釣船 開進丸(鯛ラバ、ジギング、一つテンヤ)

釣れる日もあれば、釣れない日もある。楽しかったり、悔しかったり「船釣り」の一時を過ごしてみませんか。

11月25日 なかなか難しい

2016年11月25日 | 日記
今日は、午後からの出船。

ゆっくりとした出船に、午前中に給油をして準備を整えておく。

やがて、久家さんの車が到着。

「こんにちは。今日はイトヨリ鯛を狙いたいのですが」

「えっ、イトヨリ鯛ですか」

「はい、白身で美味しいですよね」

「ええ…、白身で美味だけど、なかなか難しいですね」

「ポイントと言われても、漁師さんから聞いているところは大島の内場だけど…」

どこでも釣れる魚だけに、ポイントを絞るのが難しい。

とにかく船を出す。

風が東風に変わっている。

船仲間のSさんに電話してみた。

「風が東に変わって、波とウネリが出てきました」

この状況の変化を、久家さんに伝える。

沖波止を回ると、確かにウネリが高くなっている。

「大島の内場に行きますね。イトヨリは向こうが良いでしょう」

内場に入り、ちょっと驚いた。



海上自衛隊の掃海訓練が行われていた。

大きな母艦が2隻停泊していて、掃海艇が6隻ほど周りに待機。

母艦に横付けして、補給しているように見える。

「今日は、訓練で場所が限られてしまうね」

船を流す場所が、限定されてしまう。

まさか、内場にいるとは思ってもいなかった。

一流し目に久家さんにアタリが来た。



「イトヨリだと良いな」

上がってきたのは、イラだった。

このイラが3回続けて当たってきた。

「今日は、イラのアタリ日か…」

又しても、竿先に何かアタリが出ているが、ガッと強いアタリが来て餌がとられた。

なにかヒットするけど、針に乗らない。

イトヨリに的を絞って釣りをするのは、難しい。

東方向から、バタバタと鋭いエンジン音が聞こえてきた。



ヘリコプターが、自衛隊艦船上空を旋回し始めた。

「うわっ、今度はへりか」

ウネリの影響で、一瀬とニ瀬の高場以外は白波を被っている、水島沖でも旋回している。

「あれって潜望鏡みたいな物が見えるけど」

水島の南側に、「棒」みたいにものが見えるけど…なんだろう。

その内、見えなくなった。

「今日は、訓練を見ながらの釣りですね」

流す範囲が限定されている分、厳しい状況が続いている。

移動したいけれど、仲間達も苦戦している様子が連絡で伝わってくる。

「今日は、諦めて帰りましょう」

風も冷たくなってきた。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 11月24日 西風強し | トップ | 11月26日 波濤は越えて... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事