N003の実事求是な日々

日々の出来事、旅の事、そしてメインは自分の事を載せていますι*`・ω・´*ノ
このヒマラヤ山脈は自分で撮って繋げました

日本はリアリティで勝負すべきではない

2017-06-19 18:57:41 | ゲーム
4Gamerで「The Last Night」というゲームの記事があった
↓画像クリックで4Gamerへ飛びます




これを見ていて思ったが、外国人のリアリティの追求力ってのは日本人では敵わない
何故なら外国は何百年以上前からずっとリアリティを追求しているからだ
日本の芸術はそもそもそういうのとは違うベクトルでできている

海外がシンメトリーを究極の美と呼ぶのなら
日本人は崩してこそ自由の美という表現を使っている

2Dでもここまでリアルなものができるとは思えなかった
日本人は3Dが流行り始めると直ぐに3Dへ移行していったが
もしそうじゃなく2Dを突き進んでいた人達が居れば別のアプローチから2Dで攻めれたかもしれない
ギルティギアXrdの2Dっぽい3Dやスパロボのアニメーションなんかはそっちによってはいるけどね

邦画と洋画を比べてもCG技術の差は明らかだし(かかってる金の量も違うが)
ゲームでも、なんでもリアリティで外国に勝てはしない
もしリアリティを求める日本人が作るゲームがあったとすればそれはヒソカ曰く

「メモリの無駄遣い」
(苦手な分野で才能を使い切ってしまう事)

になるだろう
現に某FFは3Dグラフィックを始めてから何かがずれてき始めた気がする
7 8 9 10 は良かったが10-2 12 13 15 と順調に日本人ファンを減らしていっているのではないか
日本を見限って世界にだけ目を向け始めたのなら、評価的には間違っていないのかもしれないが・・・
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 外国人と外国人が日本語で喋... | トップ | ゼルダの伝説 Breath of the ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL