釣船 開進丸(鯛ラバ、ジギング、一つテンヤ)

釣れる日もあれば、釣れない日もある。楽しかったり、悔しかったり「船釣り」の一時を過ごしてみませんか。

11月11日 時化の後(午後の部)

2016年11月11日 | 日記
午前の部を終えて、港に戻る。

船着き場には、脇坂さんが待っていた。

「今日は、潮が良い感じだよ」

「カンパチや鯛等、結構釣れたよ」

挨拶をして身支度を整えると、脇坂さんと午前の部から引き続き塩田さんを乗せて直ぐに出発。

大島沖のポイントを目指して、船を走らせる。

大島の東側に出ると、風が殆ど吹いていない。

「あれっ、風が止んだみたいですね」

海も、すっかり凪になってウネリは残っているが波は静かだ。

潮は上り潮が0.6ノット前後で流れている。

ベイトの状態も変化があって、何かが居そうな気配を感じさせる。

脇坂さんにアタリが来た。



上がってきたのは、良い型のサゴシ。

「まずまずの出足だね」

脇坂さんがスロージギングで、海底付近を丁寧に探っている。

海底から10回位しゃくり上げたところで、合わせが入った。



側で聞いていると、ドラッグ音が鳴り響き、どんどんラインが引き出されていく。

「止まらん…めいっぱいドラッグを閉めているのに、ラインが止まらん…」

少し走りを止めたかと思ったら、又しても勢いを増してラインが出ていく。

前回、2メートル近い鮫は上げているが、それとは明らかに走りが違う気がする。

「前に行って、船で追いかけよう」

前に立って、改めてやり取りを開始する。

少しずつラインを巻き取り始めたとき、ラインが切れた。

「3号が切られた…。どうしたら取れるの…」

ちょっと悔しさが残る切られかただ。

脇坂さんが、気を取り直して仕掛けを作り直している時、塩田さんにアタリが来た。

竿先が大きく曲がっているが、少しずつ上がってくる。

上がってきたのは、カンパチ(ネリゴサイズ)



直ぐにジグを落とすと、今度は良型の鰺が上がってきた。



水島の沖合のポイントでは、枝針を切られたりした。

「そろそろ満潮の潮止まりだし、ポイントを変えましょうか」

船を北方向に走らせる。

シリダカの前アタリに来ると、北西の風がやや強く吹いていた。

「このアタリは、風が強いね」

風波を上げて暫く走り、水深45メートルのポイントに入る。

小さな瀬のあるポイントで、ベイトが柱状に映し出されている。

「今から、夕間詰めに入る時間です。今日の勝負時ですね」

塩田さんがワンピッチで、脇坂さんもスロージギングで攻めていく。

脇坂さんにアタリが来た。



上がってきたのはカンパチ(ネリゴサイズ)。

「良い感じになってきましたね」

脇坂さんも笑顔が良い。

塩田さんにアタリが来て、アカヤガラが上がってきた。

「高級魚だし、明日の忘年会の刺身にしましょう」

塩田さんが作ってくださる刺身が楽しみだ。

脇坂さんにアタリが来た。



同時に塩田さんにもアタリが来た。

上がってきたのは、脇坂さんも塩田さんも2キロクラスのニベだった。



夕方近くになって、ニベが寄ってきたのだろうか。

塩田さんが、もう1匹2キロクラスのニベを追加する。

ベイトが固まっているところを、もう一度潮上から船を流す。

すると、脇坂さんに強いアタリが来た。



今までのアタリとは、一寸引きの強さが違うようで、慎重にやり取りをしている。

上がってきたのは2キロ超のカンパチ。



「夕間詰めになって少し型が良くなってきましたね」

塩田さんにも、強いアタリが来た。



何度も、鋭い突っ込みを見せている。

「あっ…切れた」

仕掛けを上げてみたら、針はずれだった。

「身切れするのかな」

カンパチのアタリの回数は、増えてきている。

もう少し粘りたい気もしたが、夕日が山に沈んだのを最後に帰港した。



明日の忘年会の刺身は、色々な魚が揃った。

夕方、6時過ぎからボツボツ始めることにしています。



これらの魚の刺身を食べながら、又焼き肉を食べながら釣りの話をしませんか。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 11月11日 時化の後(午... | トップ | 11月12日 今日も行くぞ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。