釣船 開進丸(鯛ラバ、ジギング、一つテンヤ)

釣れる日もあれば、釣れない日もある。楽しかったり、悔しかったり「船釣り」の一時を過ごしてみませんか。

11月2日 ウネリと強風、そして、忘年会の計画

2016年11月02日 | 日記
最初に、開進丸忘年会のお知らせです。

お客様から「忘年会をしましょう」とご意見をいただき計画しました。

日時 11月12日(土)午後5時開始

場所 船着き場近くの事務所(私の実家)

会費 一人 2,000円

参加をご希望される方は、細田(090-8413-4863)まで、ご連絡下さい。

もし、車でお越しの方は、実家にお泊まりいただけますが、ざこ寝に成るかもしれません。

釣れた魚を刺身にして、皆さんで頂きませんか。



今日の釣果報告です。

朝早く目が覚めて、2度寝をすると大失敗に繋がる。

午前4時に目が覚め、ちょっと目を閉じたつもりが、次に目が覚めたら午前5時30分だった。

「おおーっ、寝過ごした」

大慌てで身支度を整え、脇坂さんの待つ船着き場に急ぐ。

「ごめん、寝坊してしまった」

「遅いなと思ってました」

6時過ぎ、出船する。

最初のタチウオは、一流ししただけで直ぐにポイントを移動する。

朝のうちは、風が北西になっているので、今のうちに沖合のポイントを攻めたい。

「水島の南側に行ってみましょう」

風が北東に変わったときに、直ぐに移動も考えておきたい。

大島と水島の間は、この時間はまだ波はそれ程大きくはない。



4瀬の南側に船を持っていく。

「ベイトは、纏まっていますよ。満潮になる前のチャンスタイムですね」

すぐに、脇坂さんがジグを投入する。

潮は、青々とした良い色をしている。

流れも、南東に向けて沖にゆっくりと払い出している。

「あっ、なんか触ったけど乗らない」

潮は0.6ノット前後の速さで、ラインはほぼ真下に入っている。

何かがバイトしてくるのだが、なかなか針掛かりしない。

「なんか来た」

脇坂さんに、漸くヒットした。



指3本くらいの、タチウオだった。

「さっきからジグにバイトしてくるのは、これやったっちゃ」

バイトの正体が掴めてちょっと安心したが、狙いの青物ではなかったことが少し寂しい感じだ。

コースを変えて船を流していると、風が北東へと変わっていった。

そして、少しずつ強さを増して、沖は白波が立ち始めた。

それに呼応するように、ウネリも段々と大きくなってきた。

時々は「おおっ、来たぞ」と思うような、大きなウネリも寄せてくる。

「風が強くなってきたし、移動しましょうか」

大島の内場に移動して、風とウネリを避ける。

しかし、内場を魚探で見ると、もの凄いベイトが映し出された。

40メートルの水深で、海底から20メートルの高さまで、柱状に立ち上がっているベイトも何本か有る。

「良いですよ。やりましょう」

直ぐに脇坂さんがジグを落として、スローピッチでしゃくっていく。

「なんか来ましたよ」

ゆっくりと、引き味を楽しみながら巻き上げていく。





上がってきたのは、1キロクラスのカンパチ(ネリゴサイズ)

「良かった。小さいけど青物が来た」

と、脇坂さんの笑顔が見られた。

次の当たりも、直ぐに来た。



今度は、1キロクラスのハマチ(ヤズサイズ)

底付近を丁寧にせめて、当たりを連発させる。

その粘りと、読みは流石だなと思わせる物を感じる。

脇坂さんに並んで、ジグをしゃくていた私にもアタリが来た。



イトヨリ鯛だった。

青物ではなかったが、一寸嬉しいかな。

この後、ポイントを移動して海底付近を中心に探っていくが、なかなか当たりが出なくなった。

脇坂さんにアタリが来たが、アカヤガラ。

「こいつか…」

アカヤガラが当たるときは、潮の動きがイマイチの時が多い。

2度、3度とポイント移動を繰り返すが、思うように当たりが出ない。

「今日は、風とウネリに負けましたね」

夕方近くまで粘ったが、諦めて帰港した。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 11月1日 嬉しいような、... | トップ | 11月3日 穏やかに見える »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。