絵話塾だより

Gallery Vieが主宰する絵話塾の授業等についてのお知らせです。在校生・卒業生・授業に興味のある方は要チェック!

2018年2月21日(水)イラストベーシックコースの授業内容

2018-02-22 15:36:22 | イラストベーシックコース
今回の授業は、LINEスタンプの制作・登録をするのと、構図の説明もしていただきました。

LINEスタンプのイラストが出来ている方は、事前にイヌイ先生のパソコンへ転送していますので、
イヌイ先生が画像の修正などをしてくださります。
ご自身でできる方は、持参のノートパソコンで作業していきましょう。



LINEスタンプの説明が終わりましたら、本日は構図を考える授業です。

縦長のサイズに鉛筆で、りんごを描いてみましょう。
見せたい物をどう描くか、どんな構図にすると、より良く見えるのかを、考えて描いてみます。



皆さんが描いている間に、イヌイ先生はノートパソコンで、LINEスタンプの画像修正をしてくださっています。



いろんな構図でりんごが描けましたね。

 
 

全体を描かずに切り取って描くと、何かがあるのかと予感させたり、広がりを持たせるので良い構図ですね。
あと、大中小とモチーフにリズムを持たせるのもいいです。
自分の好きなイラストレーターの構図を見て、アイデアをもらったり、真似て描いてみるといいと思いますよ。

イラストの場合は、バランスが悪くてもOKの場合もありますが、
基本的な「遠近法」パースを用いて、奥行きのあるイラストを描く説明もしていただきました。

まず、立体感を出すのに、光の方向を合わせて影をつけます。



影の長さで時間を表すことも出来ます。
昼なら影は短く、夕方なら影は長くなりますよね。

奥行きを出すには、遠くのものを小さく近くのものを大きく描きます。
寒色系は遠くに見え、暖色系は近くに見えますね。
大気を描くときも、遠くに従って青味を増していき、線は弱くなります。

長い道や風景の奥行きを表すのに「一点透視図法」を用います。
水平線の真ん中に消失点を描き、その消失点に向かうにつれ小さく(狭く)描いていきます。

奥に向かうに連れて、道幅が狭くなって、距離感が表現されます。



建物の外観を描く場合は「二点透視図法」を用います。
水平線に中心の軸と左右に二点の消失点を描き、案内線を入れて立体感のある建物を描いてみましょう。

少し難しくなりますが「三点透視図法」の説明もありました。
下からビルを見あげたり、空の上から見下ろしたりする時に用います。
巨人を描く時には、この方法で描きます。



バランスが分かりにくい場合は、参考になる写真やイラストを見て、上からなぞって描いて練習するといいですよ。

次回の授業では、LINEスタンプの登録をするので、登録が出来る段階まで仕上げてきてください。


あと、名刺作りをします。
名刺のラフを考えて描いてきてください。



この記事をはてなブックマークに追加

2018年2月28日(水)絵本わくわくコース・高科正信先生の授業テーマと持ち物

2018-02-22 15:30:00 | 絵本わくわく塾
2月28日(水)高科正信先生の授業は「伝える絵本」がテーマです。

持ち物
・ノート 
・筆記用具
・原稿用紙

※3時間授業です。

※スポット受講(在校生、卒業生対象)、ご見学(体験受講)の方、
随時受付しております!
興味のある方はギャラリーvie絵話塾までお問い合わせ下さい。


☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★★☆★☆★
Gallery Vie 絵話塾(かいわじゅく)
E-mail:kaiwajuku@galleryvie.jp
〒 650-0022神戸市中央区元町通3-2-15
セントラルビル元町5F
TEL:078-332-5808  FAX:078-332-5807
URL:http://galleryvie.jp/kaiwajuku/k-info.html 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★


この記事をはてなブックマークに追加

2018年2月21日(水)絵本わくわくコース・松田素子さんの授業内容

2018-02-22 14:32:48 | 絵本わくわく塾
本日の授業は、松田素子さんの二回目の授業ですので、ダミー本の発表と講評をしていきました。

ダミー本の発表前に、長新太さんのお話を聞かせていただきました。
長新太さんの絵本は、ナンセンス絵本ですが、ギャグとナンセンスは違うという話。
ギャグは一発芸のようなものですが、ナンセンスにはセンスが必要。
「笑うだけでいいじゃないですか。生理的に気持ちいいっていいよね」という長新太さんの言葉があるそうです。
戦争時代を経験した長新太さんだからこそ言えて、長新太さんのナンセンス絵本もただ面白いだけではなく、意味のあるセンスが光る絵本なのだなと思います。

では、ダミー本の発表をしていきましょう。



前に出て発表していき、松田さんから一人ずつに、丁寧なアドバイスをいただきました。

・経験談を元にした絵本
・赤ちゃん絵本
・ことばがシンプルな絵本
・デリケートな題材をテーマにしている絵本
などがありました。


 


・作者はストーリーが分かっているが、読者は分からずにきょとんとしてしまう。
 シンプルに丁寧にその世界に読者を連れて行かないとダメです。
・読者は結果だけでなく、経過を楽しみたい。
・0才〜2才対象の赤ちゃん絵本は、ことばで聞かせる。
 ことばのセンス(独自のオノマトペ)を考える。
・自分の経験談を絵本にするのは難しい。日記のようになってしまう傾向がある。
・絵本のテーマによって、絵本の形を考える。
・読者は主人公の立場になって考えるので、構図も主人公からの目線にしてみるなど、いろんな構図を考えてみてほしい。

皆さん沢山のアドバイスをいただきました。

通常の時間が過ぎ、場所をギャラリーに移して、授業の続きをしました。



約四時間の授業となり、松田さんも皆さんに伝えたいこと、沢山お話していただきました。
・本当の教室は日常にある。
 常に絵本を読み、映画を観て「えっ!何で?」と疑問に思う引き出しを増やしてください。
・絵本を深く読む。
 舟を漕ぐ時は両手にオールが必要。絵本作家になるには、絵本を作ると絵本を読む。という二つのオールが必要です。
 沢山の絵本(名作)を読んで下さいね。

松田素子さん、沢山のアドバイスをありがとうございました。



この記事をはてなブックマークに追加

2018年2月25日(日)絵本ゆっくりコース・高畠那生先生の授業持ち物

2018-02-21 14:48:05 | 絵本ゆっくり塾
絵本ゆっくりコース
●2/25(日)高畠那生先生
この日は課題を発表後、その場で絵を描く予定です。

<課題>
・先生から配布のテキストのプリントを参考に、その中から1見開き分の絵を描いてくる。
 絵のサイズは縦27センチ×横41センチです。

<持ち物>
・配布されたプリント(必須!)
・課題で描いた絵
・課題で使用した時と同じ紙のサイズを1,2枚
・画材(課題制作時に使用したものと同じもの)
・スケッチブック
以上よろしくお願いします。 

※スポット受講(在校生、卒業生対象)、ご見学(体験受講)の方、
随時受付しております!
興味のある方はギャラリーvie絵話塾までお問い合わせ下さい。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★★☆★☆★
Gallery Vie 絵話塾(かいわじゅく)
E-mail:kaiwajuku@galleryvie.jp
〒 650-0022神戸市中央区元町通3-2-15
セントラルビル元町5F
TEL:078-332-5808  FAX:078-332-5807
URL:http://galleryvie.jp/kaiwajuku/k-info.html 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

この記事をはてなブックマークに追加

2018年2月18日(日)絵本ゆっくりコース・製本教室

2018-02-21 12:36:40 | 絵本ゆっくり塾
本日は塾長による製本教室を行いました。
この授業は年に一度です。



上製本(ハードカバー)を作ります。

製本したい作品が出来ている方は、カラーコピーしたものを持参していただきました。
ない方は、無地のA4コピー紙を半分に折ったものを15枚と、もう一枚のコピー紙には「扉」の絵を描いて準備してもらいました。これが本文になります。

さぁ、作り始めます!

さきほど準備した本文の紙の裏面をスプレーのりを付けて、きっちりと順番に貼り合わせます。
そして、きれいに天地と小口をカットしていきます。

カッターの使い方には充分気を付けてくださいね。
使い方にコツがありますので、指を切らないよう気を付けて使いましょう。
スプレーのりの便利な点は、貼ってもすぐでしたらはがして貼り直せるところ。お勧めです。

本文が完成したら、表紙(カバー)を作ります。ここからが本番。
台紙は2ミリ厚のイラストレーションボードを使用しますが、
今回は建築模型を作るスチレンボードを使用します。

カットが出来ましたら、表紙の裏面に貼り付けます。
この時もスプレーのりを使うときれいに貼ることが出来ます。
上からハンカチやタオル等で空気を抜くように、内側から外へ向けてシワを伸ばしながら貼ります。

台紙が貼れましたら、角をカッターで斜めにカットします。
台紙から1.5ミリ程空けてカットすると内側に折った時に角がきれいに仕上がります。
ここはきれいに仕上げるポイントです!

台紙の周りは木工用ボンドで薄く丁寧に塗って、内側に折り貼り付けます。
表紙と背表紙の間に溝を、指や竹串で作ります。本らしくなりましたね。

あとは本文に見返しを付け表紙とのり付けすると完成です。


出来上がった上製本です。一冊出来上がると嬉しいものですね。



授業が終わって5月には卒業展をギャラリーVieで開催しますので、自分の作った絵本をこのように製本するのも良いです。
最初からきれいに作ることはなかなか難しいですので、何度かチャレンジしてみて下さい。
お疲れさまでした。





この記事をはてなブックマークに追加