絵話塾だより

Gallery Vieが主宰する絵話塾の授業等についてのお知らせです。在校生・卒業生・授業に興味のある方は要チェック!

2017年1月21日(土)デッサン基礎クラス・タケウマ先生の授業内容

2017-01-25 12:21:22 | デッサンクラス
冬休み明け最初のデッサン基礎クラスは、「パース」を学びました。

「パース」は立体を表すための表現方法のひとつです。
一般のイラストでは、アバウトにしていることが多いそうです。
建築図面ですときっちり描く必要がありますが、イラストは伝われば良いので厳密でなくて構いません。
きっちりと描きたいイラストであればそう描けば良いです。

◎「一点透視図法」
消失点が一点あります。
一本道に立ち、真っ直ぐその道の先を見ている時の見え方です。
この方法で絵を描くと、力強さやダイナミックさが出ます。

◎「二点透視図法」
消失点は二点あります。
Y字路に立ち、同じ位置から左右どちらも見ている時の見え方です。
新築マンションの広告などによく用いられる描き方です。

◎「三点透視図法」
消失点は三点あり、一点透視と二点透視の両方の効果があります。
高層ビルの真下に立ち、ビルを見あげている時の見え方、または
上からビルを見下ろしている時です。



配布プリントも参考にしながら、先生に例を出してもらいノートに描いていきました。
クイズのように、「あぁかな?こうかな?」というふうに。
先生は、できているかどうか一人ずつ確認の上、進めていって下さいます。



肉眼で見た時に違和感があれば、自然に見えるよう自分で訂正すると良いそうです。
一点透視でも二点透視の時でも全てにおいてです。

今回学んだ「パース」ですが必ずしも使わなくても良く、あくまで簡単にこういうことなのだと
わかっていれば充分、と話されていました。

次回は「風景画」です。
「パース」を意識して描いていきましょう。


※デッサン基礎クラスは毎年秋(10、11月頃)から来年の春(4、5月頃)までの約半年間のサイクルで行っています。
「デッサン」という名前が入っていますが石膏デッサンや測って描くような方法はとらずに、自分の描きたいものを描けるようになるクラスです。
ご興味のある方はギャラリーvie絵話塾までお問い合わせ下さい。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★★☆★☆★
Gallery Vie 絵話塾(かいわじゅく)
E-mail:kaiwajuku@galleryvie.jp
〒 650-0022神戸市中央区元町通3-2-15
セントラルビル元町5F
TEL:078-332-5808  FAX:078-332-5807
URL:http://galleryvie.jp/kaiwajuku/k-info.html 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2017年1月25日(水)イラスト... | トップ | 2017年1月28日(土)デッサン... »
最近の画像もっと見る