住職日記

皆満寺 住職 永尾圭吾です。
いろんな情報を気ままにアップしていきます。

いざって時に・・・

2011-07-02 22:56:12 | 日記
寺の庫裏(って言っても半分以上は自宅?ですが)には


車いすで入ることが出来るトイレが2つあります。


ひとつは完全に?プライベートな使い勝手のトイレと、もう一つは、厨房(お茶出しが出来る程度ですが)の隣にあるトイレです。

そこは、事務所の近くなので、前住も、僕も頻繁に使うのですが、一般のご門徒にお使いいただいているトイレです。

ご門徒が寺へご法事にお参りになる時や、役員会、委員会等々、よく使う場所なので、綺麗に使うのと、掃除をすることは心がけているのですが、盲点というか、おおちゃくになってたことがわかる事件がありました。

寺の改装以来初めてかな?ご法事で寺をお使いいただいたご門徒のお身内に、車いすの方がおみえになりました。

お経が終わり、正信偈が始まった頃に


トイレに行きたいってことになり、ご案内したのですが・・・


まず、本堂から出るときに、バリアフリーにしたのに、


建具が古いままで外さないと車いすで通ることが出来ませんでした


階段は仕方がないとして、トイレの前の廊下にさしかかって唖然・・・。

普段、車いすの方が寺に来られることは稀なので、つい物置に・・・



空き箱やらなんやらが放置され、車いすが通らない・・・。


これでは、なんのために出来る限り段差無くしたり、広めのトイレにしたのか・・・。



猛反省



なんとか、すぐに片付けてトイレをお使いいただけましたが、ほんとに、こんなことではいけませんね。


いざって時のためにしたんだから、これからはものを置きません。


ホントに申し訳のないことでした・・・。

お恥ずかしい。

コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加