釣船 開進丸(鯛ラバ、ジギング、一つテンヤ)

釣れる日もあれば、釣れない日もある。楽しかったり、悔しかったり「船釣り」の一時を過ごしてみませんか。

5月19日 夕方の船着き場

2017年05月19日 | 日記
3時過ぎ、船着き場に行ってみた。

2日前からの赤潮の事もあって、今日は色々と調べモノをしていた。

赤潮の大きな原因の一つ、富栄養化と海の汚れ、やっぱり、あの大雨が事の始まりだろうか。

今でも、海面には流木やナイロン袋などのゴミが、浮遊している。

湾岸道路から見る海は、凪で絶好の釣り日和に見えるのだが…。



しかし、潮の色は菜っ葉色している様に見える。

船着き場に行ってみると、O先輩とK先輩が出ている。

O先輩に、電話してみた。

「お疲れさまです。どうですか」

「疲れていません。何も釣れません。赤潮が何度か流れてきたよ」

「何も釣れてませんか」

「鰺がポツリポツリと、寂しいもんじゃっど」

電話で話している途中で、K先輩が帰ってきた。

「どうでした」

「ダメ、ダメやど。潮が冷てーど。水温があがっちょらんね」

別な船も帰ってきた。

「釣れました」

「だーめ。駄目やった」

「赤潮が来たでしょう」

「うん、赤潮が来て、戦意喪失したよ。クーラーも軽りーど」

みんなダメみたい。

暫くして、もう一隻帰ってきた。

「どうでした」

「何とか、メジナは釣れたけどイサキが小さい」

「良かったですね」

「もちっと、潮が良い感じにならんかな」

暫くして、O先輩も帰ってきた。

「赤潮が来て、潮が悪りーど。流れがふらふらして、船が安定せんごつなった」

「最悪でしたね」

「帰る前は、船の尻が北を向いたけど、下は南に行っちょる」

「厳しいですね」

鯛ラバをしている、船仲間のSさんに電話してみた。

「赤潮が来てますね。アタリは有るけど乗ってこない」

「ダメですか」

「今朝の市場には、鯛が結構上がっちょったけどな」

みんな不釣に、頭を抱えている状態の様だ。

船着き場で色々話を聞いたが、好転の兆しは見えてくるのだろうか。

みんなで話をしている間、ずっとチュンチュンと雀の鳴き声が聞こえていた。

回りを見回すと、2羽の子雀が巣から出てきたばかりの様だった。



子雀でも良いから、何か良い情報を、聞かせてくれないかな。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 5月18日 当たるけど…苦戦 | トップ | 5月20日 気分一新 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。