アラフィフ×1ライターの日記

できるだけ穏やかに、健康に、年を重ねていきたい。

仕事とカニの話

2010-12-23 11:34:35 | ライターの仕事など
通販のライティングの仕事も落ち着いて、年末はWeb記事の仕込み(取材申し込み&取材)に集中です。

広告よりニュートラルな視点での記事を書くことが多かったので、
通販の原稿は久しぶりに楽しかったです。

とりまとめの編集ライターKさんから
「カイルアさんの原稿は安定していて助かった!」といわれ、
その意味を尋ねると、アイテムによって内容に偏りがある原稿をあげてくる
ライターさんもいたようで、私の原稿はどれも安定感があり安心して入稿できた、とのことでした。

もしまたオファーがあったらお願いしたいです♪とのことで、
原稿料も悪くないのでまた引き受けてもいいかなと思っています。

ちなみに友人の編プロの仕事の方が数倍の労力で原稿料は3分の1という泣きたくなる報酬・・・。
ダーリンに話したら、ならば友人に最低報酬を明示してそれ以下ではできないと断ったら?ほかに仕事はあるんだしといわれ、確かにそうなんだよね、と思いつつ、
古くからのつきあいということもあり、関係がまずくなることを避けたいがために
なぁなぁにして引き受けて、提示額で愕然とする・・・ということの繰り返しは
そろそろ終わりにしなければいけないな、と思ったりしています。

そして、明日はクリスマスイブです。
去年は、イルミネーション&冬花火を楽しんだ後、
ホテルのお上品なクリスマスディナーを食べましたが、美味しかったのですが
量があまりにも足りず(お年寄りにはちょうどいい?)、
地元駅で飲み・食べなおしたんでした。

今年は、テレビや新聞広告で妙にカニが目について、
たまたま近くに落ち着いた雰囲気のカニ専門店があり、今年はそこに行ってみよう!と予約。

私が選んだのは、前菜・サラダ・カニ刺身・カニすき鍋・鍋野菜・カニにんにく蒸し・
カニ天ぷら・カニ太巻き寿司・お吸い物・デザートの前10品がついた「カニすき会席」(6,500円)。
ダーリンは、前菜・カニ刺身・タラバとズワイのゆでガニ盛り・カニ茶碗蒸し・煮物・
カニ天ぷら・カニ雑炊・香の物・デザートの前9品がついた「ゆでガニ会席」(6,800円)。

アルコール&ソフトドリンクの飲み放題付きです。

カニはここで終わらず、テレビでたまたま見た通販が気になったダーリン、
ちょっとネットで調べてみて、とのことで検索。
1万円前後のさまざまなカニの詰め合わせが並んでいます。

お店の予約もしちゃったし、ちょっと贅沢しずぎじゃないの~と思いましたが、
私の実家に行くのに手ぶらじゃいけないし、持っていけばいいよと、お正月は贅沢して、
そのあとは節約モードにしようbyダーリンとのことで、2セット申し込み―。

なんだかんだ、贅沢させてもらってます。
ありがとう、ダーリン。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

沖縄の思い出少し

2010-12-21 18:58:01 | 日記
なんだかんだ今年もあと10日で暮れていく・・・。
早い。40代でこんなに早いと感じるとしたら、これからもっともっと早く感じられていくのでしょうか。。

沖縄母娘旅の思い出スナップを少し。




竜宮城だったかな?という昼食をとった施設に、蝶々園というのが併設されていて
入場料も350円ぐらいだし入ってみようかと行ってみたら、ひらひらと舞う蝶が
わんさか。赤い色がお気に入りなのか、絵のようなシーンがあちこちで見られ
料金の割には幻想的でよかった場所でした。



お決まりのソーキそば。
だしにカツオが使われているかなぁ。特別おいしい!ってわけじゃないけど
やっぱり食べずに帰るのはできない感じですね。



北部本部町、だったかな?の「ちゅら海水族館」。
やはり圧巻は高さ8メートル、厚さ60センチの特殊なアクリル板の向こうを
巨大なマンタやジンベイetcが悠々と泳ぐ姿が見られる大水槽ですね。
水族館では普段見られない生物てんこ盛りでシャッター切りまくり。
電池も減って充電器を持参してなかったため急に焦り、枚数をセーブしました(汗)。




同じく水族館の「オキちゃん劇場」というイルカたちのショー。
これまた迫力抜群で、しぐさや動きがかわいさ抜群で♪
頭がいい生き物ですね。やっぱり哺乳類だからでしょうか。




沖縄中部にある「琉球村」。来たのは二度目ですが、昔ながらの沖縄の民家が連なり
結構好きなところ。時間を合わせていけば、琉球っぽいショーも見られ、終了後の記念撮影も快く応じてもらえていい思い出になりました。




沖縄の、まさに「おばあ」!
一升瓶乗せて軽やかに楽しげに踊る、踊る。
「ちゅらさん」のおばあにとても似ているなー。もしかして本物だったかしら??




新原ビーチから床が透けて見えるグラスボトムボートで海へ。
天気も2日目から回復して、波も穏やか、外海の方まで連れて行ってくれ
深いところと浅いところの色の違い、サンゴ、魚などを見ることができました。
泳げないのでダイビングもできない母と私、感激できました。

いくら元気な母とは言え、77歳。
結構歩かせてしまったかもしれません。。
でも、とても喜んでもらえたようでよかった、よかった。
パスポートも去年2度目に作ったことだし、近場のアジアあたり
元気でいてくれたら、また連れて行ってあげたいなぁ。

今回の旅行に快く送り出してくれ、
「食事とかに現地で使って」とおこづかいを持たせてくれたダーリンに
母が帰宅翌日、一生懸命お礼のメールを打って送ってきました。

お正月はダーリンは休めない仕事なので、年内に母のところに子供たちを連れて
行ってこようかと思っています。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

明日から沖縄

2010-12-16 00:01:08 | 日記
先月の母の77回目の誕生日プレゼントは2泊3日の沖縄旅行。
台湾も候補でしたが、きれいな景色を見せたくて選らんだ沖縄。
ですが、お天気があまりよくないようで・・・。

ところで昨日、生まれて初めて流れ星を見ました。
なんとか流星群の。
今日は曇っていて見えません。
昨日、寝る前にたまたま外を見てよかった。
コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

息抜き。。

2010-12-12 19:58:18 | ライターの仕事など
先週から、とあるこだわりのあるシニア読者が多い雑誌関連の通販の仕事をしています。

担当ページは10ページ、18アイテムで、土鍋、伝統工芸品、生搾りウコン、
クッキー&おせんべい、アクセサリー、包丁などなど、
いろんな、実にいろんなアイテムがあり、素早い頭の切り替えが必要で、
文字量も短めなのでちょい書きにくい。

原稿は、短い方が書きやすのでは?というイメージがあるかもしれませんが、
あまりに長すぎるのもそれはそれで、ある程度時間がかかりますが、
長い分、文字数をあまり気にせずつらつらと書けるので、書きやすいのです。

短いと、大事なこと、入れたいこと、わかりにくい言葉には簡単な説明をつけつつ…、
なんてやっていると、すぐに文字数があふれてしまうのです。

あともう少しのところまでやってきましたが、気分転換がしたくて少しだけ息抜き。

今日は、ダーリンは会社の忘年会で、夕方からお出かけ。
向井理っぽく決めていくんだとシャツの上にベスト(ホタルノヒカリとか、
テレビで結構ベストを着ているんですよね、あの俳優さん)を着て、
新しく買ったアディダスのスニーカーをはいて、上からブルゾンを着て出かけて行きました(笑)。

なので今は3人で留守番中。
幸い、子供たちも今は静かに寝ています。

でも、遊んでほしいときは、気を引こうといろいろするので困ります。。



↑この長男は、仕事が忙しく私が相手にしないので、ちょっとすねてます。



↑この次男は、私の仕事椅子の上に陣取って、あそんでよーーーーーーーーとお願いしているところ。


話は変わりますが、気温が下がって空気が澄んでくる冬は、空がきれいです。



↑これは確か、おとといあたりの朝焼け。



↑こちらは、昨日の朝ちょうど太陽が出てきたところ。

ラジオから、「年の瀬」とか、「今年もあとわずか」なんて言葉が聞こえてきて、
ええーーーーーーー??とちょっとびっくり。
でも、もうそんな時期なんですよね。
はやいです・・・!!!

長い息抜きしちゃいました(>.<)
再び仕事に戻ります!
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

勇気を出して

2010-12-10 22:30:13 | 日記
今日、同時期の2年弱前に私と同じく離婚をした同業者の女性に、
勇気を出して決別のメールをさせてもらいました―。

自分からそういう行動をすることは、私にしたらまず滅多にないことです。
でも、自分を改めることをせず、自分の思いを吐き出したいだけ一方的に吐き出されても、
私はそれを十分に受け止めることはできかねますし、
本人のためにも決してならないことだという思いがあり、決断しました。

人間、生きていれば誰しも、どうしようもなく辛く苦しいことはあるはずです。

でも、自覚がないにせよあるにせよ、誰かに甘えすぎるのは人としてどうかと思います。

すべての思いを吐き出せば、それですっきりするかもしれません。
いくらかは気持ちが軽くなるかもしれません。

でも、人と人の関係は、どちらか一方がもたれかかるだけでは成り立たないと思うのです。

自分を誰かに理解してほしいと思うならば、まず自分が先に相手を理解しよう、
そのくらいの気持ちがなければ、相手に理解されないのではと思うのです。
takeなしでgive、giveでは、成り立つものも成り立たないのではと思うのです。

自分が一番大事、それはある意味、誰しも正直なところそうかもしれない。

でも、辛いから、苦しいからといって、自分の不満や不安、
欲求を満たすことばかりを考えていたら、人はよりつかなくなってしまうと思うのです。

自分を分かってほしい、自分は理解されていないと訴える―。
それは本当に正しいのでしょうか。
それで何かが変わるのでしょうか。

自分を分かってほしいと思って必死でしていることは、実は、かえって
人を遠ざける結果になりかねない。

一番早く、そして確実なのは、まず自分が変わること。
勇気を出して、覚悟を決めて、周りの誰かや環境のせいにすることなく、
まずは自分自身の中に原因を見出すこと、その覚悟、向き合う心がないままに、
いくら行動しても、いくら訴えても不毛でしかないと、私は思うのです。

ダーリンとの関係も、考え方・とらえ方などの違いがあったりで正直始めは不安でした。

でも、ダーリンが大切で愛しいと思う心が、行動になって、
それがダーリンに伝わって、ダーリンも私を大切に思ってくれるようになり、
私が喜ぶことを考えてしてくれるようになった、ように思っています。

ダーリンの職場関係の人たちの飲み会に招かれたとき、
ダーリンが「いつも尽くしてくれる」と周りに言った言葉を私は忘れません。

ちゃんと見てくれていたんだと、とてもうれしかったので・・・。

完璧な人間である必要なんてないと思います。

でも私は、できるだけ素直な心を忘れずにいたいし
言い訳ばかりの人間にはなりたくはないなと。

ときには誰かに助けてもらったり、甘えることもあるでしょうが、
根本的には自分自身だと思うから―。

さぁ、明日も仕事がんばろう。

来週は、生まれて初めて母に旅行のプレゼントをします。
それができる原稿料が見込める仕事を終わらせたので。
2泊3日の沖縄旅行。

ダーリンも「たまには母娘でのんびりしておいで。
家のことも子供たち(Mダックス)のことも心配いらないから」と言ってくれたこともあり。
この年になって、やっと母にこういう贈り物ができるようになりました(孫はもう無理だけど^^;)。
今のダーリンと結婚したおかげかな、と思っています。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ハワイアンジュエリー

2010-12-08 19:22:09 | 日記
思いがけずダーリンが買ってくれたジュエリーを写真に撮ってみました。
プルメリアがモチーフになった14金のリングです。



金というと日本では24金!というイメージですが、
金の純度よりもデザイン性を重視するハワイを含む欧米では
14金が定着しているそうで、強度も強く繊細な加工に向いているとか。

14金があまりポピュラーではない日本では、購入後の修理などの対応が難しいそうですが
購入したお店「Maui Divers Jewelry」は、日本にもアフターサービスの窓口があり
安心できるのでよかったです。

ちなみにプルメリアはハワイで古くから神聖な儀式や神に捧げる踊りの際などに
身に付けられてきた花で、アロハスピリットのシンボルとなっているそう。
5枚の花びらは、それぞれ「愛」「信頼」「献身」「希望」「思いやり」を表すといわれているそうです。

ちなみに私は、ジュエリーはほとんど身につける習慣がなく。
首に何かを付けると普段からものすごい肩こりのため(ハイネックを着るとそれだけでもう肩こり…)、
軽い素材のカジュアルなものを洋服に合わせてごくたまにつけるのみ。
リングも指にはめた感じ(違和感)がいやで、
前の結婚の時も指輪を買うには買いましたが全くしていませんでした。

ですがこのリングは、指にはめてもごつごつした感じがなく、隣り合う指への違和感も全くなし。
ハワイアンジュエリーはゴールドが多いみたいなのですが、14金なので金キラキンな感じもなく、
いかにも「しています」的な感じがしないのが気に入っています。

いろいろ探せば色みの違う2~3種類のゴールドを組み合わせたものなど
ほんとにいろいろあるのですが、シンプルなデザインの方が飽きがこなくてよいかな、
という感じで結構気に入っています

旅先で思いがけないプレゼントと思い出をもらいました。
ダーリンに感謝です。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ハワイ簡易記録

2010-12-06 18:37:33 | 日記
帰国後もなんだかんだ仕事に追われ、ハワイのアルバム作りが年内にできるかどうかという状況です
年内に不用品の片付けもしたいし、年明け掲載記事の取材準備もあるし、ちゃんと予定していたこと全部できるかなぁ
忘れないうちに、ハワイのやってきたこと記録しておこうと思います。

写真は少ないけどとりあえず2枚だけアップします。
ちなみに新しいデジカメで撮った画像は3泊5日で400枚弱(!)。
画像のセレクトやプリント&アルバム作りは年内にできればいいかなぁ。
年賀状の準備もあるからどうかしら。



11年前と変わらずにやさしく迎えてくれたワイキキビーチ。
ひょんなことから時間ができて、ハイアット前あたりからヒルトン手前までビーチ沿いをてくてくお散歩。
5回目のハワイで初めてした体験で、なんだか新鮮でした。



アウトリガーカヌーでまさに海へ漕ぎだそうとするハワイらしい情景をパチリ。
クルーズ船などがなかった時代をちょっと想像してみると楽しい。

思わぬ予定変更や仕事で想定外の国際電話(汗)……などもありましたが、
予定していたことは無事にすべて制覇(笑)。
今回は、ゆっくり過ごすというよりはかなり欲張りな旅でした。

到着日
・ワイキキ散策しながらお土産などのお買いものを全部済ませる
 (ロイヤルハワイアンSC、DFS、ドンキホーテetc)
・フライト疲れを60分マッサージで解消

2日目
・朝のワイキキ散歩
・セスナ双発機でオアフ島ぐるっと半周、上空から主要ポイントを眺める
・双胴船カタマランでワイキキ沖にクルージング
 アジア人は誰もいなくてロコ&欧米人だらけ、海外気分たっぷり(笑)
・夕飯は知人に勧められた寿司居酒屋で巨大なネタのお寿司にびっくり舌鼓♪

3日目
レンタカーでワイキキ郊外へ
・ローカルタウンのハレイワで有名な「マッキーズ」のシュリンプを味わう
・海ガメのいるラニケアビーチを見学
・全米no1ビーチになども輝いたカイルア&ラニカイビーチの散策
・カイルアタウンにある「ブーツ&キモズ」で有名なふわふわのパンケーキを完食
・ダイヤモンドヘッド登頂ハイキング
・アラモアナに立ち寄り仕事関連のメール確認&対処
・タイ料理の夕食

帰国日
・ワイキキの海に入る
・またまた60分マッサージ

それにしても、新しくできた羽田国際線はすごい便利です。
聞いてはいましたが、導線が短かい!チェックインから出国まで、
入国からターミナルを出るまでがとにかく短くわかりやすく簡潔。

ちなみに空港まではダーリンの車で行きましたが、駐車料金もリーズナブルだし
3階に駐車できれば、上り下りなしでそのままターミナルの出発フロア(だったかな?)にすぐ入れちゃう。

成田は何をするにもだらだら歩くという印象がありますが、羽田は歩くのはあっという間に終わっちゃう。
出発&到着のハワイ便も、成田発のようにたくさんないので、出入国も待つことなく実にスムーズでよいです。
日本初就航のハワイアン航空の機内食も結構おいしい!
通路にあるモニターだけでパーソナルモニターはありませんでしたが、眠っちゃうので特に支障なし。

羽田発の海外はいいですね。どこかに行くならまた羽田がいいな。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

完全に終わったのだと。

2010-12-04 00:17:41 | 考えたこと
離婚してから事務的な用事で二度ほどメールで連絡をとりあった前の夫から、
実は先週と今週と突然連絡がありました。
ごく短いメールではありますが。

詳しい内容はここには書きませんが、
前の夫との関係が、完全に「終わったのだ」と感じました。

だからといって、それまでに一度も会っていないし話してもいません。

ただ、もしかしたら私より、いろいろなごたごたを引きずっていたのかもしれません。
そういう意味では、本当に自由になって、自分の人生を満喫して生きていってほしい。
私が願うのはそれだけです。

ついこの前まで、私の方が悪いことをした、前夫に申し訳ないことをした、と思っていました。
多分にお互い様な部分はありますが。

でも今は、前の夫と別れてよかったと、別れたことはお互いにとって本当によかったのだと、
思えるようになった。

今の私の夫であるダーリンと結婚してよかったと、思える自分がいます。

年は私と同じだけれど、ダーリンは人生経験の豊富さが違うと思う。
抱えてきたものと、乗り越えてきたものの大きさ、重さが違うと思う。

表面上はふざけているようでいて、実は一本筋の通った男気があって、
私のことを守ろう、支えようという気概をもってくれている。

私が全然だめな数字にも滅法強く、なんだかんだ頼れる人です。

一度目の結婚・離婚は、自分にとっては苦くて苦しい、できれば思い返したくない経験でしたが、
これからの人生、本当に新しくダーリンとともにときを積み重ねていくんだ、
そう決意して明日からまたともに生きていきます―。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加