お金と買い物といいもの

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

闘争と仮想敵

2017-05-11 14:24:49 | 日記
これらの行動のすべての目的は「思考を停止させること」にあります。


対立軸を設定し、その中に相手を巻き込む。


闘争状態にある、そしてその中に相手がいるという認識を持たせる。

社会的に不利な状況を拡張させて、相手も同様に仮想敵から不利影響を受けていると思わせる。

闘争の状態には一種の「思考停止」が存在します。

情報商材に置き換えれば、高額塾を目の敵にする、特定の教材を詐欺扱いする、また特定の業界を敵として想定するなどの方法がある。

名指しの批判についてはリスクが高いので、遠回しに批判する程度に留めるのがよいでしょう。

救済・予言

素晴らしい未来の約束、天国・極楽浄土、強いアメリカなどなど

相手を素晴らしい世界に釘付けにする。

素晴らしい未来を手に入れた人間を見せる。

なんども繰り返して想起させるようにする。

罪と罰

自分の教えを守った人、従った人間は幸福になる

守らなかった人間が不幸になる

このモデルに従った物語をたくさん相手に見せるわけです。

宗教、道徳でも多用される方法です。

崇高な目的

聖戦や正義の戦いであることを強調する。

価値観が間違っていないと思わせる。

自己犠牲

自分に正義があることの究極の証明方法は自己犠牲。

キリストの贖罪、殉死。







ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 自己不利益と二面性 | トップ | ひさびさに情報商材買った »

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。