アラフィフ×1ライターの日記

できるだけ穏やかに、健康に、年を重ねていきたい。

おままごと

2008-08-19 13:09:29 | 日記
詳しい理由は書けないのだが、
別居婚どころか、離婚することになるかもしれない。

故郷に帰る前の晩の昨日、オットの口から初めて「離婚」という言葉を聞いた。

ふだんおとなしいだけに、溜め込んだものが爆発すると人が変わったようになる。昨日の夜がそうだった。

せっかくのオットの新出発直前というのに、
オットにとっても自分にとっても、これ以上ないほど最悪のスタートになってしまった・・・。

お酒の力を借りないと本当の自分を出せないオット。
昨日涙を流しながら訴えてきた。

故郷に着いたら離婚届を送ってくるかもしれないな。

今は自分の気持ちも呆然という感じで、頭が整理できない感じ。

オットの頭が整理され、少し落ち着いてみても本当に離婚したいというなら、おそらく私は受け入れる方向で考えるだろう。

経済力がないだけでなく、
もともと家族を守る、養うというような考えはあまり持っていなかった。

昨日も、故郷に帰って新しい仕事を始めるというのに、
頑張るかどうかはわからない、とあまりにやる気のない無責任なことを言う。

私が思う「男と」いうのは、ひとたびこうと決めたら、
覚悟を決めてがむしゃらに立ち向かい戦う姿こそ男だと思う。

でもオットにはまったくそういう考えがない。

頼りない、不思議ちゃんのオットにたまたま出会って、
一緒にいて居心地がいいし、世話を焼きたくなって結婚したけれど、
そもそもオットの内面的なもの、人間としての資質、
男としてもっていてほしい資質など、まったく見ていなかったように思う。

そんな結婚は、オママゴトとおなじじゃないだろうか。
そろそろオットの乗る便の搭乗手続きが始まる頃だ。

空港に来るなといわれた。
でも私は、行くことが自己満足でもいいから、この4年間ありがとうという気持ちで少し距離をとりながら空港へ着いていった。
オットに手で「あっちけ」という仕草をされた。

これはあまりに酷くないだろうか・・・。

結局オットは、精神面が子供なまま大人になってしまった、そんな気もしてくる。

まさか仲良く旅行して帰ってきて2週間後にこんな風になろうとは
ゆめゆめ想像し得なかった。

人生、いつ、何があるかわからない。
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

ついに別居

2008-08-12 19:15:34 | ライターの仕事など
先週月曜日に面接したオットの故郷の会社から「内定」との連絡が入ったと、たったさっきオットから仕事中の私にメールが来た(オット、自転車でぶらぶらしに出かけていたところ)。

1週間後から出社するのだと。
ついに、別居婚となることになった。

オットは実家で、ほかの兄弟は独立してもう住んでいないし、
両親も口うるさいわけでなく、稼ぎをこっちに送ることはしなければならないけど、私に家事をさせられることもなく、快適な暮らしを送れる訳だ。

私は、4年ぶりの一人暮らしをまたはじめることになるのだなぁ。

私の仕事(取材)で9日以上別々にいたことがないわたしらですが、最低でも試用期間中3ヶ月は別々だ。
万が一、試用期間でペケになっても、また地元で仕事を探す意向だとオットは言うし、これからどうなるんだろう。

別々の暮らしが始まってみないとまだ実感がわかないけど、確実に1週間後にはオットはこの家からいなくなるのだなぁ。

ついにこうなってしまったなぁ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

まだだった

2008-08-09 11:52:34 | ライターの仕事など
オットの故郷で面接した会社に結果を本人が問い合わせたら、「まだ検討中です」と言われたのですと。

採用は2名らしいのですが、おそらくそのうち1名は決まっていて、もう1名を誰にしようか考えてるか、もしくはただまだ結果を出してなくて、応募者から結果を問われて取り急ぎ当たり障りのない返事をしといた可能性もなくはないけど。

話は飛んで。
実は4年ほど前に電話とメールで仕事をしただけでまだお会いしたことのない同業者の男性がいるのですが、ひょんなことからメールのやりとりが始まりまして、お互い同じジャンルの仕事をしてきているだけに、興味関心も同じところがあり、なかなか楽しいんで最近の日々の暮らしの潤いになってます。

オットとつい比べてしまうのですが、とにかく話題が豊富。
興味のあることを実行する行動力もある。
(メールの会話だけど)オットといるよりよっぽど会話が成り立ち&続きます。

近々飲みましょう!と盛り上がってるのだけど、
私は特に自分が既婚とかそういう話題にはふれておらず、相手もどうだかわからない。

あまり余計なことを考えなくてもとは思うのだけど、
一応、相手は男性で私は女、いきなり結婚しているというのも意識しすぎでどうかと思うけれど、「隠す」というのもなぁ。

ただ、なんか久々、とてもいい友達になれそうな人なのであります。

オットは、無邪気なところがあって、母性本能としてほっとけなくて、オットのようでいて赤ちゃんみたいなところがあり、オットとして「こうあってほしい」という思いからことごとく外れていて(経済力のなさが一番)、なんでこの人を選んじゃったのか・・・と思うことしばしば―。

で、いきなりワープして妄想したとして、
その同業者が独身で万一いい感じになっても、やっぱり経済力は当てにできない人な訳で。

結局、どっちみち男性には経済力を求められない運命にあるのか。。
(ってかなり妄想の域にはいったつぶやきでした)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

いいような悪いような

2008-08-07 14:09:31 | 日記
帰省したついでにオットが地元企業の面接を1社受けた。
しかし、4日たっても連絡がない。
ということは、不採用の通知が郵送されてくるということだ。

採用になったら一人で故郷に帰るはずだったオット。
不採用でとりあえずすぐに帰ることはなくなったけど、
採用されなければ無収入だ。

オットの両親は、父母ともにとてもまともなしっかりした人だ。
なのになんで息子たちはこうなんだろう(30代・40代の息子4人全員フリーター)。

オットの実家滞在中は、本当にいろいろ世話になったので心苦しいが(もちろん嫁として台所仕事も出伝ったが)、なぜにこんなにのほほんとした息子になってしまったのか、聞いてみたいほどだ。。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加