派遣社員 悩み相談なら 派遣社員の救急箱

派遣社員の悩み、トラブルの相談、派遣社員の救急箱が派遣会社や派遣先とのトラブル、悩みを解決します。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

派遣トラブル・悩み相談はこちらです。

2014年11月18日 | ステップアップする派遣社員事情

派遣のトラブルは突然起こるものです。
▼解決策を24時間以内にメールで回答します▼

>派遣トラブル・悩み相談はコチラ<

コメント (9)
この記事をはてなブックマークに追加

派遣社員解雇は無効!資生堂鎌倉工場

2014年08月11日 | 9月の平均派遣時給1,542円 3ヵ月ぶりに前月
...................................................................................

■ 派遣業界、気になる最新ニュース
...................................................................................



派遣社員解雇は無効!!資生堂鎌倉工場

(2014.7.11 神奈川新聞より)




資生堂鎌倉工場(鎌倉市)で働いていた
元派遣会社従業員7人が、不当な解雇や
雇い止めを受けたとして、資生堂と派遣
会社に解雇撤回と賃金支払いなどを求め
た訴訟の判決が10日、横浜地裁であった。



阿部正幸裁判長は「解雇を回避する義務を
尽くしていない」として、解雇や雇い止め
は無効と認め、派遣会社に解雇前の5割に
当たる賃金を支払うよう命じた。


資生堂への請求は棄却した。


原告は、人材派遣会社「アンフィニ」(茨城県
つくばみらい市)の元従業員の女性7人。


2001年以降、派遣や請負契約を結んで
鎌倉工場で働いていたが、09年5月に、
解雇や雇い止めとなった。


阿部裁判長は、契約期間の満了前だった5人の
解雇について、「人員削減の必要性があったと
は言えない」と認定。


雇い止めを受けた2人についても、「雇用が
継続される期待があった」として、それぞれ
解雇と雇い止めは無効とした。


支払いを命じた未払い分の賃金については、
資生堂からの受注量が減ったことから、解雇前
の5割の額とした。


原告側は「解雇は資生堂が主導した」と主張。


労働内容が正社員と同様だったとして資生堂と
の間に直接の労働契約が存在するとも訴えてい
たが、阿部裁判長は資生堂の関与を認めず、
アンフィニとの実体を伴った労働契約を認め、
いずれも退けた。


資生堂は「当社の主張が認められた」、
アンフィニは「担当者が不在でコメント
できない」としている。


判決後に会見した原告の池田和代さん(58)は
「私たちが現場で一生懸命働いてきたことが認め
られた。ただ、資生堂の社員としての地位が認め
られなかったことは残念」と話した。


今後、控訴について検討するという。


上記のように、派遣会社アンフィニの対応が
いちじるしく悪かったことが原因のひとつで
あることは明確です。


判決が出るまでに5年もの歳月がかかって
いることは驚きです。


なぜもっと早い解決ができなかったのか
疑問に思いますね。




派遣先や職場での悩みや、トラブルで
お困りの方は今からすぐに専用メールで
相談ができます。

詳しい内容はこちら
  ↓↓↓
http://hakenshain.kaima01.com/nayami.html







...................................................................................

■ 本日の派遣の悩み相談事例
...................................................................................



派遣で働いていると、派遣会社や派遣先企業との
間で、いろんなトラブルや悩みが出てくることが
あります。

ぜひ参考にしてください。


相談内容は「個人情報保護法」に基づき、個人を
特定できないように配慮しています。

※本文は相談者様の了解を得て掲載しています。





【本日のご相談】



はじめまして
本日は、雇用保険についてご相談
させていただきます。


私は派遣社員として2003年9月から
同じ派遣先で2014年6月末まで働き、
雇用保険をもらう事にしました。


派遣会社から、送られてきた離職票を
確認すると、雇用保険の資格取得日が
2005年8月と記載されてました。


派遣会社に電話して、理由を確認した
ところ、2003年当時は今と違い加入の
義務がなかったので、希望した人だけ
加入させていた・・・との回答でした


私は健康保険を切り替えた方が良いと
当時の担当から勧められ、2005年に
申込しました。この時一緒に雇用保険
に入ったようですが、雇用保険について
説明を受けた覚えはないです。


派遣会社側は、説明しているはずなので
うちとしては適切な処理をしている…と
回答されてしまいました。


せめて就業直後でなくとも、2004年の
7月に資格取得となっていれば、10年
以上となるので、給付日数も多かった
のに残念です。


ハローワークで相談したら、給付は
実際の加入期間に該当した日数以上
は出ないので、派遣会社と話しあう
しかないと言われました。


良い手段があれば教えて下さい
よろしくお願いします。





...................................................................................



【回答】


派遣会社は「2003年当時は今と違い
加入の義務がなかったので、希望した人
だけ加入させていた・・・との回答でした」
と言っていますが、雇用保険の加入の
義務がなかったというのは間違いですね。


基本的に、週20時間以上の勤務で
1年以上勤務の見込みさえあれば、
雇用保険に強制加入です。


あなたのケースであれば、雇用保険に
遡って加入することができます。


先ほどメールした内容のように、
派遣会社に交渉してください。


円満に遡及加入の手続きをしてくれる
はずです。







...................................................................................

■ 派遣トラブル・悩みを解決しよう!
...................................................................................



あなたも派遣先企業や派遣会社とのトラブルや悩みを
解決して、スッキリしませんか?


小さなことでも、何でも相談できます。


派遣のトラブルは突然起こるものです。


そんな時には損をしない解決策をすぐにもらって、
早く安心したいですよね。


今からすぐに専用メールで相談ができます。
詳しい内容はこちら
  ↓↓↓
http://hakenshain.kaima01.com/nayami.html



*当サイトは個人情報保護規定を遵守していますので、
安心してご相談ください。


コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

「過労死は労災認定されない?」…過労死防止法成立!

2014年07月13日 | 9月の平均派遣時給1,542円 3ヵ月ぶりに前月
...................................................................................

■ 派遣業界、気になる最新ニュース
...................................................................................



「過労死は労災認定されない?」…過労死防止法成立!

(2014年6月24日 読売新聞より)



過労死の防止策を国の責務と定めた過労死等防止
対策推進法が20日の参院本会議で、全会一致で
可決、成立した。


今後、半年以内に施行される。


愛知県安城市のパート従業員内野博子さん(44)
は、夫健一さん(当時30歳)の遺影を抱きしめ、
「ようやくここまで来たよ」とほほ笑んだ。


同法では、国が実態把握のために調査を行い、
対策を大綱にまとめるよう規定。


国は遺族や労使の代表が入った協議会を設置し、
大綱に関する意見を聴取する。


過労死は、一昨年度まで11年連続100人を
超えており、博子さんは「これからが大事」と
力を込める。


健一さんはトヨタ自動車の工場で、品質検査部門
の班長だった。


2002年2月9日午前4時過ぎ、工場で倒れ、
亡くなった。


好調な業績で残業が続いたうえ、派遣社員の教育
や、「カイゼン」と呼ばれる業務点検活動が重な
り、亡くなる前1か月間の残業時間は106時間
に上っていた。


博子さんは健一さんの死亡後、労災を申請し、
不認定とされたが、裁判を経て08年に認定
を受けた。


優しく朗らかだった健一さんから笑顔が減った
のは、亡くなる半年ほど前。


02年2月には、午前1時までの遅番明けに、
さらに残業をして朝方帰宅するようになった。


かわいがっていた当時3歳の長女や1歳の
長男の相手もせずに眠り込んだ。


心配する博子さんに「あと少し頑張れば、
人が増員される」と話していた。

子どもたちには「お父さんは仕事を頑張り
過ぎて亡くなったんだよ」とだけ伝えてきた。


社会に出て働くことに不信感を抱かず、夢や
希望を持ってほしいからだ。


何より健一さんは、トヨタで働くことに、
誇りを持っていた。


高校1年に成長した長女亜美さん(16)は
将来、小学生の頃から打ち込むダンスの仕事
に就きたいという。


「周りに働き過ぎの人がいたら声をかけて、
みんなで楽しく仕事をしたい」と夢を語る。


博子さんは「子どもたちが就職する頃には、
過労死の心配をせず、健康的に、生き生き
と働ける社会になってほしい」と願っている。




派遣先や職場での悩みや、トラブルで
お困りの方は今からすぐに専用メールで
相談ができます。

詳しい内容はこちら
  ↓↓↓
http://hakenshain.kaima01.com/nayami.html







...................................................................................

■ 本日の派遣の悩み相談事例
...................................................................................



派遣で働いていると、派遣会社や派遣先企業との
間で、いろんなトラブルや悩みが出てくることが
あります。

ぜひ参考にしてください。


相談内容は「個人情報保護法」に基づき、個人を
特定できないように配慮しています。

※本文は相談者様の了解を得て掲載しています。





【本日のご相談】


はじめまして。

早速ですがご相談に乗っていただきたい件が
あります。


先月6月末に派遣を契約期間を満了し、退職しました。


職種は営業事務で事務員の人数は8名です。


期間は3年3か月で、退職理由は職場における事情に
よる退職(会社都合)を希望しております。


派遣の営業にも職場環境の悪さを就業当初より相談
していましたが、特に何も言ってもらえるわけでも
なく、面接の日に一度会ったきりであとは電話のみ
で退職まで会うこともありませんでした。


最近では更新の連絡も怠っていて、こちらから連絡
していました。


派遣先の職場では、契約社員の事務員が一日中スマホ
やネットで遊んでいる・私語(仕事に一切関係ない自分
の身の上話のみ)が多い・たばこやトイレなどの休憩を
1時間も2時間もとっている・アイドルの番組を会社の
機器で録画し、就業時間中に編集している・お客様か
らの外線電話には一切出ない・真面目にやっている他
の事務員の悪口を営業に言いふらし、足を引っ張った
り、人間関係を壊したり、ストレスを与えてくる。


定時になってから仕事を始め、残業代を稼いでいる。
にもかかわらず直属の上司は見て見ぬふりをしている
(関わりたくないとのこと)・それを理由に辞めていく
真面目な事務員が何人もいるのに、問題のある契約社
員には一言も注意しないこと。


そのさぼっている4名のために他の派遣社員はトイレ
にも行けずに電話を取り続けながら自分の業務をこ
なしていて、ストレスで体調不良になっている。


営業の男性社員はセクハラがひどく、緊急時のため
に直属の上司にのみ教えた連絡先を勝手に教えられ、
電話がかかってくるようになったりするなどもあり
ました。


他にも、業務連絡中の言葉のセクハラなども多々
ありました。


私も3年3か月我慢していましたが、一緒に頑張って
いた事務員がついに体調を崩し2人辞めることになり、
その際に、直属の上司が2人の相談に乗ると言っては
セクハラ発言を繰り返していたうえに、私が、2人が
辞めた後、残った他の事務員があの調子なら体力的
にも精神的にも、とても続けていけないので何とか
してほしいと思い切って相談しましたが、組織変更
で他部署から更に仕事をしないことで有名な事務員
(これもくせのある契約社員で誰も注意できない)と
私を組ませると聞き、相談の甲斐もなく結果的に
退職に追い込まれました。


派遣会社の営業にはすべて報告していて、離職票も
会社都合にしてくれるとの話がついていたのですが
本日送られてきた雇用保険被保険者離職証明書とい
う3枚綴りの緑色の印字の用紙には、離職理由として
以下の2つに○がつけられていました。


1 事業所の倒産等によるもの

(2)事業所の廃止又は事業活動停止後再開の見込み
  がないための離職 


2 定年、労働契約期間満了等によるもの

(3)労働契約期間満了による退職


【1】一般労働者派遣事業に雇用される派遣労働者
   のうち常時雇用される労働者以外の者(1回の
   契約期間3箇月、通算契約期間39箇月、契約
   更新回数13回)


※↑その下にあるいろいろ選択して○をつける所
 にはひとつも○がついておりません。



具体的事情記載欄(事業者主用)の欄には
【会社都合による】と書かれているのみです。



2枚目・3枚目の離職区分にも○がなく、
署名・押印をして返送するようにとあり
ました。



大変長くなりましたが質問したいのは、

1:倒産していないのに倒産を選んである理由が
  全く分からない(何か意図があるのか?)また、
  これについて派遣会社の営業へどのように
  質問したらいいのかよくわからない。


2:私の場合は会社都合になるのか(一緒に辞めた
  2人は違う派遣会社ですがこのような用紙は
  送られてこなかったとのこと・離職票の書式
  で送られてきたそうです)


その場合は離職証明書のどこに○をつけて
もらえばよいのか。

の2点です。



また、【退職届】というのも同封されており、
派遣会社名御中で私の氏名を記入のあと、退職日
と退職理由(詳しく)を私に記入するようにとの
ことでした。


この届はさらに下に「上記該当者に対する所属長
の所見」というのが続き、
1.退職についての補足事項および意見
2.後任についての希望、意見
3.退職を認める日

とあります。この届につきましては派遣会社の
営業に連絡し、
「今まで派遣就業をしていて他社ではこのような
ものの提出を求められたことはないですが、これ
はなんでしょうか」と聞くと、
「最近こういうのが必要になった」というので、
「よくわからないものは提出したくないので必要
ないのなら提出しなくてもいいですか」と聞いた
ら、「わかりました」とのことで、本当に訳が分
からなくなってしまいました。


これは提出しなくてはいけないのでしょうか。


派遣元の営業は残念ですが信用できないので、
お返事いただけたらと存じます。






...................................................................................



【回答】



ご質問に対して回答していきますね。


1:倒産していないのに倒産を選んである理由が
  全く分からない(何か意図があるのか?)また、
  これについて派遣会社の営業へどのように
  質問したらいいのかよくわからない。

については、派遣会社が倒産という意味ですが、
こちらにとっては有利なことですから、何も質問
する必要はありません。





2:私の場合は会社都合になるのか(一緒に辞めた
  2人は違う派遣会社ですがこのような用紙は
  送られてこなかったとのこと・離職票の書式
  で送られてきたそうです)

については、会社都合になりますから大丈夫です。






3:退職届については、派遣会社が提出しなくて
よいと言っているので、提出しなくて大丈夫です。
(退職届は単に派遣会社の保管用です)









...................................................................................

■ 派遣トラブル・悩みを解決しよう!
...................................................................................



あなたも派遣先企業や派遣会社とのトラブルや悩みを
解決して、スッキリしませんか?


小さなことでも、何でも相談できます。


派遣のトラブルは突然起こるものです。


そんな時には損をしない解決策をすぐにもらって、
早く安心したいですよね。


今からすぐに専用メールで相談ができます。
詳しい内容はこちら
  ↓↓↓
http://hakenshain.kaima01.com/nayami.html



*当サイトは個人情報保護規定を遵守していますので、
安心してご相談ください。





コメント
この記事をはてなブックマークに追加

時給1200円のはずが半分!泣き寝入りも「ブラック企業・バイト」

2014年06月22日 | 9月の平均派遣時給1,542円 3ヵ月ぶりに前月

...................................................................................

■ 派遣業界、気になる最新ニュース
...................................................................................

時給1200円のはずが半分!泣き寝入りも「ブラック企業・バイト」

(2014年5月30日 北海道新聞)

入学、入社後しばらくしてアルバイト先や就職先の
劣悪な労働環境を知るが、違法だと気付けない人は
少なくない。

札幌市内の大学4年生の男子学生(23)は入学後
すぐに家庭教師派遣会社でアルバイトを始めたが
時給1200円の提示だったのに、実際には
600円程度だった。

当初は違法だと気付けなかったといい「同じ年代の
多くは正しい知識を持っておらず、泣き寝入りする
学生が多い」と話す。

昨年4月に同市内の企業に入社した男性(26)は、
時間外労働が月180時間に上り、体調を崩しかけ
たころに父親が連合北海道に相談。

「自分では相談先が分からなかった」と当時の悩み
を打ち明ける。

       ◇◆◇

違法な長時間労働などを従業員に強いる「ブラック
バイト」や「ブラック企業」が道内でも問題視され
る中、連合北海道や道が、劣悪な労働環境に悩む
若者の電話相談を通じた支援強化に乗り出した。

派遣先や派遣会社とのトラブルでお困りの方は
今からすぐに専用メールで相談ができます。

詳しい内容はこちら
  ↓↓↓
http://hakenshain.kaima01.com/nayami.html

...................................................................................

■ 本日の派遣の悩み相談事例
...................................................................................

派遣で働いていると、派遣会社や派遣先企業との
間で、いろんなトラブルや悩みが出てくることが
あります。

ぜひ参考にしてください。

相談内容は「個人情報保護法」に基づき、個人を
特定できないように配慮しています。

※本文は相談者様の了解を得て掲載しています。

【本日のご相談】

派遣会社を通して紹介いただいた、A社のアルバイト
(A社と自身との直接契約で社会保険等有)で、5月
中旬後半頃内定を頂き、本日入社の手続きをしてき
ました。

A社よりワンテンポ遅れて自分が行きたいと思ってい
たB社に(派遣会社等は通さず)自分でエントリーし
ましたその採用通知がA社の入社手続きを済ませた
直後に内定をいただきました。

B社にどうしても行きたいのですが、派遣会社に辞退
したいと言ったところ、それはできかねませんと言わ
れました。

辞退することは可能でしょうか?

私の決断が甘かったのがなによりの原因で、ご迷惑を
かけてしまっているのは自分の責任なのですが、この
ままA社に勤務しても続けられるか分からない状態です。

補足:A社への入社の手続きをするか、しないかの
お返事をしないといけないと派遣会社の方から言わ
れていて(5月末日)、その時B社の結果待ちをして
いて、自分ではB社のテストがあまりにできがよく
ないのが響いていて、雇用も少ないので、A社への
手続きを進めていただくようお願いしてしまいま
した。

解決方法手段などございましたら、
宜しくお願い致します。

...................................................................................

【回答】

あなたは、どうしてもB社に行きたいのでしょうか?

どうしてもB社に行きたいのであれば、派遣会社に
相談しても難しいです。

あなたはすでにA社の入社手続きを済ませている
のですから、現在あなたはA社のアルバイト従業員
となります。

したがって、あなたの雇用主は現在は派遣会社では
なく、A社になります。

あなたは、直接自分でA社に入社辞退を申し出る
必要があります。

とにかく、A社に直接、誠意をもってお詫びして
入社辞退をお願いするしかないです。

どうしてもA社を辞めたいのであれば、どのように
A社に言ったら良いかを後程メールしますので、
そのとおりに言うようにしてください。

今回のケースでは、あなたの優柔不断なふらついた
気持ちが原因です。

今後、その性格を認めて直さない限り、将来また
同じことを繰り返してしまうので、ふらついた
決断をしないように直す努力をしてください。

...................................................................................

■ 派遣トラブル・悩みを解決しよう!
...................................................................................

あなたも派遣先企業や派遣会社とのトラブルや悩みを
解決して、スッキリしませんか?

小さなことでも、何でも相談できます。

派遣のトラブルは突然起こるものです。

そんな時には損をしない解決策をすぐにもらって、
早く安心したいですよね。

今からすぐに専用メールで相談ができます。
詳しい内容はこちら
  ↓↓↓
http://hakenshain.kaima01.com/nayami.html

*当サイトは個人情報保護規定を遵守していますので、
  安心してご相談ください。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

派遣社員の時給上昇!!三大都市圏の3月、IT系けん引

2014年05月18日 | 9月の平均派遣時給1,542円 3ヵ月ぶりに前月

...................................................................................

■ 派遣業界、気になる最新ニュース

...................................................................................

派遣社員の時給上昇 三大都市圏の3月、IT系けん引

(2014年4月16日 日経新聞より)

派遣社員の募集時給が上昇している。

求人情報大手のリクルートジョブズ(東京・中央)
が15日発表した3月の募集時平均時給は、三大
都市圏(関東・東海・関西)で前年同月比3.7%
高い1529円と10ヶ月連続で前年同月を上回
った。

人手の確保を急ぐ大手派遣会社を中心に、時給を
引き上げる動きが広がっている。

求人情報サイト運営のエン・ジャパンのまとめで
も3月の募集時平均時給(全国)は1497円と
4ヶ月連続で前年同月を上回った。

「正社員で経験者を採用できない企業が派遣社員
を募集している」(エン・ジャパン)という。

派遣社員が正社員採用を目指して転職活動をする
など派遣離れの動きもあり、大手派遣会社などは
必要な人数を集めるため、時給を高めに設定して
いる。

消費増税で派遣社員の生活コストが膨らむとして、
派遣会社が時給を引き上げる動きもあるという。

上昇幅が大きいのは「IT・技術系」。

リクルートジョブズのまとめでは1903円と
前年同月比4.2%高い。

システム開発の技術者に加え、「ユーザーサ
ポート関連の求人が増えた」(エン・ジャパン)。

4月上旬に米マイクロソフトの基本ソフト(OS)
「ウィンドウズXP」のサポートが終了。

新しい端末やOSを導入した学校や企業から、
パソコンの設定作業の注文が増えたという。

求人数の多い事務職でも時給が高止まりしている。

現在勤務中の派遣社員にとっては、今が
時給UP交渉のチャンスとも言えます。

この機会に時給UPをしたい方は
下記をご覧ください。
http://haken-bible.blogzine.jp/up/

...................................................................................

■ 本日の派遣の悩み相談事例
...................................................................................

派遣で働いていると、派遣会社や派遣先企業との
間で、いろんなトラブルや悩みが出てくることが
あります。

ぜひ参考にしてください。

相談内容は「個人情報保護法」に基づき、個人を
特定できないように配慮しています。

※本文は相談者様の了解を得て掲載しています。

【本日のご相談】

はじめまして。

この度、理不尽な理由により派遣会社や派遣元から
切られることになりましたのでメールさせていただ
きました。

よろしくお願いします。

〜時系列〜

11月下旬・・・ 派遣会社に派遣登録。

12月初旬・・・ 派遣先A勤務開始 旧店舗で働く。
(3月末までの契約で、4月以降は派遣会社の
契約社員として勤務し、派遣先は継続してAへ
派遣予定。月15日程度のシフト勤務)

3月28日・・・派遣会社より4月以降半年間の
契約社員契約書をいただく。

3月30日・・・新店舗オープン。新人も多量に
その日入ってきた上でこれまで新人教育は派遣
にはやらせてもらえない状況でした。

そんな中、当日リーダーであり、店長と勤務時間が
同じでいちばん混む時間帯でしたが、店長は引き継
ぎに時間がかかり現場に来なかったので、派遣の私
が新人教育してもいいのか確認しにいっても忙しい
からと言われ話し込んでいて、まったく指示がなか
ったのですが、できる限りのことをやり、新人教育
も時間のない中行いました。

落ち着いた時間に店長が戻ってきて、現場にもおら
ずその場を離れていた店長に一方的に理不尽な物言
いで、なにもできていないと怒られました。

納得がいかず、その後なにもわからない状況下の中
あの言い方はなかったのではということ、何度も確認
しにいったがどちらにしても指示がなかったことをこ
ちらから指摘しました。

新店舗には、これまで旧店舗で使っていた物すら、き
ちんと配置されていない状況で倉庫に探しに行ったり
来たり、なにがどこにあるかもわからないなか、普段
の業務の流れをわかる人が私しかいなかったので表も
裏も見ていたことを伝え、その中で新人含めみんなよ
くやってくれたと私は思う旨店長に伝えました。

その場で納得はいってないようでしたが店長は謝罪し
てくださいました。(店長は人の話を普段から聞かず
一方的に高圧にものを言う方で、店長の影響で毎月
正社員が二人やめて補充の繰り返しの状態です。
矛盾したことも多々ありますが、これまでは我慢
して指示に従ってりました。)

3月31日・・・派遣会社に状況報告と店長に直訴した
ことを報告。同じように店長も派遣先上司に報告。
この日は出勤でしたが、派遣会社判断によりいったん
私の出勤は見合わせ。

4月2日・・・派遣会社より呼び出しがあり、派遣先
より、もう来なくていいと打ち切りになった旨を言
われる。代案の仕事を提示される。

現在・・・夜勤希望で勤務日数にも条件合うものが
なかったので給与保証をしたい旨を伝える。
→14日分であれば給与保証をする、また保証すれば
派遣会社との契約社員も打ち切りになると言われた
ので、では保証して欲しいので辞めたい旨を口頭で
伝える。

ただ、あまりに一方的に切られたので納得がいかな
いので、この金額では納得いかないことをお伝えし、
また、書面提出してほしいと現在伝えてます。

4月以降の契約社員の雇用契約書は提出不要とのこと
で出しておりません。

これまで派遣元からもよくやっていてくれていると
の評価でしたが、直接店長にものをいうやり方は
間違っているので出る杭は打たれるではないが、
そのような派遣はいらないとのことで一方的に
派遣先より打ち切り。

間違ったことは言ってないのは相手も認めてはいる、
ただ派遣の立場をわきまえてないとのことで打ち切
りになりました。

納得もいかない理由で切られ、派遣先の社員の方も
マネージャーにかけあってはくれましたが派遣担当
の責任者がNGとのことでした。

また、同じ派遣で働いてる方たちも普段からの店長
のパワハラを派遣会社にあげてはくれましたが無駄
に終わりました。

私としては理不尽なやり方に納得もいかず、この件
に関して裁判問題にできるのであればしたいですし、
もしくは気持ちに早く決着をつけた方が得策なので
あれば、なんらかの保障をしてもらいたいと考えて
おります。

長々とわかりにくい点もございますが、ご相談に
のっていただけたら助かります。

よろしくお願いいたします。

...................................................................................

【回答】

ひどい店長ですね。

まず、派遣会社は14日分の給与保証をすると
言っているようですが、30日分の給与保証を
する義務があります。

同じ派遣で働いている人たちも普段からの
店長のパワハラを派遣会社にあげてくれたが
無駄に終わったとのことですが、派遣会社は
まったく仕事をしていないということです。

派遣会社が何もしてくれないのであれば
労働局に訴える方法もあります。

後程、派遣会社に30日分の給与保証を
してもらうための上手な言い方をメール
しますので、その通りに派遣会社に言っ
てください。

民事訴訟もできますが、時間と労力が
かかってしまいますので、まずは、
派遣会社と直接交渉するのが良いでしょう。

...................................................................................

■ 派遣トラブル・悩みを解決しよう!
...................................................................................

あなたも派遣先企業や派遣会社とのトラブルや悩みを
解決して、スッキリしませんか?

小さなことでも、何でも相談できます。

派遣のトラブルは突然起こるものです。

そんな時には損をしない解決策をすぐにもらって、
早く安心したいですよね。

今からすぐに専用メールで相談ができます。
詳しい内容はこちら
  ↓↓↓
http://hakenshain.kaima01.com/nayami.html

*当サイトは個人情報保護規定を遵守していますので、
  安心してご相談ください。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

不安定雇用を拡大させる派遣法案「撤回を」労働者ら集会で訴え

2014年04月27日 | 9月の平均派遣時給1,542円 3ヵ月ぶりに前月

...................................................................................

■ 派遣業界、気になる最新ニュース
...................................................................................

不安定雇用を拡大させる派遣法案「撤回を」労働者ら集会で訴え

(2014年4月19日 東京新聞より)

国会に提出されている労働者派遣法改正案は
不安定雇用を拡大させるとして、廃案を求め
る集会が18日、東京・永田町の衆院第一議
員会館で開かれた。

派遣で長く働いてきた女性らは「一生低賃金
の派遣のままでいたくない」などと訴えた。

派遣労働は現在、専門業務や3年以内の臨時的
な仕事に限られている。

改正案が成立すれば、どの職種でも派遣労働者
を雇うことができ、3年ごとに人を代えるなど
すれば派遣労働者を使い続けることもできる。

雇い止めされやすい派遣の身分のまま固定化さ
れるだけでなく、正社員の仕事を派遣でまかな
う動きが進むことも懸念されている。

集会では、派遣で働く人々が現状や改正案への
危機感を語った。

コンサルティング会社で14年間、専門業務
の派遣社員として働くシングルマザーの女性
(54歳)は「いまだに3ヶ月ごとの契約更
新のたびに解雇されるのではと、びくびくす
る」と話した。

正社員の嫌がる休日出勤も積極的に引き受け、
残業時間が月百時間になったことも。

過労で倒れたが、派遣会社は「あなたの健康
管理が悪い」と労災を認めてくれなかったと
いう。

「正社員にもなれず、慶弔休暇もボーナスも
ない。派遣のままの一生は嫌だ」と訴えた。

別の女性も「人生の半分が派遣の生活。先が
見えない。改正案が通れば正社員の雇用にも
必ず波及する。ひとごとと思わず一緒に考え
てほしい」と強調した。

集会は市民団体「非正規労働者の権利実現
全国会議」や日本労働弁護団などが主催。

インターネットの特設サイトで廃案を求め
る署名も行っており、集会に先立ち、これ
まで集めた4141人分を内閣官房に提出
した。

これらの話を聞くと、派遣会社の対応の
悪さが目立つ。

派遣会社がもっと派遣社員の立場に立って
行動することが強く求められると言える。


派遣社員にとって、信頼のできる派遣会社
を選ぶことがもっとも重要と言える。

派遣会社とのトラブル・悩みを今すぐに
専用メールで相談ができます。

詳しい内容はこちら
  ↓↓↓
http://hakenshain.kaima01.com/nayami.html

...................................................................................

■ 本日の派遣の悩み相談事例
...................................................................................

派遣で働いていると、派遣会社や派遣先企業との
間で、いろんなトラブルや悩みが出てくることが
あります。

ぜひ参考にしてください。

相談内容は「個人情報保護法」に基づき、個人を
特定できないように配慮しています。

※本文は相談者様の了解を得て掲載しています。

【本日のご相談】

最初の派遣の営業の話では、3ヶ月更新の
長期ということでした。

ですが、依頼する業務が少ないので暇そう
にしている派遣が管理者に目に余るので、
5月末で雇い止めになるので、業務委託を
請け負っているセンターを推薦されました。

派遣→契約社員 時給200円ダウンすると
いうことになりました。

つぎの就業先は、5月24日から研修なのです
が、現在の派遣先との交渉が難しいため営業
が6月24日まで待機してもらうかもと言われ
ました。

休業保証もないので、なんとか5月24日から
次の就業先に円満につくにはどうしたらよろ
しいのでしょうか。

ご教授願います。

...................................................................................

【回答】

現在の派遣契約は6月末までですよね。

それであれば、5月24日から研修が
始まらなくても、6月末までは休業手当
がもらえます。

派遣会社から上手に休業手当をもらう
ための言い方については、先ほどメール
した文章を参考にしてください。

そうすれば、もめることなく6月末まで
休業手当をもらうことができます。

5月24日から次の研修が始まらなかっ
た場合はすぐに実行してください。

...................................................................................

■ 派遣トラブル・悩みを解決しよう!
...................................................................................

あなたも派遣先企業や派遣会社とのトラブルや悩みを
解決して、スッキリしませんか?

小さなことでも、何でも相談できます。

派遣のトラブルは突然起こるものです。

そんな時には損をしない解決策をすぐにもらって、
早く安心したいですよね。

今からすぐに専用メールで相談ができます。
詳しい内容はこちら
  ↓↓↓
http://hakenshain.kaima01.com/nayami.html

*当サイトは個人情報保護規定を遵守していますので、
  安心してご相談ください。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ジョブコムが派遣社員の無期雇用化をスタート?

2014年04月22日 | 9月の平均派遣時給1,542円 3ヵ月ぶりに前月

...................................................................................

■ 派遣業界、気になる最新ニュース
...................................................................................

ジョブコムが派遣社員の無期雇用化をスタート?

(2014年4月7日 朝日新聞より)

事務系人材派遣の株式会社ジョブコムでは、
来年に施行が予定されている労働者派遣法
改正を見据えた派遣労働者の無期雇用化を
計画している。

無期雇用契約を結ぶことにより、ジョブコム
の正社員・限定正社員となった派遣スタッフ
は派遣法改正後も最長3年という派遣法の上限
にとらわれず派遣業務に従事することができる。

また、これまでは有期雇用契約であったため、
更新時には継続就業が保証されていなかったが、
無期雇用契約を結ぶことにより、その種の不安
から解放される。

仮に派遣就業先での業務が無くなったとしても、
次の就業場所を確保することを前提とし、万が
一就業場所が確保されない場合には賃金補償が
行われる。

元来、雇用形態が不安定と言われていた派遣
労働者の雇用を安定させる施策になると考え
ている。

現状の事務系派遣は、仕事のある時だけ登録者
と労働契約を締結する有期雇用契約がほとんど
である。

ジョブコムでは派遣労働者との無期雇用契約を
導入することにより、派遣期間3年到達による
雇止めを回避したいという思惑がある。

派遣労働者の雇用の安定に努め、より多くの
派遣スタッフの確保を目的として、事務系派遣
会社としてはいち早く無期雇用化に取り組むこ
とを決めた。

ジョブコムでは、現在就業中または新規で登録
に来た求職者全員に対し専門のカウンセラーが
コンサルティングを実施し、其々の希望に合っ
た働き方を実現できるように支援していく。

基本的なOA機器の操作や代表的なソフトの
習得は無料で行えるほか、20社を超える
各種学校と提携し通常より割安での受講を
可能にした。

また、多くの派遣先企業とも連携しながら
中長期的なキャリア支援や評価制度を導入
していく考えだ。

平成26年10月1日の運用開始に向け、現在
ジョブコムでは賃金制度や運用に関する
最終調整に入っている。

初年度は、稼働する派遣労働者全体の
2〜3%程度、5年後には全体の30%程度
と無期雇用契約を結ぶ計画だ。

これが本当に実行されれば、派遣社員に
とってはありがたい話と言えるが、実際
は、どの時点で派遣社員と無期雇用契約
を結ぶのかを明確にしないと絵に描いた
餅になってしまうでしょう。

...................................................................................

■ 本日の派遣の悩み相談事例
...................................................................................

派遣で働いていると、派遣会社や派遣先企業との
間で、いろんなトラブルや悩みが出てくることが
あります。

ぜひ参考にしてください。

相談内容は「個人情報保護法」に基づき、個人を
特定できないように配慮しています。

※本文は相談者様の了解を得て掲載しています。

【本日のご相談】

はじめまして。現在、派遣会社に登録して
5年になります。

うち3年ほど紹介という形で靴メーカーの販売
員として百貨店で働いておりました。

妊娠を機に退職、出産後また同じ派遣会社から
アパレルメーカーのショップへ派遣として働い
て半年になりますが、5月末で辞めたいと告げ
たところ、6月末までの契約が残っているので
契約解除するのであれば賠償金を払うように
と言われました。

実は以前働いていた百貨店の靴売り場で知り
合った方から6月からの仕事のお誘いを受けて
おり、もともと靴の仕事を希望していたので
私としても是非働きたいのです。

現在のアパレルの仕事も勤務地が希望よりも
遠く、おまけに子供が小さいので扶養範囲内
でのお仕事を希望したはずなのに、明らかに
このまま一年働くと年間130万円は超える仕事
で、それは困ると告げると経理で所得を調整
するから大丈夫と言われ、結局そのまま強引
に推し進められました。

出来ればクリアな状態で働きたいので、この
状態で一年以上続きたくない気持ちも強く、
そんな時に頂いたお話でしたので転職のチャ
ンスと思いました。

そちらは直接雇用になるのですが、以前の
派遣先である靴メーカーとは無関係の別の
会社なので、元々派遣会社から言われてい
た「派遣先からの直接雇用は禁止」という
規則からは外れていると考えておりました。

ところが派遣の担当者より、その直接雇用は
ルール違反だと責められ、退職を渋られてい
る理由の一つになっています。

やり方がいつも強引だとは思っていましたが
一連の件でうんざりし、今は派遣先というよ
りも、派遣会社と縁を切りたい気持ちでいっ
ぱいです。

契約期間を確認していなかったのは私のミス
と思い、実際解除によって損害が生じるので
あればお支払いしますと答えましたが、この
ムードだとそれ以上の金額を請求され、退職
を止められるのではと思い心配です。

法外な賠償金額を請求された場合どのように
対処したらよいでしょうか?

金額の提示は今月末で、それに合意できなけ
れば、退職の話を進められないと言われてお
ります。

もめた場合、次の仕事に間に合わなくなるの
も心配です。

ちなみに、日給8000円ほど、月16日出勤で
働いており、6月末までは現在のところで
働くと約束しています。

6月末までの契約を打ち切る場合、損害賠償
はいくらぐらいが妥当でしょうか?

いろいろ申し訳ありませんがよろしくお願い
いたします。

...................................................................................

【回答】

派遣会社が「その直接雇用はルール違反だ」と
言っているようですが、ルール違反にはなりま
せん。

派遣会社は、あなたを辞めさせないようにする
ために嘘をついているのです。

それから、損害賠償を心配しているようですが
損害賠償は一切支払わないで、5月末で退職する
ことができます。

先ほどメールした文書の通りに派遣会社に言って
ください。

そうすれば、派遣会社ともめることなく退職
できます。

派遣会社は派遣社員が法律に無知なことを
利用して適当な嘘をつくことが多々あります
ので注意しましょう。

...................................................................................

■ 派遣トラブル・悩みを解決しよう!
...................................................................................

あなたも派遣先企業や派遣会社とのトラブルや悩みを
解決して、スッキリしませんか?

小さなことでも、何でも相談できます。

派遣のトラブルは突然起こるものです。

そんな時には損をしない解決策をすぐにもらって、
早く安心したいですよね。

今からすぐに専用メールで相談ができます。
詳しい内容はこちら
  ↓↓↓
http://hakenshain.kaima01.com/nayami.html

*当サイトは個人情報保護規定を遵守していますので、
  安心してご相談ください。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「派遣3年上限」 廃止を閣議決定

2014年03月15日 | 9月の平均派遣時給1,542円 3ヵ月ぶりに前月

...................................................................................

■ 派遣業界、気になる最新ニュース
...................................................................................

「派遣3年上限」 廃止を閣議決定

(2014年3月11日 東京新聞より)

政府は11日、現在3年となっている企業の
派遣労働者受け入れ期間の上限廃止を柱とす
る労働者派遣法改正案を閣議決定した。

改正案は、3年ごとに働く人を入れ替えること
などを条件に、企業は派遣をいつまでも使い続
けることができるとした。

2015年4月の施行を目指す。

企業の派遣労働者受け入れ期間は現在、秘書や
通訳などの専門業務を除き最長3年。

改正案は受け入れ期間の上限や専門業務の区分
を廃止した。

ただ、企業が同じ職場で3年を超えて派遣を
受け入れる場合、労働者の入れ替えや派遣先
企業の労働組合からの意見聴取を義務付けた。

一人の派遣労働者が同じ職場で働ける期間を
3年に制限。

人材派遣会社が無期雇用している人は例外として、
同じ職場でいつまでも働き続けられる。

同じ職場で3年を迎えた労働者に対し、人材派遣
会社が次の派遣先を紹介するなどの雇用安定措置
を講じるべきだとした。

悪質業者を排除するため、全ての人材派遣会社を
許可制にすることも盛り込んだ。

26業務の中の「その他の業務」でも、派遣社員
を変えれば、3年を超えてずっと派遣を利用する
ことができることは企業にとっては都合の良いこ
とですが、派遣社員個人個人にとっては、3年ま
でしか勤務できないことに変わりありません。

3年で強制的に派遣終了させられてしまう
派遣社員個人の救済をもっと考えてほしい
ものです。

職場のトラブル・悩みを今すぐに
専用メールで相談ができます。
詳しい内容はこちら
  ↓↓↓
http://hakenshain.kaima01.com/nayami.html

...................................................................................

■ 本日の派遣の悩み相談事例
...................................................................................

派遣で働いていると、派遣会社や派遣先企業との
間で、いろんなトラブルや悩みが出てくることが
あります。

ぜひ参考にしてください。

相談内容は「個人情報保護法」に基づき、個人を
特定できないように配慮しています。

※本文は相談者様の了解を得て掲載しています。

【本日のご相談】

こんにちは。派遣で半年後には、正社員へと言われて、
派遣で仕事を始めて、1か月半ほど経ちました。

紹介予定派遣ではありませんが、見極めのため、派遣
で雇いたいといわれて、商社で働き始めました。

貿易事務を7年ほど携わっておりましたので、ノウハウ
がほしいということで、入社しました。

しかし、貿易どころか、営業事務です。

面接のときは、海外に進出したので、どうしても早く
入ってほしい、でなければ他の人を探す、正社員志望で
すよね?派遣だからできないといわれるのは困る、 
性格がきつい、M気質の人が多い、負けん気が強い、人
を蹴落としても自分というタイプが望ましいと言われま
した。

能力主義、いじめはない。あったら自分が文句を言う。

この会社は能力主義だからと言っていました。

昨年末に面接をし、そのようなことを言われたものの、
人間関係は悪くないと思い、入社しました。

できあがった契約書をみたら、貿易だけではなく、
営業事務の内容も書いてあり、三か月と言っていた
のに、半年になっていました。

まぁ買ってくれているし、仕方ないと思い、あいまい
なまま、1月から出勤することになりました。

入ってみたら、とにかく、人間関係が悪いのです。

入ってみて知りましたが、事務の正社員の女性たちは、
もって1年ほどで、去年の退職者は10人だったそう。

貿易なんて、まったく関与させてもらえず、毎日営業
事務的なもの。

業務内容は結構違うけれど、正社員を目標にしている
のだから、派遣だからできないと言うのはやめようと、
頑張ってきました。

しかし、責任者の女性や、他の課の正社員の女性の、
ものの言い方、扱いかた、一度言ったことは何でで
きないの?とか、大声でこれやってませんよね?
私が入った時は、2週間で全部自分でやっていましたよ。

声が小さい、仕入れ先、得意先は早く覚えて、この業務は
5分でやってくださいとか、とにかく会社の独自のミスを
しないルールが満載で、やっていけないと感じております。

軍隊的な要素が満載で、営業たちも、書類のクリップの
止め方ひとつでそれぞれ違うらしく、できていないと怒
ります。

日報でも、必ず、最後に自分の手書きで、一日の反省点
などを記載しなければならず、「〜したいです」と書い
たら、「したい」は、願望であってその書き方はいけない。
「します」と書きなさいとコメントがしてありました。

ある時は、定時間際に、よその課の営業さんが、私に
伝票のハンコ押しをしてほしいと、お願いしてきたこ
とがありました。

その時は、電話を奪って、この人は派遣だから残業を
させれないんだよ。

あなたの給料から残業代を払ってくれればいいけどと、
責任者の女性が言っていました。

聞こえたので、私に残業代を払うのがもったいないの
ですから、引き受けないほうがいいですね!って思わ
ず言ってしまいました。

仕事の内容は難しくはないと思いますが、とにかく細か
いルール、劣悪な厳しい人間たち、ここで正社員になり
たいなんて、まったく思えなくなりました。

そして、なぜ三か月から半年に正社員への見極めの期間
を延ばしたのかがわかりました。

契約でしばり、辞めさせいように仕向けたか、6か月
たったら、人間環境になれるからだと言われました。

この軍隊みたいな環境にどっぷりつかって、半年後に
ぼろぼろになって辞めるのは時間の無駄のように感じ
ます。

この会社は普通の環境なのでしょうか?

ブラックって決めつけたくはないのですが、早く辞め
て、次にいきたいのです。

この会社のおかげで、正社員になるのは、本当に難しい
と実感したので、正社員ではなくても、契約社員、派遣
で頑張っていこうと思えました。

まずは、すぐにでも辞めたいです。

どうしたらよいでしょうか?

...................................................................................

【回答】

この会社はブラック企業と言ってよいでしょう。

1月から勤務ということは、現在の派遣契約は
6月末まででしょうか?

すぐにでも辞めたいとのことですが、
すぐに辞めることは可能です。

派遣会社に以下のように言いましょう。

「最初の話では貿易事務ということでしたが
 実際は営業事務のお仕事であること、
 契約も最初3ヶ月と言っていたが6ヵ月であった
 こと、会社の人間関係が悪い、軍隊のような環境
 であること、とても普通の会社とは思えませんので
 すぐにでも辞めさせてください。最大でも○月○日
 で辞めさせてください」

まずは上記のように言ってください。

(詳しくは先ほど送ったメールをよく読んでください)

派遣会社が契約違反だとか損害賠償請求するぞ、等
言ってきた場合は、そもそもこんな派遣先を紹介して
きた派遣会社自体に問題があり、最初の話と違うこと
からして「派遣会社の契約不履行」が成立するのでは
ないですか?と、毅然とした態度で派遣会社に言いま
しょう。

あなたの雇用主はあくまでも派遣会社ですから、
派遣先には一切相談しないで、派遣会社とだけ
相談してください。

今のうちから、下記サイトを参考にして
複数の派遣会社や紹介会社に登録してお
きましょう。

紹介予定派遣案件のあるサイト集(無料)
http://kaima01.com/

正社員案件のサイト集(無料)
http://tenshoku.kaima01.com

...................................................................................

■ 派遣トラブル・悩みを解決しよう!
...................................................................................

あなたも派遣先企業や派遣会社とのトラブルや悩みを
解決して、スッキリしませんか?

小さなことでも、何でも相談できます。

派遣のトラブルは突然起こるものです。

そんな時には損をしない解決策をすぐにもらって、
早く安心したいですよね。

今からすぐに専用メールで相談ができます。
詳しい内容はこちら
  ↓↓↓
http://hakenshain.kaima01.com/nayami.html

*当サイトは個人情報保護規定を遵守していますので、
  安心してご相談ください。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

過重労働から身を守れ!違法な時間外労働が常態化

2014年02月27日 | 9月の平均派遣時給1,542円 3ヵ月ぶりに前月

...................................................................................

■ 派遣業界、気になる最新ニュース
...................................................................................

過重労働から身を守れ!違法な時間外労働が常態化

(2014年2月21日 東京新聞)

十分な保障をせず、若者に過酷な労働を強いる
「ブラック企業」が、社会問題になっている。

厚生労働省の調査でも、違法な時間外労働が常態化
している実態が明らかになっている。

当事者に話を聞くと、健康を犠牲にして、目の前の
仕事に追い立てられる様子が浮かび上がった。

厚労省が昨年、法令違反が疑われる全国の5,111
事業所を調査した結果、82%にあたる4,819カ所
で法令違反が見つかった。

最も多いのが「違法な時間外労働」(43.8%)。

一カ月の残業・休日出勤時間が百時間を超える
事業所も730カ所で、14%もあった。

こうした実態を裏付ける当事者の証言も、本紙に
寄せられた。

大阪市の会社員男性(26)は新卒で入った会社
を四カ月で辞めた。

合同企業説明会で、若手の経営者が、仕事内容や
業績について雄弁に語る姿にひかれた。

ベンチャー企業の勢いも感じた。

会社は節電できるという機械を小規模の町工場
などに販売していた。

先輩が営業に行く約束を取るため、男性は一日
400件の電話をかけ続けた。

決められたノルマをこなせば職位は順調に上が
るが、成績を残せなければ降格となる。

上司は「座らずに立って電話をかけろ」と要求。

昼食も取らず、未明まで電話をかけることもあり、
残業は月200時間を超えた。

営業成績はトップだったが、体がもたなくなった。

「こんな働き方は健康を害するだけ。どんなに
仕事ができても経験にはならない」

男性はその後、滋賀県内の商社で三年近く働いたが、
朝から晩まで働き続ける生活が嫌になり、地元の
メーカーに転職。

働きやすさを重視した結果、友人が勤めていて、
社内の様子が分かる会社を選んだ。

「会社は実際に入ってみないと分からない」と
振り返る。

     
この男性のように転職先を見つけるのは容易では
ない。

働く意欲を失うなど、過重労働がその後の人生に
影響することもある。

名古屋市の無職男性(44)は、新卒時に入社した
メーカーで、音響機材を修理するサービスエンジニア
として働いた。

仕事の愚痴をこぼしたのを機に社内でいじめに遭い、
手間も時間もかかる仕事ばかりが回ってくるように。

仕事が終わらずサービス残業をしても、修理件数が
少ないことなどを理由に、会社から退職を勧められ
たという。

男性は「何とか頑張ります」と、一年間しがみついた。

会社側が父親に退職を説得するよう申し入れ、父親に
まで「おまえが悪い」と否定された。

「ノルマがこなせないのは自分が悪い」と思い込み、
周りが見えなくなっていった。

退職後は製造業を中心に五〜六社で働いたが、
いずれも長続きせず、短期雇用の仕事が中心に
なるなど、働く意欲もうせていった。

「家族にも話せず、会社から辞めろと言われる
弱い部分は、友人にも見せられなかった。誰か
に相談すればよかった」と声を絞り出した。

名古屋市の派遣社員の男性(41)は昨年、
勤務先の物流会社で三十代の正社員が突然死
する事態に遭遇。

職場は派遣やパート中心。

正社員は常時一人か二人しかおらず、亡くなった
正社員が仕事を抱え込み、残業続きで週末も休ま
なかった。

正社員の体の不調には気付いていたが、自身も
目の前の作業に追われていた。

社内に労働組合はなかった。

社員が同僚や上司に相談したり、雑談したりする
こともなく、声をかけるのもはばかられる雰囲気
だったという。

「病んでしまう前に、悩みを吐き出す気力さえ
残っていれば、結果は違っていたと思う」

職場のトラブル・悩みを今すぐに
専用メールで相談ができます。
詳しい内容はこちら
  ↓↓↓
http://hakenshain.kaima01.com/nayami.html

...................................................................................

■ 本日の派遣の悩み相談事例
...................................................................................

派遣で働いていると、派遣会社や派遣先企業との
間で、いろんなトラブルや悩みが出てくることが
あります。

ぜひ参考にしてください。

相談内容は「個人情報保護法」に基づき、個人を
特定できないように配慮しています。

※本文は相談者様の了解を得て掲載しています。

【本日のご相談】

当方、派遣社員にて一年半程勤めております。

当初は紹介予定派遣でしたが派遣先と派遣元の
都合で紹介予定派遣契約は終了したものの一般
派遣で現在。

紹介予定派遣の期間中、派遣先店舗の上司に
嫌われ、期間終了1ヶ月前に異動で別店舗に
て勤務となりました。

その際、派遣元は正社員になれる可能性を失
わせたくないために、異動をお願いしている
と言いつつも、食いっぱぐれを恐れ異動先店舗
にて務めました。

期間終了時に異動先店舗の上司は正社員としては、
まだ能力も分からず判断出来ないとのことで、
紹介予定派遣の期間延長は法的に出来ないため、
一旦は契約を終了し、一般派遣で再度務めること
となりました。

派遣元は正社員登用される保証はないが勧めて
いくと話しており、未だに更新の派遣で毎日、
更新されなければ、どうしようかと悩む日々です。

業務内容は正社員と同じことをしております。

正社員登用されたいですが、いつクビか不安で
どうしようもない状況です。

もし、更新がなければ泣き寝入りしないといけ
ないのでしょうか。

私としては正社員として今の職場で続けていき
たいと願っております。

...................................................................................

【回答】

はっきり言って、あなたは都合いいように
派遣先と派遣元に使われているだけですよ。

紹介予定派遣の場合、6ヵ月を超えて延長
することができません。

今回のように、店舗を変えることで、一旦
紹介予定派遣を終了して、一般派遣に戻す
ことは法的には可能です。

しかし、明らかに都合のいいように使われて
いるだけです。

この先、正社員への登用は期待しないほうが
よいでしょう。

今のうちから、他の派遣会社に登録して
紹介予定派遣案件を探すか、最初から
正社員の案件を探すほうが良いです。

下記を参考にして、今すぐ行動したほうが
良いでしょう。

紹介予定派遣案件のあるサイト集(無料)
http://kaima01.com/

正社員案件のサイト集(無料)
http://tenshoku.kaima01.com

...................................................................................

■ 派遣トラブル・悩みを解決しよう!
...................................................................................

あなたも派遣先企業や派遣会社とのトラブルや悩みを
解決して、スッキリしませんか?

小さなことでも、何でも相談できます。

派遣のトラブルは突然起こるものです。

そんな時には損をしない解決策をすぐにもらって、
早く安心したいですよね。

今からすぐに専用メールで相談ができます。
詳しい内容はこちら
  ↓↓↓
http://hakenshain.kaima01.com/nayami.html

*当サイトは個人情報保護規定を遵守していますので、
  安心してご相談ください。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

若者使い捨て許すな 都はブラック企業対策を

2014年02月04日 | 9月の平均派遣時給1,542円 3ヵ月ぶりに前月

...................................................................................

■ 派遣業界、気になる最新ニュース
...................................................................................

<一票の力>若者使い捨て許すな 都はブラック企業対策を

(2014年1月20日 東京新聞)

「一票は小さくて無力に思えることもある。
でも、一票が集まった時の影響力は大きい」

若年労働者らを使い捨てるブラック企業の問題
を東京都知事選の争点にしようと、NPOなど
が19日に都内で開いた意見交換会。

約50人を前につらい体験を明かした都内の
男性会社員(35歳)はこう話す。

前職のデザイン事務所勤務時代、しょっちゅう
終電の時間まで働いた。

残業代は基本給に含まれているとの説明だった
が、内訳は明かされないままだった。

胃がんで手術を受けた時も、復帰翌日から
終電勤務を強いられた。

上司は取引先の前で「ばか」「どうしようもない」
などと罵倒。

退職の勧奨を受け「会社都合での退職とする」と言わ
れたため受け入れたが、実際には雇用保険の受給期間
が会社都合より短い「自己都合」とされていた。

「人が足りないのに会社を無理に回そうとし、働きに
見合った賃金を払わないのは経営者の資質の問題」。

悪質な企業への罰則強化などにより、安心して働ける
社会が実現することを願う。

「ブラック企業は東京だけの問題ではないが、都民の
窓口はやっぱり都。困っている人々の問題をすくい上
げてくれる候補者に投票したい」

都内に住む男性派遣社員(26歳)もブラック企業に
勤めた経験を持つ。

大学卒業後に一年半勤めた商社は、月百時間ほどの
残業をしても残業代はゼロ。

有給休暇は一度も使えなかった。

10人ほどの社員に対し、社長が仕事のノウハウを
教えることはなく、気に入らなければ「死ね」「そ
んなことだから結婚できないし、家族もできないん
だ」と中傷し「くびにするぞ」と脅した。

殴る蹴るの暴力も横行。男性は社長が怖くて家から
出られなくなり、退職した。

「当事者が相談できる窓口が少ないし、行っても丁寧
な対応は得られない。やりたい放題のブラック企業が
社会の中で保護されているのが実情じゃないか」。

耐え難い経験を経て、一つひとつの政策が社会や
自分の暮らしをどう変えるのか、敏感になった。

都知事選では各候補の政策をしっかり読み比べる
つもりだ。

「声を上げる人が増えれば社会は変わっていく。
問題提起をするためにも、選挙に行かなかったら
負けだと思う」

意見交換会を主催した市民団体「ブラック企業対策
プロジェクト」共同代表の今野晴貴さん(30歳)は
「若者が使い捨てにされれば、社会を支えていくはず
の人たちが、社会保障で支えられる側になり、社会や
経済が発展できなくなる」と、政治や行政が取り組む
意義を強調する。

近く、都知事選の各陣営に公開質問状を出す予定だ。

「政治に参加し、何人かで結び付いて運動をつくって
いくことに価値がある」 

  
社会を変えたい。そう思ったときに、「一票」は
有権者誰もが平等に使える力だ。

まもなく始まる東京都知事選。有権者発のうねり
を追う。

職場のトラブル・悩みを今からすぐに
専用メールで相談ができます。
詳しい内容はこちら
  ↓↓↓
http://hakenshain.kaima01.com/nayami.html

...................................................................................

■ 本日の派遣の悩み相談事例
...................................................................................

派遣で働いていると、派遣会社や派遣先企業との
間で、いろんなトラブルや悩みが出てくることが
あります。

ぜひ参考にしてください。

相談内容は「個人情報保護法」に基づき、個人を
特定できないように配慮しています。

※本文は相談者様の了解を得て掲載しています。

【本日のご相談】

派遣社員で12月から3ヶ月毎更新で仕事を頂いて
働いていますが、先週体調不良で早退後、ずっと
休んでいますが、辞めたいです。

はっきり言って、仕事内容の相違で自分で探さな
いと何をやっていいのかわからないです。

その度に1日に何度も聞いて回るのは、すごいスト
レスとなり、就業以来ずっと風邪をこじらせ悪化
しております。

ただ早退後は、自宅では大丈夫になり、恐らくそこ
へ行くと体調が悪化します。

最初だから、定期的な業務より簡単な業務をさせ
る方針かと思い、我慢して続けましたが生活もあ
るので、すぐ辞めたいと言えず耐えてきました。

私の今までの業務はすごい忙しいものばかりで、
実際私は同時に多数の業務を好んで働くことが
多かったので、何もない状況ではストレスがた
まっておかしくなってきました。

仕事内容の相違は初めてで、どのように対処する
のかがわからないです。

病院で診断書をもらい提出しないと離職できない
と思い、来週行く予約しております。

ただ派遣先へは毎朝連絡済みですが、派遣会社に
まだ連絡しておりません。

病院通いでずっと休んでいますと伝えて診断書
出すので辞めたいと申し出て、これで辞められ
ますか?

本当は診断書なしで辞めたいですが、納得して
もらえなさそうなので、どういうふうに伝えた
らいいのか教えて下さい。

よろしくお願いします。

もう次の面接予定もあり、早く辞めたいです。

...................................................................................

【回答】

医師の診断書があればもちろん退職できますが、
仕事内容の相違であれば、派遣会社に相談して
改善されなければ辞めるという選択もできます。

いきなり、診断書を派遣会社に突き付けて
明日で辞めますということは避けたほうが
よいですよ。

契約途中の退職であれば派遣会社ともめる
可能性もあります。

すでに退職の意志が固まっているようですから
後ほどメールする内容通りに派遣会社に言って
ください。

そうすれば円満に退職できます。

...................................................................................

■ 派遣トラブル・悩みを解決しよう!
...................................................................................

あなたも派遣先企業や派遣会社とのトラブルや悩みを
解決して、スッキリしませんか?

小さなことでも、何でも相談できます。

派遣のトラブルは突然起こるものです。

そんな時には損をしない解決策をすぐにもらって、
早く安心したいですよね。

今からすぐに専用メールで相談ができます。
詳しい内容はこちら
  ↓↓↓
http://hakenshain.kaima01.com/nayami.html

*当サイトは個人情報保護規定を遵守していますので、
  安心してご相談ください。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「ブラック企業」県労連に相談相次ぐ!!

2014年01月09日 | 9月の平均派遣時給1,542円 3ヵ月ぶりに前月

...................................................................................

■ 派遣業界、気になる最新ニュース
...................................................................................

「ブラック企業」県労連に相談相次ぐ!!

(2013年12月30日 東京新聞)

過酷な労働やパワーハラスメントなどで社員を
使いつぶす「ブラック企業」。

県内企業で就職を考えている学生にとっても
人ごとではない。

電話で労働相談を受けている県労連には、被害者
からSOSが届いている。

事務局長は「ブラック企業を事前に見分けるのは
難しい。仲間をつくり、被害に備えておくことが
大切」と呼び掛ける。 

県労連の電話相談は2005年にスタート。

リーマン・ショックがあった08年以降は、
派遣切りに関する相談が多かった。

現在はパワハラやいじめについての相談が
約半分を占めるという。

一例としては、県内大手企業に勤める二十代男性
から最近かかってきた電話。

男性は次から次へと仕事が与えられ、寝る間も惜し
んで働いた。

午前七時すぎに出社し、翌朝五時に帰宅する日も
しばしばだった。

上司は「生き残れるものなら生き残ってみろ」
「そんなこともできないなんてだめだ」とハッパ
をかけた。

しかし、男性は体がもたなかった。

心身のバランスを崩し、病院でうつ病と診断された。

武藤さんは「男性は『同僚に迷惑をかけられない。
このまま働き続けるしかない』と思い込んでいた。

将来を期待していると見せかけ、酷使する典型例だ」
とみる。

県内の大企業で正社員として働く五十代男性からは、
こんな目に遭ったという相談があった。

ある日、自分の部署に派遣労働者が入った。すると、
同僚の女性社員が突然、上司に「(男性から)セク
ハラを受けた」と訴えた。

五年前、冗談で「腹黒いところがあるよね」と
言ったことはあった。

男性は繰り返し上司から呼び出され、詰問された。

結局、心労が重なり倒れてしまったという。

武藤さんは「会社は、賃金の安い派遣社員に切り
替えようと考えたのだろう」と推測。

「解雇は、雇用者との間でもめごとになりやすい。
できれば自己都合退職にさせたいと考える」と説明
する。

実際に被害者になったら、どうすればいいのか。

武藤さんは「一人で会社に立ち向かうのは難しい。
仲間をつくって」と強調する。

本来、問題解決のために会社側に働き掛ける役割
を担うのは各企業の労働組合だが、「御用組合で、
機能してない労組も多い」と武藤さん。

「そんな時は会社の外側に目を向けて。
外の仲間が助けてくれる場合もある」と
訴えた。

今からすぐに専用メールで相談ができます。
詳しい内容はこちら
  ↓↓↓
http://hakenshain.kaima01.com/nayami.html

...................................................................................

■ 本日の派遣の悩み相談事例
...................................................................................

派遣で働いていると、派遣会社や派遣先企業との
間で、いろんなトラブルや悩みが出てくることが
あります。

ぜひ参考にしてください。

相談内容は「個人情報保護法」に基づき、個人を
特定できないように配慮しています。

※本文は相談者様の了解を得て掲載しています。

【本日のご相談】

雇い止めに関する相談です。

当方、12月まである派遣会社で働いていました。

’標期間⇒2012年6月24日〜2013年12月末日

∈膿靴侶戚鶸間⇒2013年7月〜2013年12月

9洪群鷽槇5回
 過去更新の際、派遣会社から更新の意思確認がなく、
 こちらから何も言わなければ自動更新。今回も更新
 希望だったので何も言わなかった。

じ曚せ澆疝醜陟11月末時点でなし、12月中もなし。
 契約書には特段今回で終了の記載なし。

12月18日〜26日まで有給休暇。仕事復帰の27日に
 12月末で終了と判明。派遣会社にメールで事実確認
 をし、理由を尋ねると、派遣会社が勝手に私が12月
 末で更新しないと思い込んだらしく、しかも更新の
 意思確認もしないまま勝手に12月末で終了と派遣先
 に連絡。

Χ般各睛討老搬單渡辰凌卦出荷のため、臨時的で
 はなく、恒常的な業務。

Ц什澆和垉|罎箸いΔ海箸濃纏はしていない。
 派遣会社はその間休業補償として平均賃金の6割を
 出すと言っている。

今までの更新の際の手続きが形式的で、ほぼ自動
更新的な手続きであったため、当方としても上記
い茲蝓1月以降も働けると期待していたし、
2014年12月31日まで働くつもりでいました(面接
時も最大3年間契約更新できるが可能か?と聞かれ、
当方は可能ですと答えた)。

しかし今回は、上記きイ茲衞世蕕に派遣会社の
重大な過失によって引き起こされた事態であり、
(イ砲弔い討蓮派遣会社の担当者とメールでや
り取りをしていたので、そのメールはすべて保存
している)、こちらとしては、たとえば休業補償
と通常このまま働いていたら得られたであろう
給料との差額を損害として賠償請求するなど、
何らかの法的手段を考えていますが、このケース
では可能でしょうか?

...................................................................................

【回答】

現時点では、労働基準法上の休業手当を
派遣会社は支払うと言っています。

今回のケースであれば、次の仕事が見つかる
までの間は最大1年間は休業手当を支払う
義務が派遣会社にあります。

これに対して、本来得られたであろう
所定労働賃金との差額をプラスして
保障してほしいとのことですが、
この差額については、あくまでも
派遣会社との話し合いの世界になって
しまいます。

もちろん、民事訴訟を起こすことは
可能ですが、判決が出るまでに長い
月日がかかってしまいます。

それよりまずは、派遣会社自体と交渉する
ことが得策です。

先ほどメールした内容のとおりに派遣会社
に話してください。

...................................................................................

■ 派遣トラブル・悩みを解決しよう!
...................................................................................

あなたも派遣先企業や派遣会社とのトラブルや悩みを
解決して、スッキリしませんか?

小さなことでも、何でも相談できます。

派遣のトラブルは突然起こるものです。

そんな時には損をしない解決策をすぐにもらって、
早く安心したいですよね。

今からすぐに専用メールで相談ができます。
詳しい内容はこちら
  ↓↓↓
http://hakenshain.kaima01.com/nayami.html

*当サイトは個人情報保護規定を遵守していますので、
  安心してご相談ください。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

派遣 全職種無期限に 非正社員化進む懸念大!

2013年12月18日 | 9月の平均派遣時給1,542円 3ヵ月ぶりに前月

...................................................................................

■ 派遣業界、気になる最新ニュース
...................................................................................

派遣 全職種無期限に 非正社員化進む懸念大!

(2013年12月12日 東京新聞)

労働者派遣法の見直しを議論する厚生労働省
の労働政策審議会部会が十二日開かれ、規制
を緩和し、すべての職種で企業が派遣労働者
を使い続けることができるようにする骨子案
が示された。

臨時的、一時的な仕事を担う例外的な働き方
と位置付けられてきた派遣労働の「普通の働
き方」への転換を意味し、派遣労働の固定化
や、労働現場で正社員から派遣労働者への置
き換えが進む恐れがある。

部会は労働者側と使用者側、公益代表の各委員
で構成され、骨子案は公益委員案として出され
た。

労働者側委員は反発するが、同省はこの案を基
に年内に取りまとめ、年明けの通常国会に改正
案を提出する方針。

現行制度は、通訳や秘書など「専門二十六業務」
で無期限の派遣を可能としているが、それ以外
では、一つの業務に派遣労働者を従事させられ
る上限を三年としている。

骨子案では専門業務の区分を撤廃した上で、
どの職種でも原則三年を上限とする。

企業がさらに派遣労働者を使用したい場合、
労働組合から意見聴取すれば、別の人物に
入れ替え、三年ずつ受け入れ延長を繰り返
し、実質的に無期限で派遣労働者を使用で
きる。

一方、派遣労働者側から見ると、派遣会社
と有期契約を結んでいる場合、同じ職場で
働ける期間は最長三年になる。

派遣会社との間で無期の雇用契約がある場合、
派遣期間の上限は設けない。

また、派遣会社に労働者の雇用安定化を義務
付け、三年働いた人については派遣先に直接
雇用を依頼するよう求めた。

直接雇用にならなかった場合は、別の派遣先
の提供や派遣会社での無期雇用とする。

労働者側が求めてきた派遣先社員と同等の待遇
については、派遣会社の要求で派遣先が労働者
の賃金情報を提供することなどにとどまってい
る。

日雇い派遣の原則禁止など昨年十月に施行さ
れた改正部分についての見直しは見送る。

派遣法の見直しをめぐっては、同省の有識者
研究会が八月、人材派遣会社や経済界の意向
におおむね沿った内容の報告書を提示。

労政審の部会では、報告書を支持する使用者側
と反発する労働者側が対立し議論は平行線をた
どっていた。

◆労働者保護は置き去り

<解説>

労政審に示された骨子案は、派遣労働を限定的な
働き方としてきた現行法の理念を根底から覆し、
企業があらゆる業務に派遣労働者を充てることが
できるようにするものだ。

派遣が普通となり、雇用が不安定化する恐れが
ある。

案では派遣労働を「臨時的・一時的な働き方」と
するものの、実際には企業は働き手を入れ替えれ
ば、永続的に派遣労働者を使うことができる。

三年ごとの使用延長の際には、労働組合の意見を
聞くとしているが、形式にすぎず、最終判断は
企業側に委ねられる。

一方、労働者の立場から見ると、三年働いた
労働者の雇用安定化対策として出されたのは
「派遣先への直接雇用の依頼」だけで、実際
に雇用が実現するかは疑わしい。

正社員らと同等の待遇も重要な課題だったが、
根本的な対策は出ていない。

厚労省は見直しの狙いを「派遣労働者の保護の強化」
としながら、正反対の方向性を打ち出した。

それは規制改革会議などを通して派遣を使いやすく
するよう求める政府の意向をくんだ結果だ。

不安定な派遣労働者の増加は、裏返せば正社員が
減ることにつながりかねず、労働行政全体に責任
を持つ官庁の姿勢はまったく見えない。

今まで無期限で派遣ができた「専門26業務」に
ついても、同一人物では上限3年となってしまう
となると、派遣でずっと働きたい人にとっては
痛手になることは必至だ。

...................................................................................

■ 本日の派遣の悩み相談事例
...................................................................................

派遣で働いていると、派遣会社や派遣先企業との
間で、いろんなトラブルや悩みが出てくることが
あります。

ぜひ参考にしてください。

相談内容は「個人情報保護法」に基づき、個人を
特定できないように配慮しています。

※本文は相談者様の了解を得て掲載しています。

【本日のご相談】

初めて相談させていただきます。

○○○サービスより派遣先に2012年1月より
派遣され今に至ります。

11月末で契約終了なのに、10月最終週に確認にこられ、
一旦は3ヶ月契約更新のお返事だったのですが、私のほ
うが1年以上値上げ要求もしていなかったので少々でも
上げて欲しいとお願いしました。

そこから派遣先の担当者に電話がつながらずといった
状態で11月に入ってしまい、とうとう11月24日にまで
なってしまいました。

夕方、派遣元に電話すると、1ヶ月だけの更新にして
くれないかといわれました。

これはどう考えても10月末までに契約してなかったら
1ヶ月前の告知にならないから、そう言い出したのか
はわかりませんが正直やる気もなくなりましたし、
11月末で辞めたいと思いました。

ところが11月25日に郵便で1ヶ月だけの時給もそのまま
の契約書とタイムカードが送付されました。昼に1ヶ月
だけ更新という話だったのですが、12月16日より他の
ところで働くので契約更新をやめますと担当者にお伝
え下さいという電話をしました。

ですが担当者から折り返し連絡させますとのことで
現在まだその電話はとっていません。

有給が10日残っているので使い切って辞めたいと思い
その派遣先企業も15日、1日締めなのでちょうどいいか
と思って9月末でとお願いしたいのですが、引継ぎは
あと3日しかありません。

しかしそうなったのは、1ヶ月前に契約を確定しなか
った派遣先、派遣元の問題であり私には一切の責任
がないかと思われます。

普通なら1ヶ月先に決まっているのに それすらなく
毎日心細い思いで、挙句の果てにこれですかという気
持ちです。

もちろん引継ぎは致します。ですが、あと4日でどなた
か決めていただきたいのですが、そうもいかないので
私に引継ぎが終わるまでとか言ってきそうです。

正直したくないです。1か月分の給料を保証していた
だき、11月末までで終了し、有給消化したいです。

これは不可能でしょうか。

どうぞご解答のほどお願い致します。

本日午後5時過ぎに派遣元から電話がくる予定です。

あちらは私が1ヶ月契約更新すると思っているので
しょうが、昼の電話でそうでないことを知り焦って
無茶苦茶いってきそうな気がします。

どうぞご助言をお願い致します。

...................................................................................

【回答】

○○○サービスの営業マンは、レベルが低い
ことで有名です。

結論から言うと、あなたの希望通り、11月末で
派遣終了することができます。

ただし、11月末で契約終了した場合、12月分の
お給料の保障は無理です。

そして、有給休暇は使うことができます。
ただし、有給休暇は基本的に契約期間内しか
使うことができません。

11月末で終了するのであれば、土日に充てて
もらう方法があります。

12月16日から他の派遣会社で働くのであれば
12月15日まで契約を延長して、有給を使いつつ
引き継ぎをするという方法もあります。

後程、11月末で終了するために派遣会社に
どのように言えば良いのか・有給をスムーズ
に使えるようにするにはどのように言えば
良いのかをメールしますので、メールの通り
に派遣会社に交渉してください。

...................................................................................

■ 派遣トラブル・悩みを解決しよう!
...................................................................................

あなたも派遣先企業や派遣会社とのトラブルや悩みを
解決して、スッキリしませんか?

小さなことでも、何でも相談できます。

派遣のトラブルは突然起こるものです。

そんな時には損をしない解決策をすぐにもらって、
早く安心したいですよね。

今からすぐに専用メールで相談ができます。
詳しい内容はこちら
  ↓↓↓
http://hakenshain.kaima01.com/nayami.html

*当サイトは個人情報保護規定を遵守していますので、
  安心してご相談ください。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2013年11月度の派遣平均時給は1,497円

2013年12月13日 | 9月の平均派遣時給1,542円 3ヵ月ぶりに前月

...................................................................................

■ 派遣業界、気になる最新ニュース
...................................................................................

2013年11月度の派遣平均時給は1,497円

(2013年12月11日 PR TIMES)

人材採用・入社後活躍のエン・ジャパン株式会社
が運営する全国の派遣情報集合サイト「en派遣の
お仕事情報」では、当サイトに掲載された全ての
職種の求人情報をエリア別に集計し、募集時の
平均時給分析を行っております。

2013年11月度の集計結果がまとまりましたので、
お知らせいたします。

【 概況 】

■11月度の全国の募集時平均時給は、1,497円

11月度の全国の募集時平均時給は1,497円で、
7カ月ぶりに前月比(0.8%減)・前年同月比
(0.2%減)ともにマイナスとなりました。

3エリア(関東、東海、関西)は1,514円となり、
全国平均と同様に、7カ月ぶりに前月比(0.8%減)
・前年同月比(0.1%減)ともにマイナスとなって
います。

■全国の職種別平均時給は、クリエイティブ系
 職種が前月比・前年同月比マイナス

「クリエイティブ系」職種
(1,597円/前月比0.3%減、前年同月比0.4%減)は、
2カ月連続で、前月比・前年同月比ともにマイナ
スとなりました。

前年同月比プラスだったのは、
「オフイスワーク系」職種
(1,444円/前月比0.1%増、前年同月比0.7%増) 、

「営業系」職種
(1,357円/前月比1.0%減、前年同月比0.1%増)、

「IT系」職種
(1,921円/前月比1.5%減、前年同月比2.3%増)、

「技術系」職種
(1,612円/前月比2.0%増、前年同月比1.2%増)、

「医療・介護系」職種
(1,453円/前月比1.0%増、前年同月比0.9%増)
でした。

■エリア別の平均時給は、8エリア中7エリア
 が前月比マイナス

前月比マイナスとなったのは、

関東エリア(1,580円/前月比0.9%減)、

関西エリア(1,336円/前月比0.5%減)、

北海道エリア(1,033円/前月比4.1%減)、

東北エリア(1,104円/前月比4.3%減)、

北信越エリア(1,043円/前月比0.6%減)、

中国・四国エリア(1,096円/前月比1.8%減)、

九州・沖縄エリア (1,081円/前月比2.5%減)
でした。

このほか、前月比プラスだったのは、
東海エリア(1,312円/前月比1.8%増)
でした。 

今もらっている時給に納得がいかない、
もうすぐ契約更新が来る方はご覧にな
ってください。

景気が良くなってきた今が時給UPの
チャンスです!!
 
▼「派遣社員のあなた!今の時給低すぎませんか?」
  http://haken-bible.blogzine.jp/up/

...................................................................................

■ 本日の派遣の悩み相談事例
...................................................................................

派遣で働いていると、派遣会社や派遣先企業との
間で、いろんなトラブルや悩みが出てくることが
あります。

ぜひ参考にしてください。

相談内容は「個人情報保護法」に基づき、個人を
特定できないように配慮しています。

※本文は相談者様の了解を得て掲載しています。

【本日のご相談】

「過去の社会保険加入日に関しての疑問」

おそらく結論を覆すのは難しいとは思いますが、
どうか、ご相談させてください。

私はシステム開発の仕事をしております。
これまで色々な派遣会社のお仕事をしてきました。
今は正社員として働いております。

今年の3月〜7月末まで、○○○○○スタッフの
派遣で仕事をしていたのですが、その時の社会
保険に関することでご相談させてください。

最初の面談の時に、営業担当から
「最初1ヶ月はお試し期間ですので、
次回は3ヶ月更新になります。」
と説明を受けました。

「社会保険は2ヶ月目からになっちゃいます
けどいいですか?」と言われ、OKしたのは
覚えています。

しかし派遣先の締め日の都合で、お試し期間
後は、4ヶ月先の更新となりました。

3月は1ヶ月、次は4〜7月の4ヶ月先の契約に
なるということでした。

それに関して営業からは電話で説明を受けま
したが、社会保険に関しては何も説明はなく、
「契約書類が再度2枚送付になっちゃいます
けど最初に送ったのが間違ってるんで、気に
しないでくださいね〜」と言われ、了解しま
した。

社会保険には2ヶ月目から加入になると最初に
言われていたので、4月1日から加入かと思って
いたのですが、社会保険加入日は5月1日からに
なっておりました。

保険証が届くのが遅く、総務課に電話したと
ころ「間もなく送付されますので…」と言わ
れ、5月に入ってから手元に届いたのですが、
その際、加入日の確認をしなかったことが
自分のミスだったと思います。

その後、7月末に仕事の契約を終え、今は別
の会社に就職したのですが、最近になって、
4月分の国民保険と年金が未納になっている
ことに気付きました。

派遣会社のHPから自分の社会保険データを
見ると、加入日が5月1日からになっていた
ので慌てて事務課に連絡したところ、
「こちらとしては契約書や社会保険の案内
は正しく送付しているので、間違っていな
い」と言われました。

派遣会社の見解としては、
--------------------------------
送付された契約書は
・3/6〜4/5
・4/6〜5/5
・5/6〜7/31
の3通あり、
2ヶ月超えない契約期間は
社会保険加入の義務は無く、

また社会保険加入の案内書には『5/1加入』
と書いてあったので、こちらに間違いはない。
--------------------------------
とのことでした。

ですが、こちらは社会保険加入日がズレ
てしまう説明は一切聞いていなかったし、
あくまで派遣先の都合で4ヶ月目の更新
になったのだから、4月から入れるものだ
と思い込んでたのですが…。

今更どうこう言っても、これはどうにも
ならないことなのでしょうか?

営業担当に社会保険について確認しなかった
自分のミスですが、向こうの言い分だけでOK
するのは何だか納得いかず、こちらにご相談
させて頂いた次第です。

...................................................................................

【回答】

法的に言うと、今回のケースであれば
社会保険は2か月目からの加入が正しい
です。

1回目の契約期間が2か月であったのであれば
3ヶ月目からの加入ですが、今回の場合は
1ヶ月契約を2回更新していますので、
社会保険加入は2か月目からになります。

したがって、4月6日からの遡及加入を
派遣会社に訴えることができます。

後程、派遣会社にどのように言えば
よいかをメールしますので、その通りに
派遣会社に言ってください。

そうすれば、円満に遡及加入してもらえます。

...................................................................................

■ 派遣トラブル・悩みを解決しよう!
...................................................................................

あなたも派遣先企業や派遣会社とのトラブルや悩みを
解決して、スッキリしませんか?

小さなことでも、何でも相談できます。

派遣のトラブルは突然起こるものです。

そんな時には損をしない解決策をすぐにもらって、
早く安心したいですよね。

今からすぐに専用メールで相談ができます。
詳しい内容はこちら
  ↓↓↓
http://hakenshain.kaima01.com/nayami.html

*当サイトは個人情報保護規定を遵守していますので、
  安心してご相談ください。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

派遣法見直し案 派遣社員保護に全く繋がらず!

2013年11月30日 | 9月の平均派遣時給1,542円 3ヵ月ぶりに前月

...................................................................................

■ 派遣業界、気になる最新ニュース

...................................................................................

派遣法見直し案 派遣社員保護に全く繋がらず!

(2013年11月24日 東京新聞より)

派遣切りされた労働者らが東京・日比谷公園
で年を越した「年越し派遣村」が社会問題と
なったのは5年前の年末。

不安定な立場で働く人が増え続ける中、今で
さえ脆弱(ぜいじゃく)な労働者保護のルール
を撤廃する動きが加速している。

「また人生が翻弄(ほんろう)される」。

光の見えない法改正論議に、派遣労働者の
嘆きは大きい。

「そんなに文句があるなら辞めたらどうですか」

東京都内の同じ会社で10年以上働く派遣社員
の女性(54)は数年前、上司からの嫌がらせ
を相談した派遣会社の担当者の言葉にがくぜん
とした。

顧客である派遣先の企業の方が大事なのだと
思い知らされた。

2人の子どもが幼いころに離婚。子育てしな
がら正社員に就くことは難しく、契約を3ヶ月
ごとに更新して働き続けてきた。

現行制度では、一つの業務に派遣社員を従事
させられる上限は3年だ。

例外として無期限なのが、26の専門業務。

女性も、その一つの「事務用機器操作」とし
て働く。

それでも「誇りや自信が失われていく働き方」
との思いは募る。

正社員を目指して英語力を磨き、資格も多く
取った。

だが給料は今も10歳下の社員の半分。

通勤手当や忌引休暇などの権利もない。

「派遣が担うのは一時的、臨時的な仕事の
はずで、長く雇いたければ正社員にすべき
なのに…」

派遣法改正のたたき台として8月に厚生
労働省の有識者研究会が出した報告書の
方向性は、女性の願いとは正反対だ。

26業務を廃止し、あらゆる業務で無期限
に派遣社員を使えることを提言。

一人が同じ職場で働ける期間を最長3年と
する。

これが現実になれば、企業は3年ごとに
人を代えて派遣を使い続けることができ
るようになるが、女性は3年で別の職場
に移らなくてはならない。

労働契約法の改正で、有期契約社員が5年
を超えて反復契約した場合、無期雇用に転換
できることになったが、それもかなわなくなる。

「正社員へのわずかな望みも完全に絶たれる
 ことになる」

派遣で日雇いの仕事をする千葉県の男性(34)
の携帯電話に9月、日雇い派遣禁止の「例外」
に当てはまるか申告するよう求めるメールが
派遣会社から届いた。

昨年10月に施行された「改正労働者派遣法」
では、労働者保護の観点から、日雇い労働の
原則禁止が打ち出された。

しかし、60歳以上や学生、年収500万円
以上の世帯の人などは例外となる。

男性は派遣会社からのメールや電話で誘導
され、同居の両親の収入を確認することも
なく「同一生計者の年収が500万円以上」
と申告。

証明書類も求められなかった。

有識者研究会の報告を受け、同省の労働政策
審議会では、年内に派遣法の見直し案をまと
めるため議論している。

日雇い原則廃止のルールについて使用者側
委員は撤廃するよう主張。

「企業が活躍しやすい国」を目指す政府のもと、
使用者側の意向が反映される可能性が強い。

事前の説明と違う仕事をさせられるなど多くの
理不尽な目に遭ってきた男性は冷ややかに言う。

「好きな時に好きなだけ使いたいっていうこと。
 弱い立場の人が増えるだけだ」

会社とのトラブル・悩み相談は下記まで
24時間受付中!
http://hakenshain.kaima01.com/nayami.html

...................................................................................

■ 本日の派遣の悩み相談事例
...................................................................................

派遣で働いていると、派遣会社や派遣先企業との
間で、いろんなトラブルや悩みが出てくることが
あります。

ぜひ参考にしてください。

相談内容は「個人情報保護法」に基づき、個人を
特定できないように配慮しています。

※本文は相談者様の了解を得て掲載しています。

【本日のご相談】

11月より、アウトソーシングの会社に派遣社員
として勤務を始めました。

業務の内容は、総務や請求書の発行、及び秘書
業務です。

自由化業務のため派遣期間は最長約2年、初回
は1ヶ月その後3ヶ月更新の契約になる予定です。

現在引継ぎを受けている最中なのですが、その
引継ぎをしている前任者(同じ派遣会社の派遣
社員)の説明が理解できず、また前任者が作っ
たマニュアルの内容にも理解できず、困ってい
ます。

このことを派遣会社に相談し、前任者に改善する
よう度々促してもらったのですが、あまり改善さ
れません。

業務内容的にもお金を扱ったり、クライアント
との取引にも重要な内容があり、その重要な
部分だけでも正確に理解する必要があると思う
のですが、説明の仕方がわからず、本人もよく
わからない様子で(ファイルの場所や、参照
データ等)、色々と自問したり、間違えながら
の説明です。

その業務をしているのは前任者のみで、他に
把握している人はいません。

上司は大まかな流れのみを理解しており、細か
いデータやファイルの位置などをわかっている
人はいません。

前任者がいなくなってしまうと誰にも聞けない
状態になります。

前任者は引継ぎは順調といい放ち(早くやめた
いため、引継ぎの仕方も雑な様子も見受けられ
ます)引継ぎを早く終え、満了期間を前に終了
したいと言っている状況です。

引継ぎの状況が悪く、またいなくなってからの
ことを考えると、業務を続けていくのに不安が
あります。

自分としては、きっちり業務をしていきたい
為、この派遣先での契約更新を迷っています。

今までは、大手の企業に勤めていたため、わか
らないことがあれば、社内ネットワークで尋ね
たり、本部に聞いたりして、たとえ一人でやっ
ても対応出来る状態でしたが、今回はそういう
手立てがないため、困っています。

こういった派遣先は多いのでしょうか?

ご意見お聞かせいただけたら幸いです。

...................................................................................

【回答】

たいへんですね。お気持ちお察しします。

ハッキリ言って、こういった派遣先は多いです。

これを改善するためには、前任者の派遣社員
がきっちりと引き継ぎをする以外にありません。

現状ですと、それを期待できない様子ですから
まず、派遣会社営業担当者に言うこと。

そして、それでも改善されない場合は、派遣先に
現状を報告して、このまま引き継ぎをされても
今後業務が回っていかなくなることも考えられる
ということを報告することが重要です。

そうすれば、前任の派遣社員が辞めたあとでも
自分を守ることができます。

現状をできるだけ多くの関係者に公表して
ください。

...................................................................................

■ 派遣トラブル・悩みを解決しよう!
...................................................................................

あなたも派遣先企業や派遣会社とのトラブルや悩みを
解決して、スッキリしませんか?

小さなことでも、何でも相談できます。

派遣のトラブルは突然起こるものです。

そんな時には損をしない解決策をすぐにもらって、
早く安心したいですよね。

今からすぐに専用メールで相談ができます。
詳しい内容はこちら

  ↓↓↓
http://ajent.kaima01.com/

*当サイトは個人情報保護規定を遵守していますので、
  安心してご相談ください。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

大阪の派遣会社が派遣業許可取り消し!

2013年11月20日 | 9月の平均派遣時給1,542円 3ヵ月ぶりに前月

...................................................................................

■ 派遣業界、気になる最新ニュース
...................................................................................

大阪の派遣会社が派遣業許可取り消し!

(2013年11月18日  読売新聞より)

事業停止命令に従わず

厚生労働省に営業所を届け出ずに隠し、
事業停止命令を受けた期間などにも
派遣を続けたのは労働者派遣法に違反
し悪質だとして、同省が人材派遣会社
「D&H」(大阪市阿倍野区)の派遣
事業許可を取り消す方針を固めたこと
がわかった。

現行の許可制度になった2004年以降、
同法違反を理由にした許可取り消しは、
今年8月、大阪市北区の人材派遣会社へ
の処分に次いで2例目。

関係者によると、同社は10年2月から
大阪の本社とは別に、熊本市内に営業所
を設け、派遣先が見つかったときだけ
働く登録型の「一般労働者派遣事業」の
形式で、パチンコ店に約30人を送って
いた。

しかし、同営業所は、事業所の新設届が
出されていなかった。

さらに、本社自体も10年8月から社員を
常用雇用している場合に限られる「特定労
働者派遣事業」の届け出しかないのに、無
許可で一般派遣事業を行ったとして11年
4〜5月、事業停止命令を受けたが、この
間も違法な派遣を続けたという。

同営業所について、同社は厚労省に対し
「パチンコ台があり、営業所ではなく、
派遣労働者の研修施設」と主張したが、
同省は、面接や労務管理が行われ事業所
の実態があると判断したとみられる。

一般派遣の許可には資産要件があり、
事業所数に応じて増額されるため、
資産不足を恐れて届け出なかった
可能性がある。

まったくとんでもない派遣会社が
あるものである。

この派遣会社から派遣されていた
派遣社員がいちばん迷惑を被った
ことになります。

会社とのトラブル・悩み相談は下記まで
24時間受付中!
http://hakenshain.kaima01.com/nayami.html

...................................................................................

■ 本日の派遣の悩み相談事例
...................................................................................

派遣で働いていると、派遣会社や派遣先企業との
間で、いろんなトラブルや悩みが出てくることが
あります。

ぜひ参考にしてください。

相談内容は「個人情報保護法」に基づき、個人を
特定できないように配慮しています。

※本文は相談者様の了解を得て掲載しています。

【本日のご相談】

今回のご相談は、

「派遣先の事業再編による契約期間短縮・
契約満了による、失業保険の扱い」です。

・2008年3月から3ヶ月契約で契約
 更新、仕事内容は5号業務(OA事務)

・2013年6月下旬、次回9月〜11月
 の契約についての相談時に担当営業より、
 10月末日に契約短縮と連絡あり。
 (派遣先担当課長・部門長それぞれに
  確認済、派遣先都合である事は確定)

・派遣社員の更新意志 あり

・派遣先の更新意志  なし

この状況で、現在は正社員への転職活動を
続けています。

一時期、派遣元から仕事紹介(派遣)を
受けていました。

2件紹介、うち1件はコーディネーターへ
紹介承諾の連絡を入れた直後に他社で決定。

残り1件は、現在の仕事より時給・内容と
もに劣るため辞退。

現在は、派遣紹介を断り、正社員転職を
する旨を派遣元へ申し入れ済です。

10月21日に、派遣元の社会保険手続き
部門に電話で質問。

今後は仕事紹介を希望しない、理由は正社員
転職活動の為。

その際、「離職票は1番を選択」と指示を受
けましたので「離職票発行時期および失業保
険がいつもらえるか」質問したところ、
「最終給与支払日の後、5営業日内程度で
手元に到着、ハローワークへ提出してすぐ」
と言われました。

本日10月22日、派遣元より離職手続書が
届きましたが「離職理由確認書」には以下
記載がありました。

フローチャート

Q1:リクルートスタッフィングでの仕事を
   引き続き希望するか

   →NO、希望しない
    (離職理由:労働者都合の契約満了)

   →1:雇用保険喪失手続きを行う、
      最終給与振り込み後発送

   →YES、希望する
    (離職理由:事業主都合の契約満了)

Q2:喪失留保(1ヶ月待ち)を希望するか
   →YES
   →2:留保

   →NO
   →3:雇用保険喪失手続きを行う、
      最終給与振り込み後発送

この状態で、私は「1」となるのですが
この場合は、「自己都合退職」となるの
でしょうか?

再度、派遣元に問合せをしようと思ってい
ますが最悪、自己都合による3ヶ月待ちだ
とかなり厳しいのでどうしたものかと悩ん
でいます。

よろしくお願いいたします。

...................................................................................

【回答】

自己都合退職ではなく、すぐに失業手当を
もらえます。

その場合の経緯は、派遣先の事業再編による
契約期間短縮・契約満了によって契約終了と
なってしまった。

そして、次の派遣先を探してもらったが希望
に見合う案件がなく、就業決定に至らなかっ
たため、自分でも正社員の就職先を探してい
る状態であることにしてください。

そして、先ほどメールした内容の通りに
派遣会社に連絡してください。

そうすれば、失業手当がすぐにもらえる
ことになります。

正社員への就職先を紹介してくれるサイト
は下記になりますので、無料登録しておく
と良いでしょう。

失敗しない転職、就職へのはじめの一歩とは?
http://tenshoku.kaima01.com

...................................................................................

■ 派遣トラブル・悩みを解決しよう!
...................................................................................

あなたも派遣先企業や派遣会社とのトラブルや悩みを
解決して、スッキリしませんか?

小さなことでも、何でも相談できます。

派遣のトラブルは突然起こるものです。

そんな時には損をしない解決策をすぐにもらって、
早く安心したいですよね。

今からすぐに専用メールで相談ができます。
詳しい内容はこちら
  ↓↓↓
http://hakenshain.kaima01.com/nayami.html

*当サイトは個人情報保護規定を遵守していますので、
  安心してご相談ください。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加