釣船 開進丸(鯛ラバ、ジギング、一つテンヤ)

釣れる日もあれば、釣れない日もある。楽しかったり、悔しかったり「船釣り」の一時を過ごしてみませんか。

6月13日 船着き場で立ち話

2017年06月13日 | 日記
今日は雨がぱらつき、風も出ると思っていた。

目が覚めたら、お日様が顔を出す良い天気。

「凪に見えますけど」とお客様から、写真付きでラインが届く。

「でも、昨日は可成りな波があったしな…」と、昨日を思い出す。

昼から、船の給油も兼ねて船着き場に行ってみた。

船仲間が、私の車を見てやって来た。

その船仲間からは「高いところから見ていると、風波が立っていたよ」と、午後の海の様子を教えて貰った。



今日の写真ではないが、ここで波が騒いでいるときは、沖はウネリと波がある事が多い。

「ところで、先週の鰤とヒラメは、どれくらいやった」

「鰤が9キロ、ヒラメが4.7キロやった」

「凄いね。鰤に虫は入ってなかった」

「大丈夫やった」

大体ポイントは分かっているが、スマホの海図を見ながら話が弾む。

「その後の鰤は、どれくらいやった」

「10キロ超やった」

「虫はどうやった」

「外側に着いていたけど、中はいなかった」

午後からの船出で、今月2本の鰤を仲間はゲットしている。

今日の午前中に船を出していた、仲間にも連絡してみた。

「朝は、どうやった」

「出たのは遅かったのよ。着いて直ぐにイサキが来て、出足良いぞと思ったけど、その後アタリがピタッと止まってしまった」



「何も、当たらんごつ成ったと」

「竿が、ピクリともせんがった」

場所によって、潮の動きが違っている様な感じだ。

話をしていると、又一人お客様が来られた。

「こんにちは、今日は仕事でこっちに用事があったモノで、車が見えたから寄りました」

「ビックリしました」

「今日の潮は、どうでした」

「道路から見た限りですけど、沖目には青い潮が有る様に見えます」

「良い感じですかね」

「行ってみないと何とも分かりませんが、上り潮が入っていれば良い感じの釣りが出来ると思っています」



午後からは、船着き場で大物の鰤の話や、不調の話などで気が付くと午後7時前だった。

「明日は午前中に、大島沖に出てみましょうか」

「波がなければ良いですね」

「今、ちょっと波がある感じの海になっていますが、朝は西が吹くと思います」

「良い感じのヒットが有ると良いですね」

天気は、今日より明日と回復していくはず。

出てみて、勝負しなくちゃな。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 6月12日 中途半端なタイ... | トップ | 6月14日 やったね、良いね。 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。