住職日記

皆満寺 住職 永尾圭吾です。
いろんな情報を気ままにアップしていきます。

御遠忌

2011-04-20 23:07:48 | 日記
昨日、今日と京都へ行ってきました。

待ちに待った宗祖御遠忌です。

4月下旬だというのに、3月並みの?寒さに見舞われ、おまけに、予報外れの雨と風に愚痴を言いながら本山へ…
昨日、着いたのは、法要の始まる一時間ほど前、11時半頃だったので、さすがに、まだ、人も疎らでしたが、キャラクターたちのお出迎えがありました。



先に装束を着替え場所へ置きに行き、お昼を食べて戻ると、さすがに境内は賑わい始めていました。



初日やし、午前、午後の入れ替えもないから、混雑する程でもなく、わりと静かな始まりといった感じでしたが、法要が始まり、余間から、大間を見ると、さすがの満堂に。

新聞によると、初日5800にんの参詣だったとか…意外に多いんかな?どうなんやろ?

法要後はこんな様子で、記念写真を撮られたりもしていましたね。



それに引き替えると、一般僧侶の出仕が少なく思えました。報恩講のが多く思えます。

御遠忌法要期間は、第1期が中止になったとはいえ、2、3期で、20日間。

報恩講は7日間、コノ差かな?

期間が長い分、ばらけるのか?

しかし、良い経験ができました。

本山で、お経を読むなんてこと、めったにできないし。

まぁ、早いわ、普段読まない部分が含まれるお経だしで、実際は、読めないわ、見失うわと散々でしたが、まぁ、良い経験だったかなと。

出ないと気付かないし、意識ももてないことあるからね。

僕がいつも思うのは、御連師の姿勢、所作の綺麗さです。

ソノ姿を見て、見習われてく諸先輩方がおられて、それをまた見習って、また、次へと受け継がれていくんだなと。

いろんな意味で姿勢良くいきたいものです。

出仕を終えてからは、龍谷大学の龍谷ミュージアムに近所の寺に伝わる聖徳太子像が展示されてるというので、見に行ってきました。

かなり、お洒落な感じの建物でした。



そのあとは目の前だし、せっかくなので、西本願寺へも行ってきました。



似ているようで似ていない、似ていないようで似ているお西さん。

お西は、メディアの使い方や、発信の仕方、いろんなアピールが巧いです。

龍谷ミュージアムも、大谷大学にはできないだろうし、前に、築地本願寺で見たカフェ、ソノ名もカフェ、・ド・親鸞なんかも、真似できないよね。


まぁ、お互いの良さでしょうか?

これも、ある意味良いよね。イイ歳したオッサンになりつつある後輩がコノ笑顔。


こういうノリも大切だよね。ベタやけど。
ジャンル:
モブログ
コメント (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 京都では | トップ | ご満座へ・・・ »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ゆるやかに (半田のパソコン屋さん)
2011-04-23 09:30:25
震災後、ゆるやかに日本も変わりつつあり、命だとか、絆だとか、節約だとかを考える機会に日本人全てがなりつつある今、変な意味ではなく、良い機会だと思います。

沢山の犠牲の上で、日本が、日本人が良い方向に変わってゆくものと信じて、毎日をありがたく生きていかなければなりませんね。

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事