絵話塾だより

Gallery Vieが主宰する絵話塾の授業等についてのお知らせです。在校生・卒業生・授業に興味のある方は要チェック!

2017年4月19日(水)イラストベーシックコース・授業内容

2017-04-20 15:28:39 | イラストベーシックコース
本日のイラストベーシックコースの授業は、先週に引き続きイヌイ先生の描き方を真似て模写していきました。

来月は修了展もありますので、修了展用の絵をイヌイ先生に見ていただき、アドバイスをもらっている方もいました。


「ボヤッとした印象なので、背景の輪郭を少し濃くしてあげるといいですよ」
とイヌイ先生は丁寧にアドバイスをされています。

イヌイ先生のイラスト模写もどんどん進んでいってますね。



細い線や小さな丸を描くのが難しかったようなので、面相筆の先を使って描いているのを見せていただきました。


小さな丸も丁寧に小さく円を描かれていました。
イヌイ先生の描き方は、細かく丁寧ですので、すごく時間が掛かるそうなんです。

教室を回って一人ずつにアドバイスされています。
・細い平筆や面相筆を使って丁寧に描く
・色を掠れさせたい時は、塗って直ぐに(乾く前)ティッシュで拭き取る
・輪郭がぼんやりしていたら、背景の色で輪郭を整える



二時間半でほぼ皆さん完成してきましたね。


イヌイ先生も新しい絵を描いておられました。


赤ずきんちゃんとオオカミでしょうか。
この続きも気になりますね。

最後30分で人物のバランスを説明していただきました。

モンスターやキャラクターなど、人物としての感じを出さない場合は簡単でもいいが、
年齢・性別が分かる人物になると、骨格を意識して描かないと、おかしなバランスになってしまうので注意してください。

関節(手・膝・腰・肩など)位置はどこにあるのかを確かめておきましょう。
服を着ていても、下にある骨格を意識する。

男性と女性とでも描き方は違います。
男性・・・直線で角張った感じ
女性・・・丸みをおびていて柔らかな印象

子どもと大人老人とでも描き方は違います。
子ども・・丸顔で目鼻口などのパーツな中心にある
大人・・・面長になる。目鼻口のパーツはタテに伸びる
老人・・・しわやたるみを足す

手を描くときは、五本の指と考えないで、親指と他の四本と分けて描きます。
手のひらと指の大きさが円の中に収まるバランスがいいです。



人物のバランスが分かりにくい場合は、同じポーズの写真を見て確認する。
描いたものに違和感があると、バランスは取れていません。

常に骨格を意識してスケッチしたり、モデルの写真を上からなぞって、人物のバランスを取る練習をしてみてください。

動きのない絵は描けるようになったという方は、
動きで感情を表現出来る絵を描いてみてください。
例えば、ビックリする、つまずく、振り向く、走る、など。

次回の授業は5月10日(水)です。
三週間ありますので、人物スケッチして練習してくださいね。

次回は、遠近感・立体感のある絵を描く練習をします。
持ち物はクロッキー帳と筆記用具です。
イヌイ先生の絵の模写も完成させてくださいね。




ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2017年4月19日(水)絵本わく... | トップ | 2017年4月23日(日)絵本ゆっ... »
最近の画像もっと見る