釣船 開進丸(鯛ラバ、ジギング、一つテンヤ)

釣れる日もあれば、釣れない日もある。楽しかったり、悔しかったり「船釣り」の一時を過ごしてみませんか。

4月4日 爺ちゃんと孫の釣り日和

2017年04月04日 | 日記
朝、港を出る前は「船酔いしないかな…」と、チョット不安な気持ちだった事だろう。

金丸(旭先生)さんと、那須清崇君と那須崇史君のお孫さん二人。

爺ちゃんと孫の釣り日和を、海の神様がもたらして下さった。

「今日は、波もなく良い釣り日和になった」と、嬉しそうな旭先生。

「大物を釣りたい」と、清崇君と崇史君兄弟。

まずは、鯛ラバの釣り方から始める。

「仕掛けをこうして落としていって、着底したらゆっくりと15~20回転くらい巻き上げる。これの繰り返しだよ」

崇史君が、実践開始。



すると、いきなりアタリが来た。

「何か来た!」

「おおっ、一発目からアタリが来たね」と、旭先生が嬉しそう。

清崇君も応援している。



上がってきたのは、良型のイトヒキアジ。

「最初から釣れて、良かったね」旭先生のお孫さんを見る目が優しい。

直ぐに仕掛けを落としていた清崇君にも、強烈なアタリが来た。



竿先を叩く、真鯛独特のアタリだ。

初めての船釣りで、初めての大当たり。

緊張感が、伝わってくる。

何度も、締め込みを耐えていたが、急にアタリが弱くなった。

「?…」

上がってきたのは、チダイだった。



最初の大当たりが途中で外れ、直ぐにチダイが当たってきた様だ。

「不思議だね。強いアタリだったよね」

気持ちを切り替えて、釣りを再開。



船の周りには、鰯のナブラがあっちこっちに出来ている。

「ここのポイントは帰りに又来ましょう。別のポイントに行きましょう」

暫く、船を走らせる。

潮は、緩い上り潮。

流れる速さも、0.6ノット前後と昨日と違って釣りやすい。

移動して直ぐに、旭先生にアタリが来た。





上がってきたのは、アラカブ。

その横で、清崇君にもアタリが来ている。



小さいけど、真鯛が上がってきた。

今度は、旭先生と崇史君にアタリが来た。

「色々とアタリが来て、楽しいね」旭先生もお孫さんの笑顔が嬉しそうだ。



上がってきたのは、オジサンとアラカブ。

「一緒に写真を撮りましょう」

可愛いお孫さんとの楽しい釣りの一場面を「はい、チーズ」

ここから、清崇君が頑張りを見せる。

「何か来た!」

竿先をコンコンと叩く様な、魚が暴れる様な引きを見せている。

海中を見ていると「あっ、イサキだ」



良型のイサキが上がってきた。

「良かったね。良い型のイサキが上がったね」

みんなで祝福する。

旭先生も、ラインで清崇君と崇史君のお母さんに連絡されている。

すると、清崇君に又してもアタリが来た。



これも、良型のイサキ。

「イサキが2匹も釣れたね。良かったね」旭先生のお孫さんを見守る眼差しが優しい。

船を戻して流し直すたびに、何かしらアタリが出てくる。

崇史君にもアタリが来た。



良型のアラカブ。

「又釣ったよ」と、爺ちゃんに報告している。

旭先生が優しい眼差しで聞いている。

私も、早く孫と釣りがしたい。

「風が変わってきたので、ポイントを変えましょう」

また暫く走って、最初のポイントに移動する。



ここでも、兄弟仲良く竿を出していく。

すると、旭先生に竿先が海面に突き刺さる、大当たりが来た。

ジジッー、ジジッーとドラッグ音が鳴り、ラインが引き出される。

その強い引きに耐え、海面に姿を見せたのは真鯛。

「おおっ、デッカイ」と、清崇君と崇史君が驚いている。



2キロ超の見事な真鯛。

「爺ちゃんの面目躍如ですね」

「うれしいです」と、旭先生満面の笑み。

それを見て頑張っていた、崇史君に強いアタリが来た。

私が気が付いたときは、8号リーダーが切れていた。

「ラインがドンドン前に出ていくから、何だろうと思いました」

何か、大物にやられたみたいだ。

しかし、風が南に変わってきたこともあり、ここで納竿。

「帰りましょうか」

清崇君、崇史君のお母さんと、旭先生の奥さんの待つ港に帰った。





爺ちゃんと孫の釣り日和。

楽しい釣り日和になった。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 4月3日 春の海、ベイトは... | トップ | 4月5日 南風のウネリを越えて »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。