よしジーのたわ言

快フィットネス研究所 所長 吉井 雅彦(よしジー)の思いつくまま、気の向くままのブログです。時々まじめな内容有り!

40数年ぶりぶりの沖縄

2017年07月17日 | うんちく・小ネタ
40数年ぶりぶりぶりに沖縄に行ってきました

ちょうど沖縄での海洋博が開催された時です。

なんとその当時、すでに返還されていましたが、車は右側通行で、めちゃめちゃ異国情緒たっぷりでありました。

今回は、沖縄で開催された、ラフターヨガ(笑いヨガ)フェスティバルへの参加でした。

2泊3日でしたが、仕事の都合上、夜入りの朝帰りで、結局まる一日のみの参加でした。

観光客でにぎわう那覇の国際通り近くのホテルでした。

聞くところでは、今、中国と韓国からの観光客が多いとのことでホテルもいっぱいだそうです

翌朝、乗り合いバスで、モーニングラフターの会場まで行きました。

時間少し遅れで出発したバスの中で、おばちゃんが運転手さんに「友達が遅刻して今乗れなかったから、タクシーで追ってくるから、次の停留所で待ってくれ」と陳情。

運転手さん、「ううううーっ、待てない待てない、もう遅れてるし」と困惑状態

2つほど停留所を過ぎても、そのタクシーの友達は現れず。

都度おばちゃんは、「もう来るから、今度は来るから」と哀願。

すると後ろの方から男性客が、「次の停留所で3分も待ってやったらいいんでないの」と沖縄弁で言う。

だめだめ、と運転手は困惑顔でかぶりを振る

そうだその40数年前に聞いたお話がよみがえる

その時団体旅行で同行していた男性が、ひとりで乗り合いバスを使っての小旅行をした時のお話し。

田舎道で、バスは停留所でもない所に停車、動かず。

しばらく待っていると、遠くから子供が走ってきて、バスに乗り「はい、お弁当」と言って、運転手に弁当らしきものを渡して走り去ったのだそうな。

その間、乗客は誰も文句も言わずに静かに待っていたとのこと

この話を懐かしく想い出していたら、よしジーが下りるはずのバス停に止まらず通過

停留所のアナウンスは一切なし

次の停留所で下りて、引き返しウォーキングを楽しんだよしジーでありました

恐るべし、沖縄

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« そんな”感じぃ~”! | トップ |   
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。