釣船 開進丸(鯛ラバ、ジギング、一つテンヤ)

釣れる日もあれば、釣れない日もある。楽しかったり、悔しかったり「船釣り」の一時を過ごしてみませんか。

9月30日 色々釣ったな

2016年09月30日 | 日記


夜明けの海は、雨雲が掛かっていた。

しかし、海の色は晴れ晴れとした、青い透明感のある色をしていた。

「この色を見るのは、久し振りや」

「この色なら、何か釣れそうな気になる」

台風16号以降に、青い海を見るのは初めてだ。

緑色した、菜っ葉潮じゃないだけで嬉しくなる。



潮の色が良いと、ワタリガニも気持ち良さそうに泳いでいる。

青い海を眺めながら、脇坂さんと今日の釣りを開始する。

ベイトも、朝間詰めは沈み瀬の落ち込みアタリに集まっている。

潮は、ゆっくりと沖に払い出している下り潮。

脇坂さんに、今日最初のアタリが来た。





「最初は走ったけど、後は重いだけ」

と言って、船上に釣り上げたのは2キロクラスの良型のヒラメ。

「縁側が美味しいよね」と、笑顔。

しかし、この後、流れが変わり潮が北に行きだした。

「潮が上りに変わってきた。ポイントを変えましょう」

船を北東方向に走らせる。

「沈み瀬の上にベイトが居ますよ。瀬の駆け上がりの処の方がベイトが多いですよ」

ジグを投入していた脇坂さんに、強烈なアタリが来た。



いきなり数十メートル走られ、重々しい走りで竿を曲げている。

時折、竿先が海面に突き刺さるように曲がっている。

何度も、やり取りを繰り返し海中に姿を見せたのは、2メートルは有りそうな大きな鮫。

「うわっ、鮫や。リーダーを切りましょう。こんな大きな鮫を船に上げたら大変だ」



リーダーを切って逃がしたが、こんなに大きな鮫を久し振りに見た。

この鮫と、ダブルでヒットした私の獲物は鰺だった。



鮫が釣れたこともあり、再度のポイント移動。

「ちょっと水深が深くなりますよ」

此処のポイントのベイトは、海底付近から浮き上がらず、底べったりの感じだ。

海底から5メートルの範囲を攻めていた、脇坂さんにアタリ。





2キロクラスのニベだった。

この後、脇坂さんにアタリが連続する。



鰺に、ウッカリカサゴは良型だ。

潮が沖からの突っ込みに変わったところで、又してもアタリが来た。





3キロクラスのニベだった。

「今日は、青物が来ない」

狙いは青物だけに、ニベは一寸寂しい感じだ。

しかし、この後、根掛かりかと思うようなアタリが来たが、相手の突っ込みを耐えていたら針が外れた。

「口が切れたみたいです」

と、残念そうな表情だ。

「ポイントを変えましょうか」

船を沖合に向けて走らせると、綺麗な青々とした潮が来ていた。



「これで、潮が落ち着いたら食いが立ってくるかもね」

「そうですね。良い感じの潮ですね。この青い潮は見ているだけで気持ちいいですね」

潮目アタリには漂流物も多いが、明日の釣りに来たいがもてる良い潮だ。

「今日は、色々と種類を釣ったけど、青物が出らんかった」

「次回に期待しよう」

青い海を気持ちよく走りながら、帰港した。



ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 9月29日 波の様子見に出船 | トップ | 10月1日 間詰め狙って勝... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。