こだわりおやじの独り言

陰陽と五行とを理解すれば、自然界での出来事の総てが理解できる
哲学的な東洋医学はすばらしい

東医宝鑑を観る

2017年02月12日 | 日記
これから暫くは「東医宝鑑」とうい東洋医学の医学書
を紐解いて行こうと思います
この本を書いたのは、韓国ドラマで実在していた人物で<ホジュン>
が書き残したとされる医学書です
日本語訳された本は、現在は絶版となり、入手が困難な本です


まずは、内景篇(内科)から記載します


医宝鑑 内景篇(内科)
 五臓六腑>
臓腑の陰

臓は陰、腑は陽である。即ち肝・心・脾・肺・腎の五臓は陰で、胆・小腸・胃・大腸・ 膀胱・三焦の六腑は陽である。

臓と腑
五臓は精神・血気・魂魄を、六腑は水穀を消化させ津液をつくる。

臓と腑の結合
肺は大腸とつながり、大腸は伝導の腑、心は小腸とつながり、小腸は受盛の腑、肝は胆 とつながり、胆は中正の腑、脾は胃とつながり、胃は五穀の腑、腎は膀胱とつながり、膀胱は津液の腑、小陰は腎に属し、腎は肺とつながって両臓を持ち、三焦は中瀆の腑と して水道となって膀胱に属す。これを狐の腑という。以上のように六腑は互いに連絡されている。

五臓の正経から病が発生する場合
憂愁、思慮は心を傷つき、身体は冷たい。冷たいものを飲むと肺を傷つき、大怒して気が逆上し、下らないと肝を傷つけ、過食、労倦は脾を傷つけ、湿ったところに長くいると腎を弱めるもので、これをみな正経が自ら病むという。
臓腑の脈の場合
脈が低いと病は腑にあり、のろいと臓にある。低いとは身を熱く、のろいとは身体が冷たい。すべて陽は熱く、陰は冷たい。これで臓腑の病を知ることが出来る。

臓腑の異症
病は温を要求する症状と、寒を要求する症、人恋しがる症と、人嫌いになる症状があって、このような多くの病根はそれぞれどこから生じるかというと、大体、寒を要する症と人恋しがる症は腑にある。温を要求し人嫌いになる症状は臓にある。何故かというと腑は陽に属して寒を要求し、人恋しがり、臓は陰に属するので温められるのを望む。

臓腑病の難治の場合
臓病は難治で腑病は治しやすいという。

五臓と六腑の場合
五臓の弱いのは六腑の閉塞が原因である。

単方<二三種>
粳米 =五臓を和らげる。白粥に煮て早朝に食する。
小麦麹=五臓を和らげる。常食すれば良い。
大麦 =五臓を満たす。飯・麺・粥皆良い。
蕎麦 =五臓の滓(かす)をなくす。麺・粥食ともに良い。
黒豆 =五臓の結積を治す。水に漬けて芽が出たものを煎じて飲む。
胡麻 =五臓を潤す。
人乳 =五臓を補う。常服すれば良い。
牛肚 =五臓を補う。煮て食べる。
牛髄 =五臓を和らげる。酒と一緒に食べる。
鹿肉 =五臓を強める。よく煮て食べる。
狗肉 =五臓に良い。五味にあえて煮て食べる。
黄雌鶏=五臓を補い、五味にあえて食べる
雀肉 =五臓の不足の気を治す。焼いて食べる。
蜜  =気の不足を補う。
鰤魚 =五臓の補益剤、煮ても煎じても良い。
蓮子 =五臓の気の不足を治す。粉末にして粥にして食べる。
梅松子=五臓を潤はす。粥につくって食べる。
大棗 =五臓を補う。煎じて食べる。
葵葉 =五臓に気壅を通す。
生薑 =臓腑を開ける作用をする。
葱白 =臓腑を調和させる。
芥子 =五臓の気を通してくれる。


次回は、五臓を行います
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 調べた結果解らなかった会画... | トップ | 東医宝鑑を観る »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。