N003の実事求是な日々

日々の出来事、旅の事、そしてメインは自分の事を載せていますι*`・ω・´*ノ
このヒマラヤ山脈は自分で撮って繋げました

記録

2016-08-31 19:48:00 | 病気
明日から病気の記録を付けようと思う
自分としてはあまり変わったことは無い気がするが
そうならないよう、僅かなサインも見逃さないように細かく前後の出来事も含めて

そうするうちに、自分の病気を更に理解して日常生活をより良いものに出来るに違いない
と、母親に言われたからだ

確かに、何故今まで気付かなかったのだと思うほど簡単なことに気付かなかった
しかし、簡単なものほど時に気付かない事もある

広い視野を持つことは大切だ
人間とはついつい好きなものにしか興味を持たない癖があるが
そこを抜け出し違う目線で世界を見ると、また知らない世界が無限に広がっているだろう
見方を変えれば同じものでも別のものに見える
この主観と客観の狭間に一番面白い部分が詰まっているのだと思う
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

パズドラその14 リバティーガイスト撃滅!!

2016-08-31 11:50:10 | パズドラ
ミル、完成しました
作り始めて大体15日ぐらいかな?
最難関(むずいというかめんどい)と言われてたけど、やってればそのうち作れるので持ってて損は無いと思います
というか、ミル持ってなくてやる事あんまりなくなったらミル作ればいいと思うんですけどね



クリアしたパーティー


いやー、きつかったです
何がつらいって、回復と光生成できるやつが1人も居ないのがやばい
ジイチャンが唯一の回復生成ですが、そもそもこいつは回復生成より敵を遅延させる方がメインの能力なので・・・
どうしてもというときには使ってましたがw
ジイチャンスキルマでも12ターンかかるので生成役として使うには割に合わなさすぎますw
リバティーガイストにキラーも乗らないし(*´・ω・`*)
とはいえ、手持ちのモンスターではこれがベストメンバーだったのでこれで行くしかなかったです
キオネは回復消すし・・
シェザルは唯一悩みどころでしたが、ミルパは光がないより回復が無い方がキツイのでジイチャンになりました
どうせキオネもシェザルもスキルレベル1なのでまだ重いですし
前田もカンナも1なので全員12ターン以上かかるっていう・・・
ミルもスキルレベル4なので19ターン・・・最初の方に1回使って、何とか2周回ればいい方
前田の2ウェイ、カンナの3ウェイがダメージのキモですね

エンハンス+2ウェイ+十字+数コンボでリバティーガイスト一撃で倒せたので
こんな微妙なメンツでも1500万ダメ出たのはびっくりしましたw
ミルパつええわ・・・・

そしてトールパの活路がほとんど見えなくなりました・・・

ただまあ十字+コンボがまだあんまり安定しないので
パズルミスが微妙ですが、ちょっとずつうまくできている気はします

今日からゴッドフェス、さてどうしようかな
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

命の爪痕

2016-08-31 10:06:14 | 日記
俺が無性にブログを書きたくなる時は命について考えている時なのか

今回は違うが、インターネット上で俺の病気についてまさぐっていると
突然ブログの更新が止まっているものを見かける

1つは、書くことができなくなったということ
もう1つは、書く意味がなくなったということ

自分もいつかそうなるかもしれないという無意識の恐怖心から
自分がこの世界に確かに存在していたんだという痕跡を残したいと思っているのだろうか

そして、健康とそうでない人の中間の存在から見て、健康な人が自分を不幸だと言っているのを見ると傲慢だと思う
生まれながらに不治の病という呪いをかけられた人、生まれた場所のせいで明日の食料すらままならない人

そういう人からすれば日本で健康な人として生まれてきた時点で、一体どれほどの幸福か分かっていっているのか
少なくとも自分より不幸な人間は数億人はこの世界には存在しているというのに
それでも不幸というのなら、俺はもう何も言うまい
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

たまには「おなか空いた」と言ってみたいな

2016-08-31 08:42:14 | 日記
太らなくていいね、と言われることが多い

しかし、最後に「おなか空いた」と言ったのがいつか思い出せないのは
生物として忘れてはならない何かを忘れてしまったようで少し寂しい

もう今となっては、おなか空いたっていうことがどういうことだったのか忘れちゃった

夜食や晩御飯を食べ過ぎた次の日の朝
「昨日食べすぎておなか空いてない」という感覚を知ってる人なら分かると思うけど
あれが24時間続いてる感じ

俺がご飯を食べるのは、なんの為なのかよく分からなくなっている
食べたくないのに食べなきゃいけないって、軽い拷問だよな
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

何故俺がブログを書くのか

2016-08-31 08:03:01 | 日記
今分かった、俺はブログを書くことによりストレス(不安)を発散しているのだ

これならば他人に迷惑がかかることもない
直接愚痴るのは、そうとも限らないしね

つまり、命を紡ぐブログということか
そりゃー、時々熱心になるわけだ
そういう時は不安な時なんだな

なんか他人事感w

まあでも、自分を客観視する事は日頃からした方が良いと思います
いざという時に人より多い選択肢を持てるので
選択肢が多いというのは、それだけ道具の種類を持っているということです
やり過ぎると別人格出来るのが玉に瑕ですが(*´Д`*)
まあ俺はそもそも皆軽い多重人格持ってると思ってます

迷いが出た時って、賛成と反対、単純な2択でなければそれ以上の思考パターンで物事を考えるので
人格、と言えなくもない気がする

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「迷ったらやる」から「迷ったらやらないに」

2016-08-31 07:26:51 | 日記
俺の行動原理に「迷ったらやる」と言うものが数年間有った
その数年間は引きこもりをした後の数年間だ

「迷う」というのはある行動に対し、「やりたい」と「やりたくない」が混在している状況
だけど、少しでもやりたいと思ってるのならばやった方が良い

迷ってやらなかった時、それまでの俺は大体後悔していたからだ
そして、迷ったあげくやって後悔したことはただの一度も無い

、、、だったのだけど、ストレスで死ぬ(人よりかなり死にやすい)体質だとわかり、天秤が傾いた
今では何かに挑戦する事に非常に神経質になる
自分にどれ程のストレスがかかるか予測し、やらないことが増えてしまった

タダまあ仕方が無い、だってレジ打ちしてるだけで吐血、肺炎、肺梗塞までいってしまうのだ
あの地獄の呼吸器疾患の痛みと苦しみと絶望を経験してしまっては、もう2度と、、、、

死ぬのが怖いというよりかは、「息を止めるか、肺をハサミで切られる(ような激痛に耐えるの)か」
の2択が(特に朝方)数時間の間、数秒おきに選択せざるを得ない状況が、絶望を語るに難しくない

痛みが酷いときは鎮痛剤さえももはや効果が無く
ただ、病室のベッドのシーツを握りしめ
この地獄をあと何回繰り返せば普通に生きれるのか
そんな事ばかりを考えていた
いや、考えることすら与えてくれなかったか
それを考えたのは収まった時だけ
痛みが頂点に達しているときはただ「痛い」それだけだ
それ以外を考える余裕は与えてくれなかった

その後、2年間ほど四日市ぜんそくの事で色々動いていたが
あの人達の苦しみは嫌というほど理解できる
あれを何年も繰り返して、自殺をして亡くなった人達の苦しみも
あれはもう病気というよりかは、死ぬか痛いかの2択しかない拷問
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

家族が死ぬ夢

2016-08-31 07:05:51 | 日記
最近家族が亡くなる夢を頻繁に見る

母親と次女と次女の子ども達が下山中に転落死

長女が亡くなる夢(内容は忘れた)

母親と祖母(3年前に無くなっている)が事故で亡くなり、最後の会話があんなものにしたくなかったと悲しみに打ちひしがれる夢

家族が亡くなる(母親だけ)夢はこれまで2度見たことがあるが、ここ一ヶ月程度で3回は流石に多すぎる

家族が亡くなる夢は良い夢だと書いてあるが
流石にこう多いとあまり良い気分にはなれないな

もしかして、自分自身脳梗塞のようなもので突然死してもおかしくない病気持ちなので、それに対する恐怖心の現れなのか
自分で言うのも変だが、あまり不安ではないのだけれど

この前も書いたけど命について深く考えてからあまり死ぬのが怖くなくなった気がする
もちろん死ぬのは嫌だけど、どうしようもなく死ぬのなら仕方が無い
ただ、そこに至るまでに万事を尽くすだけ
それ以外にやることはないと思えば、ただひたすらに今を悔いなく生きるだけなのだ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

物語を作る人は

2016-08-30 20:39:13 | 日記
日常に起きた出来事にスパイスを加え、時には誇張し作っている事が多い

人生経験が多い人の方が、より鮮やかな物語を作れるのは間違いないな
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

人間関係が人生で最も多い壁

2016-08-30 20:24:49 | 日記
「苦手なものは努力して直さなければ苦手なまま」

と言った矢先、今その事態に直面している
確かにこれは当たっているわ・・・

苦手な人がいるのだが、嫌いなわけじゃない
ただどう接すればいいのか、距離感、会話の流れの取り方が分からないだけなのだ
だけど、相手は20歳も年上なので気軽に話しかけれないし
無理やりにやろうとしても見透かされるであろう

ただ単に圧倒的に接する時間が短いのだ
そして一番重要なのは、二人で喋る機会が自然には永遠に発生しない事

ここだ

しかし、俺から行動しなければ、向こうからアクションをかけてくることは多分無い
だが、突っぱねられたらそれで終わり
流石にその後にまた俺から誘う事はしないだろう
多分向こうは俺が嫌い(そこまで重くなくとも苦手)だと思っているかもしれないから
俺から見たその人の位置が未だわからず、対応がからぶったりしている事が多い為・・・

少しの勇気で解決する簡単な問題なのに、間違ったら二度と直る事が無い亀裂が走る事もある

人間関係ってある意味人生で一番多い壁かもしれんなあ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

苦手

2016-08-30 20:17:15 | 日記
苦手なことは努力して直さなければずっと苦手なまま
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

無意識に他人を利用する父親

2016-08-30 11:50:23 | 日記
本人が気付いていないのが一番驚きだが、家族だから手伝ってくれて当然だとでも思っているのか
何かしら、一緒にやってほしいだとか手伝ってほしいという話が頻繁に飛んでくる

そして俺は毎回断っているのだが、それでも送り続けてくる
しかもこれが俺だけではなく、兄弟はまだしも離婚した母親にも飛んでいるというので驚きだ

あの無神経さは一体どこから来ているのか・・

手伝う行為ってかなり重い行為だと俺は思う
もし「手伝って」と言われ二つ返事で「良いよ」と言える相手がいたのなら
それはその人の事を相当信頼している、もしくは恩があるのどちらかだ
自分に全く関係のない事だとすれば、なおさら自分の時間を無駄に使うだけなのだ
勿論経験としては、積むことができるのでその全てが無駄というわけでもないのだが

まあ、なんにしても手伝いたいと思えない相手から幾度迫られても、無理なものは無理だし嫌なものは嫌だなあ

というかここから実家まで片道1時間以上かかるのに(高速で)
ほぼタダで何故手伝わなければいけないのか謎、交通費もでないのに
お礼もスキヤの牛丼だし
という風なことを考えている時点で、終わってるよな
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

君の名は

2016-08-30 01:42:34 | 映画
君の名はを2回見てきました
2度目は本位では無かったのだけども
最近のこういう系のアニメの中では群を抜いてると思います

やっぱり美術は一級品

なんだかジブリを意識してるのかなと思いました
多分気のせいですがw
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

自分との対話が少なすぎる現代人

2016-08-28 23:40:20 | 日記
その原因の1番とも思えるものは「情報社会」であろう(特にインターネットの存在)
自分以外からの情報が多すぎて、それを整理するだけで精いっぱいなのだ
そのせいで、ゆっくり自分と語り合う時間も暇も無くなっている

そして、それは俗にいうKYの元の1つでもある
KYというのは(他人との人間関係の中で)空気が読めないという意味だが
自分を理解していない人がよりなりやすいのでないかと推論する

自分を知るという事は他人を理解するきっかけになるからだ
人間という存在を最も身近に感じるのは自分だ、他人を知る為の第一歩は自分を知る事だと思う

まず自分という人間がどういうタイプなのか知る事で
世の中にいる人間の種類の一部を理解する
それによって少しずつ人間を知り、似た部分違う部分を更に知る事で他人のタイプを分類する

この人は余り騒ぎたくない人なんだな、とか
この人は自分の世界を強く持っている人なんだな、とか
最初はそういう大雑把なモノから

そして「空気が読めない」の「空気」の部分は人間の社会(2人以上)によってできるものだ
相手がどういう人間なのか知っていれば、空気を読めなくなることもなかろう
それができれば社会の中でKYな存在として浮くこともだいぶ減ると思う

俺も22歳ごろまではそのKYの一部だったのだが運よく(?)引きこもったおかげで自分との対話ができた
半年間たった一人でゲームをし続けていた過去があるのだが、この時に俺は人間として進化したと思う
勿論ゲームをしていただけだったのなら間違った方向に進んでいたのだが・・・
そこは母親に恵まれた部分だと思う
その半年は本当に誰とも遊ばずに(電話は愚かメールすらしてない)、家を出るとしたら外食と近くの小さいスーパーだけ
母親は昼間は仕事、今は亡き祖母とは階層が違った為に本当の一人

その時に自分はなぜ存在しているのか、命とは何なのか、どうせ死ぬのになぜ生きるのか
自分の価値ってどこにあるのか、これからどうしたいのか、何のために生きるのか
ということを、海が近かったので毎日夜になると堤防に一人佇み延々と考え続けた記憶がある

勿論自分との対話はKYにならないようにするだけではない
自分の中で芽生えた答えのない疑問を考え、自分なりの答えを見つけたとき人は進化する
と、今はそう思えるからだ

俺の人生の中に他人から見たら明らかに無駄な数年間が存在する
しかし、その数年間の間に「普通に」生きていたら絶対に到達できなかった場所に到達したと俺は考える
普通に仕事して、普通の休日を過ごし、普通の恋人と結婚し、普通に子どもを作り、普通の楽しい人生を送り、普通に死ぬ
全てが普通

それを否定はしない、ただ「俺は」普通にだけは成りたくなかったのだ
少なくともその普通の無限ループからは脱することができたと思う

普通な人生は幸せだと思う
だけど、俺は普通では幸せになれないある意味不幸な人間なのだ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

自信が無い人

2016-08-27 14:10:30 | 日記
他人を馬鹿にする人は自分に自信が無い証拠

他人を下げなければ自分の価値が見えないという悲しい人達
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

手紙(真相)

2016-08-27 11:05:47 | ちょっとコワイお話(笑)
とまあ、なぜ突然あんなものを書いたかというとちゃんと元ネタがあります
数日前に実際に起こった事を元に、ホラーチックにしてみました

ホラー系のストーリーってこうやって作ると結構簡単ですね
作家や監督も実際に起こった事を元に、構築している人もいるかもしれない

着信アリとか、自分の嫌いな人から何度も着信入ってて、それで思いついたとか全然ありそうw

俺に起こった事ですが、ガムテープで閉じてあった(ぐるぐるまきではないw)表には何も書いてない紙がポストに入ってました
ぶっちゃけ気持ち悪かったんですが、そのまま捨てるのもあれなので(ここは同じ)あけてみました
そうしたら、鍵が中から出て来たのです(ここも同じ)
ただ、うちの家は引っ越した後に鍵を変えたので、多分前の人の鍵だと思います
そしてその紙には

おかえりなさい

と、書いてありましたw
ただ、これには続きがあって
「これから、家族の事、相手の気持ちを考えて行動します。ごめんなさい。2014,2,26(水)退院した日14.27分(最後に男性の名前が書いてあった)」
と書いてありました
一瞬なんじゃこりゃと思いましたが、直ぐに大体のストーリーは読めました

恐らくこれは、奥さんに離婚をたたきつけられた夫が書いたもの
そして「家族」と書いてあることから子どもも生まれていた
自分勝手な言動を続けていた結果、奥さんが耐えられなくなったのだろう
そして「退院した日」と書いてあることから、奥さんは恐らく入院中にこの家を出て行ったのだろう
入院する前に家を出ていったらそもそも入院の事を知らないので書く意味は無いからね
(わざわざ退院した日と書いてあるのは、入院の原因が奥さんの可能性も?w)
その間音沙汰無しで来ているから、今もここに住んでいると思ってこの手紙を出した

とまあ概略はこんな感じだろう

良くわからないのは鍵を同封したこと
これは何の為だ?自分がもう鍵を持っていないアピールにしても合鍵を作ってから渡してるかもしれないし
元奥さんが持っていないとも思えないし(この家に住んでいると想定したなら)

そして2014,2.26(水)退院した日 14.27分とまあ曜日はまだ分かるが分単位まで書いてある事から
几帳面な性格(歪んだ方向に行っている部分もある)もしくは偏向的な性格だと見受けられる
正直こんな情報要らないと思う、この時点で相手の気持ちを考えて行動してないよねw
元奥さんからすればイラッとするんじゃないかな
まあ、それ言いだしたら2年も経って今更感が既にあれな感じだがw

こういうのって違うんだよなあ
「今から直す」じゃあもう遅いんだよ「今までの間に直して」って事なんだよ
溜まって爆発したらもう遅いんだよね
俺は父親に対する感覚がこうなってるからもうダメ
一度爆発すると、次はたった1回で爆発するようになる
沸点に到達するのが一瞬なんだよな・・・ただ、このパターンは2種類あって

やられた側が「止めてほしい事を言った」のか「言ってないのか」によって全然違ってくる

前者の場合は(多分)やった側がほぼ悪い
けど、後者の場合は言わない方もどうなのかなと思う
察する能力っていうのは、人によって全然違うわけだし
気付いていると思っても気付いていない事もいくらでもある訳で
言葉に出さなきゃ永遠に分からない事もあるだろう

まあなんにしても、人間関係は自分の事だけ考えてればいいってのは一番ダメなパターン
それが極端に嫌な人が橋の下で住んだり、無人島で住んだりしてるわけだ

とりあえず1つだけ分かる事は、この人達の関係が直る事は無いだろう、残念ながら
下手すりゃこのまま2度と会う事も無いだろう


ちなみに、手紙に関すること以外は全部設定ですのでw
コメント
この記事をはてなブックマークに追加