アラフィフ×1ライターの日記

できるだけ穏やかに、健康に、年を重ねていきたい。

楽譜なしで覚える

2017-07-20 09:04:04 | ウクレレ

ようやく梅雨明けしました。
連日かなりの暑さです。


毛むくじゃらのワンズは涼しい場所を確保してよーく眠っております。

しかし、食べて寝て、あまりにも運動不足になるのはどうかと昨日の夕方短めの散歩に連れ出したのですが、
長男が帰宅後かなりヘロヘロでして、しばらくハァハァ過呼吸のような息を立て、やっぱりこの時期の散歩は負担が大きいのかなと思い直す。

そして、考え時かなぁと考えていたウクレレ。
7月初めの発表会は自己採点65点くらいで終えまして、まだとりあえず継続中。

やってみたい曲を提案する必要がありネットで調べて聞いて、いいなと思うインストの曲があり。
簡単な曲ではないいけど、先生がレベルに合わせて易しいアレンジしてくれる可能性もありで、
とりあえず頭の中に曲名を入れてレッスンへ出かけたら、
レッスンの相方さんが提案した曲名が、なんと私が考えていたものだった!

それは、めちゃ有名なボサノバ「イパネマの娘」。

とりあえずそれを課題曲としてやることになった。

そしてそれを、楽譜なしで覚えるのだと。
インストだし、楽譜にするとごちゃっと音符が並んで複雑、フレーズごとに覚えてしまって
それをつないで完成させる方が絶対弾ける、というのが先生の考え。
5歳とかの小さい男の子が、ジェイク・シマブクロの曲を見事にものにしているが、
その子の覚え方も楽譜なしのそれだ。

しかし。
5歳とアラフィフでは、脳の若さ、脳の柔らかさ、脳の吸収力がちがーーーーーーう!!!

レッスンとレッスンの間は2週間あるが、仕事も忙しく、ウクレレになかなか向かえない日が流れ、
このままいったら本当に辞めそうだ・・・と思いながらなんとか、昨日時間をこじ開け
先生の流れるような演奏動画を見て練習した。

ド下手くそだが、前日集中して練習するのでも、なんとか酷い演奏ながら弾けるようになった。
毎日できないなら毎日無理しなくていいか。
そんな風に思いながら、まだなんとか続いているウクレレの夏だ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

頑張りました

2016-03-30 16:27:16 | ウクレレ
日曜日、これまで練習してきたライブフェスで演奏してきました。

ちょっと変な写真ですが、相方がビデオ撮影しテレビで再生しているところを撮ったものです。

どうだったかといいますと、まずまずの出来、だったように思います。
でも、70点くらいですけど(笑)

「発表会」と違って、ある程度の自由度があるライブフェスで、ウクレレだけでなく、リコーダー、写真のピアニカ(ハモンドというメーカーの結構高価なものです)、レインスティックをプラス。

全8組が出演しましたが、みなそれぞれに個性があってとても楽しいライブでした。

前に書いたかもしれませんが、私とユニットを組んだYさんと初めて会ったのは今年1月初め??
2月から一緒のレッスンが始まって、2月下旬に一緒にライブ出ましょう!と大胆なお誘いがあり、どうしようか悩んだ末に承諾(笑)

2月末から練習開始、正味一か月の準備期間、Yさん宅に何度車をすっ飛ばして通ったことか。
年2回の発表会のときより、よっぽど時間をかけて練習しましたよ(笑)

その甲斐あってか(?)、ミスが全くないというわけではなかったものの、自分としてよく頑張ったと思える内容で終えることができたのが、何よりも幸い。
見て下さった方から、感動!とか、とってもよかったー!との声をいただけて、ほんとにホッとしました。

相方に関しては、本番前日と当日に我が家でやり直しなしの一発練習したときから、涙ぐんでて(笑)
終了後、懇親会という名の飲み会に突入し、一足先に帰った相方、
当日撮影したビデオを自宅で何度も再生しながら泣いたと(笑)
まぁ、それだけ過去の私の本番の残念な姿を見ているからだと思いますよ・・・。

ライブに出るつもりなんて、髪の毛一本ほども思ってなかったのですが、緊張感がありながらも、なんとか納得できるように弾ききれたことは、私にとって大きな経験になった気がします。

今度はどんな曲に挑戦しようか、楽しみになってきました。

エレクトーンのレッスンを始めたダーリンも、これまでとは違う反応で、「楽しい、楽しい」と申しております。
いつか、ウクレレとエレクトーンのコラボができたらいいですね♪
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

こんなの借りてきた

2016-03-03 16:14:10 | ウクレレ


レインスティック、というらしいですね、こういうの。

一月半前には、まったく考えていなかったウクレレ教室のライブ(発表会ではなく、1組20分ほどもらっての自由演奏)に出ることになって、あれよあれよと猛練習(?)。

私を誘ってくださった方は、エレクトーンのプロで、リコーダーやピアニカなど、器用にいろいろな楽器をこなします。
そこで、取り入れようかと上がったのが、冒頭のレインスティック。

これ、単純な楽器ですけど、意外と自然な音を出すのが難しく、コツをつかもうと貸してもらいました。

3曲演奏するのですが、今日のレッスンで先生に聞いてもらい、アドバイスをもらったところ。
私には、ちょっと課題が重い部分もなきにしもあらずですが、どうせなら、少しでもかっこよくしたいので、自主練で頑張らないと・・・!

というときに、仕事の方も動き出し、しっかり手をつけなければならなくなってきて

無理せず、できることをしっかり、それが課題。
しっかりできたら、次のステップに進めばいいのだ、ということにしましょう
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

明日は発表会

2016-01-29 15:31:02 | ウクレレ

お天気が少し心配ですが、明日は冬の発表会です。

2曲演奏しますが、1つの曲にこんなに時間をかけたのはないかな、というくらいじっくり取り組んできました。

ソロ弾きの部分をメインに先生が目立ちすぎないようにサポートしてくれることになりました。

歌もコードもほぼ覚えてしまったので、あとはとにかく落ち着いて、走らずに、弾くこと、歌うことを楽しむのみ!です。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

やさぐれる、って

2016-01-23 12:39:27 | ウクレレ
ウクレレ仲間が、理想と現実のギャップにやさぐれそうになる、と言っていた。
つまり、理想とする演奏があるのだけれど、自分が弾く現実とのギャップがあまりにも大きくて凹むということ。

発表会がちょうど1週間後に迫ってきて、レッスンではマイクやPAを用意して本番さながらに練習しているのですが、
イントロでちょっと聴かせる大切なメロディーが、どうしてもうまく弾けない。

コードチェンジでミスって、きれいな音が出せない。
くすんだ、鈍った、乾いた、とても人様に聞かせられないような音になる。
何度も何度も繰り返し練習しても、うまくいくのは数回。たまたま偶然うまくいった感じ。
確実に、ものにできていないのは自分が一番よくわかる。

講師はミュージシャンで、年数だって全く違うんだから、私が簡単に同じように弾けるわけはないし、弾けたら教室や先生の必要がなくなってしまうと思いつつ、できない悔しさ、不器用さ、不甲斐なさに、冒頭の「やさぐれ」そうになる訳です。

このままじゃ、イントロの出だしの一番大事な部分でしょっぱなからミスってしまうことは、ほぼ確実。

あまり悪い方に考えるのもなんですが、この1週間で、ものになるよう頑張るしかないですね!!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

来年のウクレレ

2015-11-19 14:08:51 | ウクレレ
まだ来年まで少しありますが、1年間同じグループで一緒にウクレレを弾いてきたメンバーが2人、抜けることになりました。

1人は同年代でお宅におじゃまするくらい親しくさせてもらっているAさん。
もう1人は70後半か80歳くらい、ウクレレ歴8年近くあるおばあちゃま。

Aさんは仕事が忙しいことが表向きの理由ですが、よほど自宅で根をつめて練習しないと今のグループについていけない、もっと気楽にゆる~く楽しみたいというのが本当の理由です。

おばあちゃまは、一曲ごとに技術を身につけながら新しい曲を習っていくのではなくて、習った曲を繰り返しみんなで楽しく、気楽に弾いて楽しみたいみたいです。そしてできるのであれば同年代の方と一緒にやりたいんだろうと思います。こちらは気にしていませんが、ご本人にしたら30歳以上歳の離れた私たちより、同年代の気の合うお友達がほしいのではとも思います。

私も決して余裕でやってるわけではないですが、来年からグループが変わることになります。
今2人残っているけれど、グループレッスンは3人以上なので、師匠と師匠の奥さんとでメンバーの再編を考えてくれるだろうと思います。

上級すぎてもついていくのに必死になっちゃうし、やさしすぎても上達していく感覚がなくてつまらなくなっちゃうし、難しいですよね。

腱鞘炎は、一時期の酷い痛みは和らぎつつありますが、まだ痛みがなくなったわけじゃなく。
痛みが引いてしまうと、前回の注射後のことを忘れてしまうんですけど、前のブログなんかを読み返してみると、注射が効きだすまで3~4週間はかかっていたみたい。だから焦っても仕方ない。できるだけ焦らず、効き始めてくれるのを待つのみ、です。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

コンサート再び

2015-09-17 16:29:03 | ウクレレ

コンサート、といいましてもウクレレの話。ここ半年、いやそれ以上か、ずっーとソプラノばかりいじっていて発表会もフェスでの演奏もみんなソプラノ。

サイズ的に小さいので弾きやすいことが最大の理由。

特に腱鞘炎が痛むときは、ソプラノより一回り大きいコンサートでは、音が大きく響きもいいのですが、フレットの間隔が微妙に広くて、キチンと押さえられないことがあり、手首への負担が少ないソプラノばかり使っていました。

でも、コンサートサイズの一生ものウクレレも迎えたことだし、楽なソプラノばかり使っていては、手がコンサートに対応しなくなると思い、意識してコンサートで練習しています。腱鞘炎がひどくない今だからできるのですが。

もしまた酷くなったら!?

真剣に手術を考えます。まれに?多少の痺れが残ることがあるらしいですが、常時ではないようだし、腱鞘炎が痛くて全く弾けないよりはマシという気になってきたので。

さぁ練習だ!





コメント
この記事をはてなブックマークに追加

一生もの

2015-09-07 07:12:33 | ウクレレ

昨日、二人でかなり久しぶりに楽器の街、御茶ノ水へ。どんなお店や楽器があるか、一度見てたみたくて、電車で都内に出るのも面白いので。



事前に、買わなくていいから、無理に買うことないからと何度も念押しして出掛けたのですが、ダーリンから感じるのは、買いたい、買ってあげたいという空気感。。

ダーリン曰く、
誕生日プレゼント、今は亡き義父母の入退院時や施設入所中にかけた手間や苦労へのお礼(自分一人では到底無理だったから)、さらに腕を磨いて自分の代わりにこの楽器でウクレレを聴かせてほしい、などの理由を兼ねているとのこと。

あまりにいらない、いらないと言い張られるのは、ダーリンにとっては、うれしくないんだろうな、と思い、こちらも思いきって買ってもらうことにしました(!) それがこちら!



ショップの店長さんとお話しながら、メーカーやサイズ、木目などを検討、加えてステージ用のアンプなどを付ける必要もあり、最終的にダーリンが想定していた予算の2倍に……(大汗)。

はっきり言って、一生ものの楽器です。実際、始めの音の鳴りは控えめなように感じるのですが、弾き込むことで木に振動が加わり、それにより湿気が抜けて音が“育って”いくのだそう。これは「エイジング」と呼ばれるもので、皮でも同じことが言われますよね。経年変化で独特の艶や風合いが増すなど。

最初から、ビギナーでもよく鳴るメーカーや楽器もあるけれど、真のウクレレプレイヤーにとって、このハワイで100年の歴史をもつメーカーの品質や魅力は、群を抜いているそうで。もうひとつ、私としてはアメリカ本土のギターメーカーのウクレレも気になっていたのですが、回った専門店数件の店長さんに所有するウクレレは何ですか?と訪ねたところ、皆さんそのハワイの老舗メーカーで。

やはり、それを選ぶ理由がちゃんとあるのだと思い直し、選びました。店長さんの、「エイジングは、子供を育てるのに似ている。生まれたての楽器にどんなことを教えるか、どんな曲を、どこをどんな風に弾くかで少しずつ性格ができあがる」という喩え話も、なるほど、と感心しましたねぇ。

ちなみに教室でレッスンしていても、グループなので自分の聴きたいことばかり聞くのもどうかな・・・と思ってしまうのと、どうしても曲を弾くことがまず最優先だと思うし、先生も最近外での演奏や新しい生徒さんがさらに増えて忙しそう!なかなか素朴な疑問や悩みを話す時間がないので、ショップでのいろいろな話はとても楽しかった!ダーリンに、話が長いよ~と言われてしまった(汗)

これからは教室でも月謝を払っている訳だし、他のメンバーもいろいろ聞きたいことを聞いているので、私も遠慮し過ぎず聞きたいことは質問しようと思いました。せっかく身近になんでも知ってるプロがいるのに、もったいないですもんね。

購入したウクレレは、アンプやストラップ用の追加作業を施してもらい明日届きます。楽しみであると同時に、プレッシャーの方がやや上回っているかも??くれぐれも「宝のも○ぐ○れ」にならないよう、今後この楽器に輝きを増してもらえるよう、一歩一歩、さらに精進、精進であります!


コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

楽しかったな~♪

2015-09-01 14:01:12 | ウクレレ

昨日、ビアガーデンでウクレレ仲間たちと一緒に演奏。
顔よくわからないから載せちゃおう。

それにしても楽しかったなー。
出番の前に地ビール、ハイボール飲んじゃったのでほろ酔い。
でも、アンプつながってないし、マイクもないからちょっとミスっても怖くない(笑)

演奏後、赤ワイン飲んで、ビアガーデンはクローズ。
みんなの、ちょっと飲み足りないから1杯だけどこかで飲んでこう~の流れで居酒屋で内輪の打ち上げ。楽しかったなー。

結局、そこで生とハイボール飲んで、結局ちょっと飲みすぎました

涼しくて心地いい屋上、そろいのTシャツ着た楽しい仲間たちとの演奏、その後のぶっちゃけ話、夏の終わり、いい思い出ができましたとさ。
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

ビアガーデン de ウクレレ

2015-08-29 14:07:41 | ウクレレ


ついこの前まで死ぬほど暑かったのに、あれ?夏さんどこへ―??というほど、夏の気配がすっかり消えた今日この頃。
このまま秋・・・になるには、もうちょっと夏を楽しみたいかなーなんて、暑けりゃ暑いでぶつぶつ、涼しくなったらもう少し夏でも・・・と、ニンゲンって奴ぁ~自己中で勝手なもんですね。

写真は、朝方、ダーリンの出勤に合わせてサークルから解放された2ワンが、私の部屋にやってきて、乗せて乗せてと訴えるので仕方なく乗せてあげた後の様子。背中合わせでスヤスヤ。



コチラは、我が家での命名「箸置き」。
変わった色の太ったイルカのようにも見えます。シンメトリーで不思議とおんなじ格好。



こちらはソファでウクレレの練習をしている横にいるときの2ワン。
ピントがだめでしたが、並んで寄り添って座っている感じが伝わるでしょうか。
ほんとにうちの子たちは仲良しです。

そしてウクレレなんですが、地元で久しぶりに復活したビアガーデンでウクレレの先生と上級クラスの愛弟子が演奏することになったんですが、急きょ、その他大勢(平日の夜なので、この前のビーチフェスタほどはいないと思う)で私も出演することに(笑)
一応、暗譜してる曲なのでなんとか(汗)

ウクレレを始めてまだ2年半ですが、初級から中級の間ぐらいの未熟な腕前ながら、いろいろなところで演奏させてもらえるのはなんかいい思い出になるしありがたい。ちなみに、私が住む町はウクレレ人口が多く、おのずとスクールの数も多い。カルチャーセンターにはウクレレ講座が複数必ずあるし。

そんな中で、あちこちのイベントで演奏しているのは今行ってる教室くらい(声がかかるのか、出演させてと声をかけているのかわかりませんが)。内輪の発表会だけじゃなくて、いろいろな機会があるのはほんと、楽しいです♪
コメント
この記事をはてなブックマークに追加