Kite.comの花を探して毎日ブラ散歩!

今日もカメラ片手に、市内をブラ散歩。
日常の中の非日常を探して彷徨ってます。

夾竹桃はミステリー! ☆あっ~、そんなことしたら危ないよ~☆彡

2017-07-15 12:06:31 | みんなの花図鑑
 我が家のすぐ近くでプルメリアを見ることができる唯一の場所、ヘアサロンの奥の花壇。そこには、紅白の夾竹桃の鉢も置かれている。ここ、お客様用の駐車場になっているためか、コンクリートで舗装されている。土の庭は幾ばくもなく、そのお花のほとんどが鉢植えとなっている。
 夾竹桃には、その植物全体に毒がある。枝や葉、花はもちろんのこと、枝などを燃やした際に出る煙や灰、植わっている周囲の土壌にまで毒性がにじみ出ているんだって。
 とは言いながら、街路樹や学校の垣根など、結構いろいろな公共の施設に植えられているよね。すぐ近くの小学校の垣根、夾竹桃だよ。危なくないのかねぇ~。
 その夾竹桃の代表的な有毒成分がオレアンドリン。その毒性は青酸化合物よりも強いんだって。そして、毒性があれば、薬効も。トリカブトなどもその強力な毒性で知られているが、附子(ぶし)と称して薬用とされている。このオレアンドリンも、強心作用や利尿作用があるという。もちろん、有毒成分は上記だけではなく、ネイリン、ジギトキシゲニン、ロサジェニンなど、やはり強力な有毒成分が含まれているのだって。
 野歩きをしてキイチゴをつまんで食するなどという話をよく聞くが、そんなノリで夾竹桃と接しては危ないよ。樹皮などを触った手で、目などをこすったら大変。炎症を起こしかねないというのだ。
 2時間ミステリーにも、この夾竹桃の毒をテーマにした「ドクター小石の事件カルテ(5)毒炎」なんてのがあった。あの橋爪 功が主演だったかな。また、創元推理文庫には、レイモンド・T・ボンドが編んだ『毒薬ミステリ傑作選 (169-1)』というアンソロジーに、ミリアム・アレン・デフォードの『夾竹桃』が収められている。
 この有毒成分は、植物の生存戦略から生まれたんだって。虫や鳥などに食べられないように有毒成分を生成し、己が身を守っているのだという。ところが、そんな競争の少ない植物だからこそ、好んでその毒性のある葉などを食べる虫などが出てくる。誰もが食べておいしいものは、必然、競争力が高いわけで、小さな虫たちは割り込んでいけないよね。キョウチクトウアブラムシとか、キョウチクトウスズメ(スズメガ科)の幼虫などが我が物顔で新芽や葉などを貪り食っているのだ。それこそ、独擅場ってわけ。
 こんな風に見てくると、花にはキレイなだけでない、いろいろなミステリーに満ちているんだなぁ~って思えてくる。そんな花の不思議にも、ほんの少しでもいいから触れていきたいですね。

こんなきれいな花なのに
クリックすると元画像が別ウィンドウで開きます
白花だって、目を惹くよね
クリックすると元画像が別ウィンドウで開きます
プルメリアもキョウチクトウ科
クリックすると元画像が別ウィンドウで開きます
あっ、だからこそ毒がある! 色には関係ないんだって 美しい姿に騙されてはいけません
(このサムネイルをクリックして頂くと、元画像が別ウィンドウで開きます。戻る場合は、ブラウザの[戻る]ボタンをクリックしてください)       
コメント (23)
この記事をはてなブックマークに追加

ボタンクサギ(牡丹臭木)の真実!

2017-07-13 08:59:56 | みんなの花図鑑
 この時期、藪でひと際輝いているのがボタンクサギ。漢字で書くと、こうなる。
   牡丹臭木
 臭い木! 本当に臭いのだろうか? 花に、そーっと鼻を近づけてみる。
 私の鼻のせいだろうか、臭気などないような。いや、ほんのかすかだが、いい匂いがするような気もする。
 いや、いや、気のせいだ、気のせいに違いない。勇を鼓してさらに鼻を近づける。うぉ~、なっ、なんだ、この臭さは。
 
  葉だ、葉。あまりに葉に近寄り過ぎたせいかしら。
 とって返して、早速検索!
 花はそこそこいい香りがするとの記述も散見される。
 しかし、総じて、葉や枝には強い臭いがあると書かれている。やっぱりね。
 ヒトなんて勝手な生き物で、見ているようで、何も見ていない。いや、自分の欲する情報しか目で追っていないのだという。
 望まないもの、見たくないもの、その類の視覚情報は自然とオミットされ、選別されてこぼれ落ちてしまうというのだ。
 そんなことが臭いでも起こる?
 戸外での花の観察は置かれた状況に依存する。温度、風の向き、いろいろな要素が絡み合い、同じ状況に置かれても、誰もが同じ感興を抱くとは限らない。
 ボタンクサギの得も言われぬ臭いを感じた時、ふとそんなことを考えた。
 いま、そこにあるのに見えていない。確かに、日々の生活の中でもあるなぁ~!
 ほら、このボタンクサギの群生の写真、遠目で見るとアジサイの咲き乱れる様のよう。つい最近まで、絢爛と咲き誇っていたアジサイの残像が頭に残っていて、「おや、まだアジサイが・・・」なんてね。
 あっ、これは、ただ単に、目が悪いだけかな?

よくよく見ると!
クリックすると元画像が別ウィンドウで開きます
葉の形にも注目!
クリックすると元画像が別ウィンドウで開きます
葉に埋もれるように
クリックすると元画像が別ウィンドウで開きます
あのクサギの花に似てる? ほら、葉もクサギに似てるよね この葉を揉むとかなり強烈らしい
(このサムネイルをクリックして頂くと、元画像が別ウィンドウで開きます。戻る場合は、ブラウザの[戻る]ボタンをクリックしてください)       

🌼 花の名前: ボタンクサギ(牡丹臭木) 📸 撮 影 日: 2017/07/11 6:15
🌱 科 目 名: クマツヅラ科クサギ属 📅 投 稿 日: 2017/07/11
📝コメント: ヒトって勝手な生き物だ。見えてるものさえ見えないと言い張る。
無意識の取捨選択で、情報さえもふるいにかけているんだって。
⛺️ 撮 影 地: 路傍にて
コメント (15)
この記事をはてなブックマークに追加

ヤブミョウガの縛めを解くことができるのは、誰?

2017-07-11 16:31:32 | みんなの花図鑑
 そう、林縁には林内とは異なる植物相が展開されるという。
 特に、道路などと接する林縁には、比較的草丈の低い植物やら、匍匐性の植物などで構成されることも珍しくない。
 そんな中で、ヤブミョウガは50cm~1m前後に生長する。つる性植物にとって、格好のターゲットだ。
 純白の衣を纏った林縁の女王は、苦痛に顔をゆがめながらも、その縛めを良しとするかのよう。
「共に生きよう、このひと夏を!」
 ――そんな囁きが唇から漏れる。



クリックすると元画像が別ウィンドウで開きます クリックすると元画像が別ウィンドウで開きます クリックすると元画像が別ウィンドウで開きます
(このサムネイルをクリックして頂くと、元画像が別ウィンドウで開きます。戻る場合は、ブラウザの[戻る]ボタンをクリックしてください)       

🌼 花の名前: ヤブミョウガ(藪茗荷) 📸 撮 影 日: 2017/07/11 10:31
🌱 科 目 名: ツユクサ科ヤブミョウガ属 📅 投 稿 日: 2017/07/11
📝コメント: 世間の縮図!
まつわりついて離れない。
しがらみという名の束縛。
な~んて見方もできる、かも。
⛺️ 撮 影 地: 路傍にて
コメント (12)
この記事をはてなブックマークに追加

ハラハラドキドキ! 大腸内視鏡検査の顛末記〈episode 03〉

2017-07-09 17:43:27 | 日記
なぁ~んてこったい! たった半年でこの始末さ

 検査結果が気になるか、ですって? もちろん、気にならない訳はない。しかし、市販整腸剤の効果か、かつての栄光の日々に近い状態が戻ることも珍しくなくなった。そればかりではないが、そわそわしながらも、実は、それほど深刻には考えていなかったのである。
「あなた、結果届いたみたいよ」
 耳聡い妻が、郵便屋さんが投函した郵便物の音を聞き分ける。押っ取り刀で取りに行き、開封。
「なっ、なんだって! ? 所見ありってこと」
「便に血が混じっているようです。詳しい検査をお勧めします。」
 そう来たか、ガーーーーーンッ! ちょっとショック。
 しかし、半年前には何もなかったのになぁ~。まぁ、ごちゃごちゃ考えていてもしょうがない。とにかく、明日、明日。

 消化器内科のO先生、ドアを開けて入るなり、
「CEA、下がってるよ。5を切った。やはりたばこだったんだろうね。腫瘍だったら、この数値、下がるってことないからね」
と宣うた。内心、ふ~っと息を吐く。ただ、こちらにはまだ隠し玉が。
「よかったです。ですが、先生、実は、検査したんだけど、昨日結果が届いて・・・」
 と検査結果の紙面を見せる。すると、言下に、
「あっ、精密検査だね。大腸内視鏡検査。だけど、この潜血反応で悪いのが見つかる人は数パーセントだよ。いつやろうか?」
「じゃ、最短で取れる日付でお願いします」
「え~ッと、じゃ、26日だな。10:30にこっちじゃなくて、病院棟でやってもらって。
 結果は、7月4日かな。ポリープがあり、取ることがあれば、病理検査やるかもしれないからね。
 そして、検査の説明があるから、この後、病室の前で待っててね」
 おい、おい、とんとん拍子で話が進むなぁ~。
 そして、検査前説明。これは、3月にも胃のほうで伺っているので、ほとんど差異はない。ただ、異なるのは、大腸内視鏡専用検査食・クリアスルーJBと一般臨床試験で便秘改善率が80%以上と言われる下剤プルセニドのお土産付きってこと。
 もろもろ承り、肩を落として帰路に就く。あっ、いや、その前に、駐車待ちしているときに目にしたお宅。そこに、いくつかの花が咲いているのを確認していた。せっかくだから、ちょっと撮ってこようかな。
 そして、カメラに収めたのが、7月1日にみん花で本一に選んでいただいたネムノキである。
 ちなみに、ネムノキの花言葉は、「胸のときめき」だそうな。確かに、ときめきはしたが、別の意味でね。。。

CEAの検査結果
クリックすると元画像が別ウィンドウで開きます
大腸がん検診の判定表
クリックすると元画像が別ウィンドウで開きます
大腸がん検診の判定表
クリックすると元画像が別ウィンドウで開きます
数値が5を切った!(クリックで拡大画像) 所見あり!(クリックで拡大画像) 参りましたm(_ _)m(クリックで拡大画像)


十数年の時を経て、検査食もそこそこ美味い!

 大腸内視鏡検査、実は初めてではない。もう十数年前になるが日〇大の飯田橋病院、永山病院などで、何度も経験していた。しかし、永山の時、その日はどういう加減か痛みに耐えられず、ギブアップしてしまい、それがトラウマとなってか、その後はやろうと思ったことはない。
 そんな記憶があるだけに、どうも施術の日が近づくにつれ、穏やかではいられない。できるだけ日常を保とうという気持ちも手伝って、ブラ散歩も、花の投稿も怠りない。ほら、ほら、また現状逃避の癖が出てる(汗)
 さて6月25日、いよいよ検査食の日である。キキョウなど5枚ほどの投稿を終え、朝食の支度。朝はいつも通りでもいいと書いてあったが、妻と娘にはいつも通りのもの、私はおじやを作って食す。
 そして、昼。「たまごがゆ」に、「じゃがいものそぼろあんかけ」を頂く。
 さらに、夜。「ビーフシチュー」に、「クラッカー」。
 まぁ、飛び切り美味いわけではないが、空腹のせいか、それぞれ大事になめるようにして腹に落とし込む。
 これで午後9時頃に、プルセニドを服用すれば今日のミッションは終了だ。口さみしいが、早く下剤をのんで寝てしまおう。

検査食のパッケージ
クリックすると元画像が別ウィンドウで開きます
優しさに充ちたランチ
クリックすると元画像が別ウィンドウで開きます
豪華なディナー
クリックすると元画像が別ウィンドウで開きます
食欲をそそるパッケージ たまごがゆ&じゃがいものそぼろあんかけ ビーフシチュー&クラッカー


熱き検査に身をよじらせて・・・

 6月26日。特別な感慨をもってその日を迎えたわけではない。この日も私以外の朝食の支度をし、5枚ほどの花の投稿を終え、時間まで居間でTVを見ながら気を紛らす。
 10時半までに、クリニックではなく病院棟に赴けとのこと。妻同伴で、大病を患う病人のごとく受付を済ませる。もっとも、妻は車椅子だから、すれ違う人々は私が介助者かと思うに違いない。今日は、私が主役なのに。
 さて、看護師の方とのご対面。これから、14時頃まで、長い戦いが始まる。腸内をきれいにする戦いである。
 腸管洗浄剤モビプレップ(右写真)なるものをコップ1杯200mlずつ、10〜15分かけてゆっくりと5回服用し、その後500mlの水を3回に分けて飲んでいく。モビプレップが3ないし4回ほどとなると、もよおしてくる。その色をチェックし、排便チェック表に記入していく。傍らには、排便の色をとてもリアルに撮影した写真が掲載されたチェック表がある。
 とにかく、飲む、こもる、飲む、こもるの繰り返し作業が続くわけだ。私の場合、12時頃、6回目ほどで目標の濃度をクリア。7回目には5段階評価を越え、ほとんど水のようだったので、チェック表の右空欄に「6」と記入。看護師さんの到来を待っていた。
「アレッ、6って書いてある」
 目ざとく見つけた看護師さん、この茶目っ気を評価してくれてようで、そのチェック表を指さしながら笑顔を向けてくれた。
「では、用意できたら、呼びに来るから待っててね」
 数分後、いよいよ施術室のベットへ。左側を下に横向き、足を折り曲げ、抱えるかのような姿勢。幹部にゼリー状の麻酔を塗り、いよいよ内視鏡の挿入である。心の準備をするまでもなく、焼けるような痛みとともに何かが体内へと挿入される感覚が。しかし、十数年前に感じた腸内での激しい痛みも少なく、ほどなく大腸最奥へ。
 すると、上向きになれという。徐々に体を移動させ上向きに。変な動きをすると、腸壁が破れるのではないかと恐る恐るの移動である。さらに、左膝は立てたまま、右足をその膝のあたりに持っていって足を組む。この状態で徐々に内視鏡を移動させ腸壁を見ていくのだ。
 まず、最奥に3つの憩室があるという。憩室は十二指腸にもあると言われたことがある。さらに、徐々に移動。小さなポリープを発見。3ミリほどの小さなやつ。これは、別に問題ないという。そのままスルー。それからしばらく順調に移動していく。
 やがて、手が止まる。どうするの声。6ミリ以下のポリープがS状結腸の辺りにあるという。問題ないと思うけど、取るかとの質問のようだ。しかし、取ると1週間酒類は飲めないという。ここでそれを言うか。酒を取るか、命を取るかの二者択一。
 そりゃ、万が一にも可能性があるのであれば、命を取るよね。「はい~、取っちゃってください」普通はそう答えるでしょ。私も、命を選択しましたよ。さらに進む(抜いてきているのだから、戻るというべきか)。
 もう1つ発見。これは取った方がいいねの声。モニタを見ると、確かにいままでとは違う大きさ。それでも6ミリほどだという。形は山状、色は腸壁と変わらない。問題ないと思うけどこれは取るよの声。あ~、さっきの取っておいてよかった。ここで見つかって、さっきの取ってなかったら、大きな忘れ物をしたという気持ちを引きずりながら暮らす事なったと思う。

排便チェックシート
クリックすると元画像が別ウィンドウで開きます
腸管洗浄剤モビプレップ
クリックすると元画像が別ウィンドウで開きます
排便チェックシート
クリックすると元画像が別ウィンドウで開きます
飲んだらチェック! これで定量の1l飲み干しました 排便チェック表も合格ライン

1週間の禁酒に悶々とした後に・・・

 という訳で、ファイバーの腸内遊泳は35分ほど。豆粒ほどのポリープを1つ腸内に残し、2つのポリープを切除。これは、病理診断へ。
 倦怠感がどっぷりと身体にまとわりつく。もっと空腹感に襲われると思ったが、それどころじゃない訳で。やはり昔とは違うな。年か?
 看護師さんの注意も上の空、なんか仰いましたか? あっ、病理の結果ですね、はい、7月4日で予定通りOKということ。まだまだ2時間ほどは食事できない。いや、まだ食う気も起きないし。1週間は禁酒。はい~、それは先ほど、先生からもお伺いしましたよ。三日間は消化に良い食事ですか。さらに、1週間は風呂に入っちゃダメ。シャワーだけですか。承りました。そのほかありませんか。あっ、お支払いして帰ってくれ。はい、もちろんですとも。
 そして、お支払い。えっ、3万円近い。持ち合わせが! 妻を呼び、何とか支払いを済ませる。春の胃のファイバーのときは、病理診断含めて1万数千円だったのでそれと同じくらいと思って高をくくっていた。
 おっ、なに、明細を見ると、「手術」の文字が。ポリープの削除は手術になるのですか? 納得です。これなら、日帰りでも医療保険がおりますから、結果オーライです。
 いろいろ心配したが、腸内遊泳の結果はまだ予断は許さないとは言うものの、最悪の状態は脱せられたかのようだ。そうなると、人間なんて現金なもので1週間の禁酒の文字が頭の中を駆け巡る。「本当にできるのか?」自問自答。しかし、・・・。
 7月4日、とても長いトンネルの中を彷徨った気分。口数も少なく、ブラ散歩にも力が入らない。そんな気分を慰めてくれたのが、いままで金輪際口にしようと思ったことのないノンアル飲料であった。なんでこんな飲み物が存在するのか、理解できなかった私がおバカさんでした。いや、本当にずい分と助かりました。
 消化器内科の診察室。
「ポリープは良性。じゃ、1年後また検査ね!」
 この先生は、いつもいきなりだ。
「潜血の理由は不明。考えられるのは憩室には便などが溜まりやすいので、そうした際の炎症による出血かな。下痢が続いたり、軟便だったりでも腸壁からの出血は考えられるけどね」
「じゃ、この軟便の処方は?」
「特にないね。あえて言えば、整腸剤かな」
 こんなやり取りのあと処方されたのは、ミヤBM錠。宮入菌という酪酸菌の一種を含有する整腸剤だ。
 大山鳴動して鼠一匹。長らくお付き合いいただいたが、これから大腸内視鏡検査を受ける方がいらしたら、いくばくかの参考にはなるかしら。
 そして、このブログでどんなレイアウトができるか、いくつかの試みを試してきたが、なんとかそちらのほうも収穫があったように思う。テンプレートとまではいかないが、定型のパターンがいくつかできたので、そろそろこちらに常駐してもいいのかな、なんて思えた数日でした。
 ちなみに、トップの写真、ブラックベリーの花言葉ですが、「あなたと共に」、そして「人を思いやる心」だそうです。
 お付き合い有難うございましたm(_ _)m

宿根フロックス
クリックすると元画像が別ウィンドウで開きます
ヒメフウロ
クリックすると元画像が別ウィンドウで開きます
センニチコウ
クリックすると元画像が別ウィンドウで開きます
花言葉:あなたの気に入れば幸せです 花言葉:変わらぬ信頼 花言葉:色あせぬ愛、そして不朽
コメント (26)
この記事をはてなブックマークに追加

ハラハラドキドキ! 大腸内視鏡検査の顛末記〈episode 02〉

2017-07-08 16:02:09 | 日記
唸ってばかりじゃ、胸奥の熾火は消えやしない!

 ある程度齢を重ねると、いま何ができるか、何をすることができないかを単純に切り分けて、これからの行動パターンを考えた方が面倒が少ない。
 行動範囲や生活パターン、それに伴う経済的な状況など、制約もあるだろうから、この切り分けはとても重要だ。
 なに、偉そうなことを言っているように聞こえるが、できることはできる、できないことはできないと、背伸びをせずに、いまの生活を直視することこそが、大切なのだと思う。
 そこで、である。この4~5年、池袋のクリニックで胃の内視鏡検査をやってきた。東大病院を退官した御歳80越えのおじいちゃん先生である。内視鏡検査の草分け的存在ともいえる名物先生で、手技はまだまだ天下一品。とにかく楽なのである。
 ただ、こちらも池袋までとなると、ちと距離の壁を感じるようになってきた。特に、妻がつらそうだ。そこで、今年からとある狭山のクリニックに、診療の数々を収れんしようと話し合い、あちこち通っていた病院をこのクリニックに一本化した。これも、切り分けの一つなのである。
 そのような背景があって、今年の3月、胃の内視鏡検査をこのクリニックの消化器内科を介して診てもらったのである。
 そう、ざわつきを感じつつ、なぜそこに駆けつけなかったか? 次の診療予約日が迫っていたからである。それが、5月23日。前回採血して頂いた血液検査の結果も出る。
 さて、5月23日。消化器内科受診の日。開口一番。
「問題ないね! 血液検査の結果だけど・・・」
「はい、有難うございます。あっ、CEAの方は?」
「あれっ、CEAも採るんだっけ? 前回採ってないよ」
「ガーーーンッ!!!」
「わかった。今日、この後採って帰って」
 CEAである。「がん胎児性抗原」の略称。「この物質が消化器系がんのある患者の血液中に多く存在していることから、腫瘍マーカーとして活用される」とある。もう十年ほど前から年に一度、検査項目に加えたものである。
 この因子、たばこでも上振れする。上限値が5ほどに設定されているが、一時は8を越えていた。喫煙者であったから。
 それが、昨年2月、タバコをやめてから、5台に復帰、そして、この春、どうなったか期待していたのだが、採ってないという。
「はい~、わっ、わかりました。あの~、実は、このところ軟〇で困ってるんですが・・・。」
「そう、まぁ、別に心配することないと思うけどな。血液検査の数値も別に問題ないし・・・。ちょっと様子見てみよう」
 意外と、鷹揚だなぁ~。ただ、何もせず、座してその時を待つのか? いや、そういう訳にはいかんだろう。  そこで、いまできることを考える。目についたのは、しきりとTVでCFを流していた「ザ・ガードコーワ整腸錠アルファ スリー プラス」である。「従来の納豆菌と乳酸菌(ラクトミン)に加えて、新たにビフィズス菌を配合。性質の異なる3つの生菌が効果的に働き、腸内環境を改善」とある。便秘にも、軟〇にもい~いんです、という謳い文句。おっ、ピッタリじゃないか!
 とにかく2週間試してみて改善が見えない時は、この薬をもって病院で診療してくださいという、コメント付きである。即行でAmazonで取り寄せ、試してみることに。
 なに、こんな熾火を心中に抱えつつ、旅への思慕は衰えることはないわけで。山中湖に天然鰻を食べさせてくれる旅館があることを見つけ、早速に旅支度。そう、山中湖には花の都公園もあることだし、押っ取り刀で出かけましたとさ。

 6月5日 身延山久遠寺参拝、周囲を観覧。菊寿美にて蕎麦を食す。山中湖にて天然鰻を供するという割烹旅館で宿泊。
 6月6日 北口本宮富士浅間神社参拝(右写真:富士太郎杉)、花の都公園で花を愛でて帰宅。

などと、暢気なものなのである。しかし、しっかり胸奥の熾火は燻ったままである。

花の都公園
クリックすると元画像が別ウィンドウで開きます
花の都公園
クリックすると元画像が別ウィンドウで開きます
身延山久遠寺
クリックすると元画像が別ウィンドウで開きます
ムシャリンドウ(クリックで拡大画像) 白花四季咲きコマクサ(クリックで拡大画像) ご本堂(クリックで拡大画像)


もっと真剣に! もっと大胆に! アクション・プランを再構築

 遊びほうけているように見えるかもしれないが、正直に告ると、気分を紛らわせているだけかもしれない。いたって、小心者なのである。
 しかし、次のステップもちゃんと見据えて行動しているのだ。
 まず、市の保健センターからのお知らせをチェック、毎年年末にやっていた成人病検診の大腸がん検診、これをこの機会に前倒しでやってしまおう。ここまで、ちょっとおっとりしていたのは、昨年11月にこの検診を受けて、陰性だったからということもある。
 旅から帰り、まずいつも受診している狭山のクリニックに連絡。消化器内科のCEAの結果が出る6月20日までに検査結果が出るように、この段取りを組んでもらう。次のようなものだ。

 6月8日  大腸がん検診・便潜血検査(2日法)のキット(右写真)を貰いにクリニックへ。
 6月10日 検便提出(硬軟はあるが、決まった通りに出ることは出るので、この日程で何ら問題はない)
 6月19日 検査結果が郵送される。
 6月20日 検査結果を携えて、消化器内科を受診。

 うん、ほぼ完ぺきなアクション・プランの出来上がりではないか(こんなことで自画自賛してどうする)。
 意気揚々と、キットを取りに行き、早速翌日から2日間のミッションを遂行。クリニックに届けたのであった。

ホオズキ
クリックすると元画像が別ウィンドウで開きます
ホオズキ
クリックすると元画像が別ウィンドウで開きます
花言葉:「偽り」「ごまかし」(クリックで拡大画像) えっ、偽りの果実ってこと(クリックで拡大画像)
コメント (8)
この記事をはてなブックマークに追加