Kite.comの花を探して毎日ブラ散歩!

今日もカメラ片手に、市内をブラ散歩。
日常の中の非日常を探して彷徨ってます。

ボタンクサギ(牡丹臭木)の真実!

2017-07-13 08:59:56 | みんなの花図鑑
 この時期、藪でひと際輝いているのがボタンクサギ。漢字で書くと、こうなる。
   牡丹臭木
 臭い木! 本当に臭いのだろうか? 花に、そーっと鼻を近づけてみる。
 私の鼻のせいだろうか、臭気などないような。いや、ほんのかすかだが、いい匂いがするような気もする。
 いや、いや、気のせいだ、気のせいに違いない。勇を鼓してさらに鼻を近づける。うぉ~、なっ、なんだ、この臭さは。
 
  葉だ、葉。あまりに葉に近寄り過ぎたせいかしら。
 とって返して、早速検索!
 花はそこそこいい香りがするとの記述も散見される。
 しかし、総じて、葉や枝には強い臭いがあると書かれている。やっぱりね。
 ヒトなんて勝手な生き物で、見ているようで、何も見ていない。いや、自分の欲する情報しか目で追っていないのだという。
 望まないもの、見たくないもの、その類の視覚情報は自然とオミットされ、選別されてこぼれ落ちてしまうというのだ。
 そんなことが臭いでも起こる?
 戸外での花の観察は置かれた状況に依存する。温度、風の向き、いろいろな要素が絡み合い、同じ状況に置かれても、誰もが同じ感興を抱くとは限らない。
 ボタンクサギの得も言われぬ臭いを感じた時、ふとそんなことを考えた。
 いま、そこにあるのに見えていない。確かに、日々の生活の中でもあるなぁ~!
 ほら、このボタンクサギの群生の写真、遠目で見るとアジサイの咲き乱れる様のよう。つい最近まで、絢爛と咲き誇っていたアジサイの残像が頭に残っていて、「おや、まだアジサイが・・・」なんてね。
 あっ、これは、ただ単に、目が悪いだけかな?

よくよく見ると!
クリックすると元画像が別ウィンドウで開きます
葉の形にも注目!
クリックすると元画像が別ウィンドウで開きます
葉に埋もれるように
クリックすると元画像が別ウィンドウで開きます
あのクサギの花に似てる? ほら、葉もクサギに似てるよね この葉を揉むとかなり強烈らしい
(このサムネイルをクリックして頂くと、元画像が別ウィンドウで開きます。戻る場合は、ブラウザの[戻る]ボタンをクリックしてください)       

🌼 花の名前: ボタンクサギ(牡丹臭木) 📸 撮 影 日: 2017/07/11 6:15
🌱 科 目 名: クマツヅラ科クサギ属 📅 投 稿 日: 2017/07/11
📝コメント: ヒトって勝手な生き物だ。見えてるものさえ見えないと言い張る。
無意識の取捨選択で、情報さえもふるいにかけているんだって。
⛺️ 撮 影 地: 路傍にて
ジャンル:
ウェブログ
コメント (15)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ヤブミョウガの縛めを解くこ... | トップ | 夾竹桃はミステリー! ☆あっ... »
最近の画像もっと見る

15 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
葉の匂いですか?! (カンパネラメジューム)
2017-07-13 11:15:21
近くの市民の森にもたくさん咲いています。
なつみかんさんと、匂いを嗅いだことがないけど、どうなのでしょう?とコメントのやりとりをしたばかり。
…で、先ほど散歩の際、勇気を出して花に鼻を近づけたら、ん?ん?気のせいかちょっと何かに似たいい香りが…いや、鼻が悪いのかも(^_^ゞと帰ってきたばかりです。
やはり花はかすかによい香りですよね?安心しました。
臭木の名前は、葉の匂いが理由ですか!
今度はもっと鼻を近づけてみます。あ、でも、可愛い花のイメージのままの方がいいかしら?(^_^ゞ
投稿スタイルに興味あり (kocchi)
2017-07-13 13:34:07
Kite さん、こんにちは。
アップの写真はクサギと分かりましが、遠目からですと、アジサイと間違えます。
まず、自分の考えが優先しちゃいますからね。(謙虚な気持ちが大切)

Kite さんの投稿スタイルが日々変化しているように思うんですが、写真を3枚
並べて投稿する方法は、使い方ガイドに説明文がありますか!?。
私も一枚がメインで、その下に2〜3枚の写真を投稿したいという思いが
あります。
お忙しいと思いますが、お時間の許す時がありましたら教えてください。
クサイ!? (なまなま)
2017-07-13 14:47:11
こんにちは~

コレもクサイんですか!
元凶が葉っぱだったとは…

花がなかなかきれいなだけに、なんか勿体ないですね…

しかし、何のためにクサいニオイを獲得したんでしょうね?
今年の夏の課題です。。。 (Kite.com)
2017-07-13 19:16:50
カンパネラメジュームさん、こんばんは~。
どうもね、葉や枝を揉んだり折ったりすると、臭気が立ち込めるとか。いや、普通、やりませんよね。やりません。花の写真撮ってるんですから、生体に害を及ぼすようなことなど。
さて、何が正解なのでしょうか? 真実はまだ闇のなかなのかもしれません(^^ゞ
この夏中には、なんとか白日の下にさらしたいと、かように考える次第です。
どっか、長文が送れる環境が・・・。 (Kite.com)
2017-07-13 19:18:54
kocchiさん、説明長文要します。FBにコメ入れました。
バッチシ講義しますよ~(^^♪
いまや、真実は藪の中!? (Kite.com)
2017-07-13 19:23:42
あっ、葉を揉むとか、枝を折るとか、いたく生体に傷つけた際には、ということらしいのですが・・・。
この夏の課題です。真実、究めますm(_ _)m
何か生存の過程で、この臭気を身に着ける、いや、身につけねばならない事態が出来したのでしょうね。
その答えは? いまや、藪のなかなのでは(^^ゞ
ブラウザは何ですか? (Kite.com)
2017-07-13 19:34:09
kocchiさん、そういえば、ブラウザ何使ってますか?
chromeだったら、画面右クリックすると「ページのソースを表示」でこの画面のHTMLを見ることができます。
Edge、IEでは、さて? 多分、設定メニューで「開発ツール」という項目が表示されると思いますが、それでやはりソースが表示されるのでは。
それで、該当箇所のHTMLの処方を確認できると思います。
このソース、かなり長いので、該当箇所探すのは大変かもしれません。
あっ、とにかく、説明のドキュメント、考えておきますので・・・。
違いのわかる男? (CHAO)
2017-07-14 06:33:36
Kite.comさん、おはようございます。
こんなにキレイなのに葉が臭いとは、驚きです。そしてちゃんとお花はいい香りが…
確かに人は自分に都合の良い情報しか受け付けないってことありますよね。でもきっとこのお花の香りや色が好きなお得意様の虫がいるんだろうなとつい想像してしまいました。
さすが"違いのわかる男"《Kiteさん》? ですね。(ちょっと表現が古かったでしょうか^^;)
おはよう♪kiteさん(^-^)v (しいちゃん)
2017-07-14 08:00:10
こちらへは、まだ滅多にお邪魔してませんが今朝はふら~って。
つまみ食いみたいな、コメントご容赦くださいませm(__)m

ふ~ん?
やっぱり、kiteさんも遥かに遠い存在の人になって行く~(^^;
と言うか、ハナから遠い存在だったのにね。
ここで諦めてはいけない❗
人生生涯勉強でしょうか(^-^)v

庭の片隅に植えたボタンクサギ、増えるわ増えるわ地下で逞しく根を張り巡らして隙あらば、覗いてきます。
その芽を抜こうにもなかなか抜けず、途中で切れてしまって、かなり強烈な臭いを残して根だけは生き残ってます(^^;
これも、最初に考えないで植えた私のせい、毎年この時期この子との戦いです。
まだまだ追求します! (Kite.com)
2017-07-14 15:04:30
CHAO さん、こんにちは~。
違いがなかなか分からない男です(^^ゞ
クサギの仲間、なかなか曲者です。意外と、特徴のある花が多いだけに、見過ごしにはできません。
まだまだ追求の余地はありそうです。頑張ります(*- -)(*_ _)ペコリ
体験投稿中! (Kite.com)
2017-07-14 15:08:25
しいちゃん、こんにちは~。
たま~に、出没してレイアウトの勉強してます(^^ゞ
どんな見せ方出来るか、なかなか興味が尽きませんが、能力が追い付きません。
こっちは、ぼちぼち体験投稿楽しんでます。
匂い、毒は植物の得意分野かも (don4900)
2017-07-14 23:15:25
kite.comさん、こんばんは。

先日と云っても多分1ヶ月以上前、、、新聞かラジオかで、
「何とかと言う植物は、虫が草を噛むシャリシャリと云うような音が聞こえると、虫が嫌がる成分を分泌する」(というようなこと)を聞きました(あるいは読みました)

なるほどと思ったのですが、確かに植物とて無防備だと好き放題食い荒らされてしまうはず。
老木は朽ちはじめると早いけれど、若いうちは虫もつきにくいようです。
何らかの防御システムを持っていると考えられます。

そして、植物には毒をもっているものが非常に多いので、知らないものは口にしないように言われます。(夾竹桃なども毒)

植物の嫌なにおいは人間に向けたというより虫や動物に向けられたものではないかと思います。

クサギの匂いもその辺にヒントがあるのではないかと考えますがどうでしょう?
きっと理由がある! (Kite.com)
2017-07-15 06:42:43
don さん、おはようございます(^^)
植物同士の戦いや、捕食者との戦い、苛酷なバトル・フィールドに生き残るには?
そういえば、そんな本読んでました。『たたかう植物: 仁義なき生存戦略』(ちくま新書)稲垣 栄洋 著です。
何事にも理由があるんだな、いや、ミステリーを解くかのように解き明かすんだな、なんて思った次第。
うんっ、クサギの臭いはなかったかもしれませんが、臭いに対する言及もあったような、読み直してきます ~≡≡≡ヘ(*゚∇゚)ノ
稲垣栄洋さんの本 (don4900)
2017-07-15 08:01:26
私も、氏の本を持っています。 退職したあと、会社に言ったら面白い本がありますよと言われて借りてきました。 後日、返しに行ったら「新しいの買いましたから持っていてください。」とスマートにプレゼントされました。

『身近な雑草の愉快な生きかた』 稲垣栄洋/著 (ちくま文庫)
です。
戦う植物も面白そうですね。
ご紹介有難うございます (Kite.com)
2017-07-15 09:08:47
あはっ、早速Amazonに頼んじゃいました。
着くのが楽しみです(^^♪

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL