我が家の甲斐犬達 2

八頭の愛犬達の日常と仔犬達の育児日記
ちょこっと黒狼ママの日常生活もあり(^^)

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

第16回 黒狼ファミリーオフ会

2015年11月29日 | 黒狼ファミリー オフ会

平成27年 年11月29日(日)  10時より
黒狼家近くの河川敷広場で開催した。

参加者18名  参加犬16頭

  黒狼ファミリー オフ会とは
当犬舎から巣立った仔犬達やそのお孫犬
親犬や兄弟(姉妹)犬の再会と
ご家族の交流を深める事
そして黒狼家が成長した子供達やそのご家族様に逢いたいという願いから
毎年開催している。
お天気にも恵まれ無事開催する事ができた。

遠方よりそしてお忙しい中ご参加ありがとうございました。

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

犬舎リフォーム完成

2015年04月03日 | 日記

やっと完成した外犬舎

今度はしっかりモルタルで施工

これなら当分は大丈夫

ついでに今まで狭かった直ちゃん犬舎も広くリフォーム

直ちゃん、少しは快適になったかな

犬舎が完成する間は室内生活の軍団達

きっと犬舎完成を喜んでるのは黒狼ママだけやと思う(ついでに黒狼パパも・・・(笑))

軍団達にとって、完成はええ迷惑

というのも軍団達は室内生活が大好きです。散歩から帰ってきたら必ず室内に続く玄関にみんな向かう。外犬舎に行こうものならかなり抵抗をしはるんです

最終的には抱きかかえて無理やり犬舎IN

こんな時、無理やりINする悪役は黒狼ママなんです

抱きかかえたらワンコ達は助けを求める光線を黒狼パパに送りはるんです

ずるい黒狼パパは

『〇〇ちゃん、お外嫌やんなぁ~。お家がええやんなぁ~。お母さん悪い事しよんなぁ~。お父さんが怒っといたるからな~』

ってわんこ達に言葉をかけはります。

こんな光景他人さんが見たら

容姿が強面の黒狼パパですから(笑)

 軍団達、これからは気候もいいしそれでも室内がいいんかなぁ~????

はい。間違いなくそうです(笑)

コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

犬舎のリフォーム

2015年03月25日 | 日記

とうとう崩壊した

当初は階段だった。

年月とともに老化していく

老化した階段の上から合板を貼り付けただけの簡単なリフォーム(黒狼ママ作成)

これも老化により見事に崩壊・・・・

今回は専門業者さんにお願いすることにした。

耐久性があって、メンテナンスがなくて、コストが掛からん事

この条件でお願いした。

どうなふうに仕上がるのかなぁ~

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

再会!!

2015年03月23日 | 出生犬

桃ちゃんに気になる事があったので動物病院に行ってきた。

病院では順番を待つ間はいつも病院内ではなくて駐車場内の車内で待機している。

その時同じように車内で待機している方がいらっしゃった。そちらの方が先に順番がきたので

ワンちゃんを連れて病院内に入ろうとされていた。

そのワンちゃんが甲斐犬でした。普段の散歩では勿論の事、病院で出会うのも珍しい事。

後でお声をかけてみようとワンちゃんを見入っていると・・・・・・・

なんと我が家の豪にお顔がソックリなんです

見れば見るほど同じお顔

まさか間違いない

これは絶対にお声をかけなあかん。

今は診察で中に入られたので急いではるやろうし出てきはるんを待つことにしよう。

ワクワク、ドキドキ・・・・・

しばらくたって中から出てこられた。

『甲斐犬ですね~。 我が家も甲斐犬なんです。(桃ちゃんは車内にいるので見えません)・・・・・・・・・・・』

とお話をしていくうちに我が家の豪×雛の子供であることがわかった。

平成16年9月28日生まれのりょうくん

 

11年ぶりの再会です 連れていたママさんとも11年ぶりです

今日は狂犬病の予防注射とフィラリア検査で受診したそうです。病気じゃなくて良かった~

本当に劇的な再会でした。お互いに少し時間がずれていたら会われへんかったやろうし

運命に感謝です。

黒狼家のDNAが引き継がれていてなんか嬉しい気分です

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

【雛】 永眠 平成27年 3月9日 AM 5時40分

2015年03月13日 | 我が家の甲斐犬(黒狼軍団)

雛ちゃん(15歳)がお星様になりました。

8日朝、容態が急変しほぼ寝たきりになりました。
海ちゃんと杏ちゃんの死の直面を経験した黒狼ママは雛ちゃん、もう長くないと察する事ができた。
雛ちゃんは横たわったままです。適度に雛ちゃんの体の向きを変えてあげたり排泄のお世話や食事のお世話をしながら雛ちゃんを見守っていた。
声をかけると微妙に反応します。そんな容態の中8日夜を向かえ黒狼パパ、ママ、雛ちゃん三人で一緒に寝ました。黒狼ママは雛ちゃんから一時も目を離しません。
9日夜中、何度か雛ちゃんに異変があり黒狼パパをその度起こす。2回ほどそんな状況になり朝を迎えました。朝方、雛ちゃんそれまでの異変とあきらかに違う様子。
それまでどんよりした雛ちゃんの目がパッチリ見開き小さな声で遠吠えをし
AM5時40分黒狼パパとママに見守られて海ちゃんと杏ちゃんのところにいきました。
安らかな最期でした。

 雛ちゃん、最後の力を振り絞ってよく頑張ったね~

雛ちゃんはたくさん子供を残してくれました。
北海道~沖縄まで全国各地で雛ちゃんの子供達が幸せにくらしています。
多産の雛ちゃんはとっても子煩悩で7頭、8頭の子供達を立派に育て上げ最高の母犬でした。

雛ちゃん、本当にお疲れ様。ありがとう。
天国で海ちゃん、杏ちゃんと仲良くするんやで。

コメント (10)
この記事をはてなブックマークに追加

雛ちゃんの様子

2015年03月08日 | 我が家の甲斐犬(黒狼軍団)

雛ちゃんが今朝からいつもと様子が違います。

ほぼ寝たきりです。目もどんよりしてます。呼びかけにもほとんど反応がありません。

ごはんは何をあげても食べません。

シリンジで流動食を与えるけど唯一うけつけてくれたのがでした。これだけはゴクゴク飲んでくれる。

今は少しでも長く一緒に過ごせるよう精一杯雛ちゃんのお世話をします。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

雛ちゃんと桃ちゃん

2015年03月07日 | 我が家の甲斐犬(黒狼軍団)

現在雛ちゃん(15歳)と桃ちゃん(14歳)は老犬介護生活です。

桃ちゃんは軽快に走りまわる事はでけへんけどよたよた歩く事はでき食欲は旺盛で自分で食べる事もできカリカリフードも食べる事ができます。

桃ちゃん、、、これはまだ介護とは言わへんかな??

でも雛ちゃんはなんとか歩く事はできるけどバランスを崩すと倒れてしまいはるんです。食欲もある時とない時の差が激しい。食欲がある時っていうても今までのように一度にたくさんの量を食べられへんので少しずつ何度かに分けてあげてます。フードは流動食です。

そこで雛ちゃんの為にいろんな物を用意しましたいろんな物を探しました

ほんまにお犬様様です

お好みの物がその日によって違うんです

昨日はこれをガツガツ食べたと思って次もそれを用意するとプイッ

とあっち向きはるんですわ。ほんで別の物を用意するとガツガツ食べはります。ほんで、又それを次の時に用意すると食べはりません。シリンジで強制給与の時もあります

毎日が手探り状態です。でも今の雛ちゃんには何でもいいから食べてほしいから我がままは何でも聞いてあげます

雛ちゃん、我がまま何でも聞いたるで~

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

杏ちゃんの死を振り返って、、、

2015年03月04日 | 我が家の甲斐犬(黒狼軍団)

杏ちゃんが亡くなる一週間前、孫たちと元気に遊んでいた。                    

でもこの時しんどかったんやろね~

〔犬の安楽死〕

どんな理由があろうとそれだけは絶対にしない!と以前から思っていた。でも黒狼ママは杏ちゃんにはそんな事も考えてしまった。余命一日単位と診断されてから杏ちゃんの嘔吐、発作、痙攣が頻繁になってきた時、見ていてあまりに辛そうで可哀想で、、、                   黒狼ママも見ているのが辛い。

『楽にしてあげたい。。』 つまり安楽死。 そうしてあげるほうが杏ちゃんの為になるのでは、、、そう思って黒狼パパに電話で相談してみた。                                      黒狼パパは即答・・・・『絶対にあかん!そんな事したら絶対に後悔する!』                黒狼ママ  『黒狼パパは杏ちゃんの苦しんでる姿を目の前で見てへんからそんな事言えるんやろうけど杏ちゃんこんなに苦しんで可哀想すぎる!!』                                       黒狼パパ  『杏ちゃん、苦しいかもしれんけど、それだけはしたらあかん』

今思うとほんまにそんな事しなくて良かった。そんな事したら黒狼パパの言うように一生後悔してたと思う。杏ちゃん、そんな事考えてしまってゴメンネ。

杏ちゃん、亡くなる前日は最後の力を振り絞って娘や孫達に愛想を振りまいていた。杏ちゃん危篤の知らせを聞いて駆けつけた娘達も『杏ちゃん、メッチャ元気やん』って言うほどやった。かなりしんどかったやろうにそんな姿をみせませんでした。

 

杏ちゃんは最後の最後まで甲斐犬でした。

杏ちゃん、安らかに。。。

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

【杏】  永眠  平成27年2月3日 AM7時10分

2015年03月02日 | 我が家の甲斐犬(黒狼軍団)

 

 杏ちゃん(七歳)がお星様になりました。

七年の犬生、若すぎます。無念でなりません。


杏ちゃんは昨年末、突然の嘔吐、ごはんも食べません。
それまでは普通に元気で全くなんら変わる事がありませんでした。
年末12月30日での事でかかりつけの獣医さんはお休みだったので一日様子を見る事に、、。
結局その時は一回きりの嘔吐だけで食欲も戻り元気にお正月を迎えました。
12月31日~は変わりなく元気です。
1月6日  夜ごはんは食べない(以後も食欲なし)
1月7日  早朝 嘔吐 
1月7日  動物病院受診
  診断は血液検査の結果     腎臓病
治療方法として
食事療法とコバルジン(腎不全、尿毒症症状の発現の抑制 )服用、そしてまず、一週間、静脈点滴をする。
朝9時に病院に連れて行きそのまま預けて夜7時頃迎えに行く。
杏ちゃんには可哀想やけど杏ちゃんの病気がよくなる為やから杏ちゃんには我慢してもらう事にした。
この時、黒狼ママは腎臓病と診断がくだされた時にはそんなに深刻なものだとは思わなかった。
先生がいろいろ説明はしてくれはるけど軽く考えていた。
今まで軍団達が具合が悪くなっても治療して完治していたから腎臓が悪いと言われても治療して良くなるものと思っていた。
1月7日杏ちゃんを預けて病院から帰宅後、いつものようにインターネットで腎臓病にはどんなことをしたらいいか、どんなサプリメントがいいか、同じ病気のワンコちゃんの経験などいろんな情報を集めることにした。

ここではじめて黒狼ママは腎臓病はどれだけ深刻なものかという事がわかった。
腎臓病は回復することはない。ステージ1~4まであるが症状が出た時にはステージ3~4くらいであるという。余命も長くない。
杏ちゃんの症状からはステージ3くらいにはなってるかもしれない。

点滴をはじめてすぐに杏ちゃんは食欲をとりもどし、嘔吐もなくなった。元気いっぱいになった。
点滴を続けて1週間後1月14日に再度検査、

1月7日   BUN  130   (正常値7~27)
              CRER  9、5   (正常値0、4~1、8)

1月14日  BUN   86   (正常値7~27)
               CRER  6、1   (正常値0、4~1、8)

        腎不全 ステージ4 余命6ヶ月

え????  こんなに元気やのに? 間違いでは?  もう一度検査して!!
涙が止まらない。。。

杏ちゃんの今後の生活
毎日自宅で皮下点滴(病院で指導を受ける)、当然室内生活です。貧血もひどいとの数値なので(見た目は貧血をも思わせないほど元気いっぱいです。)お散歩も軽く。腎臓病専用のドッグフード。でも余命がわずかやったらもっと美味しいもん食べさせてあげたいとの思いも。。でもそんな事して余命を縮めたら後悔してしまうので腎臓病用のフードを与える事にした。

ここで黒狼ママは一大決心をした。
お婆ちゃん犬の雛ちゃん、桃ちゃんの介護もあるし後悔のないよう軍団達と過ごす事。

長く勤めていた職場を退職する事にした。
辞めるといってもすぐには辞める事ができず2月末日で辞めれる事になった。

3月からは杏ちゃんとも軍団達ともず~~と一緒に過ごせる。
その日が待ち遠しく日々を過ごしていた。

1月14日に杏ちゃん、余命宣告されてからもすごく調子よく、ほんまに腎臓が悪いの??
と思わすくらい食欲旺盛で元気いっぱいで室内を走り回っていた。

でも一刻一刻腎臓病は進行していた。

1月27日  嘔吐   食欲あり
       病院で吐き止めの注射をしてもらい吐き止めの薬を処方される
1月28日  嘔吐がとまる 食欲なし(以後ずっと食欲なし)
1月30日  頻繁に嘔吐(薬の効き目なし)
1月31日  病院受診

再度検査をしてもらうと先生も言葉を詰まらせるほどの検査結果

数値表をいただいて説明をうけたが黒狼ママにはよくわからないがほとんどの数値が基準値をかなり上回ったり下回ったり。。。。
先生曰く、今は気力で生きている。余命も一日単位との事。。。

『え~~!!うそやろ~~??
杏ちゃんが?? 
まだ7歳やで~~~』

涙が止まらない。。。。

でも現実を受け止めて今から杏ちゃんにできる事を先生に伺った。
黒狼パパと相談の上、杏ちゃんには病院内での治療は止め(杏ちゃんに辛い思いをさせない為)自宅で愛情をいっぱいそそぐことにした。
先生はただ嘔吐と食欲はないので自宅での点滴と嘔吐止めの薬の服用を続けてあげてくださいとの事。

その日から黒狼ママは仕事の休みをもらって杏ちゃんとひと時も離れません。

2月1日そんなに頻繁ではないが嘔吐は続く。
2月2日、嘔吐も頻繁になり痙攣、発作も発症。
2月2日、嘔吐に加え痙攣、発作も頻繁になる。

杏ちゃん辛そうで黒狼ママも見ているだけで何もしてあげれない。 言葉で励ますことくらいしかできない。

2月2日夕方、それまで元気な杏ちゃんが歩行もおぼつかない。
黒狼パパに連絡し、すぐに仕事から帰るという。
三人娘達にも連絡し、すぐに向かうという。

杏ちゃんの状態がだんだん悪くなり、寝たまま起き上がりません。
もしかして黒狼パパの帰りも間に合わないかも。
杏ちゃんには必死に声をかけ黒狼パパが間に合う事を祈る。

黒狼パパ帰宅、なんとか間に合った。

黒狼パパ 『杏ちゃ~ん、杏ちゃ~ん』
の呼びかけに杏ちゃん、パチクリ目が見開いた!!

続いて二女が到着、
杏ちゃん、起き上がった~!!

黒狼ママ、ただただ驚くだけ、、。でも良かった~~~。

長女、三女が到着した頃には杏ちゃん、走り回って元気いっぱい。

杏ちゃんはみんなに挨拶しているかのように一人一人に甘えていった。

2月2日深夜~2月3日朝方にかけて
杏ちゃん、元気がなくなりほぼ寝たまま。声をかけると目は見開く。
そんな状態だった。

2月3日 午前7時10分

杏ちゃん、黒狼パパ、ママに見守られて安らかに天国にいきました。

杏ちゃんごめんね~もっと早く気づいてあげれてたらもう少し長生きできたのにね~
でも病気が気づいてからはずっと一緒に過ごせて楽しかった~。
毎日行き先は病院やったけどドライブも楽しかったね~。
3月からは黒狼ママはお仕事辞めてもっともっと一緒に過ごせると思ってたのに、、、
杏ちゃん、今頃海父ちゃんと楽しく過ごしているかな~??
 
杏ちゃん、黒狼家に来てくれてありがとう。
 
杏ちゃんは亡くなる数日前まで元気に走り回っていただけに
どうしても現実を受け止める事ができなかった。
黒狼パパと毎日泣いていた。
杏ちゃんの事を書き留めようとパソコンに向かうけど涙が溢れて、、、
まだ立ち直る事ができません。
2月末までは仕事をしていたから気がまぎれていたけど
今は寂しすぎて捺ちゃんと蓮ちゃんをお家にいれてます。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

黒狼家の近況

2014年07月17日 | 我が家の甲斐犬(黒狼軍団)

大変ご無沙汰しています。

黒狼家はみんな元気に過ごしています。

海が亡くなって早いもので半年が過ぎましたがいまだに現状を受け止められなくて
海の写真を見るたび思い出すたびウルウルします。
海の存在は大きかったんやなぁ~と今更ながら痛感しています。

ワンコ生活初めて体験した老犬介護。あんなんしてあげたら、こんなんしてあげたら、といろいろ後悔することたくさんあります。
最後は歩けなくなって寝たきり生活になり、可哀想に床ずれになってしまいました。
床ずれに良いとされるいろんな介護用品をそろえましたが一向によくならず、
使わず無駄になってしまったものもあります。

でも亡くなる一ヶ月前には床ずれも完治しました。
ブレスエアー。これのお陰です。通気性もいいし洗ってもすぐに乾く。


勿論毎日の処置は欠かせませんでしたが・・・・
もっと早く出会っていればあんなに痛い思いさせる事なかったのに。。。
今は雛ちゃんと桃ちゃんが使ってます。
黒狼パパ、ママもつかっています(笑)


海の為に床も変えました。滑らない床にする為、簡易的にフローリングの上から敷きつめるものではなく床自体を変えました。マンションエントランスやベランダに使用する床材だそうです。

業者の方は一般家庭の室内に施工するのは始めての試みだとか(笑)
結局海はこの床を歩く事は一度もなく寝たきりになりました。

雛と桃は現在室内入りしています。
桃ちゃんはいじめられっ子で怪我が絶えず二年くらい前から他の軍団から離す為に室内入りです。
そして雛ちゃんは今年に入ってから室内入りです。
実は雛ちゃん(14歳)年齢を感じさせないほど軽快な歩行と行動だったのに、見た目はそう感じないのですがよく観察すると歩行がなんかおかしい。
それから室内入りしましたがだんだん歩行もおぼつかなくなってます。
そして行動にも変化が・・・・。
あきらかにおかしい意味不明な行動。。。。
と思えば、いつもの雛ちゃんに戻ります。
そんな状態の繰り返しです
病院で診てもらいましたがCTをとって原因を追究する事をいわれ、事前検査をし、麻酔に耐えれると診断できましたが
雛ちゃんの年齢から全身麻酔をする身体の負担を考えて、断念する事にしました。
この判断が正しいのかどうかわかりませんが
少しでも長く黒狼パパとママのそばにいてくれるよう願うばかりです。
雛ちゃん、今は食欲もありとっても元気です。
海の時とはまた違う形の介護になるかもしれませんが経験をもとに精一杯雛ちゃんに尽くしてあげようと思います。
雛ちゃん、15歳(9月28日)を迎えれるかな~??

コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加