釣船 開進丸(鯛ラバ、ジギング、一つテンヤ)

釣れる日もあれば、釣れない日もある。楽しかったり、悔しかったり「船釣り」の一時を過ごしてみませんか。

5月18日 当たるけど…苦戦

2017年05月18日 | 日記
午前中は、親父の祥月命日でもあったので、和尚さんの念仏に合わせて、仏壇に手を合わせる。

午後からは、昨日の赤潮がどうなったか、船を出してみる予定にしていた。

「お久しぶりです。日高です。午後から乗れますか」

「大丈夫ですけど、実は昨日赤潮が見られています。今日の釣果は、厳しいことも考えられます」

今の状況を説明して、午後から一緒にポイントを目指した。

「古い魚礁が崩れているポイントがあります。そこから入ってみましょうか」

「了解です。」

ポイントを目指して走る途中も、潮の色が気になる。

潮は緑色した菜っ葉潮、下り潮が南に0.6ノット前後で流れている。

ポイントに入ると、直ぐに魚探を確認する。

「ベイトは、海底付近に見られますね。やってみましょう」

日高さんが竿を出して、釣り開始。

一流しが終わったところで「何か、触ってくるんですけど、乗らない」

日高さんの竿先を見ていると、コンコン、コンコンと、小刻みに竿先を叩くアタリが来る。

「このアタリが、さっきからずっと有るけど、正体が知りたい」

魚礁の北の端、南の端と流すコースを変えてみるが、なかなか針に乗らない。

「別のポイントに行ってみましょう」

少し深場を目指して、船を走らせる。

「ここは、瀬が連なって上がり下がりを繰り返します。瀬掛かりに気をつけてくださいね」

ここでも、同じようなアタリが続いて来る。

「くっそー、悩むなー。来い、ヒットしてこい」

2流し目に入る前に、ポイントを北に移動。

「此処は、瀬の駆け上がりがポイントになります。上がり下がりが大きいですから、瀬掛かりしたら、殆ど取れません」

此処では、私も一緒に竿だしした。

すると、私にアタリが来た。

ドラッグ音がなり、期待が膨らんだ。

しかし、上がってきたのはウミゴイ(オジサン)だった。



「残念、期待は持たせてくれたけどね…」

二流し目にはいると、風が緩い南東に変わり、船が流れるコースも北西方向から真北方向に変わる。

日高さんにアタリが来た。



「良い引きしてますか」

「もしかして、オジサンかも」



日高さんの予想どおり、上がってきたのはオジサンだった。

「もう一度、ポイントを変えましょう」

「はい、そうですね」

「今度は、小さい瀬がポツン、ポツンと有ります。多分ベイトは居ると思います」

ポイントに向かう途中で、船仲間の漁師さんのSさんの船が見えた。

近付くと、竿を2本出している。

「釣れてますか」

「イサキが釣れ始めました」



見ていると、イサキが針掛かりして上がってくる。

「こんな潮の時は、餌釣りが有利かな」

二人で羨ましく見ていた。

「ポイントに行って、頑張りましょう」

魚探でベイトの様子を見てみると、海底から少し浮き上がったベイトボールが繋がっている。

「頑張りましょう」

すると、日高さんにアタリが来た。



結構な引きを見せている。

「オジサンでは有りませんように」



上がってきたのは、40センチ近い良型の鰺。

リーダーが、尾びれに巻き付いている。

「これは、逃げられませんね」

「何とか、刺身が釣れました」

今日も、釣りの途中で赤潮が確認された。

「潮目に赤潮が有りますね」

日高さんも赤潮を確認して、潮の状況が余り良くない事を懸念されている。

その中での、良型の鰺。

「少しだけ、ホッとしました」

「こんな日もあります。また、頑張りますよ」

日高さんの笑顔に、救われた気がした。

「ありがとうございます」
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 5月17日 もしかして、赤潮? | トップ | 5月19日 夕方の船着き場 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。