絵話塾だより

Gallery Vieが主宰する絵話塾の授業等についてのお知らせです。在校生・卒業生・授業に興味のある方は要チェック!

2017年3月11日(土)イラストじっくりコース・安齋肇先生の授業内容

2017-03-15 18:03:58 | イラストじっくり塾
安齋肇先生の授業は本日が今期最後の発表です。
テーマは「自分の描きたい絵」です。
「さぁ、皆さん!いよいよ最後です。始めます!」と安齋先生。
一人ずつ作品を見せながらプレゼンテーションします。

発表する側も見守る側もドキドキします!




皆さんの作品の一部です。


例えば、写真を見て描いたという風景画についてのアドバイス。
「写真でも良いですけど、出来れば現場へ行ってそこの土や草を触ったり匂いを嗅ぐと良いと思いますよ。
 描いている対象がよくわかっていないのは問題。わかっていることが大事だから。その方が絵に説得力が出ますからね」

また、絵を描く大きさについて。
「大きく描くことで違う世界が出てくることもあるんですよ。小さく何となく描いていたものを一つ一つ、独立して描かなきゃいけないのでごまかせなくなる。
 さらにその大きさに対して負けない!という気持ちも出てくる。大きさは人を感動させます!」

何度か先生が話されていたことは、
「ひとつのことを誰よりもしつこく考える、描くこと」

そして、
「妄想と情熱を持つこと」

執拗に対象を見て描くのは良いことなのだそうです。

他にも、
・人との違いは、はっきりしている方が良い。
・自分でアイデアやテーマを持つことは大事。
・嫌いなものも描けるようになれたら良い。
・自分が好きで世間で流行っていないものを突き詰めていくのは良い。

きっと絵は、描き続けていると面白いことにぶつかります。
展覧会もいっぱいやると、人に見せる責任感も出てくるのでスキルアップします。
皆さんこれからも描き続けてもらって、仕事し始めたら、良かったらボクにも仕事をくださいねと
笑って締めくくられました。

安齋先生、この一年も楽しく濃い授業をどうもありがとうございました。





ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2017年3月18日(土)デッサン... | トップ | 2017年3月18日(土)イラスト... »
最近の画像もっと見る