野次馬ジジイの見てある記

暇なジジイが博物館・古い建物・あっちの街・こっちの町を“野次馬根性で見て歩き”を絵日記感覚で掲載するブログ

大江戸歴史散歩(2017-3-① (人形町、浜町川界隈を歩く)-2

2017-03-19 14:05:00 | ガイド街歩き

3月19日(日)                 <3月8日(水)の続き>

大江戸歴史散歩を楽しむ会 3月定例会-①

江戸東京の歴史散策に興味があり、健脚であればどなたでも気軽に参加できる「大江戸歴史散歩を楽しむ会」を開催しております。健康散歩や歴史探訪に好奇心がある趣味を同じくする世間と折合いの付けられる人々が集い、江戸切絵図を片手に身近な散歩を楽しみながら懇親を深めることを目的としています。定例会は2・8月を除く毎月の第2水曜日と第4水曜日の2回開催致します。どうぞ、お気軽に参加ください。 

テーマ   :   人形町、浜町川界隈を歩く

ガイド   :   渡辺功一(大江戸歴史散歩を楽しむ会)

主要順路: 人形町駅→玄治店→うぶげや→浜田屋→大観音寺→
                 芸者新道→西郷隆盛屋敷→谷崎潤一郎生家→蛎殻銀座
                 茶ノ木神社水天宮有馬小学校箱崎川浜町緑道
                 明治座浜町公園久松町元吉原末廣神社
                 甘酒横丁人形町通り→人形町駅

茶ノ木神社 中央区日本橋人形町1-12-10 

 

水天宮 中央区日本橋蛎殻町2-4-1 

 

 

中央区立有馬小学校 中央区日本橋蛎殻町2-10-23  1873(M6)年創立                           校名は旧久留米藩第11代藩主有馬頼咸の寄付を受けて創立されたことに由来するそうで
有馬氏は年末競馬の「有馬記念」の由来にもなっています。

 

この辺りには銀貨の製造工場の蛎殻銀座があったそうです。

 

浜町緑道                                                                   現在暗渠となっている浜町川は、かつて現千代田区神田佐久間河岸の神田川から分れ、清洲橋の下流付近で隅田川と合流する水路で江戸時代に開削された人工的な水路でした

 明治座

浜町公園 
江戸時代に熊本藩主細川氏の下屋敷があり明治時代以降も細川家の邸宅であった場所。

 

 

清正公寺 日蓮宗  中央区日本橋浜町2-59-2 

 真淵縣居跡

日本橋久松町  中央区立久松小学校   1873(M6)年創立
都内でも1・2を争うほどの歴史ある学校の1つで
明治維新後、旧伊予国(現愛媛県)松山藩主久松家の屋敷があり久松定謨伯爵の寄付を受けて創立されたことに由来するそうで

 

 小川橋の由来

 漢方医学復興の地

元吉原                                                                                                         江戸時代唯一公許であった遊廓で最初に設立されたで明暦の大火により焼失し移転したことから「元吉原」と云われた 

 末廣神社

甘酒横丁 
明治の初め頃にこの横丁の入り口の南側に尾張屋という甘酒屋があったことから昔は『甘酒屋横丁』と呼ばれていた。

人形町通り 
江戸時代、堺町と葺屋町が現在の日本橋人形町三丁目の人形町通り西側にあり歌舞伎小屋の中村座と市村座があり薩摩浄瑠璃(薩摩座)や人形芝居(結城座)も行われていたて、人形遣いが多く住んでいたから人形町と名付けられたとされているが、江戸時代に人形の芝居小屋が数軒あり人形を作る家も多数あったことから俗名として人形町と呼ばれていたそうです

出発場所の人形町駅近くに戻って解散です、渡辺さんありがとうございました、

参加者の皆さんお疲れ様でした、楽しい15,600歩でした、

たまご焼と人形焼を買って帰ります。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

大津寄席「おわらい座」

2017-03-18 16:55:39 | 講座・講演会・勉強会

3月18日(土) 

昨年完成した大津行政センター/大津コミュニティーセンターで開催された

大津寄席「おわらい座」に行って来ました。

 

  

ここ数年、毎年来ています。

 会場は2階の体育館です

今年は0468スタイルの皆さんによる漫才・コント・ものまねで

0468スタイルは横須賀出身芸人とその仲間達による地域密着型お笑い集団で                       ちなみに0468は横須賀市の市外局番です

司会はとりゅふ(オスカープロモーション所属)ヤマダサトシ・田中まこの山田聖志が横須賀市追浜出身

 

ハッピー遠藤(松竹芸能所属) 野比出身

 

オッパショ 浦賀在住の幼馴染コンビ

 

加藤パーチク (BENNU所属)山科台在住

  

ゲスト 名前を聞き漏らしましたが面白かったです

 

まとばゆう(アミーパーク所属)野比出身 ピアニスト芸人

 

 中間には観客が参加してのコーナー

乙・島山ノブヨシ(ワタナベエンターテイメント所属)神奈川県三浦市 

  

二輪明宏(ジンセイプロ所属) 元航空自衛隊 武山駐屯地勤務

我家の隣や近くの町の出身者がいて親しみを感じましたが、

今までと違い若者向きのお笑いだったので、いまいちでしたが

楽しい時間が過ごせました、出演者の皆さんコミセンの職員の皆さん

ありがとうございました。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

横須賀市自然・人文博物館野外学習「三浦半島の遺跡めぐり2」-1

2017-03-17 17:06:46 | ガイド街歩き

3月17日(金)

横須賀市自然・人文博物館のイベント野外学習「三浦半島の遺跡めぐり 2」大矢部地区         三浦半島の歴史を形成してきた主要な遺跡群を現地で見学し,各遺跡の有する特徴や時代背景などを解説します。

抽選で当たったので参加して来ました、集合場所はJR横須賀線衣笠駅から

バスで数分の衣笠城址バス停、参加者は45名、募集は30名でしたが60名以上の

応募があり増員したそうです。

 

案内役は好古会でお世話になっている学芸員(考古学担当)の稲村繁さんと

(民俗担当)瀬川渉さんです。

'遺跡巡り'となっているが今日巡る場所は遺跡が在ったけれど、宅地化や崩落防止の為

調査はしたが原形を留めている場所は少ないそうです。

童子谷遺跡(中世) この辺りに多くのやぐら(鎌倉時代中期以降から室町時代前半にかけての横穴式納骨窟または供養堂)があったそうですが住宅化に伴い消えてしまいました。

 

満昌寺やぐら群と磨崖仏(まがいぶつ)

 

そばまで行って見る事が出来ます。

 

義明山満昌寺(源頼朝が三浦大介義明の追善のために建立)の境内を抜けて

鎌倉時代はペルーが来航した久里浜からこの辺りまで海(入江)で、三方が山で

物資の輸送や外敵を防ぐのには適していたので源氏の有力な一族であった

三浦氏の館が築いていたらしき。

地層を見ると岩盤の上に堆積でない土が盛られたと思われる。

 

近殿神社(ちかたじんじゃ) 三浦一族第6代当主三浦義村が祀られています

<続く>

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

第20回横須賀水彩画展

2017-03-14 15:03:42 | 展示・展覧・発表会

3月14日(火) 

湘南信用金庫久里浜支店4Fガヤラリーで開催中の

「第20回横須賀水彩画展」3月13日(月)~18日(土)を観て来ました。

横須賀市内で活動する「緑の窓」「遊彩会」「紫苑のつどい」の水彩画の

同好3グループの合同展で、各会同じ講師の方で

講師も含め21名の50点程の作品が展示されていました。

 入口の講師の方の作品

平日で生憎の雨天でしたがかなりの見学者がいました。

 

 

 

野次馬ジジイはPCで描いていますが、風景のモチーフや構図(切取り方)は参考になるの

展示会は出来るだけ見る様にしています。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

PCでお絵描き(2017-3月講座)-191

2017-03-11 17:48:40 | PCでお絵描き

3月11日(土)

横須賀市生涯学習センター(まなび館)のPC水彩クラブで月に一回                                   久野先生(山田みち子主宰:認定講師)から                                    パソコン水彩画ソフト'水彩8'を使って水彩画を教えてもらっています。                                    毎月の課題は宿題として描きオリジナル作品と一緒に送ると                                   WEB画廊(← ここをクリック)に掲載し下さり、皆が見ることが出来ます。

今日は3月の講座日です、会場の都合で今月は午後の開講です、

テキストを受取り着席、参加者は9名

 

今月の課題は'お遊び道具'です、レトロな遊び道具をアレンジして絵にしようと、

 

参考にする昔の遊び道具の写真をPhotoshop Elementsを使って

構図を考えながら配置して各自が下絵の元を作って描きます、

    

 

残りの時間でくまモンのイラストを使ってパラパラ動画を作ってみようです。

 

野次馬ジジイはいつも通り中途半端ですが描き方は覚えて終了、

残りは自宅で復習、何度か描き直しながら仕上げています。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

好古会(2017) 3月 拡大役員会

2017-03-10 15:47:26 | 講座・講演会・勉強会

3月10日(金)

3月は好古会の拡大役委員会です。

古会は横須賀市自然・人文博物館で催された考古学・歴史講座の受講者が中心のサークルで、                                                          活動内容は専門家の話を聞く・史跡見学・会員間の情報交換や博物館の行事に協力し、                                        会員相互の知識を深めながら親睦を図り、                                                             月一回、博物館・史跡等の見学会や博物館か隣接する文化会館で学習会を行っています

会場は市民が無料で利用でき三浦竹友の会の定例会でも使用している

横須賀市立市民活動サポートセンターで、参加者は12名です。

 

役委員会とネーミングされていますが、来月開催の総会の下打合せで、

活動予定などの確認です。

1時間ほどで終了、月末にこの場所を利用して資料作りをします。

コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

大江戸歴史散歩(2017-3-① (人形町、浜町川界隈を歩く)-1

2017-03-08 19:57:57 | ガイド街歩き

3月8日(水)

大江戸歴史散歩を楽しむ会 3月定例会-①

江戸東京の歴史散策に興味があり、健脚であればどなたでも気軽に参加できる「大江戸歴史散歩を楽しむ会」を開催しております。健康散歩や歴史探訪に好奇心がある趣味を同じくする世間と折合いの付けられる人々が集い、江戸切絵図を片手に身近な散歩を楽しみながら懇親を深めることを目的としています。定例会は2・8月を除く毎月の第2水曜日と第4水曜日の2回開催致します。どうぞ、お気軽に参加ください。 

テーマ   :   人形町、浜町川界隈を歩く

ガイド   :   渡辺功一(大江戸歴史散歩を楽しむ会)

主要順路: 人形町駅→玄治店うぶげや浜田屋大観音寺
                 芸者新道西郷隆盛屋敷谷崎潤一郎生家→蛎殻銀座→
                 茶ノ木神社→水天宮→有馬小学校→箱崎川→浜町緑道→
                 明治座→浜町公園→久松町→元吉原→末廣神社→
                 甘酒横丁→人形町通り→人形町駅

 集合場所は人形町駅、

資料を貰い注意事項を聞いて出発、参加者は34名。

玄冶店跡 
歌舞伎の「与話情浮名横櫛(よわなさけうきなのよこぐし)」の「源氏店(玄冶店)の場」の一幕や、春日八郎のお富さんの歌で知られる、お富と切られ与三郎の情話の舞台となった場所です。

人形町末広跡                                                                          1867(慶応3年)年創業の寄席ですが、開業103年目の1970(S45)年閉場、ちなみに新宿末廣亭とは無関係だそうです。

 

うぶげや 中央区日本橋人形町3-9-2
屋号の由来は刃物が「うぶ毛でも剃れる(包丁・かみそり)切れる(鋏)抜ける(毛抜き)」と評判になり名付けられたそうです。

  

浜田屋 中央区日本橋人形町3-13-5
現在の建物は戦後に建直されたそうですが東京では数少なくなった数寄屋造りの建物です。

大観音寺 中央区日本橋人形町1-18-9
鎌倉の小町通りのはずれにある伝説の井戸「鉄ノ井」から発見された鎌倉時代に作られた御首だけの鉄造観世音がご本尊です。

芳町芸者新道                                                                               昭和30年代の東映時代劇映画界を支えた美人女優の花柳小菊さんがこの場所に住んでいたことから別名・小菊路地とも呼ばれているそうです。

 

西郷隆盛屋敷(現日本橋小学校・他)  中央区日本橋人形町1-1-17 
江戸時代は姫路藩酒井家の下屋敷で、明治になってから西郷隆盛の屋敷でした

 

谷崎潤一郎誕生の地  中央区日本橋人形町1丁目7−10

 

玉ひで  中央区日本橋人形町一丁目17番10号
親子丼で行列のできるお店で有名店で1760(宝暦10年)年創業

 何度か寄ったのですが長い行列で諦めました

小春軒 中央区日本橋人形町1-7-9                                                          こちらも老舗洋食屋で1912(M45)年創業

 

<続く>

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

PCでお絵描き(2月課題 春!門出)-190

2017-03-04 16:47:34 | PCでお絵描き

3月4日(土)    

横須賀市生涯学習センター(まなび館)のPC水彩クラブで月に一回                                          久野先生(山田みち子主宰:認定講師)から                                          パソコン水彩画ソフト'水彩8'を使って水彩画を教えてもらっています。

毎月の課題と習作は先生に送りWEB画廊(← ここをクリック)掲載してもらいます、                         手本は同じなのに違う絵になるのは不思議ですが、                                       お互いの作品を見るのは参考になり刺激にもなります。                                      2月の課題'春!門出'が描けたので投稿します。 

参考にする写真と        先生の手本

 

先生がバス旅行で静岡県三島市三嶋大社に行った時に撮った写真だそうです。

下絵は背景は大雑把に、橋や人物は細かに描きました

 

欄干を塗り

 人物が描きやすい様に先に背景を塗ります

 花嫁・花婿を塗り

 橋と石垣を塗って

 最後に枝垂桜を塗って

 サインを入れて完成

*自己採点・86点、描く前に思っていたよりイメージ通りに描けました。

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

(三浦竹友の会)の会報-38号

2017-03-01 11:41:11 | ボランティア

3月2日(木)

浦竹友の会の会報’竹三昧’(20170217-38号)が送られて来ました。

 新年会の様子です

活動場所のひとつ葉山「あけの星幼稚園 」敷地内にある建物が国登録有形文化財に指定されたそうです。

その建物は葉山町堀内のイエズス孝女会修道院旧館で、1914 (T3)年東伏見宮依仁親王の別邸とて建てられ、設計は宮内省内匠 寮の木子幸三郎 、木造2階建で現存する洋館部分は玄 関ポーチや棟屋のある造り、富士山を望む サンルームや2階に は和室も設けられていて、海浜の別邸らしく開放的で気品を備えた意匠となっています。戦後スペインのカトリック系教育団体 イエズス孝女会の修道院となったものです 。
(2016年1 月19日付 神奈川新聞より)

普段、内部は見られませんが是非一度「 あけの星」の活動日に見に来てください 。年に1回程度コンサートが開催されるのでその際には内部に入れます。

 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

大江戸歴史散歩(2017-2-① (旗本八万騎の街、麹町・番町を歩く)-2

2017-02-27 13:15:27 | ガイド街歩き

2月27日(月)     <2月23日の続き>

大江戸歴史散歩を楽しむ会1月定例会-②

江戸東京の歴史散策に興味があり、健脚であればどなたでも気軽に参加できる「大江戸歴史散歩を楽しむ会」を開催しております。健康散歩や歴史探訪に好奇心がある趣味を同じくする世間と折合いの付けられる人々が集い、江戸切絵図を片手に身近な散歩を楽しみながら懇親を深めることを目的としています。定例会は2・8月を除く毎月の第2水曜日と第4水曜日の2回開催致します。どうぞ、お気軽に参加ください。 

テーマ :  旗本八万騎の街、麹町・番町を歩く

ガイド:   渡辺功一(大江戸歴史散歩を楽しむ会)

コース:   JR四ツ谷駅麹町口→四谷見附→成瀬横丁→聖イグナチオ教会→
      心法寺→番町文人通り(藤田嗣治・泉鏡花・菊池寛・内田百間)→
      日テレ通り善国寺坂麹町通り半蔵門英国大使館
      大妻通り→岡本綺堂→滝廉太郎法眼坂東郷公園→JR市ケ谷駅

菊池寛旧居跡 千代田区六番町3-5
菊池寛(1888~1948)が有島武郎の死後その一部を借り大正15年からの1年間余り、ここを自宅とし文藝春秋社を興した。

 

明治女学校跡 千代田区九段南1-2-1

善国寺坂 昔この坂上に鎮護山善国寺があったことによる

日テレ通り 日本テレビ麹町分室(旧本社)

 

半蔵門

 

英国大使館     右は100均で買った広角レンズで撮りました

 

 大妻通り 妻女子大学の前の通り

袖摺坂 かってこの坂道は狭く行きあう人の袖と袖がふれあうほどであったといわれその名がついた

 

 滝廉太郎居住地跡 千代田区一番町6

行人坂(法眼坂) 昔,行人がこの辺に住んでいたためこの名がある

 

網野菊旧居跡 千代田区四番町1(千代田区立四番町 図書館・歴史民俗資料館)

東郷坂 坂の東側に 東郷平八郎元帥の邸があったためこの名がついた

 

東郷公園 (正式名は東郷元帥記念公園)
日露戦争の際に連合艦隊を率いてロシア・バルチック艦隊を破って名を挙げた東郷平八郎邸宅跡

 

 千駄ヶ谷駅コンコースの雛飾り、ホッコリします

案内役の渡辺さんありがとうございました、

参加者の皆さんもお疲れ様、楽しい15,200歩でした。

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加