NIRAIKANAI

沖縄パワーストーンショップSORA(沖縄ユタ占い)

Fさんのお話し

2016-12-07 21:16:36 | Weblog

今日の三重は1日晴れでした今日は、先日のお話しをしますね。平野住職のブログにも掲載していますが、詳しくお聞きしたい。と

思う方の為に改めて掲載しますね。

お話し

先日、Fさんから小包が届いたんですあぁ~連絡しなきゃなぁ~と思ってFさんをイメージしたんです。

すると、Fさんの亡き愛犬のMちゃんが出て来たんです。

実は、愛犬Mちゃんが亡くなる前の日にFさんから電話があり、お話しを聞いたんです。その時の愛犬Mちゃんは、寂しそうで、何だか蚊帳の外のような感覚

を受けたので、Fさんに、愛犬Mちゃんに、たくさん、たくさん話しかけてあげて、寄り添ってあげて下さいね。と伝えて電話を切りました。

その翌日、訃報の連絡が入ったのです。すごく残念で悲しかったです。

愛犬Mちゃんには1度、Fさんの家で会っていますし、Fさんから愛犬Mちゃんの事を聞いていましたので、、、

食事や健康管理もしっかりしていたんですよ。

その事がありましたので、、、なんと言葉をかけてよいのか、、、と思いました。ただ、今は、そっとしてあげる事が一番だと思ったのです。

 

では、お話の本題に入りますね。下記は愛犬Mちゃんとのやり取りです。

SORA;Fさんをイメージしました。すると、チャンネルが切り替わって、愛犬のMちゃんが元気に登場

愛犬Mちゃん:あったあったと言って、尻尾をフリフリしてアップで近づいていました。

ねぇ~ねぇ伝えてほしい事があるの

SORA:あMちゃんやいいよ。伝えてあげる。

愛犬Mちゃん:Fさんの娘さんのRちゃん、あの子すぐに泣いちゃうのよく泣くのよぉ~だから、あまり泣かないでと伝えて

後は、ママママは一人で背負い込んで考え過ぎてしまうの今回の事も、ママのせいではないの

私は、小さい時から、食べると気持ちが悪くなって、もどしちゃうのでも、食べるのが好きだから、つい急いで食べたり、食べ過ぎてしまったり、

気持ち悪くなるのは、小さな時からなのだから、今回の事も何時もの事だと思っていたのね。

でも、何だか違っていて、、、だから、ママのせいではないの

あれから、ママと娘のRちゃんが、泣いて悲しんでいる姿を見ているけど、何時ものようにずっと側にいるのに

何もしてあげれない私の事で泣いて悲しんでいるのに何もしてあげれない。だから私困っちゃうのどうしていいか分からないの

だから、ママとRちゃんに、あまり悲しまないでと伝えてほしいの

それと、時間が経てば、また私みたいな子と出会うかもしれないからね

と伝えてね

おわり

という事でFさんの愛犬のMちゃんの伝言を受けたんです。

その事を伝えると、Fさん、娘さんのRちゃんも泣いていましたが、愛犬Mちゃんが元気だという事と、家族の側にいる事を聞いて

喜んでいました。実は、愛犬Mちゃんが亡くなってから、家の中で怪奇現象のような事が起っていたそうです。

愛犬Mちゃんの気配や廊下を歩く音が聞こえていたそうです。

きっと、心配で愛犬Mちゃんは、娘Rちゃん、Fさんの所を行ったり来たりしていたのだと思います。

愛犬Mちゃんが、亡くなる前日の寂しい気持ちや、蚊帳の外のような感覚を受け取ったのは、きっと自分の残された命の時間が残りわずか

だという事を分かっていたので、不安だったのかもしれませんね。また、残された時間の事を伝えると、Rちゃんやママが悲しむ事を知っていたので

詳しく見せなかったのだと思います。

亡くなってからは、きっと、私にエネルギーを送っていたのだと思いますでも、私がチャンネルを合わせてなかったので

チャンネルが合った時にあぁ~、やっと、あったあったと言って出て来たのだと思います。

ごめんねMちゃん

 

今日は、これで終わりますね次回に続きのお話しをしますね。では、今から急いで夕食の準備をしますねまた更新しますね

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (6)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« コロちゃん11才の誕生日 | トップ | Fさんからコメントを頂いた... »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (かつこ)
2016-12-08 12:50:13
FさんRさんMちゃん、思いが伝えれて良かったですね。
35年前私が怪我で入院中、15年飼っていた猫が老衰で弱り始めて、また寒いときで付き添いで家族が不在でこたつをつけていないので心配していたのです。そしたら夢に猫があらわれ『死んだ』と言って消えてしまって、目が覚めた時信じたくなかったのですがしばらくして連絡が来て。最期に会いに来てくれたのかなと思っています。とても賢い猫でしたので。
Unknown (芹香)
2016-12-08 23:03:15
猫ですがペットを飼っているので飼い主さんの悲しい気持ちもよくわかります😢
でもSORAさんの伝言でワンちゃんも飼い主さんも救われましたね。
悲しんでばかりいられないですね。

それにしても思わず『うん、うん』と頷きながら聞いてしまうくらい可愛らしい話し方💕
それに内容も飼い主さんに対して凄く優しい‼
愛情を込めて過ごした日々だったのでしょうね。
Unknown (みやもと。)
2016-12-09 09:56:00
わたしも二年前に猫、息子の様な存在を亡くしましが本当に心にぽっかり穴が空くような毎日でした。
ですが、それではいけないと、笑顔でありがとう〜手を合わせようと家族と話したりしました。

家族がワンチャンを思うように、ワンチャンも家族のことを大切に思い、愛している。
絆が伝わります。
心温まるお話をありがとうございます。
Unknown (東京のM)
2016-12-09 13:27:21
SORAさん
こんにちは!
素敵なお話
なんて可愛いワンちゃんなの!
心温まりました。
わたしも本当にワンちゃんかネコちゃん飼いたいわぁー!溺愛しちゃうそうで怖い(笑)
近々メールします♪
SORAさま (ふみこ)
2016-12-09 23:12:11
今年は2月に、一緒に住んでたフレンチブルドッグを‥
9月に実家のワンコを亡くしています(T_T)
一緒に暮らしていた子達の思いが聞けるなんて‥Fさん良かったですねぇ。
Unknown (タナカ)
2016-12-10 12:26:51
soraさんは、わんちゃんともお話出来るのですね…凄い!

愛犬が亡くなってしまったのは悲しいけれど、家族の事を思ってくれてるなんて嬉しいですね。そして、わんちゃんって思ったよりしっかりした考えや思いがあるのですね。

うちの子は悲しくて涙を流しているときは、必死で慰めて自分のボールを持って来てくれるのですが、楽しい気持ちになってもらおうという気持ちなのかもしれませんね。こんな時にボール遊び⁇って思うのですが優しさなんでしょうね。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む