台湾ファンの会 『台湾の謎』

団塊オヤジの台湾大好きブログ 
佛教式素食、禁酒、禁煙、実行中 
台湾の 友を励まし 励まされ 共に創らん 大同世界

非旛動風動

2016年10月19日 | 中国語の勉強
山不轉路轉  山めぐらずして路めぐり
路不轉人轉  路めぐらずして人めぐり
人不轉心 轉  人めぐらずして心めぐる

6月24日に掲載したものですが、解釈をもう一度 検討してみました。

六祖壇経の中に同じような言葉がありました。

 一僧云旛動 一僧云く、旛動くと
 一僧云風動 一僧云く、風動くと
 慧能云   慧能云く
 非旛動風動 旛動くのでも風が動くのでもない
 人心自動  人の心が自分で動くのだ
 
 非旛動風動の話は、六祖壇経が原典の様で、
 無門関や景徳電燈録などにも多数引用されているとのことです。

 自分の心がけ次第で、
 同じことが、
 プラスにもなるし、マイナスにもなる。
 そのような戒めの言葉のようです。

 六祖壇経;慧能の言葉とされるものを、弟子が書いたもの。
      慧能は達磨から数えて六代目に当たり、六祖と呼ばれる。
      慧能は禅宗中興の祖で禅宗は六祖以降大隆盛を迎える。
      現在日本に伝わる臨済・曹洞宗も慧能の弟子に端を発する。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 妹が家庭を作る | トップ | ¿¿ 反日無罪神??  »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL