アラフィフ×1ライターの日記

できるだけ穏やかに、健康に、年を重ねていきたい。

母の優しさ

2010-10-27 14:10:02 | わが母のこと


先日母から「今二人に手作りのプレゼントを作っています。できあがったら送ります」とメールが来て、今日宅配便が送られてきました。

色違いの手編みのマフラーで、「犬と散歩のときにでも使って下さい」のメモが。
私は編み物・縫物一切ダメですが、母は器用でこういうものを上手に作ります。

ありがたいです、とても。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ダーリンに慰められた…

2010-10-26 17:52:12 | ライターの仕事など
前に書いたかもしれませんが、同じ仕事先(形は法人ですがほとんど個人)から、
10万円以上原稿料の未払いが生じています。

その人と私の中間に位置する版元(その仕事先の人にとっては失いたくない自分のクライアント)を通じて、
何度か私が困っていることを訴えてもらい、支払う意思があることは何度か表明してくれて入るものの、何日・何週間過ぎても原稿料は一向に入らず―。

支払う気持ちはあっても、支払うお金がない、というのが今の実情のようです。

腰を痛めて入院しているという話が何度もあったりしたし、
パソコンが壊れてメールが使えませんと連絡があったのは、
プロバイダ料金が滞って接続を止められていたんじゃないかと。

その版元でも、ギャラの前がりが何度かあったり、
その人から仕事を依頼されている外部フリーの人間(私のような)から
仕事をしたのにギャラが振り込まれないと、クレームが何度かあがり、
版元から切られてしまったので、なおさら仕事=お金がないみたいです。

私も、堪忍袋の緒が切れて、
「今年中に全額支払いがない場合には、○○簡易裁判所に訴訟の申し立てを
行いますので、ご承知置きを」と文書を作り、Faxで送ろうと勢い込んで
送信ボタンを押したら、「現在その回線は利用することができません」という自動音声が―。

そうです、この前までは使えていた電話回線もついに止められたようで―。

前々からこの件について話してきたダーリンに、
「ついに電話回線も止められてFAXも送れなくなったよ~~~~」と訴えたら、

(ここからダーリン)
その人、本当にお金がないんだよ。
払いたくてもないんだから、カイルアが自腹切って訴訟起こしたところで
お金が入る可能性は低いよ。

世の中には、会社でも個人でも、約束を守らない・守れないケースがある。
その仕事をしているとき、カイルアは楽しい楽しいって、
人が入れないところに入ったりできて喜んでたじゃない。

今は払いたくても本当に払うお金がなんだよ。
その人の支払う気持ちが本当なら、カイルアに悪いことをしたと思って
いつか払えるときに払ってくれるかもしれないよ。

経済的な心配をしなくていい環境で、仕事がたくさんあって、
俺みたいなイケメンのダンナがいるんだから(←自分で言うか)、
今はこれ以上深追いしないで、痛い勉強させてもらったと思って
今ある仕事を頑張った方がいいよ。

万が一その人が自殺したら、自責の念を感じることにも成りかねないよ。
(↑これは一瞬、何度か私も思ってた)




ということで―、
とりあえず、深追いするのを止めにしました。
って―、完全に諦めた訳ではありませんよ―

ダーリンの言うことも一理ある、と、思えたもので。

そして怒涛の原稿書きは続きます
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

えっさ!おっさ!

2010-10-22 13:57:51 | ライターの仕事など
2週間毎に担当制のWeb記事終了!
一昨日取材した温泉特集の執筆開始!!

そして明日・明後日は無料招待で戦国ミステリーツアー潜入取材。
長野の温泉につかるのが楽しみ

月曜はWebの編集会議、
そして最もボリューム大(ギャラもよし!)の仕事は
素材の連絡が遅れているので締め切りが延びるかもしれず
(いや、延びなきゃ困る)、
なんとか全てうまく切り抜けられれば―、そう願いたいものです
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

疲れた~~~。でもまだまだ続くよ

2010-10-20 21:37:14 | ライターの仕事など
13日前(!)の記事に書いたいろいろな予定、
少しずつこなしながらもまだ完全に終わるところまではいっておらず、

・取材はひとまず済んだけど原稿はこれから
・やっと原稿書きを始めたけど素材がそろわなくて本格的にはまだこれから
・いつもだったらその仕事だけに集中しているところ、
 今回あまりにも他が忙しく、いつももっと丁寧にしている仕事が今回初めて
 「片手間の仕事」として終ろうとしている

そういう状況です―(汗)。


ちなみに今週は月曜から3日連続で某所の温泉リゾート入りして取材でした。

そのうち月・火は某所のHY○TT RE○ENCY HOTELに泊まり取材。
一泊9万7000円のお部屋

高級シャンパンにフォアグラと国産牛フィレがメーンのフレンチフルコース、
水のようにするすると喉を流れ落ちていくブルゴーニュの白ワイン&赤ワイン、
夢のような滞在

・・・でも仕事ですから、普通に泊まりに来ているようなリラックスはできません。
早朝撮影のため睡眠時間は4時間弱。

昨日午後に帰宅して別仕事の原稿を書いて今日の温泉取材の下準備をして、
カメラマンさんの車で某温泉リゾートのホテル&旅館をぐるぐる。
御昼を食べる時間もなく、途中でお腹がぐーぐー泣いてました

そして今夜も栄養ドリンクをお供に、これから原稿一本書き上げなければ―。

それにしても疲れたー。。

そんな中、心待ちにしているのは来月下旬の11年ぶり(ダーリンはお初)のオアフ行き

ちなみに新しく完成する(した?)羽田国際線ターミナルからの出発で、
帰国便のフライトが18時頃なので、早朝出発が多い成田に比べて
最終日もゆっくり起きて午後までワイキキ滞在が楽しめるのが魅力です。

そして温泉取材の帰路、乗り換え駅の駅ビルで、レスポのバッグが30%
(1万1000円ぐらいのものが7600円程度に)割引きだったので、
自分の旅行用にエイッ!と買ってしまいました

昨日の帰り、駅ビルのトイレに入ったときにたまたま
割引になっているのを見かけてて、
その時は新しいバッグを買うなんて贅沢っしょ、と思っていたのに、
あまりにくたびれて買い物に走ってしまった―

あー、とにかく仕事しよ。。。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

しばらく多忙

2010-10-07 13:20:00 | ライターの仕事など
仕事がしばらく多忙になりそうで、本格的多忙が始まる前で少しびびってます

多忙が始まってしまえば、その流れに乗って仕事を順々に片づけていけばいいのですが、
久々にまとまった量の仕事が入り、それがレギュラーのWeb仕事と季刊のフリペと重なって、
たまたまですが、先月仕事で知り合ったメーカーさんから
「戦国ミステリーツアーに参加してレポートを書いてくれませんか」と言われ1泊2日
留守にすることになっており(誘われた時点での先の予定は立てこんでいなかった)、
おまけにWeb仕事のネットワークが全国から集う年1回の定例会に
「2日間参加してほしい」と言われており、あれよあれよという間に予定がてんこ盛り

自分として、これら全てを迷惑をかけずに締め切りに間に合わせ予定をすべてこなせる
と思って引き受けたもの。蓋を開ければきっと大丈夫だとは思うんですが、
きっとプレッシャーを感じているのでしょう

こういうときは自分を信じるしかないです。

ダーリンには、多忙になると子どもたちの散歩に出られなくなるかもしれないし
家事もきちんとできなくなるかもしれないよ、と言ってますが、
「大丈夫だから仕事頑張れ」とのことなので

実は忙しいときに限って、ブログに逃げたくなるんですよね…
同業者の姐御のブログを時々見ていると自分と同じなのでついにんまり
とにかく、着実に1つ1つ片づけて行こう。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

テレビ収録はなんて大変

2010-10-03 14:41:57 | 日記


箱根に泊まった翌朝、朝食を済ませチェックアウト前にもう一度温泉入っとこうと
展望露天風呂に浸かって部屋に戻ってきたら携帯がチカチカ。

離婚前にほんの数カ月週1~2回、ライターと並行してパートをしていた職場で
仲良くなったAちゃんからの電話とメール。
突然だけど、今夜音楽番組のテレビ収録に一緒に行かない?というお誘いでした。

なんと司会は香取慎吾と安住アナ。
Aqua times、AKB48、SPEED、石井竜也、斎藤和義、FUNKY MONKEY BABYSなどの
アーティストが出演するそうで、テレビ収録なんてもちろん初めて、
関係者招待で無料でいいよとのこと。

仕事も落ち着いているときで、2つ返事でOK。
箱根から家に帰って、その後水道橋のJCBホールまで再びお出かけ。

開場前から抽選で選ばれたファンたちでいっぱい。
Aちゃんと17時過ぎに落ち合って会場に入ったのは19時頃。
アリーナ6列目19・20という席は、ステージ左右のほぼ中央位置、
ステージまで10mもない感じでめっちゃ近い、ありがたやーーー。

初めに現れた慎吾ちゃんは、来年映画化が決まっている「こち亀」の両さんの格好。
テーマソングを歌ってくれましたが、
私には、“ぐっさん”に見えてどうしようもなかったです(^_^;)
似てませんか?って私だけ??

1アーティスト2~3曲歌ってくれまして、斎藤和義さんはステージ準備が整うまで
時間がかかりそうなのを悟って、予定にない曲をプレゼントしてくれ、
カッコ良くてサウンドにしびれて感激。

AKB48は目の前にお人形さんがいる感じ。
SPEEDは、あの高音も健在で、大人になったなーとしみじみ。
石井竜也は、彼是20年前の通勤途中で米米クラブのアルバムをほとんど聞いていたことを思い出し、
20代前半の頃の自分を思い出しましたよ。
今回のステージでは、とある日本人の世界的演奏家とのコラボで「浪漫飛行」をフルコーラスで歌ってくれ感激。
40代にとっては今回の出演アーティストの中で最も青春、最も身近で懐かしい存在。
頭が良くてトークにもキレがあり、声量も十分。
もっと音楽活動してほしいなーと切に望みますよー。

しっかし、テレビ収録というのはライブと違い、
アーティストごとにセッティングを変えたりしなければいけないので間合いが結構ありまして、
出だしか途中にミスがあると再度取り直ししなければならないなど、
全て終わるまでに相当な時間がかかるものですね。。

2時間弱の番組ですが、収録は19時頃に始まって22時に終わる予定が
実際に終わったのは23時31分

途中からは時計を睨めっこしていましたよ。。
今回の番組テーマは「プラス1」=コラボなんですが、
最後の方に会場(客席)とのコラボがありまして、
全席ではないのですがたまたま私の席はコラボ協力席。
途中で帰るわけにはいきません。

会場を出て時刻表検索すると、もう終電ギリギリ、
水道橋から東京駅23:54発の終電に飛び乗って、午前1時頃に最寄り駅に到着。
駅からはタクシーです。
なんかとてもとても久しぶりの終電&タクシーでしたねぇ。

ダーリンは仕事があるため先に休んでもらいましたが
キッチンに雑炊が作ってあり、「お腹がすいていたら食べてね」とのこと。
もうお腹ぺこぺこ、お昼代わりにコンビニおにぎり1個食べただけで
収録が終わって一目さんで帰ったのでもちろん夕飯抜き。
プシュッとビールを開けて、ありがたく雑炊頂きました。

正直、初体験のテレビ収録は大変でしたが、司会や裏方のスタッフはもっと大変ですもんね。
ステージの片づけは夜通し行われ、終るのは翌朝6時ごろとか。
華やかなだけではない、現場仕事の大変さをちょっと垣間見れた気がします。
空調や間が開いたときに飽きさせないようにする観客への安住アナの気遣い、
ちょっと感心しました。
テレビに映らないときのこういったことも仕事の1つなのかもしれませんが、
ちょっとした時に人柄がわかるものですね。

箱根~自宅~水道橋と大移動でしたが、貴重な経験になったと思いますです。
番組は今月16日に特番で放送されるよう―。
映ってないと思いますがじっくり見ちゃいそうです
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

仕事のこと

2010-10-02 18:23:41 | ライターの仕事など
正式に入籍したことで考えなければいけないのは私の仕事のこと。
って、別にそんなに深刻な話ではないのですけれど、
ダーリンの会社の扶養(社会保険)に入れてもらうつもりなので、
収入が多くなり過ぎないようにしないといけません。

といっても、お恥ずかしい話、
国民年金は今は免除してもらっている状態でなかなか追納も難しく、
国民健康保険の保険料もとっても少ない=それだけ収入が少ないということ(汗)

ダーリンの扶養に入らずフリーで稼ぐのは・・・、よほど仕事を増やしガンガンに働かないと現実的に厳しいです。
中途半端に130万を超えて自分で年金・国保を払うより、
正式に入籍したのでここはやはり、仕事はやりすぎない程度に抑えて、
ダーリンが安心して外で仕事ができるように、
家のこと、子どもたちのことをきちんとやりたいという気持ちです―。

あまりに仕事(時間)に追われて心に余裕がない状態が続くより、
ある程度の心の余裕を残しておきたいかな、という考えです。
私も年とったのかな(汗)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

温泉での~んびり

2010-10-02 17:35:36 | 日記


一昨日から、例の箱根湯本の温泉宿に1泊してきました。

写真は、箱根湯本駅の手前にある「三枚橋」という橋の上から箱根湯本駅方面を撮ったもの。
左に写っている白いアーチのような部分が駅のホーム。
宿は、三枚橋を渡って続く箱根旧街道を数分クルマを走らせた少し高くなった場所にあります。



ネット予約では客室は8畳和室となっていましたが、通されたのは10畳の角部屋。
口コミでは「安いから仕方ないが部屋は古くて汚い」とあったので
それなりの覚悟をしていきましたが、順次内装をキレイに直しているようで、
畳も新しく襖も汚れがなく、きれいなお部屋でした。

安く泊まれる理由は、スタッフの人数を極限まで少なくして、
徹底して人件費を削っているからでしょう。
布団もチェックイン時から既に写真のように敷いてたたんだ状態で用意されていて、
朝夕食はバイキング会場。なのでチェックインからチェックアウトまで
従業員の方が部屋にきて食事の上げ下げや布団の上げ下ろしをすることはありません。


通されたお部屋が今年5月にできたばかりの展望露天風呂がすぐというのもグッド。
チェックインは部屋の用意ができ次第OKで、14時前にチェックイン。
お風呂が15時からなのでとりあえずビールでくつろいで、ダーリン共々
これで7800円なら全然ありだよね~という感じ

だったのですが・・・・、
程なく1つ、どうしようもない難点に遭遇しました。。

宿泊客のマナー&建物の造りによることだと思うのでどうしようもないのですが、
隣室に3歳と1歳くらいの男の子と30代くらいのお母さんがチェックインしてきまして、
思いっきり走る、走る、走る、走る。騒ぐ、騒ぐ、騒ぐ、騒ぐ。

その振動たるやものすごく(やはり古い建物、壁が薄いんでしょうね…)、ズシン、ズシン響いて響いて。

小さな子どもなんだから、多少は仕方ないこと、
夜になって眠っちゃえば静かになるよね、と2人で話していたのですが
夕飯後に部屋に戻ってからも運動会並みに走っているのですが、
お母さんは一向に注意する様子ナシ。。。

周りへの気遣いが全くなってないようであれば、お母さん自身にとってもよくないと、
思い切って隣室に・・・ではなく、フロントに丁重に困っていることを伝えました。
フロント係の方は「わかりました。注意させて頂きます」と言ってくれましたが、
その後部屋にいましたが、内線がかかってきた様子もなく、走りは止まらず・・・、
これって結局何も伝わってないみたいね・・・という感じで、
それがとても残念でしたねぇ・・・。



さて、気を取り直して夕食バイキングです。
飲み放題のプレムアムモルツ、私は3杯、ダーリンは5杯?6杯?
料理のお味はそれこそ料金的に「おいしい!!」というほどではありませんが、
種類が多めだったのでそこは多少は評価できるかな。



こちらが展望露天風呂。
加水をしているようでしたが、施設自体はまだ新しいので気持ちよかったです。
1泊2日の滞在中5回入りました(笑)
温度がもう少し熱めだったら言うことなし!



こちらは一服中のダーリン。
運転お疲れ様。
さぁ、子どもたちが待つペットホテルに迎えに行こう!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加