釣船 開進丸(鯛ラバ、ジギング、一つテンヤ)

釣れる日もあれば、釣れない日もある。楽しかったり、悔しかったり「船釣り」の一時を過ごしてみませんか。

12月24日 鰺と鯖とイルカの大群

2016年12月24日 | 日記
今日は、クリスマスイブ。

サンタさんから、嬉しいプレゼントが届くかも…。

港を出る時、そんな事を考えながら、ポイントを目指した。

風は北西が吹いているが「少し、流されるかな」と、思う強さ。

潮自体は、上が緩い下りで、下は緩い上り潮。

北西の風の影響もあって、船は沖に流されていく。

そんな中、内田さんに最初のアタリが来た。



「来た。なんか重い走りだよ」



良型の鰺が、ダブルで上がってきた。

「良い型の鰺ですね」

まずまずの出足に、笑顔が出る。

堀部さんにも、続けてアタリが来た。





こちらは、丸々と太った鯖。

「この鯖の群に突っ込んでくる大物に期待ですね」

と、笑顔。

ここから、しばらくは鯖と鰺が連発して、船上は賑やかになる。



魚探には、次々と鯖と鰺の群が映し出されていく。



鯖がダブルでヒットしたときの、竿の曲がりも楽しそうだ。

しかし、本命のアタリがなかなか出てこない。

「これだけ、ベイトが居るのだから、何かが寄っていても良いのだけれど…」

するとK先輩から連絡が来た。

「今、俺の船の直ぐそばで、大きな鯨が2頭姿を見せたよ。そっちに行くと思うよ」

一寸した緊張感が走った。

「鯨が居るそうです」

堀部さんも内田さんも周りを見回すが、鯨の姿は発見できない。

暫くして「あれは鯨?」と、堀部さんの声がした。

沖の方を見ると、鯨ではなくイルカが飛び跳ねながら、南に向かって泳いでいる。

バシャと船の直ぐ近くでも、水飛沫が上がった。

周りを見回すと、至る所にイルカの群が居る。

背びれを見せている奴、ジャンプしている奴、数頭で集団を作っている奴。

「こりゃ、魚は逃げたどね」

アタリが止まったこともあり、ポイントを移動。

すると、内田さんにアタリが来た。

「これは、走らないです。ただ重いだけです」



上がってきたのは、ウッカリカサゴ。

「良い型のカサゴですね」

内田さんに続けてアタリが来た。



サゴシだった。

ジグの上に付けていた、枝針が切られていることから、サゴシのダブルヒットだったかも。

この頃から、気になっていた風が北東に変わり、波が少し立ち始めてきた。

何とか本命を釣りたいと思って、再度のポイント移動。

堀部さんにアタリが来た。

大物仕様の道具立てだけに、竿の曲がりも小さい。

上がってきたのは、良型の鰺。



なかなか良い型の鰺なのだが、クーラーの中は鰺と鯖でほぼ満杯の状態。

血抜きをして、しっかりと水氷に付けてある。

堀部さんも内田さんも休まずに頑張っているのだが、なかなかガツンと強いアタリが来ない。

一方では、北東の風が段々と強くなって、波も徐々に高くなってきた。

「堀部さん、残念ですけど今日は諦めましょうか」

「そうですね。風も強くなってきましたし、波も出てきましたね」

鰺や鯖の釣果は有ったが、本命が来なかった。

心残りではあるが、安全優先で帰港した。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 12月23日 友と釣り談義 | トップ | 12月25日 強風と時化と... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。