の判決は田中耕太郎長官が時の政権のためにアメリカの意向をくんで判決を出した。自己の良心とこの憲法に基づいた判決ではなかったことが、アメリカの公文書から出てきている。

違憲の砂川判決を根拠にする愚、この矛盾に気が付かない愚、法の支配を言いながら、最高法規を無視する。あきれた内閣だ。

内閣が、憲法を守らないのは行政権が三権の中で実際の権力を握っているということだ。最高裁判所長官の人事権を持っている。これだけでも、内閣の意向で恣意的に、内閣寄りの裁判所長官を選べる。裁判所は、内閣の下に位置するといっても過言ではない。

時の内閣の意向のそむくような裁判官は出世できない、「絶望の裁判所」瀬木比呂志著に書いてある。どんなに優秀でも、公正中立、憲法に忠実でも上には行けない。

原発の判断でも、国民側に立った判決を出すことは勇気がいることだ。それは、裁判所をやめることにつながるから。しかし、心ある裁判官も下級裁判所にいるのだ。

残念ながら、優秀な裁判官はそれ以降裁判所にはいられない。

こんな、裁判所が権力を持てないのは、官僚の意識が高く、出世のために、時の政権に媚を売るからだ。どうにか、裁判所が権力の暴走を止めるような判決を出してほしい。

そのためには、最高裁判所の長官の指名は国会でやるほうがいいのではないだろうか。総理の使命と同じように。少なくとも、今よりは公正になるかもしれない。

ただ、多数党が決められることは、総理と同じだが、総理の意向よりも国民代表の国家議員の意思が反映されるだろうと思う。

でも、これをやるには、憲法改正する必要がある。

ついでに、9条などがかえられてもかえって藪蛇か。

自民党が、右翼政権になって、国民生活が疲弊してきた。労働組合が、骨抜きになり、幹部貴族のためのものになって、労働者は奴隷並みに近づいてきた。

こんな社会を、望んでいるのは大部分の国民ではない。なぜ、選挙で変えようとしないのだろうか。暴力的な革命はこの国では無理だ。

しかし、貧困が進めば革命は起こる。

世界の革命は貧困から始まっている、このまま階級社会が進めば、いずれ日本もそういう時代が来る。歴史の必然として。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

日本を安売りする、ジャパネットアベ

2015年06月02日 | Weblog

なんだかんだといううちに、円が安くなったものだ。124円対ドルひところは80円台が当たり前だった。

輸入国家の日本は円高で安く物が買えた。しかし、日銀のおきて破りの国債買い、タコの足を食うように市中にカネをばらまいた。

しかし、デフレの脱却と念仏を唱えても消費税上げが響き効果が出ていない。もう、四年もやって、ばくちに年金を投入して株高を演出した。

外見はバブル時のような株高でカネを持っている人は潤っている。法人税の減税で、大企業の重役や、会社員も恩恵にあづかっているようだ。

しかし、しもじもの国民庶民は日々の生活に必死だ。あぶく銭もなく、非正規雇用の身分は虫けらのごとく雇用されている。賃金だってこの数年下がりっぱなしだ。

この現実を直視しないジャパネットアベは外遊してアメリカからオスプレイを正規の値段の倍も出して十何機も買った。誰の金だと考えているのか、これも、皆国民の税金だぞ。

福祉に回すとい、消費税アップの金はそんな安倍のおもちゃに代わってしまった。いい加減にやめろ。

国会の答弁では、ヤジを飛ばし、下品を絵に描いた国民の恥総理だ。ガキのような答弁はあきれて恥ずかしい。

とにかく、日本の財産を食いつぶす三代目は消えてくれ----------------------------!!

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

選挙も気合が入らないな、、、

2014年12月10日 | Weblog

ジャヤパネットアベが早口でまくしたて、この二年間の経済政策の失敗をかくす。テレビも新聞もあまりさわがない。

円安により、日本のGDPがドイツにも抜かれ、中国の半分になってしまっている現実を植草一秀のブログで知った。

日銀は、日本の富を安倍とぐるになって売国している。

輸入品は、食料品が大きく上げてきている。ガソリンなどは、世界的な原油安のおかげであまりあげていない。春先、一バレル100ドルが、ここ二月ほど前から65ドル前後に下げている。これが、春先の値では国内は今の5割増しの値段になるだろう。

円安でなければ、せめて一ドル100くらいであれば、国内の輸入品などは安いままで、消費税の影響を吸収できただろう。

とにかく、安倍のやることは国民を奴隷のようにこき使う派遣法の改悪や大企業の法人税の引き下げのために中小零細の国内企業から資金をとろうとしている。

大企業の場合、円高のときに海外移転していて国内の雇用を減らしている。そんなこともわかっているのに優遇するなんて財界の操り人形だ。

国内の消費を活発にするため、労働者の給与を上げ、安定した雇用を考えると、内部留保で太った金権亡者のブタどもから税金をとってあてるべきだろう。

外国に遊びに行って、国の税金をばらまいてきたノータリンのジャパネットあべに怒りの一票を投じよう。

少し、気合が出てきた。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

秘密保護法で、警察国家の完成

2013年11月24日 | Weblog

本来ならば、先の衆議院選挙は最高裁判所が違憲無効の判決を出さなければいけなかったのだ。

すでに、違憲状態という、違憲とどこが違うのか。違憲だから、違憲状態なのだ。最高裁判所が国民のために全く機能していない。

誰のために、存在しているのかを理解していない。民主主義の法の番人としての最高裁判所だ。国民一人一人が平等であることを国家が保証しないでどうするのか。

権力者の言いなりの最高裁判所は、国民の信託を受けていない。恣意的な判断だけする。もちろん、そのときの権力者の顔色をうかがって。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

しかし、恥を知らない安倍、日本の恥だな。

2013年06月08日 | Weblog

まだ、原発を輸出するのか。本当に馬鹿につける薬はない。

福島がまだ放射能をまき散らしているのに、世界一安全だって。開いた口がふさがらない。

子度たちの甲状腺がんが出ているのに、原発とは関係がわからにとかぬかす、御用医学者たち。

とにかく、100万人に2,3人とか言われているのが、10人以上がガンだとわかってきたのに、ぬけぬけと、関係が不明だとか、医学者としての、良心が欠けている。

原発村と、心中はごめんだ。

自民党の原発推進政策は国民の意思を無視しているのだ。反省しろ。この二枚舌政党。TPPも民主党のときに、散々文句を言って、昨年の選挙で反TPPで当選したうそつき議員どもは、辞職しなければならない。

とにかく、公約なんてのは役立たず、国民の目をくらます煙幕のようだ。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

思えば、鳩山が、官僚にばあさんを脱税で捕まえるぞと脅されたのが痛かった。

2013年02月07日 | Weblog

結局、それから下り坂になってしまった。小沢と一緒にやめることを条件にしてばあさんの逮捕を免れたと思われても不思議ではない。

それほど、権力を持っているのが官僚だ。司法官僚とグルになれば何でもできる。小沢を無実の罪にして捕まえることもできる。いや、捕まえることはできなかったが、総理の座に就くことをできなくした。

とにかく、鳩山が辞任の時に、とつぜん小沢も一緒にやめるということを言い出したのは、本当に不思議なことだ。党と、政府は別物だろうが。

ここに、本当の目的があった。鳩山を司法官憲がばあさんを捕まえて監獄に入れるぞと、脅迫したことは明らかだろう。

 
民主党政権になって、鳩山だけが官僚に頼らなかった。だが、反発を買い潰れた。

ドジョウ内閣では泥の中に潜ってしまい国民からは何も見えない。結局、官僚という泥の中の生活だ。国民が住んでいる場所に出てこようとしない。よほど官僚泥沼が気に入っているのだろう。...
 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

民主党政権になって、鳩山だけが官僚に頼らなかった。だが、反発を買い潰れた。

2012年02月06日 | Weblog
ドジョウ内閣では泥の中に潜ってしまい国民からは何も見えない。
結局、官僚という泥の中の生活だ。
国民が住んでいる場所に出てこようとしない。
よほど官僚泥沼が気に入っているのだろう。
ドジョウは、真水には住めない、結局、泥の中の生活しかできないのだ。
早く、鍋にして食ってしまおう。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

台風一過の秋空になるか

2011年09月05日 | Weblog
野田政権は、台風とともにやってきたが、果たして、国民の不満を吹き飛ばすようなことができるのか、新聞、テレビの小沢たたきが、終わるのだろうか。表向きは、融和組閣だが、野党との連立を考えて裏工作をしていることが見えてくる。
絶対安定政権を決めるには、大連立をしなければ不可能なことは誰もが承知だ。国民不在な小細工はやめてほしい。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ドジョッコになった内閣

2011年09月04日 | Weblog
頑張らないとめだかの学校になってしまう。顔ぶれを見れば、メダカの兄弟か。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

新年を迎え、この国に希望があるのか不安だ。

2011年01月04日 | Weblog
なんだかんだと2011だ。昨年も暗かったが、今年の見通しも立たない。
あの熱かった政権交代は何だったのだ。
すでに二年目を迎え、無能を絵にかいたような管民主党政権だ。
無免許運転の車に乗せられているようだ。いい加減にしろ。
小沢のような剛腕のベテラン運転手に任せるべきだ。
少し手荒いかもしれないが、パリダカのような悪路も道なき道もそうはできる一流だ。素人菅はひっんでいたほうがいい。権力を握って国民のために消費税増税や、TPPに参加するなんてのは国民の意思にはんする。大企業サイドの話だ。
国民第一の小沢しかこの国を救えない。
小沢にやらせてだめならもうこの国の未来はない。
頑張れ小沢一郎。
さいごは、あんたしかいない。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

検察審査会のでたらめを暴け

2010年10月06日 | Weblog
これではだれもが、訴追できる。市民国民の視線で考えるとかいうのは詭弁だ。気に入らないやつを抹殺できる制度だ。
法の精神に反する。法治国家は、疑わしきは被告人の利益だとうたったいる。確か、フランスの人権宣言だったか、、、、
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

いい加減に小沢たたきをやめろ、

2010年10月04日 | Weblog
検察審査会のメンバーを白日の下にさらせ、密室で決めたのは民主主義に反する。どうせ右翼のまわし者だろうから。くたばれ似非愛国者、
コメント
この記事をはてなブックマークに追加