アラフィフ×1ライターの日記

できるだけ穏やかに、健康に、年を重ねていきたい。

体調がまずい・・・

2011-02-27 10:26:46 | 日記
先週、花粉症と風邪っぽい症状で体調を崩しつつも毎日休まず仕事に出かけ、
なんとか復活(といっても花粉症は全開バリバリ)したダーリンと入れ替わるように、
昨夜あたりから私の体調がイマイチ・・・。

24日と昨日と、友人に会うために東京都をまたいで片道2時間半、往復5時間かけて外出。
たまたま日程が近くなり続いたんですが、おしゃべり自体はどちらもとーっても楽しくて
充実していたんですが、いかんせん距離が遠すぎる・・・。
朝出て、訪問先に4時間くらい滞在し(ほんとはもっともっといたいのだ!)、
日が傾き始めたころ名残り惜しく退散・・・。
昨日は、友人宅から駅までの道を間違え(まだ残っている友人もいたため大丈夫だからと
一人で駅まで向かったのはいいんですが、見事に途中で間違え10分以上ロス・・・)
帰宅できたのは20時少し前。ダーリンが帰宅するほんの少し前なだけでした。

ちょっと遅くなってしまった分、子供たちのことが気がかりで気がかりで。
寒い場所にいるとか、水がないとか、劣悪な環境にいるわけではないのですが(というか広々6畳のサークルルームで遊び相手の相棒もいて、環境的にはよすぎるくらい?)、
10時間近く待たせたことが一度もないので、なんか気になって。。

でも、帰宅してみたら、おしっこも何もしていなくてトイレシートはきれいなまんま、
水もほとんど減っていなくて、きっと思いっきり省エネモードにして寝てたんでしょう。

ダーリンに今まで最長何時間留守番させたことがあるかを聞いてみたら、
仕事で急に残業になったとき16時間、という答えでした。めったにないことですが。

あぁ、でもこれでちょっとは長時間留守番させた場合の様子がわかったので
これからは気になる度合いもちょっとは減るでしょう。
何事も経験ですね。

あぁ、体調最悪になる前に復活したい!!!
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

少しは学習

2011-02-24 19:47:02 | ライターの仕事など
今日友人と会っている最中スマホに電話が入り、どこからかな?とひとまず出てみたら昔の同僚の編プロでした。
携帯を変えたとき連絡先登録をしていなかったみたいで、着信時に表示されなかったようです。

いつも困ったときに連絡が入り、仕事の細かさ、クオリティの高さなど、
労力にまったく見合わない激安原稿料を後で提示され、愕然とする…というパターンが定例化している例の編プロです。

仕事のアウトラインを聞いて、スケジュール予定を聞いている最中、受けるか否か迷っていました。
できなくはない内容でした。受けてもいいかな、どうしようかな…、短い時間で逡巡した末に、
今回はスケジュール的にかみ合わないという理由でお断りしました

これまでも、いつもそれで引き受けたことを後悔していた私―
最初に持ちかけられた話ではできそうでも、後で「ああ、やっぱり……」と嫌な思いをする可能性は限りなく大きい。
加えて、もう二度とあんな不愉快な思いはしたくない―、という気持ちが優柔不断な私の上を行き、
今回は断ることができました。私も少しは学習したかも?

というか、ダーリンが働いて支えてくれているから、こうやってやりたくない仕事を断ることができるわけで、
毎日長時間仕事を頑張ってくれているダーリンに感謝をしなければいけないですね。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

久しぶりに海へ

2011-02-22 18:59:54 | ライターの仕事など


仕事のついでに久しぶりに自転車で海まで足を延ばしてきました。
水平線が傾いているのはお許しを
スマートフォンで撮ったものですが、撮ってすぐディスプレイで見たよりも
こうしてPCにアップしてみるほうがきれいです。

帰りに今度遊びに行く仲の良い友達へのプレゼント用にと
ミントなどのハーブを4種詰をセットにしたグリーンのギフトと
焼き菓子の詰め合わせを買って、子供たちが待つ我が家に足早に帰りました。

それにしても、今日は風が冷たくて寒かったー。
海の青さがとてもきれいだったけれど。

明日は仕事が休みのダーリンとお酒のケース買いなどの買い出しと
行きつけ(笑)の近所の温泉施設で温まって(マッサージ受けてお酒飲んで?)くる予定です。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

お留守番

2011-02-17 23:09:02 | 日記
お留守番の子供たち。
最近撮った写真、結構気に入っているのでアップしちゃいます。



Mダックスにもレッド、ブラック、チョコなどいろんな毛色があるのですが
この長男のクリーム色がなんだかとても好きなんですよね
クリームというより薄いアイボリーといいますか、お風呂上がりなどは
胸のあたりのフワフワした部分が金色に輝いて見えるといいますか。
この写真は、ちょっと愁いを帯びた表情がいいかなーと。
はい、すっかり親バカですが




チョコタンの二男、カメラが近すぎてちょいと実際より
鼻デカに写ってしまいました
この子は性格・行動が面白くて、長男と全く違うんです。
例えば、一緒に家の中にいて、長男は私やダーリンが行くとこ、行くとこ、
すぐにストーカーのようについてくるのですが
二男はあまりそういうことはしません。

それどころか、一緒に家の中にいるはずなのに
ときどき姿を消してしまって、二男~、二男~、どこにいるの???と
家中かくれんぼみたいに探すようなこともあるほどで。

夏場は玄関の冷たい石の上と下駄箱の間の狭い空間に入っていたり、
季節問わない時期では締め切ったドアのなぜか反対側に回りこんでちょこんと座って
ドアのガラス部分からこちらを覗いていたり。
ちなみにナゼそんなことができるのかというと、
廊下に沿った犬部屋を囲うゲートと壁の間にできた二男がやっとこさ通れる隙間
(おデブの長男はとても通れない)に私たちが知らない間に入り込み、
廊下を区切る締め切ったドアの向こう側に行けてしまうという訳です。
ここでおかしいのは、二男、そこの狭い通路は一方通行しかできなくて、
同じ道を通って元に戻ることができないんですね。
そのため、「脱走」には成功しても、シーンと誰もいないスペースに一人、
さびしそうな顔をして座っている姿でいつも発見される訳です


そしてまたあるときは二男、
ペット用のゲートを立ててリビングからダイニングに入れないようにしているにも拘らず、
ソファーに上って高さを生かしてゲートを乗り越えてリビングに入って
日向ぼっこしていたり・・・と、とにかく意表を突いた行動が多くて、
真剣に居場所を探したり、思わぬところに入っていたりと
ビックリさせられっぱなし

2匹いると、性格の違いもあって面白いです、本当に
それにしても二男、胸毛がご立派
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

二人で横浜中華街

2011-02-17 21:02:37 | 日記
春節の最終日となる今日、ダーリンと横浜中華街に行ってきました。
石川町の駅の改札を出ると、一瞬どっちに行けばいいんだっけ??となるのですが、
たまたま仕事がらみの宴会で去年の秋に出かけていたのであまり迷わず行くことができました。



こういう台北で訪れた龍山寺(ロンサンスー)のようなお寺、中華街にもあったんですね。
棒状のお線香とか赤い蝋燭とか、なんか懐かしいです。



ちなみに今日、ここに来た目的は中華のオーダーバイキング=食べ放題。
「皇朝」という肉まんで有名なお店です(肉まんは食べてませんが^^;)。
着いたのは11時ちょっと過ぎで早かったためスンナリ入れましたが、
少しすると平日なのに結構並んで待っている人がいました。
ちなみにここのお店は、1階がオーダーバイキング、2階がビッフェバイキング
(オーダーでなく出していあるものを好きなだけ取って食べる)というスタイルになっています。



オーダーとブッフェで食べられる料理の数が違うようです。
今回はオーダーバイキング2,480円の方にしました。
朝食抜きでやってきたため、お腹がペコペコで料理写真が一枚もありません・・・(^_^;)



お店の前の細い路地。なんとも風情がありますねぇ。



いかにも中華という感じの人形も^^;
前掛けに書かれているのはそれぞれの名前でしょうか?



蒸籠の中から真っ白な湯気を立てる中華まん。
普通のお腹なら買って食べたいところですが、
お腹が満腹度MAXを超えていて残念ながら写真のみです。



蒸籠のふたを持ち上げるこんなパンダも見かけました。
ショッピングも少々。
雑貨屋さんでニットのキャスケットを購入。
ちょっと若すぎるかな~と思いつつ被ってみたところ、
ダーリンもそう思っていたようですが、たまたま今日の服の色にもあって思ったより
似合ってるから買ってあげるbyダーリンということで、お言葉に甘え買ってもらいました。

それから、久々に温かい中国茶を飲んで二人ともおいしいと感じたので、
お買い得になっていたプーアール茶とジャスミン茶を500グラムずつ購入。

石川町の駅構内にあった崎陽軒が妙に気になって、定番のシュウマイ弁当もお買い上げ。



距離的にはそんなにないのですが、ダーリンに誘われちょっと贅沢してグリーン車に^^;
2階の見晴らしの良い席に座ったら、振動の少なさや座った感じの快適さも
普通車両と全く違うので思わずうとうと。
お腹一杯なこともありストン!と眠りに落ちてしまい、降車駅に近づいたところで
ダーリンに肘をちょいちょいと小突かれたのですが
瞬間、訳がわからないようなフワフワした気分になっていて
知らない誰かにしなだれかかって迷惑をかけて小突かれれたのかと思ってしまいました^^;



そしてこちらがシュウマイ弁当。
なぜだか冷たくてもおいしい。というか、
温めずに冷たいままで食べる方がおいしく感じるのですよね^^;

あぁ満腹の1日。

ちなみに留守番のわんこたちには、食べ終わった鶏の骨をおみやげにしました(笑)
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

心臓が凍る(-_-;)

2011-02-13 17:47:14 | ライターの仕事など
この仕事をしていると、取り返しのつかない事態になった場合を想像することがあります。
20年やってきて、実際そういうことに遭遇したことはないのですが、
たまに心臓が凍りつくような思いをすることがあります。

心臓が凍りつく―、それは取り返しがつかないことだからで、
具体的に挙げると「二度と撮れない写真」と「二度と記録できない音声」がそれにあたります。

写真はデジカメでその場で確認可能ですが、ICレコーダーに録った音声は
その場で目で録音時間の数値が増えていることで確認しますが、
ちゃんと音で確認しないとどうしても不安―。

熱海に向かう車の中で一応確認はいたものの、
PCのUSBにメディアを指して、きちんと確認するまではやはり不安で。
心配性なんですね。

そしていざ、音声を起こそうとして、それが入っていない
あるいは何かの操作ミスで消えている、なんてことになったことを想像すると
どうやって原稿を書くのか、書けるのか―、まさしく心臓が凍りそうになります。
ある程度長いインタビューの話ですが。

インタビュー中にさっくりメモも取りますが、
メモだけ録ってればいいわけじゃなく、話したことの中身について
新たな質問をすることもあり、進行役もライターの仕事なわけで
メモを録ることだけに集中なんてとても無理。

実はさっき、確認したはずの音声ファイルが見当たらない勘違いをして
心臓がバクバク、凍りつきました―。

そんなに心配なら、ICレコーダーを2つ用意するか、
原始的ですがカセットテープのレコーダーを用意するかすればいいのですが、
実際音声録音に失敗したことがないので、取材本番では大丈夫だろうと
いつものICレコーダー1つだけ持参して仕事をしているという。

あぁ、心配症のクセしてずぼらな私・・・・・。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

ATAMIより帰りました~

2011-02-12 14:21:54 | 日記
3連休の混雑を避けるため、一昨日・昨日の1泊2日で熱海へ行ってまいりました。
海沿いをずっと走って、自宅から宿まで1時間ちょっと。
今住んでいる街は伊豆・箱根方面へのアクセスがよいので助かります。



今回のお宿は、かつて独立して営業していたアジアン調のホテルを
躍進著しい韓国系企業が買い取ったもの。
シックでアジアンな雰囲気なので、買い取られる前はおそらく
若いカップルが宿泊メーンだったのでは?と思われますが、
新しいグループ傘下に入って名前を変えて、
365日一律1泊2食(2人)・飲み放題付き・カラオケ無料で9800円をうたうこのホテル、
40代の私たちがひよっこに見えるぐらい(笑)シニアな方が主流(平日だったこともあり)。
中学生以下が泊まれない規約になっているため、
食事中も館内公共スペースも静かで落ち着いていましたよ。



写真はテラスから写真を撮るダーリン。海に面していないため、眺めは周囲の建物だけですが、
所々で白く吹きあがる湯けむりが、温泉にきたなぁという感じ。
夏場にここでお酒を飲むのもよさそうです。花火があるときはよく見えるかもですね。
またこのホテル、残念なことに露天風呂がなく、このテラスにあったらな~と思いましたが
囲いを設けてもどうしても高台の建物から見えてしまいそうで、
近年中に露天風呂ができるのは難しいでしょうね。



夕食は、このホテルグループにしては珍しくバイキングではなく、和洋折衷のコース料理。
もうちょっと頑張ってほしいところですが、価格からして無理は言えませんね。。
おなかいっぱい食べてなんぼのバイキングでなく、
着席したまま一皿ずつ提供されるのはいいのですが、飲み放題のドリンクは
セルフサービスなので結局立ったり座ったりなんですけど(^_^;)

夕食の後、とりあえず様子を見てみる?とカラオケができる部屋に行ってみました。
夜10時過ぎだったので、利用していたのは3組ぐらい。
中に入ってみたら、禁煙ルームの個室があってなんと空いてるじゃありませんか。
多分、みんなに歌を聞いてほしい人、知らない人と一緒に盛り上がっちゃったりするのが
楽しい世代の方々なので、個室を使う人がいなかったのかも?
ちょうど空いてるし、ダーリンは個室が好きなタイプなのでちょうどいいねと
2人で24時まで2時間利用させてもらいました♪
もっとたくさんお客さんがいたら、2時間はまずかったかもしれませんが^^;

露天風呂がなかったり、内風呂もちょっと狭かったり、料理もうちょっと頑張れ~!的な部分はありましたが、
部屋の広さ、雰囲気、飲み放題、歌い放題、チェックアウトは12時などを考えれば
9800円で十分楽しませてもらったよねー、とダーリンともども納得して帰ってきました。



帰宅途中、雪が降り出して、
家についてしばらくしたらこんなに真っ白になっていました。



一晩ペットホテルで過ごした犬たちも、
犬同士の中で過ごして気を使って少し疲れたのか(?)、
リビングのいつものソファーに陣取って、眠くてたまらんといったこの表情(笑)。

人見知りが激しそうな長男でしたが、迎えに行ったとき
ペットホテル(グルーミングも兼ねている)のフリースペースをのぞいたら、
預けられていたトイプーやダックス、店の看板犬など
ほかのわんちゃんたちと群れながら遊んでいる(?)様子を見て、
ああ、あんまり心配しすぎることもないのかな、結構楽しくやってるのかなと思えてよかったです。

他の犬たちとのかかわりなど社会性も身に着くように思うので
たまに旅行で預けるのも意味があっていいのかもしれませんね。

そしてダーリン、今日は仕事なのですが
保険やさんの若い女の子に頼まれてマンションのモデルルームに付き添いに出かけ、
出勤時間ぎりぎりに帰ってきて急いで出かけて行きました。

18歳でシングルマザーになった女の子で、最近結婚して今度新居購入の予定があるそうで、
戸建て・マンションとも購入経験のあるダーリンにいろいろアドバイスがほしかったみたいです。
ちなみに彼女の旦那さんは今日は仕事で、次の休みまで時間があまりないとのことで
ダーリンと彼女と息子クンで。
ダーリン、人に頼られるのが嫌いじゃない方で、
自分の知識や経験が役立つならうれしいという気持ちもあったでしょうし、
ダーリンの22歳の娘さんとほぼ同い年の女の子、私的には
ダーリン、父親のような気持ちになっちゃうのじゃないかなーと思ってます。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

温泉行きの当日に仕事が飛び込む

2011-02-08 20:45:48 | ライターの仕事など
明後日はいよいよ熱海のアジアンチックな温泉ホテルに旅行
そしたら今日のお昼頃、たまに入るインタビュー仕事の依頼があって、
それはまさに旅行当日、さすがに無理だわということで&先方も
それじゃあ仕方ないですね、となったのですが
夕方また電話があり私の「午前中ならなんとか…」というところに仕事が組まれ、
温泉に行く当日、都内で仕事をせねばならなくなりました―

私が思うに、もう一人のライターさんなら大丈夫だろうと連絡したら都合が悪くて、
日にちも迫っているし他に適当(まさしくその通りの意味での適当)な人がいなくて
また私に連絡してきたのだろうと思います。

それはいいんですけど―。
その方、自分では気づいてないんじゃ・・・と思いますが態度がすごく失礼で・・・
話し方や態度でわかっちゃうんですよね、
都合が悪いと話した時の妙にあっさりした話の終わらせ方や電話の切り方、
他に頼める人がいないときのまさか断らないだろうねぇ的な高圧的な口調とか、
こちらが嫌な気分になる話し方を普通のようにするのです―。

かつて一緒に仕事をした仲間も、よくそのことを嘆いていました。
気分の変容が激しいというのかな。
調子がいいというのかな。

こちらは相手が困っているのでちょっと無理して受けているのですけど
それに対する感謝がないので、気持ちよく仕事ができかねるというか。

その人は自分が「上」と思っている人なので、昔からそうなので
もう変わらないと思いますが、たまに接すると、毎回感じるんですよね

実はハワイに行く前にも、30何歳差の恋愛で話題になってるとある女性タレントの方の
インタビューの打診があったとき、
「●日は無理ですが、△日でしたらお引き受けできます」と伝えておいたところ、
その方、「△日に決まってしまったので(無理ですよね)、また今度お願いします」と…。

そのときは私も大人ですから、あれ?△日は大丈夫な日なのに
なんか間違っているみたい。でもほかにライターさんが見つかってるみたいだからと
そのことを言わなかったのですが、一事が万事、結構適当(悪い意味のテキトー)なんですよね(-_-;)

ちなみに明後日は、ボランティアなどにも積極的に活動しているとある女優さん。
昔はお嫁さんにしたい女優さんの上位にいたような気もしますが、
とにかく時間がないので急いで下調べしなければ―
コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

癒されアルバム

2011-02-06 18:43:51 | 日記
最近撮っておいたうちの子たちの癒され写真を少しですがアップします。



一応しっかりカメラ目線でふあ~~~~~~~~~~~~~~~~っ。




陽だまりで体をよじって、あぁなんて幸せそうなの・・・。




もともと狩猟犬という犬種で、集団で穴ぐら生活をしていた血が流れているからか、
もぐって眠るのが何より大好き。
ご飯を食べてお腹いっぱい、まぶたがくっつきそうにトロトロトロン・・・・。




くっついちゃいました。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加