釣船 開進丸(鯛ラバ、ジギング、一つテンヤ)

釣れる日もあれば、釣れない日もある。楽しかったり、悔しかったり「船釣り」の一時を過ごしてみませんか。

2月13日 ボーズかも知れない…

2017年02月13日 | 日記
天気予報で、桜島の風が10メートルを下回らない。

「明日も、風が強いかも知れません」

「久し振りに、行ってみたいですね」

「あのー、すいません。今の潮の状況は、良いとは言えません。ボーズかも知れません」

「それは、釣りには付き物ですよ。今日は、どうでした」

「鰺や、イトヨリ等でした」

前日に長代さんとそんな話をして、今日の出船。

海は、気嵐が立ち上がっている。

ポイントの潮は、緩い吐き出しの下り潮。

「潮の色がイマイチですね。でも、ベイトの反応は有りますよ」

やや強い北西の風を受けながら、鯛ラバで鯛を狙って竿を出す。

ホウボウがヒットしたが、後が続かない。

「なかなか厳しいですね。ポイントを変えましょう」

北東方向に船を走らせるが、北の風が強く吹いているのと、一隻の漁船が延縄を流しているのが気になった。

「こっちはダメですね。別のポイントに行きましょう」

船を南東方向に走らせる。

「ここは、どんなポイントなんですか」

「岩場と砂場の対比が8:2位ですかね。小さいけれど、古い魚礁も途中には有ります」

長代さんが鯛ラバで攻めていく。

「前回、此処に来たときは食い込みが悪かったけど、アタリは出ていました」

こんな説明をしていた時、長代さんにアタリが来た。



竿先をゴンゴンと叩くアタリだ。

「鯛みたいなアタリですね」

「重いですよ。ラインが時々出ていきます」

ゆっくりとラインを巻き上げていく。



上がってきたのは。3キロ弱の綺麗な真鯛。

「雌の綺麗な真鯛ですね」

「このコースを暫く流しましょう」

船を元に戻して、コースを変えて流していく。

魚探には、ベイトが浮いたり沈んだりして、時折映し出される。

「来た!なんか来ました」




竿先が、海面に突き刺さるように、曲がっている。

ドラッグ音が鳴り、ラインが出ていく。

獲物が、もの凄い走りを見せている。

「時間を掛けて、ゆっくり上げてください」

「んっ…、急にリールが巻けだした」

獲物が姿を見せた。



5キロクラスのニベだった。

「何だ…何かに噛まれている」

ニベの腹部に噛み傷がある。



鱗も至る所、剥げている。

「何かにやられてますね」

「さっきの走りは、何かから逃げたのですね」

「鮫ではないですね。アラかも知れませんね」

ニベの傷が、痛々しく感じる。

「今日は、諦めていましたが鯛が釣れて良かったです」

ヒット数は少なかったが、釣果は100%。

楽しい気持ちを持って帰港した。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2月12日 ドラマはラストに | トップ | 2月14日 嬉しいね、バレ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事