クラ鈴が斬る!

氷室京介、あぶない刑事、マンガ etc

映画「無限の住人」感想

2017-05-05 21:41:59 | 映画
あ、一応、

ネタバレ注意で。


ってわけで、無限の住人を見てきました。
まあね、





「キムタクは、なにを演じてもキムタク」なのは、いまに始まったことではないんで、



その辺はとくに気にせずに楽しめましたね(笑)。
そうはいっても、キムタクにしては役に寄せてきてる、っていうか、彼なりには万次になりきれてたとは思うけどね。原作をほとんど読んでないオレがいうのも何ですが(笑)。
ヒロイン・浅野凛(あさのりん)役の杉咲花は、いい女優さんになるわ。ホントにいい演技してたと思う。
って、この人、すでに売れてんだってね。オレが知らなかっただけで(笑)。

ストーリーとしては、(オレは原作の6巻まで読んだんですが)ほぼ原作に沿った内容だったと思います。
いや、原作のクオリティが高いだけに、普通におもしろかったですよ。ただ、万次と凛の間に絆が構築されていくのが、ちょっと早すぎた気もしますかね。
物語が始まってすぐに、互いに互いのことを気にかけるようになってました。まあ、尺の問題があるから、しょうがないけどね。
それと、万次と逸刀流の面々との戦いもね、それぞれをもうちょっと長く見たかったかな。黒衣鯖人(くろい さばと。北村一輝)戦、凶泰斗(まがつ たいと。満島真之介)戦、閑馬永空(しずま えいくう。市川海老蔵)戦なんかはもちろん、とくに槇絵(まきえ)戦。
乙橘槇絵(おとのたちばな まきえ)役の戸田恵梨香が、これまた、意外と槇絵という役に寄せてきてたこともあって、もうちょっと、彼女による槇絵のアクションを楽しみたかった、というか。
まあ、槇絵自身は、ラストバトルでも出てきてくれたんで、いいかな、と。ただし、槇絵はラスト・・・
あ、槇絵といえば、彼女に軽く嫉妬する凛(笑)。ただね、この映画版では、「あんなおばさんのどこがいいのよ」といった台詞を口にしただけだったんだよね。
原作では、





左右の手の人差し指をそれぞれ、自分の口の中に突っ込み、唇の端と端とを引っ張ったうえで、「アカンベー」



だったんですが、これを杉咲さんに再現してほしかった・・・(彼女がやっても、かわいくなったでしょう/笑)。
「凛のかわいかったトコ」というと、「万次を援護しようと、彼の背後から苦無を投げたはいいが、ひとつだけ万次のケツに当たって、『ごめんなさい!』」(笑)。
でも、これは直後の伏線になったりもしてます。
凛が、市川隼人演じる尸良 (しら)に攫われてね、万次が追いついたまではよかったんですが、尸良は凛の両手を縛っていてね。で、

尸良「武器を捨てろ」

万次、渋々、すべての得物を捨てる。

ただし、凛が投じた苦無(自分のケツに刺さったやつね)だけを隠し持っていた万次が、それを凛の頭上目がけて投じることで、彼女を縛っていた縄を切り、これによって、凛が脱出。

万次、尸良との戦闘が可能になり、最後には尸良を討つことに。

って感じにつながってます。

ラスボス(形のうえでは、万次と共闘もしましたが)は、やはり天津影久(あのつ かげひさ。福士蒼汰)。
クールな美形悪役に仕上がっていましたね。ただ、原作では終盤まで万次と戦い続けるようですが、この映画ではラストに万次に敗れ、凛の手にかかって、命を落とします。
で、万次のほうも瀕死の重体でしたが、凛の呼びかけにより、意識を戻したトコでエンディング。
あ、そうそう、キムタク万次も原作の万次同様、





常に苦戦してました。



もう、「何回死んでんだよ?」いいたくなるくらい(笑)。槇絵戦も、原作どおり、彼女の勝利といえるでしょう。
って、それが万次の、そして「無限の住人」という作品自体の魅力でもあるんだろうけどね。単純に「強さのインフレ」を防止できるし、なにより、主人公は苦戦してなんぼですよ(笑)。

いや、充分におもしろかったですよ。ただ、続編はないと思います(笑)。
けど、仮にあるとしたら、完全にオリジナルになるんだろうけど、「万次と同じ境遇である永空に死をもたらした毒薬を求め、万次と凛が旅を続ける」なんて話でもいいかもね。
原作では、「万次は生き続け、凛は寿命で」ってことになったらしいけど(万次は凛の子孫と会えたらしいけど)、オリジナルでやってもいいんじゃないかな。万次と凛が結ばれたっていいと思う。数年後には、凛役の杉咲さんも、いい感じで大人の女性になってるだろうし(笑)。
キムタクはキムタクで、若さをキープできるでしょう。
まあ、原作ファンは不快に思うかもしれんが、オレはそういう続編も見てみたいぞ(笑)。

アニメ版も、機会があったら、見てみようかな。

おまけ




映画館にしんちゃんがおった(笑)。
『映画』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 俗・かってに妄想 スパロボV編 | トップ | 「TATSURO KITA... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

映画」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。