アラフィフ×1ライターの日記

できるだけ穏やかに、健康に、年を重ねていきたい。

あっけなく

2012-10-27 20:59:34 | 日記
今日、義父が亡くなりました。

18時過ぎにダーリンとラパンで帰宅途中、ダーリン携帯に電話。
義父が入院している病院からで、夕食を喉に詰まらせて状態が危ないと。

実はその2時間くらい前、義父に会ってきたばかり。
毛糸の帽子と文庫本を届けて、少し会話も。
顔色もよく、ただ、タンの絡みがいつもより酷い感じがしたものの、
また来るねと行って別れたばかり。

私は留守番で、とりあえずダーリンだけ急いで駆けつけましたが
そのまま亡くなったと連絡が。

人の死というのは、あまりにあっけないものですね。
でもダーリン的には、40年以上前に出版された自分の著書に再び巡り合って、
何日も苦しむことなくいけたのだから、幸せだったと思うと。

実は来月初旬には今の病院を退院した後のことについて、
病院のケースワーカーさんと話をする段取りになっていたんです。
老健、特養、これからどうしようかと言っていたんですけど。

ほんとに、あっけない死ではありますが、
静かに見送ろうと思います。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

お酒との付き合い方

2012-10-24 14:23:31 | 日記
扁桃摘出手術から早いもので1カ月以上が経過。

入院中は当然ながら、入院前からお酒は自主的に控えていましたが
医師に飲食制限を解いてもよしと言われた退院2週間以降もお酒を飲んでいません。

厳密には、1度だけ仲の良い同業ライターさんと快気祝いランチをしたときに
スパークリングワイン(小さめのグラス1杯)を飲んだのですが
それを除けば一切飲んでいません。



休肝日ゼロだった私にしたら、これは自分としてはすごいこと

お酒をやめると決めた訳ではないものの、
これまでの飲み方(=習慣でただ飲んでいた)を見直す好機に感じられたこと、
朝の目覚めがスッキリと感じられるのがいいなと感じたこと、
また元のように当たり前のように家で毎晩お酒を飲む生活になだれ込んでいくことがちょっと怖い
などの諸々の理由で、今のところ我慢()できています。

飲まないでいると、飲んでいる人(=ダーリン)を見ると
ああ、酔ってるなーと感じるようになり、自分もこんな感じ?だったのかなー、
と客観的に自分を振り返ってみたり。
って、ダーリンも私も別にすごい酒乱とかじゃないですが、
やっぱり飲むと素面(しらふ)とは違います。

私がそんなこんなで飲酒にブレーキをかけているからか、
最近、ダーリンの飲み方が変わってきました。

以前は、酒の肴をつまみながら缶ビール1本+焼酎水割り2~3杯、
夜はお米は食べずにおそばかラーメンなどの麺類が普通でしたが、
最近は、お酒は缶ビール1~2本だけ、そのあとご飯とみそ汁という日が増えてきました。

こんなの、一緒に暮らすようになってこれまでなかったことです。

ダーリンにどうしたの?と聞くと、一人で飲んでもつまらないんだそうです。
加えて、焼酎を飲まないと翌朝の目覚めやすっきり感が明らかに違うんだそうです。

私がこの先ずーーーっと家で飲まないかはわかりませんが、
ここ数か月飲んでないことで、お酒が減るスピードも
お酒代も、当然ながら以前とは全く違うとダーリン。

本当に、このトシで扁桃炎にかかって慢性化して手術をしていなかったら、
ずーーっと当たり前のように毎日飲んでいたんだろうなーって思います。

喉が痛くてまともに飲食できなかったこともありますが
お酒を控えたことであまり苦労せずに痩せられたような気もするし、
扁桃炎になったことは、結構大きな意味があったのかなと思います。

これからは、お酒は外で飲むときを主として、
ダラダラ家飲みはあまりしないようにしようかな(できるかな)。

私の変化がダーリンにも変化を及ぼすようになるとは、ちょっと思いませんでしたが
お酒との付き合い方を見直すことができたのは、よかったのかなと感じています。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

モコよ、さようなら。

2012-10-22 13:36:35 | 日記

昨日、友達と秋の鎌倉散策。
帰り、駅のホームで電車を待っているときダーリンからの着歴に気づく。
折り返したら、帰ってからでいいからとのこと。
なんだろ?と思って帰宅したら、軽のクルマのことでした。

半年前に迎えた「モコはやめてラパンにしたから」と。
最大の理由は、マンションの立体駐車場の下段の出し入れに時間がかかるため。
次の理由は「見た目」。

前に書いたかもしれませんが、もともと中段に入る軽を探していて
私はラパンが好みだったのですが、ダーリンの友達のクルマ屋さんに行って
ラパンがなくて、新車もあったのですがお財布はダーリンだし、
さすがに新車は贅沢と、モコを見てこれも悪くないよねということで決定。

クルマ屋さんで手続き中、実は車高が高くて中段に入らないことが判明するも、
主に使うのは私だし、毎日乗らないから少しぐらい我慢するよ、ということで購入したのでした。

ただ、義父母の件でダーリンも軽を使うことがよくあり、
せっかちな性格もあり、どうしても下段の出し入れに時間がかかるのが不満だったよう。

プリウスの1カ月点検でクルマ屋さんに行って、
情報だけもらっていた中古のラパンを実際に見て、即決してしまったようなんです。
私への電話は、事後報告としてそのことを伝えようとしたみたい。

私としては、「モコにも慣れてきたし、出し入れの時間もまぁ仕方ない、
さらに買換えなんて贅沢だし今のままでいいよ」ってダーリンに言ってあったのですが、
ダーリン的にはもう決めてたみたいですね―

クルマを変えても変えなくても、お財布はダーリン。
なのでどっちがどうとか、言えないんですけどね・・・

キーの仕組みとかエアコンとか、ギアとか、少し前の仕様のようで
それに慣れないといけませんね。

ミルクティーベージュのラパンは早ければ今週末にはやってくる予定です。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

仕事復帰

2012-10-18 18:49:35 | 日記
1ヵ月半ぶりの編集会議で、MM21を望む桜木町へ行ってきました。
電車に乗るのは久しぶり。

2時間近く声を使って、喉がすっごく疲れた感じ―。
なんでもない健康な時でも、編集会議を終えるとしゃべり疲れる感じでしたが、
病み上がりだとさらにきつく感じます。

これから本格始動して、取材本数をこなしていくことになるのですが、
自分の喉と声が大丈夫かちょっと不安だったりして。。

帰路、新しく買った柄物のタイツに合わせるショートパンツがほしくて最寄駅の駅ビルに立ち寄り。
SとM、両方試着してみたところ、この夏の扁桃炎のおかげで少し痩せたのでMがブカブカ。
それでも下半身デブであることに変わりはないけれど、Sが履けたのはうれしかった。
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

そろそろ仕事

2012-10-15 11:57:35 | ライターの仕事など
今回の入院・手術で1ヵ月半という、これまでで初めての長期休業をした私。
そろそろ復帰の時期が近づいてきましたが、複数やっている仕事の中で、
4年目に突入した最も手間暇かかるwebの仕事の再開がなんとなく気が重い。。

休業前にも時々、費やす時間の割には報酬が低く、疲れを感じてそろそろ潮時か・・・と思いながら
なんとか続けてきたけれど、7月から突然原稿料の振り込み遅延が続き、モチベーションが下がり始め、
そんなタイミングで長期で休んだことで、部屋の片づけやパン焼きにトライするなど
普段できないことに時間を使える楽しさを感じたりで、
休業前に感じた「潮時感」が、却って強まった感じなんですよね。。

もちろん、自分のお小遣いはほしいので仕事は必要なんですけど、
それ以外の仕事に絞って、時間的ゆとりを作るのも悪くないなーと。

とはいえ、今すぐ辞める訳ではないので、
この仕事を再開したらまためまぐるしい日々に今の気持ちも忙殺されてしまう可能性もあるのですが。

でも、何かをきっかけに自分の気持ちや考えに変化が起きるのは自然なことだと思うので、
それを無視しないように考えながらやっていこうと思います。
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

ワンズと中伊豆(4)

2012-10-13 11:07:02 | 日記
2日目、宿をチェックアウトして、事前に調べておいた伊豆長岡グルメをゲットしに出かけます。
といっても、伊豆長岡はとっても小さな温泉街。クルマで数分で着いちゃいます。



こちらは、手作りとうふ「みずぐち」さん。お豆腐はもちろん、豆腐コロッケ、
おからなどのお惣菜から生湯葉、豆乳ソフトなどのスイーツまでいろいろあって、どれもおいしいと評判のお店。



朝一番に着いて、あれこれ迷って絹ごし豆腐、豆腐コロッケ、
ところてん、豆乳プリン(プレーン・カラメル)を購入。
豆乳プリンは100円前後ととってもリーズナブル。
朝ご飯直後の訪問でおなかいっぱいで豆乳ソフトが食べられなかったけれど、又機会があれば食べてみたい♪



次に立ち寄ったのは、温泉まんじゅうの老舗「黒柳」さん。冒頭写真のおまんじゅうがそれです。
伊豆長岡温泉では「柳月(りゅうげつ)」と「黒柳」の2軒が温泉まんじゅうの人気を二分する人気店らしく、
「柳月」は味付けにお醤油を使った濃いめの味、「黒柳」は塩を使ってさっぱりした甘さに仕上げているそう。
好み的に、今回は「黒柳」で買ってみました。確かにさっぱりした甘さで、全体の印象もふっくらしておいしい。
買った際に箱の底に触れたらできたてらしく温かでした。



まだ時間があったので、伊豆長岡から南下して伊豆市湯ヶ島の「浄蓮の滝」に行くことにしました。
カラオケ18番(?)、石川さゆり「天城越え」に登場する滝へ初訪問です(笑)



ここに併設された「天城国際鱒釣場」で、ダーリンが釣りがしたいと希望(以前はよく海釣りをしていた)。
貸竿・網など一式を借りて1時間コースで申し込み。
イクラを餌に、放流されているニジマスやアマゴに向けて釣竿を落とします。
2ワンズも渓流の直ぐ近くの岩場でじっと見守ります。



ダーリンに勧められ、私も挑戦!
以前、取材で箱根の似たような釣り場でトライしたことがあり、それ以来2度目の体験です。

ダーリンも最初はなかなか釣れませんでしたが、コツを掴んでから徐々に釣れ始め、
私も教えてもらったコツで糸を垂らしたところ、あら、ちゃんと引いてる!2匹釣りあげました♪
写真の魚はこの日5匹釣りあげた中で一番の大物でした(笑)

釣れた魚は、釣りの受付小屋のおばちゃんが内臓を取って塩を刷り込み、
発泡スチロールの箱に入れてくれます(有料ですが)。
ちなみに1時間コースの場合、持ち帰れる魚の数は6匹までと決まっていて、ギリギリ寸前の数。
2人だから持ち帰って食べるのには5匹で十分です。



浄蓮の滝には、テレビのロケなどにもよく登場するわさび畑もあり、
生わさびやわさび用のおろし金、わさび味のお菓子各種など、
わさびにちなんだお土産品を沢山扱う小さなお店がありのぞくと楽しいです。

わさびソフトが有名みたいで食べるつもりでしたが、このお店の手前の看板で、
ソフトクリームではなく、バニラアイスにおろし立ての生わさびをトッピングした商品があるのを見て、
おいしそう♪と急遽、こちらに変更。



わさびアイス自体初めてですが、アイス全体にわさびが混ざったのではなく、
こういうトッピング状態で出てくるのは、お刺身みたいで?新鮮です。
スプーンで軽く全体を混ぜて食べてみたところ、
当然ながらチューブわさびのような鼻にくるツーンとした刺激はなく、なんとも品のある「ツンと感」。

よくアイスに黒酢が合うと聞きますが、わさびも立派に合うんですね。
ちょっと癖になりそうなおいしさです。
ちなみに、ここで生わさびとおろし金を購入して帰宅後、
冷凍庫にあったハーゲンダッツのバニラでわさびアイスを再現してみたところ、
アイスはあまり高価じゃない方がいいみたいです。
アイスの味が勝りすぎて、わさびが負けちゃってる感じで、普通の100円ぐらいのバニラアイスの方が
わさびが引き立っていいのかもしれません。



グルメを締めくくるのは、伊豆ではなく、熱海の温泉水で仕込んだフルーツロールケーキ。
伊豆山にある「ベジフルスィーツKAICHI」というお店の人気商品です。



こちらのお店、初めわからなくて通り過ぎてしまい、車を降りて歩いて見つけました。

ケーキ屋さんをイメージしていたのに、なんとショーケースなどがなく引き戸を開けるとそこはお菓子作り工房。
商品はフルーツロールしかないとのことで、1本1600円近くする高価なものですが、
そこで手ぶらで帰る訳にもいかず、購入。持ってみて驚いたのは、その重量!!
こんなに重たいロールケーキを持ったのは初めてです!

帰宅後、味わってみて価格に納得。ロールケーキと言うとふわふわの軽い生地を想像しますが、
こちらのはしっとり、モチモチ系。バター不使用らしく、クリームはさっぱり、でもコクのある甘さです。
地元の八百屋さんがプロデュースしており、
旬のフルーツやほうれん草などの野菜を使いヘルシーに仕上げたスイーツが人気のよう。
デパートの催事などで入手するか、こちらの本店、ネット購入でしか買えないよう。
ネットだとクール便利用のみの料金で1000円かかるので、
熱海を通る時があればまた寄って買おうかなと思います。
ほかのメニューも味わってみたい~。

あ、忘れてました、グルメの本当の締めは、小田原「山安」さんの干物でした!(写真はないけど)
ここのアジやホッケの干物、ダーリンが大好物で。
どれも魚自体が大きくて、しかも身が厚く、アジなんて一尾一度に食べられないくらい。
しばらく食卓で活躍してくれそうです。

(旅の総括)
帰宅翌日、結構疲れていたようでなかなか体が起き上がれず・・・(^^;)
体力的にちょっときつかったけど、秋の絶景や美味しいものにたくさん出会えたし、
思い切って行って良かったです。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

ワンズと中伊豆(3)

2012-10-11 15:38:12 | 日記


今宵のお宿、伊豆長岡温泉の「福狸亭 小川家」さんに到着です。

こちらは全16室ほどの純和風旅館で、客室は16畳という広々スペースがあり、夕朝食とも部屋食。
ペット専用ではないためケージやトイレシート、食器などのワンズアイテムは持参になりますが、
衛生費1匹2,000円(1室2匹まで)でワンちゃんネコちゃんも宿泊できます。



手前が10畳ほどのメーンの和室。



6畳の次の間には2つ目のテーブルセットが。合計16畳で大人4~5人泊まれそうです。



ダーリンが温泉に行っている間の2ワンズ(笑)



どでかい背中の長男。洗ったばかりで毛もふわんふわん。
座布団の上に移動して相方を待ってます。



沼津の魚河岸から直で仕入れたお刺身をはじめ、おいしい料理に舌鼓♪



鮭のハラミ、でしょうか。脂がのってました。



揚げてとろみがついた白身魚や里芋、ナス、青菜の炊き合わせも品のある仕立てで美味しかった。このほかに前菜3品、牛ステーキ、煮物、汁物、ご飯などがついて満腹至極♪
料理がおいしいと口コミ評価を見て決めて正解です。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

ワンズと中伊豆(2)

2012-10-11 15:08:51 | 日記


足湯に入ってから展望台まで行って、眺めの良い「見晴らし茶屋」でとろろそばと富士宮やきそばで腹ごしらえ。
こういう観光施設にしては手打ちそばっぽくて、おそば美味しかったです。



巨大な下駄のモニュメントで記念撮影。
珍しく2人そろってカメラ目線いただきました。

宿のチェックインまで時間があり、ミカン園でミカン狩りとも思いましたが、
この時期はミカン狩りというより食べ放題とお土産付きとのことで、
パノラマパークの売店でミカンが売っていたので安いのでここで買っちゃったのでミカン狩りはせず。



宿から送られてきたパンフレットの中に、愛犬用セルフ式マイクロバブルバスが載っていたので、
時間的にもちょうどいいので、2ワンズを丸洗いすることに決定。



10ミクロンの微細な泡と水流が皮膚や毛穴の奥に入り込み、皮脂や老廃物を取り除くので、肌によく、愛犬の美容と健康に良いとか。
大量のマイクロバブルによるマイナスイオン効果でワンズもリラックスできるそう。



温浴の後は、栓を抜いてシャンプー&トリートメント。



トリマー用のドライヤーで乾かします。



目を閉じて、なんか気持ちよさそうな長男。
人間さま(?)が温泉に入る前に、2人ともお風呂ですっかりきれいになっちゃいました。

料金は、中・小型犬は30分で1000円(ドライヤーは10分100円)。
ドライヤーは2匹で10分はややギリギリですが、バブルバスは1匹いくら、じゃないので助かります(笑)

ダーリン、びしょびしょになりながらも手際よく洗って&乾かしてくれました。
私も手伝いましたよ、ほんの少し(笑)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ワンズと中伊豆(1)

2012-10-11 14:55:58 | 日記


退院して、旅行に行くにはまだ早いと思われましたが、この後相方も忙しくなるし
私も一時休業している今ぐらいしか、仕事を気にせず出かけられないもので、
えい、ままよ!と伊豆長岡へ行ってきました。
冒頭の写真は往路の西湘バイパス。ツーリングの人もちらほら。



土砂流失で一時閉鎖されていた西湘PAにて。大あくびの長男(笑)
真後ろに頭頂部だけ次男が写ってるのが笑える!なぜか長男の胸の下から次男のしっぽが!?



箱根新道を経て、本日の目的地、伊豆の国パノラマパークへ到着。
次男が舌をペロッとしてるのが笑える。



ロープウェイで山頂を目指します。所要時間は7分間。



長男の表情が可愛い♪ 高所恐怖症のダーリンはビビってます。



次男も私にしっかり掴まって乗ってます。



ロープウェイからの眺め。
富士山全景は望めなかったものの、「あ~たま~をく~も~の~、う~えにだ~し~」♪の
唱歌さながらの景色が見られました。



眼下に江浦湾と淡島も見えました。
雲の形も空の色も「秋」って感じですねー。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

退院3日目の“冒険”

2012-10-06 10:03:20 | 日記
10月というのに次々来る台風、30度近い気温、昨夜の雷雨など、
まるで8月のような、2か月遅れぐらいの気象状況。
なんだか、不穏な感じがしますよ。。

そして今日は、退院後の外来へ。
てっきり、飲食や歯磨き(するなら前だけと言われている)などの制限が「もういいですよ~」と
解禁になるんじゃと期待したものの、主治医いわく「あと1週間待ちましょう♪」と。。
がーーーーん、まだダメでした・・・・(´;ω;`)

ところで3日(水)、退院したばかりというのに5時起きで箱根へ。
一反帰宅後、近所のシネコンで映画「最強のふたり」を見て帰宅、
2ワンを丸洗い+乾燥するという、1日たっぷり予定をこなす〝冒険〟(?)をしました(^^;)

こんなにてんこ盛りになったのは、そもそもレディースデーで映画に行こうと思っていた私が休日のダーリンを映画に誘い、
私が入院中に早朝箱根ドライブをして人が少なく時間も有効活用できるのを気に入った相方が、私をドライブに誘ったから。

まぁ退院したばかりと言っても、助手席に乗ってるか劇場に座ってるだけだし、
絶対安静!てな訳じゃないのでいっか~と
ハイブリッド車の走りもロングドライブで体感してみたかったし。
費用は映画チケットと軽食は私持ち、ドライブの飲食と温泉は相方持ちです(^^;)

その記録写真を少し。



家から約40分で箱根湯本に到着。早朝なのでスイスイ。
写真は湯本から塔の沢方面に向かう走行中。



湯本から約30分で芦ノ湖・元箱根に到着。箱根神社の赤い鳥居を撮ってみました。
まだ7時前、湖には釣り船が一艘浮かんでいるだけ。
静寂の湖を独占しているような贅沢な気分になれましたよ。



元箱根から、旧東海道を走って江戸時代から続くお茶屋さん「甘酒茶屋」へ。
ここは取材で2回訪れたことがありますが、米と麹だけでできた優しい甘さの甘酒が楽しめるお店。
わらじでやってきた旅人を出迎えていた頃から、朝7時には店を開けていたそうで、
年中無休、今も7時から営業しています。
私たちは、もちろん最初のお客さん♪
実施中のイベント「箱根スイーツコレクション」に参加している「こうじプリン」をも食べたかったのですが、
さすがにまだ準備できておらず残念!



茶屋の建物は何年か前に建て替えられましたが、古い木材は極力再利用したため、
古民家らしい雰囲気はそのまま。写真は客席から厨房方面。店内は土間になっています。



囲炉裏には火がともされていました。山の朝はやっぱりひんやり。




甘酒が出てきました。いそべとうぐいすの「力餅」とともに頂きました。朝ご飯にお餅って?(笑)



腹ごしらえの後は、朝6時から営業している湯本茶屋の日帰り温泉施設「湯の里おかだ」へ。
「ホテルおかだ」が営業しているんですが、
場所のサインなど案内が少々分かりにくく、着くまで少し迷いました。



湯上がり処。高台にあり眺望がいいです。



赤い橋をクルマが行きかうのが見えました。温泉で体の芯まであったまりました。
髪もからだもさっぱり、気持ちよかった~~。
長風呂はダメと言われているので、温泉に入ったり出たりでごまかしました(笑)



帰宅後、約束していた医療保険の件で担当さんの来訪を受け、義父の転院の件で面接に出かけた相方とシネコンで合流。
「最強のふたり」を観賞。おもしろかった!!二人の俳優さん、すごくいいです。
変に泣かせようとしないところもよかった。
アース・ウインド&ファイアーの「セプテンバー」と「ブギー・ワンダーランド」がまた、いい感じで使われています。

予定ぎっしりの1日でした。夜はもちろん早寝&爆睡です。



コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加