N003の実事求是な日々

日々の出来事、旅の事、そしてメインは自分の事を載せていますι*`・ω・´*ノ
このヒマラヤ山脈は自分で撮って繋げました

普通の人間の中に入ってしまうと、どんどん普通になっていく

2017-07-10 12:30:52 | 日記
何度も言っているが俺は普通が嫌いだ
勿論それは普通の人が嫌いと言っている意味ではない
しかし、友人ならば別に普通の人でもいいのだけど
親友とまでなると俺の場合普通の人ではムリだ

理由は2つあり、1つは退屈だから
言い方は悪いかもしれないが普通の友達相手だと、俺も普通に合わせる
けど、それは俺にとっては無理をしている事になる
本当の自分が出せない、そこが退屈

もう1つは自分が普通に染まっていくのが嫌だから
親友にはいくつかのパターンがあるが、俺の場合は結構な頻度で遊ぶ(はず
普通の人間の中に入って行くと知らず知らずのうちに絶対に普通になっていく
無意識のうちに人数の多い方に自分が引っ張られていくからだ
俺の場合だと、合わせるのが普通になっていき、そして昔の自分を忘れていくのだ
そしてその普通が俺の中に入ってくるのは嫌なので
できる事なら親友としてだと近づきたくないのだ、普通の友達ならいいが

芸術家になろうとしている人は絶対に普通になってはいけないと思う
俺は将来ゲームやアニメの会社を作ろうと思っているので
そんな普通の感性は絶対に身に着けてはならない
ただ、どういうものが受けるのか(つまり普通の人が気に入るもの)は知らなければならない
その辺の絶妙なバランス感覚が大切なのだ

宮崎駿は何百万という層(もっとか?)に気に入られているわけだが
あの人自体は普通とはかけ離れている
でも、ああいう人こそが芸術家っていうのだろう
普通の人と混ざらずにひたすら自分の道を進むのだ
というかそうじゃなければとてもじゃないが、オリジナルの作品なんて生まれてこない

そして俺の親友も今の職場にもう3年も居る
いつもは半年働いて旅行して半年働いて・・・とかやってたから維持できていたのだ
しかし3年も常勤でやってしかもそこには普通の人しかいない
俺との時間よりそっちの職場の方が家が近いしで
どんどん職場の人との時間が増えていって、そして俺との時間はどんどん減っている
それ自体は別にいいのだが、なんだか最近その普通の感覚がそいつに染みつき始めている気がする
それはちょっと無理なので、このままいけばいつかは俺の親友ではなくなるだろうなあ

20代ならまだしももう30過ぎてるんだ
20代の10年と30代の10年の差はとてつもない
30代で人生の後半が決定されるといっても過言じゃないと思う
そんな大事な時期に普通の人間になっていって、いつかアニメ制作なんか携われるのだろうか・・・
もうあいつの夢は恋愛脳に消され、周りの普通の人間に流され
タダの普通の人間になっていっている、それが分かるのが悲しい

まあ俺はそんなの関係なくただ今自分の信じる道を行くだけだ
夢を叶えるのには必ず何か犠牲が伴うのだから
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 悪の教典、JUDGE(邦画)、紙の... | トップ | 超大口の仕事 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL