梶の「趣楽独言」

陶芸・家庭菜園・ダンス・碁・蕎麦打ちなど趣味三昧に生きる老人の独り言

夏野菜

2017年05月19日 | 家庭菜園・庭
 トマトは脇芽から伸び茎が長くなり、何本もの支柱を立てだしました。
ミニトマトのミニキャロル(4株)の畝


ミニトマトの純あまなど(4株)の畝


中玉のスイーツトマト(5株)の畝


大玉の桃太郎(2株)の畝


 ナスの株も立派になりました。次々と花が咲きだしました。今は2本仕立にしていますが、3本目の脇芽も伸びだしてきました。もう直ぐ3本目の支柱を立てます。


 ニンニクは葉が枯れ出しました。赤さび病に罹っています。収穫まで後2週間ほどです。


 ジャガイモは株が大きくなり、茎が畝の間に倒れだしました。後2週間ほどで収穫です.


 蔓なしインゲンは本葉が2枚になり、初めの葉も大きくなり、畝も賑やかになりました。蔓なしインゲンの葉が大きくなるのは早く、直ぐに畝が葉で覆われます。この為には充分な追肥が必要です。


 サツマイモの苗の葉が大きくなり出しました。今年は偶々ホームセンターに苗を買いに行った時、入荷したところでした。元気な苗を買うことができたこと、植え付け後に適当に雨が降ったことなど良い条件が重なったのか、早く発根しだしたようです。


 山芋は葉が出だしました。


 庭のキュウリは葉が4枚ほどで親蔓を摘まみました。脇芽が出だし、伸びだしました。葉も大きくなり、雌花も次々と咲きだしました。雌花を見つけたら人工授粉させています。親蔓を摘まないと親蔓が上に長く伸び、ネットの下の方に空間できます。脇芽からの蔓が長くなりましたらネットに横に伸ばします。3年ほど前からこの方法を試みました。キュウリの収穫がよくなりました。




 オクラの種をポットに蒔き、苗を育てていますが、48個の内41個が発芽しました。オクラの生長は遅く、8個で発芽した苗がダメになりました。来年は1ポットに2,3個の種を蒔こうと思います。


 モロヘイヤは種が多く、1ポットに多くの種を蒔きました。込み合っているところは間引きをしています。植え付ける時は1ポット2株ほどにするつもりです。


 ゴーヤの種は10日間水に浸け、ポットに種を蒔きました。種が残ったので1ポットに2個蒔きました。種蒔き後11日経った今日24個の内5個で発芽しだしました。他にも土の表面がひび割れしだしたポットが6個ありました。これから次々と発芽すると思います。


 昨日シソの植え付けをしました。毎年一部の株の種を採らずにそのまま残し、自然に地面に種を落としています。翌年種を落とした場所から発芽します。発芽したシソの苗は込み合っていますので、大きな苗を間隔を空け植え替えています。一部の苗はプランターに植え付け、子供達に配ります。


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 夏野菜 | トップ | 夏野菜 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。