アラフィフ×1ライターの日記

できるだけ穏やかに、健康に、年を重ねていきたい。

最近の出来事まとめて

2010-04-26 18:48:35 | 日記
4月ももう最終週。
気付けば今月の記事更新はたったの2回(!)
もしかすると、これまでで最も少ないペースかもしれません

ありがたいことなのですが、なんだかんだ仕事が途切れず、重なり、
頭の中に綴りたいことはたくさん浮かんではいるものの、それを書いている余裕がなく―。

そうこうしている間にどんどん考えたことが古くなっていき、結局書けずじまい。
それもちょっとストレス、なんですが・・・。

最近の出来事、思いつくままにざっと記しますと

・おためしキャンペーンで夕食宅配を体験
 2人分の食材を届けてくれる宅配サービスを生まれて初めて利用しました。
 おかずを考えないで済む、食材を腐らすことがない、レパートリーが増える、
 自宅で外食している気分が楽しい、などなど、結構いいかも。
 仕事が忙しく、6日間のうち3日間はダーリンに調理をお願いしちゃいました(汗)

・韓国家庭料理教室に参加
 興味関心が近い人と一緒だとすぐ打ち解けられますね

・アロマの手作り教室は仕事のためやむなくキャンセル
 次回はぜひ参加したい

・初めてヨガを体験
 呼吸と体の動きに意識を集中でき自分的には結構いいなと思う


そして最近の出来事で最も大きなものはやはり―、手術です。
初体験だらけで、一年分にも相当するような恐怖と緊張を味わいました。
手術自体は、麻酔が効いているので痛くなはなかったものの、
手術前の点滴が想定外の痛さで・・・。

新米看護師さんらしき女の子の点滴が
血管に刺しても刺してもうまくかず、手術前に既に逃げられない痛みの連続・・・。
どうやら私の腕の血管は、細い&逃げやすいらしく
過去にも散々な思いをしたことがあります。。

ただ、ものすごくスムーズにいったこともあり、
経験と技術の差、なのだろうと思います。。

手術開始前に腰から痛み止めの注射。
ちくっと痛みはありましたが、点滴の痛みに比べたら大したことないという感じ。
麻酔は痛み止めを打った後ではまったく痛みを感じず。

手術台に上がり実際のオペが始まるまででは、とにかく恐怖と緊張で、震えが止まらないほど。。。
なにせ意識があるもので。

うつぶせになって、いよいよこれから始まる、というときは必死で長男・次男・ダーリンの名前を心の中で叫んでました(-_-;)
傷を見れば大した手術ではないんですけどね。。。
とにかく、なにもかも初めてで、医療ドラマの現場に自分が、しかも患者としているなんて、夢なら早く覚めてほしい!!!とほんと思いました。

そんな中、看護師さんが、いろいろと声をかけてくれたのが救いでした。
「順調に進んでいますよ」「もうすぐ終わりますよ」「今縫合していますよ」と
見えない状況を説明してくれたので、ああそうなんだ、と。

そして手術は順調に進み1時間かからず終了。
麻酔が効いて歩けないのでストレッチャーからベッドにうつされ病室へ戻り、
おかゆの昼食を食べ、2回目の挑戦で自力でトイレができ(=麻酔がとけてきて)
午後3時過ぎには退院許可が。

日帰りとはいえ、手術は手術でした。
もう手術台に上がるのは遠慮したいものです












コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

ダーリンは潮干狩り

2010-04-14 21:17:36 | 日記


上の写真は、潮干狩りのために出かけようとするmyダーリン。
私と共に留守番の長男・次男は、「ね~ね~、お父さん、どこ行くの~」とそわそわ。

実は今日は、干潮とかで、会社の仲間と1台の車で無料でできる潮干狩りに出かけるのです。
私も誘われていたけど、原稿締め切りが迫り断念。
でも全員会社の同僚で、家族とかはメンバーに入っていないらしいので
返って私一人混ざっているものねぇ、という感じでありますが(笑)



玄関ドアの外でちょっとでも物音がしようものなら、
全速力で走って行き、ダーリンが帰ったんじゃないかと興奮。
その度に、仕事の手を休めて「まだだよ~、違うよ~」と子どもたちに声をかけ(笑)

今日、ダーリンが潮干狩りに行く前に笑っちゃう小さな出来事がありました。
まだ寒くなる前にダーリンが履いていたチノパン風のカーゴパンツのポケットから
なくしたと思っていた携帯ストラップが見つかったのです(笑)



それは去年の今頃だったか、まだ一緒に暮らす前に私が取り寄せてダーリンにあげた
長男・次男にそっくりな携帯ストラップ。
クリームの長男のをなくしちゃったと言っていたのに、
こんなところから見つかるとは(笑)

こちらの写真は、ダーリンが送ってくれた画像。
クーラーボックスいっぱいのアサリを採ってきてくれましたが、
私は今日は掃除・洗濯以外の家事はできず、
アサリご飯とアサリのおみそ汁をダーリンが作ってくれました。
仕事に追われ食べるのはこれからですが(笑)

  

今日は、縁のない分野の取材に伴う原稿書きに追われ、
思ったより時間がかかってしまい、まだ終わってません(汗)
今最後の原稿のチェック待ち。

それが終ったら、お風呂入って、ビールとご飯です。
明日は、また別の取材の原稿締め切り。
なんだかんだ忙しい日々が続きますよ。。。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

人生初の入院・手術をすることに(汗)

2010-04-08 17:29:34 | 日記
2週間ごととか、隔月などのレギュラー仕事が数本あるからともいえるのですが、今ほどフリーのライター仕事が安定している状態は、これまであまりなかったように思います。

忙しすぎてどうしようもない、というほど激しく多忙ではないけれど、
次の仕事がいつ入ってくるか不安&収入も大してあてにならないから週2日とかバイトしよう―とか思うほど暇(本業に対して)もなく。

ちょっと忙しい、そういう状態が続いています。

そんな中、親の遺伝か体質か、左足に「下肢静脈瘤」ができており、
先日初めて痛みを感じて病院にかかり、エコーなどで検査したところ、
外科手術をした方がベターということがわかりました

実は生まれてこのかた、一度も大病をしたことがなく、入院・手術なんて経験あるはずもなく。

日帰り手術ではありますが、下半身麻酔をかけ(ということは手術中に意識があるということ)、
麻酔がとけて自然に排尿できればその日に退院、できなければ一泊入院といわれました。

症状の緩和のために術後一ヶ月間、ものすごいきつい特殊なタイツを寝るとき以外は履き続けて下さいといわれました。
真夏の蒸し暑い季節だったらかなりしんどいぞ。

実は既に手術日が決まっていたのですが、その数日後に入ることが分かっていた取材の内容が、車が入れない道(山道?)を1時間くらい歩く+1日取材のために移動しっぱなし、ということがわかったので病院に相談し、安全策をとって少し延期することにしたという―。

万一、何かあったらいろいろ大変だし、迷惑をかけることになっても困るし。

ちなみに手術内容は、脚の数か所を切って逆流の原因となる静脈瘤を切除したり、悪い血管を引き抜いたりするそうです。

たぶん、私はまだ軽症なんだと思いますが、放置しておくと腫瘍ができたり、皮膚が黒ずんできたり、いろいろ良くないことが起こる可能性があるそうで。

手術の同意書には、その手術をしたことで、慢性のしびれが生じる可能性がある、などいくつかリスクがあることも記載されていて―。

あ~、こわい、こわい





コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加