N003の実事求是な日々

日々の出来事、旅の事、そしてメインは自分の事を載せていますι*`・ω・´*ノ
このヒマラヤ山脈は自分で撮って繋げました

ZERO ESCAPE 9時間9人9の扉 総評

2017-04-20 12:46:17 | ゲーム評価
先日発売された「PS4 ZERO ESCAPE 9時間9人9の扉 善人シボウデス ダブルパック」
イシイジロウが関わっているという事で気になっていたのだが
最初に出た時は携帯ゲーム機だったので買わなかった
「面白いゲームは絶対に大きい画面で腰を据えてやりたい」というスタイルが基本にあるので
どうも手が出なかった

ちなみに、忌火起草と428が個人的には神ゲーだったのでそこからイシイジロウのファンになった

プレイ時間 15時間前後、全シナリオクリア
脱出ゲームは過去に色々やっているので、そこまで苦労しなかったです
ただ、中盤と終盤に出てくるある2つの謎解きはかなり苦労しました
このゲームはサウンドのベルと脱出ゲームが半々ぐらいのゲームなので
どっちかが苦手な人には合わないと思います、むしろ両方好きなら神


価格5000円前後(「PS4 ZERO ESCAPE 9時間9人9の扉 善人シボウデス ダブルパック」)


ボリューム    ☆☆☆☆
キャラクター   ☆☆☆☆
グラフィックス  ☆☆☆
サウンド     ☆☆☆☆
ストーリー    ☆☆☆☆
快適さ      ☆☆☆☆
脱出ゲーム    ☆☆☆
コスパ      ☆☆

ボリューム ☆☆☆☆

プレイ時間は15時間前後でクリアしていたのですが
これは謎解きに要する時間が人それぞれなので何とも言えません
人によっては攻略サイトを見ながら進んでいく人も居ると思いますがそれはなんか違うような気がする・・・
一応ヒントはかなり甘めに作ってあるので、そのヒントさえあればほぼほぼ楽勝だと思います

個人的にはクリア時間では語れない満足感を得ることができたのでこれで十分だと思います

キャラクター ☆☆☆☆
俺はこの手のサウンドのベルで嫌いなキャラクターは存在しません
その理由は客観的に見ているからです
自分の友達とか、職場の同僚とかと違って関わり合う事があり得ないので(そもそも空想だし)
だからそういう空想の人物に嫌いとかは無いですねw
ただ何故か好きはあるんだよなこれがw

俺が好きなキャラクターは、シャーロックホームズ
999(このゲームの略)で言えばニルス
知的で冷静で大人っぽい、だけどお茶目さを持っている、そんなキャラが好き

ちなみにキャラデザは最初「うーん」と思ったけど、直ぐに慣れましたw

皆性強い個性があって良いと思います
主人公とヒロインは癖の少ないキャラというテンプレ設定ですが、やっぱり1番バランス取れますね
他のわき役が光りますし

グラフィックス ☆☆☆
まあこの手のゲームにグラフィックはあんまり関係ないかなあ

サウンド ☆☆☆☆
このシリーズのBGMは結構独特で気に入ってます

ストーリー ☆☆☆☆
トゥルーエンドの部分が個人的には消化不良な終わり方ですが
(「え、結局どうなったの?」がちょいちょいある)
そういうあえて語らない終わり方なんだなと思って一応納得

全体的な流れは好きですし、いい意味で裏切られたところも結構ありました

快適さ ☆☆☆☆
実はリメイク前の999では色々とダメな部分がありました
特にダメなのはチャートがない事
トゥルーエンドのフラグが分からない、やり直す時にまた最初から
最悪なのは全て知っている謎解きを何度も何度も何度も何度もやり直さなければいけなかったらしく( ^ω^)・・・
この辺りが最悪だったようで、改善されているので特に不満は無かったかな


脱出ゲーム    ☆☆☆
正直本格的な脱出ゲームに比べると難易度もギミックも見劣りします
が、日本人にとって脱出ゲームは余りメジャーではないのでそんなに難しくしてもあれなので
ただ別に簡単すぎてある意味あるの?(某7のような)ってレベルではないので大丈夫です

押し出し君の部分が個人的には一番難しく「これクリアできるか?」って疑心暗鬼でやってましたがなんとかヒント無しで行けましたw
回数制限の回数が絶妙なバランスですね、あと3回多かったらもっと簡単だったのにw

あと、聞きたくもないのに何回も謎解きをやり直してるとヒントをどんどん言ってくるシステムがあります
善人シボウデスでは難易度を変えることができ、easyにするとヒントを少しずつ喋りだすという風に改善されていますが
999でもそういう風にしてほしかった(*´・ω・`*)
どうしても解けない時には重宝するのだけど、考える為に一度やり直したり
周りを再探索したり、ファイルを見直したりするのにその度にヒントを言ってくるのがちょっとあれでした

コスパ      ☆☆
999単体なら結構すぐにすべてのシナリオを見ることができるのであまり長くは感じませんでした
ただ、短い分結構シナリオは凝縮されているのでダレる事はなかったかな

これはまだ善人シボウデスをクリアしていないので分かりませんが
個人的にはセットパック合わせると☆☆☆☆☆になると思いますw


総評 5点満点中4

これは単独評価です
何故なら、次回作の善人シボウデスと刻のジレンマは単独でプレイすることは可能だけど
ちゃんと繋がっているし、999の回収していない場所も回収しているらしいので
先ほどストーリーの部分で、書いたことはこのゲーム単体での評価です
ただまあ全体的なストーリーは気に入っていますが
後の二つをクリアした時に、シリーズを終えた時の点数も書こうと思います(忘れてるかもしれませんがw)


こういうサウンドのベルゲームは小説と同じでぐいぐい話に引き込まれて
一気に最後(全シナリオコンプ)までプレイ(読破)したらもうハマったと言っても過言ではない

少し残念だったのは数字根と16進数を使った謎解きが多かったこと
もっといろんなジャンルの謎解きをしたかったかな
ちなみに、善人シボウデスはとても多種多様な謎解きがあるので謎解きパートは満足してます
難易度も上がっていると思う

あとやってて気になったのがシュタゲと似てるな、という事

↓ここから下はネタバレがあるので、見たい人だけドラッグしてみて下さい

空想科学の部分が結構入ってくる辺りが凄く似ている
発売時期を見てみると2か月しか変わらないって事は、同じようなゲームを同時期に開発していたことになるのですが
これはまじでシンクロニシティなんじゃないか?w
このゲームの中でもシンクロニシティを扱っている部分もあるし(グリセリンとかの件)
マジポンでシンクロした!?(まあ2つのゲームだけじゃシンクロニシティとは言えない気もするがw)

ちなみにあの「何をやっても結晶化しなかった世界中のグリセリンが一斉に結晶化ができるようになった」がどうかというネタは、都市(世界レベルだがw)伝説らしい
温度調節(液体空気温度まで冷やしてから一日以上かけてゆっくりと温度を上げる)をちゃんとやればいつでもどこでも結晶化するという話だ
まあそんな複雑な手順が簡単に見つかるとも思えないから、発見が遅れても不思議ではない

その辺の本当の話なのか、空想の話なのか分からないあやふやな部分を扱っているのも凄く似ていると思いました
特に別のチャートに記憶を持ち越してる辺りなんかが(手法は違うが)同じw
だからといってどっちかがどっちかをパクったとかそういう風には感じませんでした
そもそも開発期間被ってるし


あと、このゲームのギャグのセンス好きだわw
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 評価を書こうと思ったが、、、 | トップ | まさかテイルズシリーズ終わ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL