釣船 開進丸(鯛ラバ、ジギング、一つテンヤ)

釣れる日もあれば、釣れない日もある。楽しかったり、悔しかったり「船釣り」の一時を過ごしてみませんか。

12月7日 西風の白波

2016年12月07日 | 日記


水平線の雲間に、朝日が顔をのぞかせている。

水深80メートルの、ポイントを目指して走る。

「北西の風が強いですね」

風は北西、ウネリは北東から来ている。

風とウネリがぶつかって、三角波が立っている。

「波がバタバタ騒いで、釣りになりませんね。風を避けられるポイントに移動しましょう」

北方向に向けて、船を走らせる。

岸近くのポイントは、山が風を防いでくれる。

潮の流れは0.8ノット位だが、下潮は下りがやや速いようだ。

Sさんが早速竿を出す。

ジグに何かがバイトしてくるのだが、なかなか針掛かりしない。

「何かが触るっちゃけど、針に乗らん」

2流し目は鯛ラバに変更。

すると、何かがヒット。



アカヤガラだった。

「見た目と、このヌルヌルは嫌やけど、美味しい魚よね」

大切にクーラーへ。

3流し目はベイトの影が増えていることもあり、再びジグに変更。

すると「なんか来た」



上がってきたのは、丸々と太った見事な鯖。

「これがジグに、じゃれついて居るんだろうか」

次の当たりも直ぐに来た。



海中に見えたときは、小型の真鯛に見えたが、チダイだった。

「なんかイマイチ調子が出ませんね」

ポイントを変える。

東方向に走る。

沈み瀬が、並んでいるようなポイントだ。

魚探には、ベイトが映っている。

1流し目からアタリが来た。



上がってきたのは、良型のマアジ。

「これは良い鰺だ」と笑顔が出る。

ここから流すたびに、良型のマアジと鯖がヒットしてくる。

ガンゾウヒラメもヒットしてきた。



鰺は、二桁釣れただろうか。

釣れる鰺は、35センチ位の良型ばかり。

良型の鰺に、Sさんも笑顔が増える。

しかし、この頃から風が真西に変わり、風波が立ち始めた。

「西風も強く吹き始めると、釣りの邪魔しますよね」

「下潮が速いのと、風に押されるのとで仕掛けが出ますね」

「ポイントを変えましょう」

今度のポイントも、沈み瀬が多いポイントだ。

瀬周りのベイトを確認しながら、仕掛けを落としていく。

「早巻きしたらなんか来た」

走りの速い魚だ。

姿が見える頃になると、船底に入り強烈に走る。

「鰹か鯖かな」



上がってきたのは、ヨコワだった。

「おおっ、クロマグロの子供ですよ」

「良い魚が来た。どおりで走るはずよな」

予想外のヨコワに、Sさんも笑顔。

ヨコワがジグにヒットするようになると、一日が面白い釣りになると思うのだが…。

なかなか、そうはいかないのが釣りだ。

次のアタリが来た。



上がってきたのは、又してもアカヤガラ。

「今日はアカヤガラが多いですね」

美味しい魚だが、釣り味としてはイマイチかな。

この頃から益々西風が強くなり、船を走らせると、波飛沫が窓を叩くようになってきた。

「今日は帰りましょうか」

港に向かうときも、西風の飛沫を被りながら走った。

港の前には、大きな海上自衛隊の艦船が停泊していた。



なんか訓練かな?
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 12月6日 船を掃除しよう | トップ | 12月8日 南へ走る »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事