台湾ファンの会 『台湾の謎』

団塊オヤジの台湾大好きブログ 
佛教式素食、禁酒、禁煙、実行中 
台湾の 友を励まし 励まされ 共に創らん 大同世界

これで笑わなかったら凄い

2017年02月08日 | 中国語の勉強
能忍住不笑的算你厲害 これで笑わなかったら凄い

  有一戶潘姓人家,長輩過世。家祭時,請來了一位鄉音很重的老先生來當司儀。
  訃聞是這么寫的:
  孝男:潘根科
  孝媳:池氏
  孝孫女:潘良慈
  孝孫:潘道時

  但這位老先生老眼昏花又發音不標準。當他照著訃聞唱名時,凡是字面上有三點水的或左邊部首都漏掉沒看到。于是就給他念成這樣子:
  “孝男,翻……跟……斗……”孝男一聽,直覺得很奇怪,但又不敢問,于是就翻了一個跟斗。
  接著又說:
  “孝媳,也……是……”孝媳一聽:“我也要翻啊?”于是孝媳也翻了一個跟斗。

  再來:“孝孫女,翻兩次。”孝孫女一聽,想想爸媽都翻了,我也翻吧!于是就翻了兩個跟斗。
  此時孝孫心想:“老爸、老媽都各翻一次,姐姐也翻兩次,那么我要翻幾次?”
  心里想著想著就開始緊張了:“怎么辦?”
  只見老先生扯開喉嚨,大聲念出:
  “孝孫……翻……到……死……」

藩家で家長が亡くなりました。葬式の時に田舎訛りの強い老人が式を取り仕切りました。
訃報には次のように書いてありました;
 孝男:潘根科
 孝媳:池氏 
 孝孫女:潘良慈
 孝孫:潘道時

ですがこの老人は老眼でその上になまりがあります。
訃報を読み上げるときに、凡ての字のサンズイや左側の部首は見えませんでした。
ですから老人の読み方は次のようになりました;
 “孝男,翻……跟……斗……”孝男は聞いて、これは変だと思いました、
    *翻跟斗 ⇒ とんぼ返りの意味
ですがあえて聞かずに、とんぼ返りをしました。
続けてまた言いました;
“孝媳,也……是……”孝媳は聞いて;「俺もとんぼ返りをするのか? それでとんぼ返りをしました。

それから;“孝孫女、二回跳べ。」孝孫女は聞いて、パパもママのやっているのだからと思って、
私もやらなきゃと、2回とんぼ返りをしました。
このとき孝孫は想いました;「パパとママは一回ずつで、姉は二回だ、それじゃおれは何回とぶんだ?」
そう思うとすごく緊張してきました;「どうしよう?」
老人は口を開くや、大声をふりしぼり;
“孝孫……翻……到……死……,(孝孫は--死ぬまで--とんぼ返りを--する)」
   *潘道時と翻到死は発音が同じ
    翻到死⇒死ぬまでとんぼ返りをする
ジャンル:
モブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 俺は絶対に離婚しないぞ | トップ | ボクのパパは怒っている »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL