台湾ファンの会 『台湾の謎』

団塊オヤジの台湾大好きブログ 
佛教式素食、禁酒、禁煙、実行中 
台湾の 友を励まし 励まされ 共に創らん 大同世界

殺しちゃってもいいかな?

2017年02月21日 | 中国語の勉強
可以殺了它嗎 殺しちゃってもいいかな?


  “媽媽,我的海龜死了。”兒子眼中含著淚水對媽媽說。

  “別太難過了,我們用紙包它包上,放在盒子里埋在后院,再給它舉行一個葬禮,好嗎?
葬禮結束后,媽媽帶你去吃冰激凌,再給你買那只你最喜歡的寵物狗,你不要太……”
媽媽正在安慰兒子時,突然發現海龜動了一下,“兒子!海龜沒有死哎!”

  “我可以把它殺了嗎?”兒子失望地說道。

「ママぁ、ぼくの海亀死んじゃった。」息子は目に涙を浮かべて母親にいった。
「そんなに悲しまないで、紙袋の紙に包んで箱に入れて裏庭に埋めましょう、
そして葬式を挙げてあげましょう、それでいいかな?
葬式が終わったらママがアイスクリームを食べに連れて行ってあげる、
それにあなたの好きなワンちゃんを買ってあげるわね、だからそんなに---」
母親が息子を慰めている時に、急に甕が動いた、「ぼうや!甕はまだ死んでないわ!」

「ぼく、カメちゃん殺してもいいかな?」息子は失望して言った。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

あなた誰ですか?

2017年02月20日 | 中国語の勉強
是你么? あなた誰ですか?


  馬莉問璐西:“你老公以前也很晚才回去,還喝得醉醺醺的。最近卻很早就回家了,而且從來不喝酒。你用了什么招?”

  “很簡單,”璐西回答,“我當他回來時,總是背對著他,然后問:‘是你么?吉姆?’”

  “這有什么?”

  “要知道,我老公的名字叫比爾。”

マリーがルーシーに尋ねた;「あなたの夫は以前は凄く遅く酔っ払って帰って来てましたよね。
最近は凄く早く帰って来るし、お酒も飲まない。どうやったの?」

「簡単よ、」ルーシーは答えた、「夫が帰る時にいつも後を付けて聞いてやったのよ;
 あなたは誰ですか?ジムですかって?」
「これは誰ですか?」
「解ってるわよね、私の夫はビルなのよ。」
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

もしも私が浮気をした場合

2017年02月19日 | 中国語の勉強
假如我有外遇的話 もしも私が浮気をした場合


  一天,妻子和丈夫在討論外遇的問題,丈夫突然問妻子道:“假如有一天我不幸有了外遇,親愛的,你會怎么處理呢?”

  “我絕不會饒恕你的!”妻子堅決地回答。接著他反問丈夫:“假如我有外遇的話,你會怎樣對待呢?”

  丈夫沉思了一下說:“這是人性的弱點,我想我會原諒你的,不計較一切!”他才說完就聽到妻字興奮地對床下叫道:“出來吧!他不會計較的。”

ある日、妻と夫が浮気問題を話していた、夫が突然妻に尋ねた;
「若しもある時に不幸にも私が浮気をしていたら、キミはどうするかね?」
「私は絶対に怒ったりしないわ!」妻は毅然として答えた。
続けて、反対に夫に聞いた;「もしも私が浮気していたら、あなたはどうするの?」

夫はちょっと考えてから云った;「これは人間の性の弱点だ、キミを許すと思うよ、凡て気にしないさ!」
夫が言うや否や妻は興奮してベッドの下に向かって叫んだ;「出てきてよ!気にしないってさ。」
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

綺麗なオネエさん

2017年02月18日 | 中国語の勉強
美麗小姑 綺麗なオネエさん


  小姑抱著兩歲的小侄兒,那小孩看著姑姑的臉說,小姑,你長的真漂亮。

  小姑開心的問:“小姑哪兒漂亮呀?”小侄說,小姑臉上好多小汗毛,臉上紅紅的像水蜜桃。

小姑(こじゅうと)は子供を抱いていた、
その子供は小姑の顔を見て言った、オネエさん、きれいだね。

小姑はうれしくなって聞いた;「オネエさんのどこが綺麗なの?」
子供は答えた、お顔の産毛とか、お顔がモモみたいに真赤なところだよ。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

妻が二ー三日居なかった時には

2017年02月17日 | 中国語の勉強
當老婆兩三天都沒見過你 妻が二ー三日居なかった時には


  一個男人周五下午離開家去上班。這天是發薪日,因此他沒有回家,整個周末在外面與男人們狂歡,并花光了他的全部薪水。
  周日晚上他終于回到家里時,火冒三丈的妻子正等著他,連珠炮似的對他的所作所為罵了將近兩個小時。
最后,妻子停止了喋喋不休的責罵,問他:“要是你也連著兩三天見不到我,會作何感想?”

  他回答說:“我會感覺挺好的。”
  周一過去了,他沒看見妻子。
  周二和周三也過去了,他還是沒有看見他妻子。

  到了周四
  。
  。
  。
  腫消了一些,他終于勉強能從左眼角看到妻子一點點了……

ある男が金曜日の午後に家を出て仕事に行った。この日は給料日で、彼は家に帰らなかったのだ、
まる一週間外で男たちと遊び惚けた、給料は全部使ってしまった。
日曜日の夜にやっと家に着いて時、激怒した妻が待っていた、2時間ほど夫のやったことを罵った。
最後に、妻は責めるのを止めて夫に尋ねた;「もしも私が二三日居なかったら、あなたはどう想うの?」

夫の答え;「俺にとってはすごくラッキーだ。」
一週間が過ぎた、妻はいなかった。
二週間が過ぎても、三週間が過ぎても、まだ妻を見かけることは無かった。

四週間目



腫れも退いた、夫はついに左目の端っこに妻をかすかに見ることができるようになった---
コメント
この記事をはてなブックマークに追加