絵話塾だより

Gallery Vieが主宰する絵話塾の授業等についてのお知らせです。在校生・卒業生・授業に興味のある方は要チェック!

2016年10月15日(土)イラストじっくりコース・安齋肇先生の授業内容

2016-10-17 13:56:26 | イラストじっくり塾
今日は、安齋肇先生の授業です。
東京で撮影のお仕事が長引いた関係で5時から始まりました。
スポット受講生も多く教室はいっぱいです。

今日が初回ですので、最初は生徒さんもどこか緊張気味でしたが
安齋先生の気さくな雰囲気と、軽妙なお話に一気に和やかなムードに。

まずはその場で絵を描いてもらいました。

1.「家みたいな象」

2.「悲しんでいる、家みたいな象」

3.「幸せな、家みたいな象」+「ゾウガメ」+「ゾウアザラシ」

以上を、それぞれ10分程で描いてもらいました。



これは、安齋先生がこの場で皆さんに話して下さった空想のお話を基にしたものです。

例えば悲しい象は、泣いている様子や悲しみイコールへこんでいる、で、形をへこませて描くなど、悲しみ方ひとつとっても捉え方は様々です。
幸せな象も同じくそうですね。

イラストレーションは、仕事としては、文字で依頼されることがほとんどですので
文字からどれだけイメージを膨らませて、それを絵にできるかが大事です。
ふくらませたお話を自分で絵に描いてみる。
また、象が主人公ですが、象自身に語らせると描く絵も変わってくるのでは?
語り手がいる時と、主人公自身が語る場合と、常に両側の気持ちで心情を読み取れるようになると…◎◎が出来るようになるそうです。
自分に◎◎出来ることは描く人の武器です。

また、自分の気に入った絵は飾っておく良いそうです。
その絵に飽きてくることもあるし、自分の絵が嫌いになることもある。
迷えば人に見せる。自分にも投資する。



次回は11月19日(土)です。
課題は、自分が家に飾りたい絵を描いてきて下さい。
自分が描いた自分の好きな絵です。どなたかの絵を真似て描いても良いですし、オリジナルでも良いです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

そして安齋先生からお知らせです。
安齋先生が初監督された映画が今年12月10日(土)から全国順次公開されます。
『 H E N T A I D A 』
みうらじゅんさんの書き下ろし短編を原作として、安齋先生が初の映画監督に挑戦されたそうです!
興味のある方はご覧になって下さい。※但しR18です

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2016年10月16日(日)絵本ゆ... | トップ | 2016年10月29日(土)イラス... »
最近の画像もっと見る