釣船 開進丸(鯛ラバ、ジギング、一つテンヤ)

釣れる日もあれば、釣れない日もある。楽しかったり、悔しかったり「船釣り」の一時を過ごしてみませんか。

10月19日 ベイトを探して…

2016年10月19日 | 日記
昨日は、水島方面を森さんと見て回った。

今日は、大島から北側を少しでも多く、ポイントを見て回ろう。

できれば、新しいポイントが見つかると、もっと嬉しい。

ちょっと用事が有り、出船は午前10時とゆっくり過ぎるくらい。

裸バエ横を通って、沖に出てみる。

天気が悪く、海がちょっとでも時化る時は、裸バエの横を通るときは、波が高くなる。

島と島の狭い間を通るからなのだろうが、予報以上に波の高さを感じる。





昨日もそうだったが今日もウネリが高く、時折ウネリの谷間にはいると、回りが見えないくらいだ。

水深50メートル、70メートルのポイントに行ってみるが、ベイトがほとんど映らない。

朝間詰めの時間帯を過ぎているとは言っても、少しはベイトも居そうなものだろうけど…。

潮は菜っ葉潮で、まだ濁りが残っている。

しかし、昨日速かった下潮がゆっくりになっている。

しかも、ゆっくりとした沖への払い出しになっている。

「この感じなら悪い潮ではない」

水深80メートルのポイントから引き返し、水深50メートルのポイントで竿を出してみる。

海底付近に、少しだけ移るベイトが浮き上がる場所があり、そこでジグを落としてみる。

すると、ククッと小さいアタリが来た。

「なんか来たぞ」

ゆっくりとラインを巻き上げていくと、途中でドラッグが鳴る。

青物のアタリのようだ。

上がってきたのは、ネリゴ。

カンパチの子供だった。



小さいけれど、青物がヒットすると言うことは、下潮は良い感じなのかもしれない。

しかし、ベイトが小さい分、後が続かない。

ベイトの陰が急に映らなくなったと思ったら、目の前を背びれを出して鮫が泳いでいる。

船からは少しずつ遠ざかっているが、2メートルは有りそうな大きさだ。

海底付近のベイトが急に消えたのは、この鮫に原因が有るのだろうか。

風も南に変わり、波が出始めたこともあり、寄港した。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 10月18日 久しぶりの海 | トップ | 10月20日 粘りに粘って »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。