よしジーのたわ言

快フィットネス研究所 所長 吉井 雅彦(よしジー)の思いつくまま、気の向くままのブログです。時々まじめな内容有り!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

心の除染

2017年08月13日 | うんちく・小ネタ
東日本大震災、原発事故から6年と半年が過ぎようとしています。

本の紹介です。

『「心の除染」という虚構』、黒川祥子著、集英社インターナショナル発行

副題には「除染先進都市はなぜ除染をやめたのか」とあります。

今回の原発事故の放射能の影響で、多くの市町村が避難を余儀なくされています。

その中の一つ、福島市の北東に位置する伊達市での様子を紹介した本です。

この3月の避難解除になった飯館村などは全村避難を余儀なくされた異常事態については多くを報道されています。

伊達市は、事故後しばらくして、スポット的に放射線量が高い地区があることが分かり、同じ地区であっても線量が高く出た家ごとに避難を勧めるといった「避難勧奨地点」となりました。

家の数か所の基準点の線量を測定して基準以上なら、避難勧奨となりました。

勧奨というのは「避難してもしなくてもどちらでもいいよ」というものです。

この避難勧奨地点に指定されると、全村、全長避難している他の市町村同様、損害賠償金が支払われます。

指定されなければ出ません。

これによって、これまで仲良く暮らしていた地区、町内がいがみ合うようになりました。

市の職員の家だから、役職の家だから指定されたんだといううわさが蔓延したそうです。

この本に紹介されている一つの話では、当初から家の周りの線量が高いことを心配して毎日家の周りを水で洗い流していた(除染していた)家では、指定測定の時に線量が低くなっており、結局指定されなかったとか。

行政の対応が遅い、悪いことを指摘して活動していた住民は、そのうち異端児として見られるようになってしまったと書かれています。

学校においては「モンスター・ペアレント」です。

小学校の全校避難を懇願していた親は、そこの先生に「これ以上騒いでいると、子供も含めていじめられますよ!」と注意された逸話が紹介されています。

この本の題名にある「心の除染」は伊達市長の言葉とのことですが、きれいに洗い流す除染ではなく、臭いものには蓋をする行為だと著者は指摘しています。

本当のことを知りそれに対して真摯に対応してほしい住民と、混乱をなるべく避けたい行政側の大きなギャップが悲劇を生じました。

ここには放射線の影響が明確になっていない事実があるからです。

ご存知のように、当初年間20ミリシーベルトまで大丈夫だと公言していたのが、その後1ミリシーベルトに引き下げられました。

どうやら、1ミリシーベルトにしておけば、騒いでいる人も納得するだろうというあたりから出てきた基準のようです。

したがって、何かあると元の20ミリシーベルトが顔を見せるのです。

結局この低放射線の影響は30年後になってみないと分からないのです。

やっぱり低い基準にしておけばよかったと後悔したくないと、将来がある小さな子供を持つ親は考えます。

しかし低い基準を採用するとお金と時間がかかる。

そこで行政側は二の足を踏むのです。

あいつで避難解除されていますが、そこの住民の中にはまだ時期尚早だという意見が多くあります。

でも国は上の方(甘い)の基準を横目で見つつ、「早く元の暮らしに戻ってほしい」ときれいごとを並べ立てています。

ところが現実は、解除された市町村で2割も満たない人しか戻らない、戻れない現実があるのです。

この本を読むと、そのあたりの心情が、後天的に培われていった様子が理解できます。

この、国、行政が取ったきた施策がよかったのか、悪かったのか?

結論は、事故30年後、つまり23年と半年後に出るのです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

40数年ぶりぶりの沖縄

2017年07月17日 | うんちく・小ネタ
40数年ぶりぶりぶりに沖縄に行ってきました

ちょうど沖縄での海洋博が開催された時です。

なんとその当時、すでに返還されていましたが、車は右側通行で、めちゃめちゃ異国情緒たっぷりでありました。

今回は、沖縄で開催された、ラフターヨガ(笑いヨガ)フェスティバルへの参加でした。

2泊3日でしたが、仕事の都合上、夜入りの朝帰りで、結局まる一日のみの参加でした。

観光客でにぎわう那覇の国際通り近くのホテルでした。

聞くところでは、今、中国と韓国からの観光客が多いとのことでホテルもいっぱいだそうです

翌朝、乗り合いバスで、モーニングラフターの会場まで行きました。

時間少し遅れで出発したバスの中で、おばちゃんが運転手さんに「友達が遅刻して今乗れなかったから、タクシーで追ってくるから、次の停留所で待ってくれ」と陳情。

運転手さん、「ううううーっ、待てない待てない、もう遅れてるし」と困惑状態

2つほど停留所を過ぎても、そのタクシーの友達は現れず。

都度おばちゃんは、「もう来るから、今度は来るから」と哀願。

すると後ろの方から男性客が、「次の停留所で3分も待ってやったらいいんでないの」と沖縄弁で言う。

だめだめ、と運転手は困惑顔でかぶりを振る

そうだその40数年前に聞いたお話がよみがえる

その時団体旅行で同行していた男性が、ひとりで乗り合いバスを使っての小旅行をした時のお話し。

田舎道で、バスは停留所でもない所に停車、動かず。

しばらく待っていると、遠くから子供が走ってきて、バスに乗り「はい、お弁当」と言って、運転手に弁当らしきものを渡して走り去ったのだそうな。

その間、乗客は誰も文句も言わずに静かに待っていたとのこと

この話を懐かしく想い出していたら、よしジーが下りるはずのバス停に止まらず通過

停留所のアナウンスは一切なし

次の停留所で下りて、引き返しウォーキングを楽しんだよしジーでありました

恐るべし、沖縄

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

そんな”感じぃ~”!

2017年07月04日 | うんちく・小ネタ
昨日車の下見に行くと、スーツ姿の若い女性スタッフがお出迎え。

「今日は中古車をご覧になりに来た”感じ”ですか?」ときた

”感じ~”

よしジーの耳は点になり、頭の中は、何と答えていいやら嵐状態になりました。

「ん~っ、そんな感じぃ~」と答えたら、その女性にあきれ顔をされました。

・・・何と答えればよかったのかなぁ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

18歳と81歳の違い!

2017年06月17日 | うんちく・小ネタ
2016年のTV番組「笑点」大喜利でのお題の答え。面白すぎるのでご紹介します。

・恋に溺れるのが18歳、風呂で溺れるのが81歳

・道路を暴走するのが18歳、逆走するのが81歳

・心がもろいのが18歳、骨がもろいのが81歳

・偏差値が気になるのが18歳、血糖値が気になるのが81歳

・まだ何も知らないのが18歳、もう何も覚えていないのが81歳

・東京オリンピックに出たいと思うのが18歳、東京オリンピックまで生きたいと思うのが81歳

・自分探しの旅をしているのが18歳、出掛けたまま分からなくなって 皆が探しているのが81歳才

・受験戦争を戦っているのが18歳、アメリカと戦ったのが81歳

・「嵐」というと松本潤を思い出すのが18歳、鞍馬天狗の嵐寛寿郎を思い出すのが81歳

これを基にツイッター上で作られたもの

・恋で胸を詰まらせるのが18歳、餅で喉を詰まらせるのが81歳

・東京オリンピックに出たいのが18歳、東京オリンピックに出たことがあるのが81歳

・早く「二十歳」になりたいと思うのが18歳、出来る事なら「二十歳」に戻りたいと思うのが81歳

・ドキドキが止まらないのが18歳で、動悸が止まらないのが81歳
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ぶっといエリンギ!

2017年06月14日 | うんちく・小ネタ
向こうから女子高生が自転車に乗ってやってきた。

向かい風が強くスカートが舞い上がる。

通常ならスカートを押さえるところなのが、風も強かったこともあり、その娘は開き直りというか開き放題で、スカートは落下傘状態に開きまくっておりました。

その開ききったスカートからにょっきりと決して細くない、そうまるでぶっといエリンギのようなあられもないお脚が伸びておりました。

よしジーは思わず「あんたはエライ」と叫びましたとさ。(心の中で)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

どこで見られているか分からない!

2017年05月13日 | うんちく・小ネタ
某東縦インの1階エレベーターの前にはモニターがありエレベーターの内部が映し出されています。

…ということは、一人だからといって、鼻くそでもほじろうもんなら全部見られている!

皆さん、安易に鼻をほじらぬようご注意くだされ!

えっ、ほじらない?(^_^;)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

悶絶死?

2017年04月30日 | うんちく・小ネタ
屋根のない露天風呂温泉に行きました

青空を眺めながら気持ちよく入っておりましたら、水面にポタリ、ポタリと羽虫がいっぱい落ちてきました。

よく見ると、2匹ずつ、黒と茶色の羽虫です。

交配しているつがいが落ちているようです

羽虫だけに、「はー死むー」と悶えていて落ちてしまったのか

これを極楽死、悶絶死と言うのだろうか

などと哲学的な思考に浸っていたよしジーでありました

ウフッ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

薬を減らしたら長生きしちまった!

2017年04月28日 | うんちく・小ネタ
薬大好き日本人。

この頃、薬の副作用が問題になってきてますね。

この話題で、参加者のご婦人が、95歳で亡くなった義父さんのことを言ってました。

「もうダメだろうという時点で片手いっぱいの薬を服用していたので、無理して飲ませることはないと、2,3種類の薬だけにしたら、なんと、それから2年も生きちまったんだよう!」と眉間にしわを寄せながらお話してました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

無所得!

2017年04月18日 | うんちく・小ネタ
「無所得」と聞くと暗ーい気分になりますが、ここで言う「無所得」は仏教用語の「無所得」です。

「無所悟」とも言うそうですが、「修行しても得られるものはないし、悟るものもない」、という意味なんだとか。

普通では、僧侶が修行するのは、悟りを開いて仏になるためである、それが目的なのだと考えます。

ところが、この語「無所得」は、仏教の真意はそうではない、と言っているのです。

「修行は取り引きではない。修行と交換に何かを手に入れようとすることではない。目的を自らの導き手として、たとえそれが最終的
に手に入ろうと入るまいと、修行自体に打ち込んでいくその姿に、悟りがあり、仏が現れるのだ。」

つまり、実践していることへの見返りを求めないで、ただ行うことに意味があると言っているのです。

さて、笑いにはいろいろな効果が報告されています。

ラフターヨガ(笑いヨガ)を始めるきかっけの大きな一つが、何かを変えたい、例えば、病気、障害を克服したい、今現在の環境、心
情を違ったものにしたいなどなどです。

そして多くの人々が、その笑いの効能を得ていることは周知の事実です。

これはこれでいいのですが、見返りを求めて笑っているうちは、まだ”Do lughter”(能動的に笑う)の段階。

効果が得られているうちはいいのですが、人間、慣れてしまうと忘れてきてしまうという厄介な代物。

そして、しばらくしてまた困難に遭遇して、「そうだ、笑いだ!」と笑ってみても、以前のような効果が出ない。

つまり打算を抱きながら笑ってもだめだということです。

そこで”Be laughter”(無意識の笑いが習慣化される、笑いが染み込む)状態になる、つまり「無所得の笑い」の必要性があるよう
に思います。

笑うことそのものに意味がある。

これこそ「理由なく笑う」ということ。

人から、「あなたはなぜラフターヨガ(笑いヨガ)をやっているんですか?」と聞かれたら、「無所得!」と答える。

んんん~~、なんともクール(Cool、格好いいの意)、ウフッ!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

復興は程遠い!

2017年04月03日 | うんちく・小ネタ
福島県では6年前の原発事故による放射線被害で避難しているいくつかの地区が避難解除になりました。

昨年10月の投稿を再度。とても分かりやすい例えなので使わせてもらっています。

『あるおばあちゃんが、昔の溜め込み式トイレの糞ツボに、入れ歯を落としてしまいました。
家族がそれをすぐに拾い上げ、きれいに洗い、磨き、除菌しました。
しかしそのお婆ちゃんは、「綺麗にしてもらって申し訳ないが、その入れ歯を使う気になれないから、新しいのを買って欲しい!」と言いました。
これって、放射能に汚染された土地を除染して、線量が下がったからもう大丈夫!って言うのと同じなんですよね。』
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

どうすりゃよかったのかぁ!

2017年03月20日 | うんちく・小ネタ
電車に座っていたら前に、だぼっとしたコートを着た女性が立った。

お腹が出ているような、出ていないような???

妊婦のような、妊婦でないような???

席を譲ってぶっ飛ばされたらどうしよう!

…とずっと迷っていたら下りていきました。

どうすりゃよかったのかぁ!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

なごりセキ

2017年02月26日 | うんちく・小ネタ
ゆるーく風邪をお召しになりました。

2日間は、なんとなく風邪っぴき状態でしたが、症状もひどくならず無事回復しました。

3日目の午後、事務所でパソコンに向かっていたら、風邪のせいでなんとなく冷えていた体の芯がポッと温かく感じる瞬間があり「おっ、治った!」と実感しました。

ところがその翌日から、少し大きな声を出そうとすると、コホコホと軽い咳が出るようになってしまいました。

風邪のなごりの咳、「なごりセキ」。

そういえば、その昔歌がありましたね。

♪汽車を待つ君の横で僕は、軽く咳してるー♪

ちょっと違うか?
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

気になるところ!

2017年02月22日 | うんちく・小ネタ
先日、ご婦人が多い教室で、固まっていた細胞が柔らかくゆるんでくると代謝が良くなり、痛いところも早く良くなるし、血圧も下がるといった代謝が改善しますよ!とお話ししました。

そのためには大きく力強く動かす動きよりも、小さく優しく動かす、いわゆる揺するような動きの方が効果が上がりますと説明しました。

また代謝が向上するということは、お肌もみずみずしくなり、例えば、プールから上がってきたときに、今は、ジワーッと水が肌に染み込む感じなのが、水玉がコロコロって落ちるんです。この水のはじき具合で若さが分かるんですねぇ!

とお話しをしたら、参加のご婦人方はこの「肌が水をはじく」というところだけが、頭に残ったようで、次回の教室の時には、お肌の水がコロコロ流れるように、クリームを塗りたくって来たのだそうな!

駄目だ、こりゃ(;゚д゚)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

知らざぁ言って聞かせやしょう!

2017年01月10日 | うんちく・小ネタ
ニックネーム「よしジー」は約8年前につきました。

とても多くの方々が、吉井が爺さんになってきたので「よしジィ」と思っているようですが、はっきり言って間違いです。

ではその由来を説明いたしましょう。

さか上ること約8年前。

日本マタニティ・ヨーガ協会主要メンバーで、インド中央部ナンディッド(百万都市)にあるDr.プラフッラが運営するアーユルヴェーダ治療院を訪れ、アーユルヴェーダ療法を体験してまいりました。

その折、プラフッラの案内でナンディッドにあるシーク教寺院に行きました。

シーク教徒はターバンを巻いている人達です。

聞くところでは、プラフッラがその寺院の住職?の腰痛を治したことから懇意になったとの事。

したがって我々はVIP扱いを受けました。

その時の写真がこちら。



さてさて、この写真を良~くご覧あれ!

向かって左側に立っているのが寺院の住職。

右側に居る我々4名の首にかけられたレイのような飾りにご注目。

僕よしいだけ飾りが違っているのが分かりますか?

なぜか僕だけ違う飾りをかけられて、特別扱いを受けた・・・ということで、Dr.プラフッラが「よしジー」と言ったのです。

インドで名前の最後に「ジ」を付けると、敬称となるのです。

目上の人、偉い人、先生などにつけられるのだそうです。

・・・ってなわけで、その時から「よしジー」とあいなったのでした、ちゃんちゃん。

決して、爺さんだから「ジー」ではないので、そこんとよろしく!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

見ざる、聞かざる!

2017年01月08日 | うんちく・小ネタ
新年明けましておめでとうございます。

この頃、メールも含めて、文章を作るのが億劫になってきてまして、このブログもだいぶ間が空いてしまうようになっています。

・・・老化現象、認知症症状・・・。

いかん、いかん!

今年は、頑張って投稿したいと思いますので、よろしくご覧ください

さて、昨年の11月ごろから、よしジーはニュースを見ない、聞かないようになりました、見ざる、聞かざる。

と言うのも、ニュースの内容があまりにも悪いものばかりで、気分が引きずられて重ーくなってしまうからです。

たま~に、うれしい、楽しいニュースを聞く時もありますが、ほんとにたま~にですよね。

ラフターヨガ(笑いヨガ)の創始者Dr.カタリアも「ニュースは聞かない方がいい!」と言っていました。

事故、殺人、テロ、不況などなどやはり悪い内容ほどニュースになりやすい、盛り上がりやすいです。

その内容を、目、耳にしてうれしい、楽しい感情を抱く人はいませんね。

聞き流していたとしても、脳裏には残っていますから、少なからず感情はネガティブに傾きます。

そんな訳で、もうニュースを聞くのをやめにしたのです。

新聞も目を通しますが、新情報や良いニュースには目をやりますが、その他の記事はスルーしてます。

楽しい、うれしいニュースの方が多くなり、毎日聞きたくなることを夢見ております。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加