四季の風 

お花や日々の出来事それに発見や川柳等を

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

シニアカレッジバスツアー・・1

2016-11-12 10:10:04 | シニアカレッジ
 昨日はシニアカレッジから 今治市の大島へバスツアーに行って来ました。
夜半からの雨も上がって午後からは晴れて熱い程の気候でしたが お世話役の方のご尽力で参加者22名無事に楽しい旅が出来ました。


今治市 村上水軍博物館
最初にビデオを観ながら村上水軍の成り立ちから 活躍の歴史講座を受けました。


3階建ての立派な建物の村上氏縁の品々が ジャンル別に展示されていましたが 写真は不許可。
発掘された埋蔵品コーナーでは 瀬戸美濃焼き(ふるさと周辺)・中国からの青磁の陶器(古代青磁の色の素晴らしさにうっとり)に個人的に関心が行きました。


船の模型 


館内からの風景を。


そして次に着いた場所は憧れだった渦潮見学 バスの窓からパチリ。


来島海峡急流体験船に乗船 皆わくわく気味で救助用のチョッキを着込み 41名の満員乗船でいざ出発!!


来島海峡第1弟2大橋の下をくぐって 橋げたの説明を受けその高さ(海上+海下=90m)に驚きました。


湧き潮現象(海流が島々にあって下から湧き上がってくる現象)と 手前は潮の流れ 白い場所は境界線。


それらがぶつかって渦潮が出来るようでした。




船は渦の中心部へと寄って行き リアルテーな体験は感激ものでした。


丁度渦の出来る方の席にてよく見えました。
立って両足を踏ん張って揺れる船から命がけで撮りました。(笑)ー つづく ー

*** 今朝にわかつくり文章にて間違いかあったらお許しください。

・・・ 歳忘れわくわく体験風強し  ・・・
ジャンル:
ウェブログ
コメント (6)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« お休みのお知らせ | トップ | シニアカレッジバスツアー・・2 »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
かなこさまへ (池 千之助)
2016-11-12 11:11:11
かなこさん、こんにちは!

シニアカレッジで、今治へ良いご旅行なさいましたネ!
村上水軍の話は、聞いたことがありますが、
確か、平安時代か鎌倉時代のころの海賊集団が
瀬戸内海を拠点に活躍していたのだったでしょうか……?

でも、村上水軍博物館が記念として建てられていますので、
海賊と言っても、正義の味方だったのでしょうネ!

アレッ! 源平合戦に何らかの形で影響を及ぼしたのでは
なかったでしょうか?

ここら辺の時代は、正直あまり詳しくないので、
また勉強したいと思います。

それにしましても、瀬戸内海の渦潮見学で、
渦を上手くお撮りになられましたネ!
恐らく、blog最後に記されました、「命懸けで撮りました。」とありますように、
確かにそれ以上のハードさがあると思います。

なんせ、かなこさんも波に揺られての状況ですから……!
そりゃあ、大変だったと想像がつきます。
本当にお疲れ様でした。


Unknown (hirugao)
2016-11-12 11:16:47
あら~
お出かけでしたか、良かった体調が悪いのかと思いました。
お天気が良くてよかったですね。
神戸の方からもうず潮を見に行きましたよ。

今日もお天気が良くてお出かけと思うもののどうも風邪が
治りきらないのです。
気力体力が落ちたものです・・・
Unknown (山小屋)
2016-11-13 07:47:33
渦潮・・・
鳴門の渦潮にも負けないくらい大きかったようです。
船から落ちないでよかったですね。
有難うございました。 (かなこ)
2016-11-13 10:19:37
池 千之助さん今日は。
村上水軍は歴史上とても有名ですね。
最近小説も映画化されて脚光を浴びています。

海賊と言っても道先案内や船を守る仕事をしていたようで弱い人をむやみには襲わなかったようです。
この人たちがいなくては瀬戸内海は通れなかったようですね。
源氏の流れを汲んでいます。

船が渦潮の撮れる方によってくださってナイスチャンスでした。
デジカメの割には良く撮れていてよかったです。
内側だったので立って撮らないと頭が入ってしまって
前後の座席に脚をくっつけて踏ん張って撮りました。
褒めて頂いて嬉しかったです。
有難うございました。 (かなこ)
2016-11-13 10:22:57
hirugaoさん今日は。
この日の為に体調を整えていました。
これで鳴門と大島の漁渦潮見学が出来嬉しかったです。

風邪は長引く様子ですね。
お友達のすっきりされてない感じでした。
お大事になさってください。
有難うございました。 (かなこ)
2016-11-13 10:25:23
山小屋さん今日は。
鳴門の渦潮が一昨年不発だったので今回は堪能しました。
渦の大きさは鳴門の方が医療があるようですがこれで充分でした。

運転操作が上手なのと瀬戸内なので波穏やかにて大丈夫でした。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。